腸内細菌レメディー、皮膚疾患の権威
ヒラリー・ドリアン先生
来日セミナー

Just One Dropにも出演している有名英国人ホメオパスヒラリー・ドリアン先生のセミナーを行うことになりました!
ホメオパス歴35年、教師歴22年と経験も豊富で、中医学やハーブにも精通、ハーブを使った化粧品会社SkinGeniusや英国ホメオパスでは知らない人のいないSOSクリームの会社Barefootの創設者でもある先生は、腸内細菌や皮膚疾患の権威でもあります。
幅広い視野を持ち、情報の宝庫である先生の話を聴けるこの機会をお見逃しなく!

セミナーの詳細

日程

2018年5月19日(土) 腸内細菌のレメディー
2018年5月20日(日) 皮膚疾患とホメオパシー

*先生出演の映画をみんなで観て、撮影やホメオパシーのお話を聞こう!
2018年5月21日(月)ヒラリー・ドリアン先生と観るJust One Drop
申込・詳細はこちら→クリック

*プレweb無料セミナー
2018年3月15日 19-20時 

※プレセミナーと来日セミナ―には日本語通訳が付きます
 通訳はホメオパスで通訳者としても大好評の大野麻希子さんにお願いしています

時間 10:00-17:00
料金

*アーリーバード(3月20日まで)
2日間:35,000円 どちらか1日:20,000円
*3月20日以降
2日間:55,000円 どちらか1日:30,000円

会場 板橋区グリーンホール 601会議室
住所: 東京都板橋区栄町36-1
交通: 東武東上線「大山」駅 北口から徒歩約5分
    都営三田線「板橋区役所前」駅A3出口から徒歩約5分
    アクセス➡クリック
主催 赤羽ゼミxひまわりホメオパシープラクティス
協力者
板橋区グリーンホール 601会議室
住所: 東京都板橋区栄町36-1
交通: 東武東上線「大山」駅 北口から徒歩約5分
    都営三田線「板橋区役所前」駅A3出口から徒歩約5分
    アクセス➡クリック
会場 板橋区グリーンホール 601会議室
住所: 東京都板橋区栄町36-1
交通: 東武東上線「大山」駅 北口から徒歩約5分
    都営三田線「板橋区役所前」駅A3出口から徒歩約5分
    アクセス➡クリック

申込方法

申込フォームに必要事項をご記載下さい⇒クリック

参加費をお振込いただいた時点で、正式に参加受付完了とさせていただきます。

*一度お支払いになった参加費は、返金いたしかねますのでご了承ください。

お問い合わせ:赤羽ゼミ akbn.homeopathy@gmail.com

POINT
1

腸内細菌のレメディー:Bowel Nosode 

腸内細菌ノウソーズ(病変組織から作ったホメオパシーレメディー:ノゾースとも)はレメディーのグループの中で、十分に利用されていないもののひとつです。
これらのレメディーの有効範囲や領域はとても広域で、慢性症状をこれらのレメディーなしに改善させるのは難しいといっても過言ではありません。
今回のセミナーでは、腸内細菌レメディーが役立つと示唆される、クライアントが持つサインと症状について考えていきます。
セミナーの前半は、腸内細菌のレメディーが効果的に働く部位について、身体全体を対象にして話をします。さらに、腸内細菌をひとつの仲間と見たときの特徴についても見ていきます。
その後、腸内細菌をひとつずつ学び、違いを明らかにしていくことで、クライアントに対して上手に使えるようになります。

セミナーでは、以下のレメディーについて学びます。
Morgan.........皮膚に最高のレメディー
Dys co..........不安に最高のレメディー
Syc co..........喘息と関節の痛みに最高のレメディー
Gaertner.......食物不耐性に最高のレメディー
Proteus.........片頭痛に最高のレメディー
Bacillus no 7..慢性疲労症候群に最高のレメディー
Colibacilinum.泌尿器疾患に最高のレメディー

腸内細菌ノウソーズ:1930年代にフラワーエッセンスでも知られるバッチ博士(Dr.Bach:バックとも)とパターソン博士夫妻によって導入されたレメディー。ある病気とレメディーが患者の便の中に、多量の特定のバチルス(細菌)を作り出すことに気が付いた。ポテンタイズされた腸内の細菌は、代謝を阻害する特徴を持った複合的な生命化学物質であると考えたことから、これが病気と類似しており、類似の法則によりバランスを取り戻すことができるという考えからレメディーとなった。
POINT

皮膚疾患:Skin Disease

5人に1人が湿疹に悩んでいて、私たちはホメオパスとしてこの問題を抱えるクライアントを多く診ることになります。
多くのホメオパスが取り組むのに慎重になるのが皮膚疾患です。特にアトピーをはじめとして湿疹には一段と警戒するでしょう。このセミナーは長期で患っているひどい湿疹症状のクライアントであっても自信をもって対応できるようになるよう構成されています。
始めに、湿疹についての話をします。レメディーだけでなく、湿疹症状のホメオパシーでの扱い方にも焦点を当てた内容です。また、クライアントが安全にどのようにしてステロイドを止めるかについてもとても重要な戦略ですので、この点も見ていきます。
レメディーについて学んでいく中で、とてもよく知られたポリクレストのレメディーも取り上げます。これらがどのように皮膚症状を助けるかについて強調して学びます。さらに、CicutaやMezereumなどの小さなレメディーも見ていきます。
時間があれば、乾癬についての情報と、それを緩和させるのによく使うレメディーについても少しお話したいと思っています。

