国語で難関大学受験を制すには!?

共通テスト国語専用の個別対策講座

なぜ、国語が解けないか?

まず最初は、
あなたがなぜ国語で点数が取れないのか、国語が苦手な原因(失点の原因)を探ります。
その原因1つ1つに対処法・克服法を考えて、点数が取れるようにしていきます。
そして、共通テスト・国立大二次試験で使えるテクニック・読み方・解き方を指導し、国語で高得点が取れるようにしていきます。
簡単な例で紹介します。

よく言われる理由
理由①:出てくる言葉が分からない
理由②:一文が長くて読みづらい
※書き出してみると、人それぞれ様々な理由があると思います。
こういった理由1つ1つに向き合って対策を考えます。

この2つの理由をもっと具体的に掘り下げます
掘り下げた理由①:分からない言葉は専門用語か一般的な単語か
掘り下げた理由②:その文で、何が(どこが)読みづらくしてるのか
※解けない理由を考えたときに出てくるものはまだまだ抽象的なもの。
これを具体的にし、ピントを絞ることで、解決策を見つけやすくなります。

克服のための対策と指導
①専門用語が分からないという人は問題ない。
なぜなら君を含めた受験生は皆その分野の専門家ではないから。
意味が分からなくても問題は解けます(解けるようになっています)。
一般的な単語が分からないという人は単語帳を用意して覚えましょう。
②1文が読みづらい原因は“修飾語”にあります。
修飾語は別にあってもなくてもいいもの。だったらそれ以外を探しましょう。
まずは主語・述語を探し、目的語を探し順に内容を追ってください。
問題で聞かれているわけではないので、厳密に述語は・・・とかする必要はありません。読みにくいところはこのようにして読み進めましょう。すると意味がつかめます。

対策法・克服法が分かった後は実践演習
センター試験過去問の文章を使って確認&練習
以下をざっと読んでみてください。

コリンズとピンチの処方箋は、科学者が振りまいた当初の「実在と直結した無謬の知識という神のイメージ」を科学の実態に即した「不確実で失敗しがちな向こう見ずでへまをする巨人のイメージ」、つまりゴレムのイメージに取りかえることを主張したのである。そして、科学史から七つの具体的な実験をめぐる論争を取り上げ、近年の科学社会学研究に基づくケーススタディーを提示し、科学上の論争の終結がおよそ科学哲学者が想定するような論理的、方法論的決着ではなく、様々な要因が絡んで生じていることを明らかにしたのである。

2017年センター本試験 国語 第6段落

↓↓↓↓↓↓↓
この読みにくい文章も

↓↓↓↓ポイントを踏まえると↓↓↓↓
とても読みやすくなります
↓↓↓↓↓↓↓

コリンズとピンチの処方箋は、科学者が振りまいた当初の「実在と直結した無謬の知識という神のイメージ」を科学の実態に即した「不確実で失敗しがちな向こう見ずでへまをする巨人のイメージ」、つまりゴレムのイメージに取りかえることを主張したのである。そして、科学史から七つの具体的な実験をめぐる論争を取り上げ、近年の科学社会学研究に基づくケーススタディーを提示し、科学上の論争の終結がおよそ科学哲学者が想定するような論理的、方法論的決着ではなく、様々な要因が絡んで生じていることを明らかにしたのである。

こうすると「とある2人があるイメージを何かから何かに交換したんだな」「科学の争いが終わったのにはいろいろな原因があったんだな」と解釈できますので、意味は通り、簡単になりますよね?

