育休プチMBA🄬 認定ファシリテーター

育休プチMBA🄬のビジョン

「子どもを持ちながら働く」が当たり前となる社会の実現に向けて私たちと一緒に活動してくださる方を募集しています。

あなたの仕事と子育ての経験を武器にフリーランスとして、または社内講師としても活動できます。

全国の認定ファシリテーターのコミュニティや様々なサポート体制があり、安心して活動いただけます!

育休プチMBA🄬とは

2014年に出産直後のワーキングマザーの交流から始まった勉強会。今では2800名以上が参加する勉強会に(詳しい経緯はこちら)。全国からご依頼をいただき、東京の会場はチケット販売と同時に常に満席になる大人気のクラスです。

育休者や退職した後に再度復帰したい方を対象に、復職後に、限られた時間の中で能力を最大限に発揮する思考と両立の知恵を育休プチMBA®公式ケースを通じて獲得します。

育休プチMBA🄬

認定ファシリテーターとは

「育休プチMBA🄬認定ファシリテーター」は、ワークシフト研究所が認定する資格です。

「育休プチMBA勉強会」をあなたの社内、または個人向けに開催することができます。

ファシリテーターは、育休プチMBA®公式ケースを使って、参加者に気づきを与え、新しい視点を獲得してもらうためのディスカッションのサポーター兼案内人です。

あなたの好きな場所で、好きな時間に開催できます。

募集条件

  • ビジョンに共鳴し、一緒に発信してくださる方
  • 既婚、お子さまの有無は問いません
  • 男性も歓迎です
  • ビジョンに共鳴し、一緒に発信してくださる方

ファシリテーターまでの流れ

左図は2019年後期スケジュールです。

お申込みから修了まで最短で6か月

※上級資格としてアドバンスドコースがあります。

 STEP

1

WSIプチMBA 管理職育成プログラム 管理職コース を受講

  • 受講期間は約6か月(下記STEP2,STEP3も同時に受講)
  • MBAをお持ちのかたはこちらは免除となります。

 STEP

2

ファシリテーション基礎講座 を受講

  •  オンラインで3回受講

 STEP

3

見学・登壇トレーニング

  • 東麻布で開催する育休プチMBA勉強会に1回以上見学していただきます。
  • 認定ファシリテーター候補生が集まり、順番でファシリテーター、またはサブファシリテーターを行います。
  • 登壇者は事前にマンツーマンのトレーニングを受けます。

 STEP

1

WSIプチMBA 管理職育成プログラム 管理職コース を受講

  • 受講期間は約6か月(下記STEP2,STEP3も同時に受講)
  • MBAをお持ちのかたはこちらは免除となります。

サポート

<資格を取るまで>

  • 個々の強みを引き出すトレーニングを十分積んでいただけます。


<資格取得後>

  • 初年度の登録料は無料です。※年間登録料2万円で以下のサポートが受けられます。
  • 会場、集客、開催に関するルール・アドバイスを記載した「育休プチMBA®ルールブック」を差し上げます。
  • 認定ファシリテーターは育休プチMBA®公式ホームページ・Facebookにて、プロフィール、開催地などの情報を紹介します。


<勉強会を開催するとき>

  • 集客に関するサポートを致します(一部有料)。
  • オンライン相談会(年に4,5回開催)に無料で参加でき、開催方法やファシリテーションに関して相談できます。(2年度以降は有料)
  • 株式会社ワークシフト研究所が主宰するイベント、クラスや提供するサービスの優待が受けられます。

 

※認定ファシリテーターが開催する勉強会で、参加者から得た受講料は、すべてご自身の収益になります。

詳しくは、オンライン説明会にご参加ください!