講師:ヒラリー・ドリアン

私はホメオパシーを教えて22年間になります。英国のCentre for Homeopathic Educationの中心スタッフであり、South Down School of Homeopathy他多くの学校で、またニューヨークをはじめ、アイスランド、アイルランド他多数の国々で教鞭をとっています。主な学科としては、マテリア・メディカと健康回復に効果的な方法についてを教えており、Bowel Nosodes(腸内細菌のレメディー)とEndocrine Sarcodes(内分泌のレメディー)に特別な興味を持っていて、どの科目よりも多く授業を行っています。

私は教えることが大好きで、知識をシェアし、学生たちの学びに力を注ぐことに喜びを感じています。私の講義が一つの主題を明確にしていくことに役立っていると願っています。
35年間ほぼ毎日ホメオパスとして活動しています。クリニックでは、学生に無料で同席してもらい、臨床経験を得てもらうこともしています。これはホメオパシーに対しての貢献であり、効果的な人材育成を通して人々の健康に貢献するという方法でもあります。
私は、学生たちが自分には決してできないと思うような特別なことを私がしていると思ってほしくはありません。学生の意欲を引き出し、彼らが自分のクライアントと向き合い、あらゆる問題に対して解決できるという自信を持ち、もう私のクリニックで学ぶことはないと思ってほしいのです。

ホメオパシーに対して、そして健康の問題を持つ人々を助けることにとても情熱を持っています。ホメオパシーが大好きです。この惑星で最も人気のある医療であり、安全で、道徳的で、手に届きやすいところが好きです。
私は、Gambian Wellness Foundation(ガンビア健康基金)の役員でもあります。この会はアフリカの田舎の村に住む貧困に悩む人々を助けるために設立されました。ガンビアを訪れ、医療を受けに何マイルも歩いてくる人々を治療したことは、私の中に長く残る、非常に自分が小さく感じた体験でした。1986年にインドで地方のクリニックに行ったときも同じような体験をしました。そして同時に素晴らしい体験でもありました。あの頃の感情的なインパクトは今ほどではありませんでした。というのは意識の拡大をこれでもか!と試される子育ての経験の前でしたから。

Just One Dropというドキュメンタリー映画にも出演しています。
監督のローレル・チテンと出会い、英国での撮影中は彼女と撮影チームは私のところに滞在していました。彼女の映画はとても素晴らしいホメオパシーを世界中で宣伝するための道具となると思います。この映画のために貢献できたことをうれしく思います。

私はとても若いときに慢性の鼻炎に悩んだことからホメオパシーと出会いました。この運命の出会いがあったことは幸運でした。そのことが、愛すべき仕事と、十分な収入と、この世の中を変えるための素晴らしい方法を私に与えてくれました。
私たちが選択できる代替療法の中で一番遠くにあるのがホメオパシーのように思えます。ホメオパシーは単純に今持っている症状や病気(調子の悪さ)を取り除くだけでなく、もっと多くのことができます。私は、よい根本体質のレメディーは過去からの解放と、明るい未来への変化をもたらすことができると信じています。この考えは、いまだに私を触発し、興奮させます。

私はもうすぐ60歳になります。少し仕事のスピードを落とそうと思っています。私の娘はホメオパシー学校の2年生です。私は彼女がいつか私のクライアントの何人かを受け持ってくれると思います。でも、一生涯、完全に引退をするということはないと思います。ホメオパスであることは、私が行っていることではなく、私自身であるからです。

この動画は、いくつかのホメオパシー学校から資金を得て作られた、各ホメオパスについて作られたショートフィルムのひとつです。これをみて、興味を持ってもらい、成功するキャリアのひとつとしてホメオパシーを学んでもらうことを目的としてつくられました。

赤羽ゼミプレセミナー実施!

セミナーにご協力くださった皆様

(有)フレグランスジャーナル社

樫の木堂

大野麻希子

合同会社circulus

セミナー当日出店をご希望の方へ

2日間、セミナーへ参加するホメオパスの皆さんへ休憩時間等に商品の販売や、会社や団体の紹介をしたい方を募集します。

  1. 出店料 5000円:2日間 長テーブル1つ
  2. 出店社が講座に参加したい場合は、アーリーバードの料金で参加が可能です。
    ※講座へ参加されない場合は講座中は外に出ていただきます。

搬入方法は2通りあります
  • 会場前に車の場合コインパーキングに停めて行う
  • 近くのヤマト運輸営業所に送り、会場で台車を借りて運ぶ

出店のお申込みはこちらから→クリック

現在出店が決まっている方々
  • (有)フレグランスジャーナル社 自然療法関連書籍
  • 樫の木堂 ホメオパシー関連書籍
  • (同)circulus 自然療法グッズ、お茶など

Hilery Dorrian Homeopathy Seminar


Hilery Dorrian will come to Japan to teach us from England!!
It will be 2 days lecture in Tokyo.

Date
19 May 2018 Bowel Nosodes
20 May 2018 Skin Disease

Time
10:00-17:00

Fee
*by 20 March
2 days:JPY35,000 1 day:JPY20,000
*after 21
March2 days:JPY55,000 1 day:JPY30,000

Venue
Itabashi Green Hall
36-1, Sakae-cho, Itabashi, Tokyo
Access;
Oyama station on the Tobu-Tojo Line, or
Itabashi-kuyakusyo-mae station on the Toei-Mita Line

If you would like to attend the seminer, please email us on akbn.homeopathy@gmail.com