もちろん、「コリンズ」や「ピンチ」「ゴレムのイメージ」「科学上の論争」などは知らなくてOK。ただ、「要因」といった言葉は知っておくべきです。こういう言葉を単語帳で覚えましょう。
こういった要領で1つ1つの苦手の原因を明らかにして、指導を進めます。
指導のイメージとしては、体調を崩して病院で治療を受けるといった感じでしょうか。
「体調が悪い」ということだけでは適切な薬は出せません。
体調がどう悪いのか?熱がある、咳が出る、鼻水が出るといった不調を細かく明らかにすることで、原因が明らかになって、薬の処方や治療ができるのです。

共通テスト国語対策個別講座に
問合せ・申込みをする

2020年度
センター試験古文を使って

少しだけお見せします(後半にテクニック有り)

今回は2020年度センター試験古文問1の解説をします。問題を用意して確認しながら読んでみてください。
問題1(ア)(イ)(ウ) は短い文の解釈問題です。このような短いタイプの解釈問題の解法の手順は

1.単語
2.文法
3.内容・文脈
の順に見ていきます。後半にテクニックを1つ紹介しています。

(ア)ゆかしくおぼしめして
まずは単語から。
この傍線部を見てすぐに「ゆかし」という単語に目がいかなければなりません
これは最頻出の重要単語中の重要単語です。

「ゆかし」とは、もともと「行かし」つまり、「行きたい」という意味である。
何か惹きつけられるようなものが存在し、その対象を行って確かめたいといった知的好奇心を表す語句です。そのため、意味は「見たい・知りたい・聞きたい・心惹かれる」といった意味になります。

すると、この時点で選択肢
①いぶかしくお思いになって②もどかしくお思い申し上げて④縁起が悪いとお思いになって
この3つは明らかに除外されます。「ゆかし」の意味が正しく表現されていないからです。

次に、文法的に探ります。「おぼしめす」という敬語表現を考えましょう。
「おぼしめす」は「おぼす」よりも敬意のレベルが高い尊敬語です。「お思いになる」と訳しておけば大丈夫でしょう。
すると、選択肢⑤会いたいとお思い申し上げて
の「お思い申し上げて」という訳出は謙譲語の訳出です。
よって、除外され、残った選択肢③知りたくお思いになって
が解答になります。

(イ)やをら
これはサービス問題です。
この単語を知らない受験生はいないと思います。
「やをら」は物事が静かに流れる様を意味する語句です。
ですから意味は「そっと・静かに」といった訳になります。
すると、語句の意味だけで選択肢が切れます。
①急いで
③かろうじて
④まじまじと
⑤そのまま
は明らかに除外されます。「やをら」の意味が正しく表現されていないからです。
よって、正解は②静かにとなります。

もしかすると、⑤そのままで悩んだ受験生もいるかもしれませんが、そのままでは、物事が流れていませんよね?原義は「物事が静かに流れる様」でしたから。


ウ)重なれるあはひ

これは(ア)(イ)と比べるとやや考える必要があります。本番中、受験生は少し不安になったのではないでしょうか?

まず、単語で攻めにくいというのがあります。解法の手順通り、単語勝負ができないときは、文法的に攻めるしかありません。

品詞分解をすると「重なれ/る/あはひ」ということで、助動詞「る」を見ます。接続を見ると、「重なれ」は「ラ行四段活用動詞(重なる)の已然形」となっていることから、この「る」は完了存続の助動詞「り」の連体形であることが分かります。

ここで、学校ではほとんど習わないテクニックです。

傍線部の動詞が自動詞他動詞かを見ます。

「重なれ」の言い切りの形は「重なる」ですから、この動詞は自動詞になります。
すると、ようやくここで選択肢、②重ねた風情⑤重ねている着こなし他動詞の訳出がされているで、除外対象です。

また、完了の助動詞「り」の訳出がされていない①重なる様子も除外対象です。

残った択肢③重なった瞬間④重なっている色合いこれらは、本文を見て、内容・文脈で攻めていきます。

すると、傍線部の次の文、「この世の人の染め出だしたるとも見えず、常の色とも見えぬさま、文目もげにめづらかなり」とあり、意味は「この世の人が染めたも思えない、普通の色ではないさまは、模様も本当に珍しい(すばらしい)。」とあることから、この部分の主語は傍線部であることを考えると、瞬間よりも色合いの方が適しているだろう。よって、解答は④重なっている色合いとなる。

共通テスト対策国語個別指導に
問合せ・申込みをする

国語の指導と大学入試科目としての国語の指導の違いとは?

