ジュニア・プログラミング検定(福岡・百地浜)

子ども向けのプログラミングツール「Scratch」を使って、プログラミング検定を受けてみませんか?

このページから「受験の申し込み」と、ジュニア・プログラミング検定に関する「無料説明会お申込み」ができます。

ジュニア・プログラミング検定とは?

プログラミングを学ぶ子ども達を対象とした資格試験です。

Scratchを使用したプログラミングスキルを測定し、その能力を証明・認定します。
子ども達の成長を段階的かつ客観的に明らかにすることで、自信や達成感につなげ、更なる目標に挑戦する意欲を育てることを目的として2016年12月より開催しています。

ジュニア・プログラミング アクティビティ

概要・受験申し込み
受験のお申込みの場合は、概要をご確認の上フォームからお申込みください。
無料のオンライン説明会
興味はあるけど何をすれば良いのかまったく判らない。
そんなときは無料のオンライン説明会にご参加ください。
お子さまの現状、経験、年齢、目的に沿ってアドバイスします。

オンラインへの接続方法も簡単!
受験のための準備・学び方
受験会場となるTNC放送会館で開講しているプログラミング教室です。
プログラミングの学びご相談に乗ります。
「無料体験会」にご参加ください。
受験のための準備・学び方
受験会場となるTNC放送会館で開講しているプログラミング教室です。
プログラミングの学びご相談に乗ります。
「無料体験会」にご参加ください。

どんな試験?

1つの作品を完成させる実践的な試験内容です。

単にブロックの知識を問うのではなく、実際にScratchを使用してゲームなど1つの作品を完成させる実践的な試験内容です。受験者は問題文や完成例ムービーを参照しながら、制限時間内にプログラムを作りあげます。

4つのレベルごとに定めたScratchブロックの役割や特徴を活用する力を評価します。

レベルごとに定めたScratchブロックの役割や特徴を理解したうえで、課題のプログラムをつくれるかを評価します。
レベルはGold(1級)、Silver(2級)、Bronze(3級)、Entry(4級)の4級種を用意しており、学習進度に合わせて段階的にチャレンジできます

上位級ではあらかじめ作られたプログラムを修正する「仕様変更」も出題されます。

SilverやGoldの上位級ではあらかじめ作られたプログラムを修正する仕様変更も出題されます。
他者がつくったプログラムを理解し、修正するスキルも問われます

自由な発想でより良い作品をつくる
アレンジ問題を出題しています。

問題の指示通りに作品をつくった後は、自由に独自の発想を加え、かつ、そのアイディアを説明する「アレンジ問題」を全級で出題しています。
問題の指示に従ってプログラムを作成するだけでなく、自由な発想や相手に説明するスキルも評価します。

検定を活用するメリット

新しい目標に
共通の目標を設定することで、友達とお互い競い合いながら頑張ることができます。
友達とコミュニケーションをとることで、意見をアウトプットしより実践的なプログラミングに近づきます。
プログラミングが体感的に身に付く
検定合格を目指し、学びを深めると今まで作ったことがある/作ったことの無いジャンルのプログラムを作成し、模範解答と照らし合わせることで、より効率的なプログラミング・新しいやり方を見つけることができます。
中学入試の優遇措置としても使える
英検、数検などと同様に、ジュニア・プログラミング検定の合格者を中学入試で優遇する
取り組みが出始めています。
中学入試の優遇措置としても使える
英検、数検などと同様に、ジュニア・プログラミング検定の合格者を中学入試で優遇する
取り組みが出始めています。
Gold(1級)

複数の条件や筋道を組み合わせた論理的思考ができる。また、複数の条件分岐や演算、入れ子構造のスクリプトなどを使って、様々なスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

Silver(2級)

基本的な条件や筋道を用いた論理的思考ができる。また、複数の条件分岐や入れ子構造のスクリプトなどを使って、少数のスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

Bronze(3級)

