発達特性 × インタビュー

ぜひお力をお貸しください

発達インタビュー申し込み

第一弾の募集期間
日時:2020年9月1日より12月23日まで
会場:オンラインまたは大阪のカフェ
時間:  平日午後1時~時の間 役1時間ほど

第二弾以降のお申し込みは
募集期間の1ヶ月前から開始いたします。
インタビューのお申し込みはこくちーずで

なぜ1000人インタビューをしようと思ったのか?
きっかけは私の先生の一言でした!

発達ペディアを作りたいという大きなチャレンジ

何年かかるかわかりません。

それでも挑戦することにとても大きな意味があるように思います。
そもそもなぜインタビューをすることになったのか?というと

きっかけは私の先生の一言でした!

「もし私が発達障がいの人をサポートするなら1000人インタビューします!」

そう言われて驚愕しました。


えっ千人?
確かにそれくらいの方の話を聞けたら、かなりの情報をもらえるし、それが誰かの役に立つ!私は瞬時にそう思いました。

先生の話はそれだけでなく「そもそも発達特性を持つ人は、長く困りごとを抱えてることが多く、誰かの手を借りたりサポートしてもらわないといけない立場にあることにも苦しんだりしてる。
もしそれがインタビューを受けることで、そういう情報が誰かの役にたつなら、当事者にも自分の存在が人の役に立つ喜びを増やせるんじゃないかと思う。」

そう言われて私はまたまた驚きました。

確かに誰かの役に立つことで生きがいを得てきた。
でも私は「誰かに頼る」とか「助けてとかが言えない」とても苦手なこと。

「そうかぁ~だから今ここで助けてください。力を貸してください。ということが別の意味でも人助けになるのか?」

それなら頑張って大きな声で叫ぼうと思いました。

◉どうか私に力を貸してください。

◉私を助けてください。

◉あなたの経験を聴かせてください。

◉それを誰かの役に立つようにします。

◉お手伝いしてください。

という言葉を発することから私のチャレンジは始まるようです。

発達障害ではなく特性と呼んでいる理由

私が発達障害のことを「発達特性」と呼ぶのは、当事者の立場から「特性」という言葉がぴったりくると思ったらなのです。
発達障害という言葉を聞いて様々な人の意見を思い出します。

・ 障害という言葉はどうだろうか?
・「障害」ではなく「障がい」の方がいい
・ 障害ではなく個性の一つ
・ 障害だなんて言わなくても、そんなこと多かれ少なかれ誰にもある

その言葉を発してくれているのはそれぞれの違う立場の方々意見でした。
立場が違うと見え方が違うのでしょう。
そのような立場の違う人の意見も聞きたい特性を持つ人が感じている思いも聞きたいと思います。

発達インタビュー
1000人プロジェクト

第一弾として9月1日より12月23日まで100人を募集します。

大切にしていること


インタビューでのお約束

ここち良い雰囲気の中でお話ししてもらえるようにに努めます
いただいた個人情報は明かしません
万が一、話しているうちに思い出して嫌な気持ちになったり、辛くなったりしたら必ずフォローいたします。
万が一、話しているうちに思い出して嫌な気持ちになったり、辛くなったりしたら必ずフォローいたします。

こんな人にお願いいたします

  • 自分以外の誰かや、人の役に立ちたい
  • 発達特性があるけれど、いろいろ工夫して克服してきた
  • 自分の体験が人のためになるなら嬉しいと思っている
  • 自分も苦労したから困っている人の気持ちがわかる
  • 中西さんを助けたい
  • 発達ぺディアがきっと世の中の役に立つと思う
  • 自分も同じ思いで自助会を開催している
  • 話すことで自分も何か閃きがあるかも!
  • 話して過去を整理したい
  • コロナ禍で寂しい、誰かと話したい
  • 発達障がいだと診断された
  • 発達診断を受けていないけれど
    もしかしたら発達障がいかも知れないと思っている
  • 発達診断を受けたけれどグレーゾーンだった
  • ご家族または周りに発達特性を持つ方がいる
    (関係者)

  • 発達特性を持つ方の支援者
  • 発達自助会を主催している
  • 発達障害関係者でも当事者でもない
    (そんな方にもお願いしたいと思います。発達障害に対するイメージやどのようなことを理解しているか伺いたいです。)

  • 発達ぺディアがきっと世の中の役に立つと思う

どのような質問をするのか?
(ここが一番知りたいところでしょうか)

発達当事者の方への質問

  • どのような経緯で発達障害の診断を受けられ他のですか?
  • 困りごとなどはありますか?
  • 特性があることで、得したことはありますか?
  • 工夫していることはありますか?
  • 当事者会へ参加されていますか?
  • その他、その時に思いついたことをお聞きします。
  • 困りごとなどはありますか?