大学入試科目としての国語の授業は普段の国語の勉強とは違います。
受験生を全体的にみて、古典が得意という人は「絶滅危惧種」です。ほとんどの子は古典が苦手で「内容が分からない」とか、「誰の動作か分からない。」と言います。その主な原因は主体判定がうまくできていないからです。

普段の勉強では、
已然形+ば~」は主体が変わりやすいよ。
「~」で文が続くときは、主体は変わりにくいよ。
と説明されますが、すごく抽象的ですよね。それは、指導者が悪いのではなく、古典専門の指導者が少ないのが原因です。

あなたへの個別指導で、そこにさらに踏み込みます。
全ては量的に書き切れませんので、ここでは1つだけお教えします。
大学入試の古文で確実に主体が変わるところは、
「言う系の動詞+ば」の場合において確実に主体が変わります。
「言う系の動詞」とは「のたまふ」などの尊敬語や謙譲語などもOKです。
この積み重ねを一緒に行い、苦手な国語を得意にしましょう。

国語の共通テスト対策に困っていませんか?

・国語で点数を取る方法が分からない
・国語の共通テスト対策は何をしたらいいか分からない
・国語の勉強の仕方が分からない
・二次試験の国語が不安だ
・何をすればいいか右も左も分からない
など

まずは一度来てください。早ければ早い方が良い。その分点数の変化は大きくなります。
過去にはセンター試験対策で、国語の結果が最高9割以上、平均8割越え、最低7割以上と快挙を成し遂げた年度もありました。国語問題の読み方、解き方を基本から教え込みます。

国語の成績アップに必要な要素
①読み方・解き方のコツ
②演習量
③語句・単語の知識
④句法・文法(古文や漢文)

②~③は一般的にも言われています。
実際に、これらを身につける練習を繰り返せば国語の点数は上がっていきます。しかし、これに①を加えると、国語克服にグッと近づくのです。

対策次第では文系・理系問わず国語は得点源にできます。

本を読むのが好きな文系の子、今よりも国語の点数を上げることが可能です。
数学や理科が得意な理系の子、論理的に解いて点数を上げることが可能です。

テストの点、入試の点は”上がるもの”ではありません。”上げるもの”です。
上げるためには行動が必要です。

古文単語を丸暗記で終えていませんか?

古文単語は丸暗記も悪くはないでしょう。
しかし、もう少し深く知ってみましょう。

例えば、「呼ばふ」は「呼ぶ」に「助動詞(ふ)」がついたもの。この「ふ」は奈良時代以前、反復・継続の意味がありました。

つまり、直訳は「何度も呼び続ける」という意味です。
何度も呼び続けるような深い男女の関係になると、見えてくるのは結婚です。だから、「求婚する」という意味になりました。

普段触れないような上代の助動詞を少し知っておくだけで、いざ、大学入試問題を解くときに、初めて出てきた古文単語の推測ができるようになりますね

🌸合格実績🌸

九州大学、広島大学、熊本大学、横浜国立大学、福岡教育大学、九州工業大学、佐賀大学、長崎大学、鹿児島大学、大分大学(医医含む)、山口大学、北九州市立大学、熊本県立大学、長崎県立大学、防衛大学、早稲田大学、立命館大学、同志社女子大学、APUなど

kanaL塾ブログ
受験情報・勉強法・点数の上げ方など更新中
数学.物理.化学.英語も難関国立大2次レベル(国立大.医-医)まで指導しています
わが子の大分上野丘高校合格に必要なことは何か?

電話は朝9時から夜23時まで

夢進学塾kanaL

大分市田室町9-27 JKビル2F

▼バスでお越しの方
大道小学校バス停前 で下車 徒歩1分
レンブラントホテル(旧東洋ホテル)横

▼徒歩でお越しの方
大分駅より大道小学校方面徒歩10分

tel:097-545-7001
 塾休日:日曜・祝日
 ※テスト前・入試前は日・祝の指導もあります。
  詳しくはお問い合わせください。