長年放置した借金は整理前に時効をチェック

長い間放置していた借金に心当たりがある人は、返済や債務整理をする前に時効を確認することをお勧めします!

長年放置している借金はありませんか?

借金の時効は5年で成立する?

借金は、一定期間過ぎると時効が成立することがあります。時効が成立すると返済義務が消滅して借金を返済する必要がなくなります。
しかし時効期間には種類があって
サラ金・貸金業者は→5
個人から借りた場合→10
銀行から借りた場合→5
住宅ローンの場合は→10
となっています。

もしも、あなたの借金が最終返済日から5年以上経過している場合は、時効が成立している可能性があります。

時効はプロへ相談がオススメです

借金の時効が成立して、借金を返済する必要が無くなったら嬉しいですよね。
しかし、時効期間を迎えただけでは借金から解放されるわけではありません。
まずは貸主(債権者)に「時効の制度」を利用する意思を伝える必要があります。
この「時効の制度」を(消滅)時効の援用といいます。

もしも借金の時効が成立していたら?

時効援用の手続きをはじめる

自分の借金の時効が成立しているとわかったら「消滅時効の援用」の手続きをしましょう。
時効の成立は、貸金業者の場合、最終返済日から約5年で時効が成立します。
途中で、少しでも返済したりするとそこで時効が中断され、時効が振り出しに戻ってしまいます。(関連記事:時効の起算日とは?

その点をしっかり確認してから、時効の援用の手続きをしましょう。

借金の時効の成立条件は
1.返済していない状態が5年以上続いている。
2.貸金業者に「時効制度を利用する」と伝える。
ことが重要です。

サービサーの督促に注意!時効が中断する恐れがあります

特に注意して頂きたいのが、サービサーの督促による「債務の承認」です。
サービサーとは、貸金業者が委託した借金取り立て専門の会社(債権回収)の事です。
借金を返済していないとそのサービサーから「督促状」が届くことがあります。
「督促状」は借金返済を催促する通知書のことですが、これを無視し続けると「催告書」というものに変わり、内容も最初は柔らかい文面だったのが、厳しい文明になっていきます。

時効が中断するとどうなる?

長年借金を放置しているとこういった「督促状」や「催告書」等の請求書が送られていると思いますが、時効が完成間近の場合は「催告書」や「督促状」には絶対に応じないでください。
時効の中断事由の一つに「債務の承認」があります。債務の承認は、借金した人(債務者)が自分の借金を認めることを言います。自分の債務を認めてしまったら、今までの時効はチャラになってしまいます。

時効が成立する可能性がある場合は、サービサーからの督促には要注意です。

時効中断の一つ・債務の承認について

債務の承認とみなされる行為とは?

  • 請求された債務(借金の返済)を少しでも支払う
  • 「債務の存在を承認する」とわかるような念書を交わす
  • 請求による債務の返済猶予を求める行為

上記の項目のように、債務の承認をしないためには「債務の存在を認めない」ことが肝心になってきます
2項目の”「債務の存在を承認する」とわかるような念書を交わすとは「債務承認書」という書類に記名してしまうと債務の承認をしたことになり、あとから言い逃れはできなくなってしまいます。その他にも
「債務の期限を遅らせてほしい」
「来月には払う」
などの期限の延長の催促も自分の債務を認めたことになり、時効が中断される恐れがあるので、注意が必要です。

時効の意思を伝えるのは、内容証明郵便がおススメ

借金の時効が成立後「時効の援用」手続きを進める時には、内容証明郵便を利用することをお勧めします。
内容証明郵便とは「誰が、いつ、何のため」に出したかを郵便局が公的に証明してくれる郵便の事です。
貸主やサービサーに、時効の意思を伝えるのは口頭や文面でのやりとりでも可能ですが口頭上でのやり取りや文面だと、債権者が言葉巧みに債務の承認と取れるような言葉を引き出してしまい、時効が中断する可能性があります。
そうならないためにも記録が残る内容証明郵便がおススメです

時効の援用をする際には、決して安易にサービサー等と連絡して債務の承認をしないよう注意が必要です。

もしも時効が成立していなかったら?

もしもご自身の借金の時効がまだ成立していなかった場合は、残念ながら時効の援用ができる可能性は低いので、債務整理を検討したほうが賢明かもしれません。
例えば、時効の成立していないにも関わらずサービサーからの督促を放置し続けると、やがて『提訴』を起こされ『財産・給料の差し押さえ』される可能性もあります。

そのような事態になるよりかは、法律のプロと相談しながら債務整理を計画して返済していく方が安全と言えるでしょう。

債務整理に関する相談はプロへ!

長年放置している借金は必ず時効を確認しましょう

長年放置している借金があるという方は、サービサーなどの取り立てに怯えて暮らすよりも、借金をそのままにせず、自分の時効が成立しているか確認してみてください。
「時効の援用」をするためには、過去に自分が一度でも借金を返済をしていないか、知らないうちにサービサーから裁判を起こされていないか等もよく確認する事が重要です。

そういった、借金の時効の詳しい進め方や時効に関する悩みには、法律のプロに相談するのがおススメです。
アヴァンス行政書士法人』は時効に関する相談を無料で受け付けています。
借金をどこで借りたか、最終返済日なども調べてくれますので、『時効の援用を個人でやるのは不安…』という方は心強いでしょう。

アヴァンス行政書士法人のサイトを見る

時効の援用は信用情報に影響するの?
信用情報は、クレジットカード・住宅ローンの申し込みの際には欠かせない情報ですが、借金の時効で払わなかった場合は、信用情報に影響がでるのか?という質問をしている方をよく見かけます。

時効の援用が信用情報に傷を付ける事もありえます。

しかし、基本的に時効の援用をした場合は、借金は完済という扱いになるので、借金の延滞情報も消えて信用情報が傷付くことはない事がほとんどです。

一部の貸金業者が所属している信用情報機関では、時効の援用を行なっても「貸倒(かしだおれ)」という状態が登録されて、その後5年間信用情報に傷が付いたというケースもあります。

信用情報に問題が出ないかという部分は専門家に相談してみてどうなのか?と聞いてみる事をオススメします。
専門家だからと言っても信用情報のブラック情報を消すように交渉できるわけではないようです。

時効について相談をする