発達ペディア作成プロジェクト
1000人の声を集めるインタビュー

Step
1
たくさんの方にインタビューする
まずはいろんな人からお話を伺う
インタビューだけでなく
体験を語ってもらったり
工夫や困りごと
世の中の人に言いたいことなど
あなたの話したいこともお聴きします。
Step
2
発達ペディアを作成する

発達ペディアという感じでいただいた内容を「優し暮らしHP」に順次載せていた来ます。
私はまとめたりするのが苦手なので、ざっくりとおおまかになるかと思います。

Step
3
発達ペディアを作成していく(随時更新)
一緒に創ってくれる人を募集して、詳しく発達ペディアを更新していきます。
Step
4
図鑑のように本にする
インタビュー1000人プロジェクトが終わったら図鑑のように本ができたら良いなと思います。
これは夢ですね〜
Step
2
発達ペディアを作成する

発達ペディアという感じでいただいた内容を「優し暮らしHP」に順次載せていた来ます。
私はまとめたりするのが苦手なので、ざっくりとおおまかになるかと思います。

インタビューに答えたいけど
「う〜ん!」と
思っている方へ

「顔を出すのが不安」

オンラインや電話でのインタビューではビデオ無し(顔を出さなくても)でも大丈夫です。

「言いたくないことが、いろいろあるかもしれない」

言いにくいことや言いたくないことは、もちろんパスしてください。

「何を話していいかわからない!」

大丈夫です。こちらのから質問させてもらいます。その中で答えられるものにだけにお答えくださいね。

zoomの使い方がわからない。

zoomではなく、LINE電話やSkype、もちろん電話でもOK!電話料金はこちらで持ちます。


zoomをやった事が無い。

zoomの使い方、インストールの仕方など事前に優しくご説明いたします。
この機会に一度、使ってみてはいかがですか?

zoomの使い方がわからない。

zoomではなく、LINE電話やSkype、もちろん電話でもOK!電話料金はこちらで持ちます。



インタビュー方法

お好みの通話機能を選んでください。
ビデオ無しでも、有りでもどちらでも大丈夫です


zoom

スマホでzoomをする場合は事前にアプリをインストールする必要があります。
電話
シンプルにお電話で
費用はこちらで負担いたします。
大阪のカフェ
コロナ感染に気をつけながら開放的なカフェにて
LINE電話

LINEの通話機能を使います。

facebookメッセンジャー

facebookメッセンジャーの通話機能を使います。

フォームでもインタビューをお願いしています

話すのが苦手な方にはより簡単なフォームに記入するだけのインタビューもあります。

天気の良い日は屋外でも良いかも

公園や河川敷など季節が良い時はそちらも検討してみます

フォームでもインタビューをお願いしています

話すのが苦手な方にはより簡単なフォームに記入するだけのインタビューもあります。
発達インタビューを受けてくださる方はこちらから

【発達ぺディアを作る事、できた事で
こんな嬉しいことになるかも?!】

  • インタビューを受けることでいろんな気づきがあるかも?

  • 発達特性を持つ人を支援するの勉強となるかも?
  • たくさんの声や体験が集まると、発達特性や障がいの事をもっと理解してくれるようになるかも?

  • 発達特性を持つ人同士の交流が深まり絆が生まれるかも?

  • もしかしたら発達がい害かもしれないと思っている人の参考になるかも?
  • 発達特性を持つことが受け入れられるようになるかも?
  • 発達特性を持つことが受け入れられるようになるかも?