全国の認定ファシリテーター

加藤めぐみ 

社内限定
(日本イーライリリー株式会社)

京都大学大学院農学研究科 前期博士課程修了、
慶応義塾大学大学院経営管理研究科 修士課程修了、
慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 修士課程修了

米系製薬会社にて医薬品開発に従事。リーンシックスシグマ・ブラックベルトののち、糖尿病領域の新薬開発のプロジェクトマネジメント担当。

育休プチMBAという素晴らしい学びの機会を多くの人たちに届けるお手伝いができ、とても嬉しく、楽しみです。お仕事的な学びだけでなく、学ぶことの楽しさも一緒に伝えられるといいなと思います。

上松恵子

岐阜

同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒業

教育系広告代理店にて営業10年、学校法人にて入試・広報や総務部門を3年勤務したのち、独立。株式会社オフィスリブラ代表取締役。働き方改革や女性の活躍、ワークライフバランスの推進等の研修やコンサルティングを実施。

私自身が育児と仕事の両立で苦戦し、二度の離職をするという苦い経験をしています。育休をブランクではなく、知識と思考を獲得し、そして同志と繋がれる大切な機会となるお手伝いができることが本当に嬉しく、幸せに思っています。「母となって、はたらく」をもっと楽しく、豊かにできるようサポートできれば嬉しいです。

お問い合わせはこちら


鹿島 忍

社内限定
(ウイングアーク1st株式会社)

ウイングアーク1st株式会社にて経営管理やIR業務をしております。

育休プチMBAの受講をきっかけに、ちょっとした視点の捉え方で、目の前に明るい景色が広がる、という体験をさせていただきました。その視点を知っているだけで、こんなにも気持ちが落ち着き、行動を変えることができるんだということを、多くの方々に共有させていただき、育児や仕事での幸せな時間を増やしてもらいたいと思っております。

白鳥麻郁子

池袋

給食委託会社、福祉施設運営会社に栄養士として約13年勤務。主に、給食提供に関するマネジメント、新規オープン施設のスタートアップ、食に関するイベントの企画運営、研修などを担当。現在は、個人事業主として独立。イベントやセミナーの企画運営、セミナー講師として活動。

「家庭も仕事も自分も諦めない」をモットーに活動しています。3回育休を取得した経験と、栄養士として関わったマネジメントの経験をもとに、「MBA」と聞くと敷居が高いと感じる方も、気軽に参加いただけるような学びの場を目指しています。

お問い合わせはこちら

小林良江

福島

駒澤大学 法学部法律学科 卒業

独立系のソフトウェア開発企業にて公共関連事業に従事。
スパイラルモデルの大型開発や単独でのフィジビリティスタディ等経験を経て、現在はQCDマネジメント業務を担当。

育休中に出会った育休プチMBAの学びの場によって多角的な視点を得ることができました。復職のケースだけではなく日々のトラブルに対しても思考を止めず考えることができるように、考えることの練習の場を提供したいと思います。

松本恵利子

宇都宮

メーカーの人事総務関連部署にて企画・チームリーダー業務を担当する、2児の母です。

時間制約を受ける時期を経ながら「自分らしく、楽しく働き続けるには?」の答えは、十人十色で正解はありません。
・自分らしいキャリアを描くための気づきの場
・ワーキングマザー同士の学び合い
・励まし合いの場
を設け、社内外の女性活躍支援に役立てたいとの想いから、認定ファシリテーターになりました。
ワーママが1人で抱えてしまいがちなモヤモヤした気持ちを大切に。多角的な視点から解消につながるヒントが得られるよう、共に学び合う仲間の立場から尽力します。

白鳥麻郁子

池袋

給食委託会社、福祉施設運営会社に栄養士として約13年勤務。主に、給食提供に関するマネジメント、新規オープン施設のスタートアップ、食に関するイベントの企画運営、研修などを担当。現在は、個人事業主として独立。イベントやセミナーの企画運営、セミナー講師として活動。

「家庭も仕事も自分も諦めない」をモットーに活動しています。3回育休を取得した経験と、栄養士として関わったマネジメントの経験をもとに、「MBA」と聞くと敷居が高いと感じる方も、気軽に参加いただけるような学びの場を目指しています。

お問い合わせはこちら