単純な条件や筋道を用いた論理的思考ができる。また、条件分岐や繰り返しなどのスクリプトを使って、少数のスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

Entry(4級)

入門レベルの特定の条件や筋道を用いた論理的思考ができる。また、条件分岐や繰り返しなどのスクリプトを使って、一つまたは二つのスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

Silver(2級)

基本的な条件や筋道を用いた論理的思考ができる。また、複数の条件分岐や入れ子構造のスクリプトなどを使って、少数のスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

Gold(1級)
出題形式 Scratchを用いて、問題文であたえられた条件を満たしたプログラムを行う。
試験時間 50分
受験料(税込み) 3,000円
出題例

例:レースゲームをつくろう。

受験料(税込み) 3,000円
Silver(2級)
出題形式 Scratchを用いて、問題文であたえられた条件を満たしたプログラムを行う。
試験時間 40分
受験料 2,800円
出題例

例:計算ゲームをつくろう。

受験料 2,800円
Bronze(3級)
出題形式 Scratchを用いて、問題文であたえられた条件を満たしたプログラムを行う。
試験時間 40分
受験料(税込み) 2,600円
出題例

例:レースゲームをつくろう。

受験料(税込み) 2,600円
Entry(4級)
出題形式 Scratchを用いて、問題文であたえられた条件を満たしたプログラムを行う。
試験時間 30分
受験料 2,400円
出題例

例:おいかけっこゲームをつくろう。


受験料 2,400円

概要

【日時】:確定しておらず変更の可能性があります。

2020/9/26(土)15:30~17:00(受験級によって終了時間が異なります)

【場所】

TNC放送会館

〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2丁目3 TNC放送会館 3F 会議室

https://goo.gl/maps/xWrzDrXrZg8ZsweU6 

【タイムスケジュール】

受付:~10分

注意事項の伝達:5分

素材ファイルの確認・問題用紙の配布・お手本ムービーの視聴:15分

試験:級によって30分~50分

終了次第適宜解散

【持ち物】

受験者の身分証明証(保険証など)

【検定申し込み〆切】

試験日の2週間前

当日の流れ

  1. 会場到着
    会場にお越しいただきます。検定当日は時間に余裕を持ってお越しください。
  2. 受付
    受験者の本人確認を行います。当日は受験者本人であることが確認できる身分証明証(保険証など)をお持ちください。
  3. 受験前の説明
    検定を始める前に、検定の流れやPCの操作の説明を行います。
  4. 検定受験
    説明終了後、検定を行います。具合が悪い場合は試験監督(スタッフ)にお気軽にお申し付けください。
  5. 検定終了
    検定終了です。お疲れ様でした!

受験料のお支払いについて

検定申し込み完了後、こちらからご連絡を差し上げます。その後、【銀行振り込み】または【PayPay支払い】の2種類の方法で受験料をお支払いをご案内いたします。


無料オンライン説明会について

オンライン説明会は必要な情報に焦点を絞ってご説明するため、お子さまの状況、経験、年齢、目的によってご説明の内容を変えています。

  1. パソコンをほぼ使った事がないお子さま
    マウスの操作など基本的な操作から、プログラミングとは、プログラミングの重要性などをご説明し、学び方の道筋、最終的にジュニア・プログラミング検定に続く概要のお話をさせて頂きます。

  2. パソコン使った事はあるがプログラミングは初めてというお子さま
    プログラミングとは、プログラミングの重要性などをご説明し、学び方の道筋、最終的にジュニア・プログラミング検定に続く概要のお話をさせて頂きます。

  3. Scratchを使ってプログラミングをやった事があるお子さま
    ジュニア・プログラミング検定の概要、注目される理由をご説明し、受験のための手順等のお話をさせて頂きます。

  4. プログラミングを学んでいて自分の実力を試してみたいというお子さま
    受験のための手順等のお話をさせて頂きます。
ジュニア・プログラミング検定の詳しい内容についてはこちらから