1000人プロジェクトの募集期間概要

第一弾
2020年9月1日〜12月23日
100名募集
第二弾
2021年1月7日〜4月30日
100名募集
第三弾
2021年5月1日〜8月31日
100名募集
第四弾
2021年9月1日〜12月23日
100名募集
第五弾
2022年1月7日〜4月30日
100名募集
第三弾
2021年5月1日〜8月31日
100名募集
第六弾
2022年5月1日〜8月31日
100名募集
第7弾
2022年9月1日〜12月23日
100名募集
第八弾
2023年1月7日〜4月30日
100名募集
第九弾
2022年5月1日〜8月31日
100名募集
第十弾
2023年9月1日〜12月23日
100名募集
予備
2024年1月7日〜12月23日
100名募集
第八弾
2023年1月7日〜4月30日
100名募集

プレ募集でいただいたご感想

発達特性を持つK.iさん30代

転職を繰り返しています。ネットで仕事を募集する検索していたら、たまたまあるサイトで発達のことを知りました。まさか自分がと内心疑っていましたが、もしかしたらと思って心療内科で相談すると、発達障害ADHDと診断されました。
 私は今まで、人に迷惑をかけてばかりいました。それがつらくて鬱になり仕事もやめて心療内科に通っていたのですが、インタビューを受けることで「こんな自分でも役にたてる」そう思ってインタビューを受けることにしました。
中西さんは優しくいろいろ聞いてくれてインタビューというより、セラピーのように何でも受け止めてくれました。話していてとても楽しかったです。



◉いただいた感想は随時増やしていきます。

発達インタビューをする
中西ひろえとはこんな人

中西ひろえのプロフィール

2018年3月発達障害ADHD不注意優勢型と診断される。
2年間悩んだ末の受診だったが、それがきっかけで世界観が変わる。
今まで、数々の失敗や後悔で自責の念に苛まれて生きてきた。
診断を受けそれが特性のせいだとわかり、悩んでいた事がうそのように楽なった。その後、「特性がある故に、悩んでいる方達のサポートがしたい!」というミッションを持ち、片づけの学校を立ち上げるために猛烈に勉強を始める。

2019年にはADSや二次障害である双極性障害(そううつ病)もあるかもと医師に言われ、これまた合点がいった。頑張りすぎると「そう状態」になり、いずれうつに転じることを理解したので、ぼちぼちと自分のペースで、物事を進めることを学んで取り組んでいる。

資格:保育士、ホームヘルパー2級 ガイドヘルパー
整理収納アドバイザー、ライフオーガナイザーなどなど

その他の民間資格
カウンセラー、コーチ、ファシリテーター
アロマインストラクター 色彩セラピスト


主宰している自助会や取り組み、やこれまでの活動
アメブロ
片づけの学校HP
発達自助会
おいでよ!
いっぽいっぽの会へ
発達特性を持つ人のための
片づけ自助会
ちょうちょ結び
発達ママの
話してスッキリ
オンライン自助会
発達自助会
おいでよ!
いっぽいっぽの会へ

お知らせ


2020年9月3日(木) 【発達自助会ちょうちょ結びのお知らせ】片づけカフェ
2020年9月16日(水) 【発達ママカフェのお知らせ】9月発達ママ応援自助会“ルーシー"話してスッキリ発達ママカフェ
2020年9月19日(土) 【いっぽいっぽの会のお知らせ】 8/xx(日)、はお盆休みのため臨時休業とさせて頂きます。宜しくお願い致します。
2020年9月25日(金) 【片づけができない人のためのオンライン片づけサポートのお知らせ】meet ~upとよなか主宰イベントに参加します。
2020年10月1日(木) 【発達自助会ちょうちょ結びのお知らせ】10月度片づけカフェ
2020年9月25日(金) 【片づけができない人のためのオンライン片づけサポートのお知らせ】meet ~upとよなか主宰イベントに参加します。

優しい暮らし
シャンティ・ライフ
片づけの学校


屋号 優しい暮らし
事業主 中西ひろえ
所在地 大阪府吹田市出口町34番池
休業日 土日祝
営業時間 平日10時〜17時
対象となる方 18歳以上
対象となる方 18歳以上
優しい暮らしを気に入っていただけた方はぜひ「いいね!」をお願いいたします。
営業時間 10:00 - 17:00
050-3698-4198
土日祝日休み