自宅で簡単!子供の歯の黄ばみ落とす歯磨き粉。間違えない対策と予防法とは?

こどもの歯の黄ばみ、気になりますよね~。
 
家の子は、歯磨はをするのですが、6歳の子供がどうも歯磨きをいやがってしまいます(ノ_-。)
 
しかも、大人が子供の口に入れてもなかなか磨けない日が続いてしまうこともあるんですよね。
 
そこで、
歯の黄ばみは、食事や飲み物によって付く「スティン」で覆われてしまっているんです。
つまり、スティンをどう処理するかが子供の歯の黄ばみ対策になるんです。

黄ばみの原因

歯は、表面を覆うエナメル層、その内側にある象牙質でできていますが、特に、このエナメル層の色が黄ばみを作っているんです。
このエナメル層には、歯垢による「プラーク層」などの有機物(ごみ)がくっついて、その表面に重なって食べたもの(ぶどう、ココア、チョコレート、添加物の入ったお菓子など)、飲んだものの着色物(ケチャップ、ソース、ほうれん草、カレーなどの香辛料など)がくっつくんです。また、黄ばみは虫歯が進行しはじめている可能性があるので、特に気を付けなければなりません。
私は、子供のアレルギー対策や虫歯予防も考えてスティンを取り除く方法2を使っています。

黄ばみを落とす方法

  • 方法1.歯が黄色く色素沈着を削ることで落とす方法。
  • 方法2.歯の黄ばみを浮かび上がらせて洗い流す方法。
  • 方法2.歯の黄ばみを浮かび上がらせて洗い流す方法。

対策

1:黄色い色素の沈着が原因のため、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う。
2:黄ばみの汚れを浮かび上がらせる植物酵素が入った歯磨き粉を使う。

歯が黄色く色素沈着した場合の対処

黄ばみを落とす場合、歯磨き粉が一番簡単な方法です。
ただ、大人と子供では、選ぶ歯磨き粉が異なる点は、注意した方が良いです。

◆歯の黄ばみを落とす研磨剤は子供にはNG!?

子供に研磨剤は避けた方が理由とは?

歯の表面が黄色に色素沈着している場合、大人の場合、一般的に研磨剤などが入ったホワイトニングの歯磨き粉を使って歯の黄ばみを落とします。
 
つまり、研磨剤は、歯をヤスリで削って黄ばみを落とすような方法です。

ただ、子供の場合は、研磨剤が入った歯磨き粉を使う場合、注意が必要です。
例えば、歯をゴシゴシ磨いてしまうと、必要以上に歯を削ってしまい痛める原因にもなります。

 

また、うがいがまだうまくできない子が研磨剤入りの歯磨き粉を使うと、飲んでしまう場合があるので、注意した方が良いでしょう

 

ですので、子供の歯の黄ばみを落とす場合は、
安全を考えて、研磨剤が入っていないホワイトニング歯磨き粉が良いです。

実は、市販ではあまり見かけない研磨剤のない歯磨き粉

ただ、残念ながら、ドラッグストア等の市販の歯磨き粉をみると分かりますが、
子供用の一般の歯磨き粉でさえ、研磨剤が含まれています。

 

ましてや、黄ばみを落とすレベルの市販のホワイトニング歯磨き粉は、
研磨剤が多く含まれており、子供には不向きといえるでしょう。

研磨剤が含まれていない歯磨き粉

黄ばみを落とす歯磨き粉は、大きく2種類あります。

歯磨き粉は大きく2種類

  • 1つが、研磨剤で黄ばみを落とすタイプ。
  • 2つめが、汚れを分解し、洗い流すタイプです。
  • 2つめが、汚れを分解し、洗い流すタイプです。

1は、一般の市販で安く購入できるため、誰もが使ったことのある歯磨き粉です。

 

ただ、2は、一般の歯磨き粉と比較し、高価です。
そのため、ドラッグストアでは、ほぼ目にすることはないと思われます。

 

また、2のタイプの歯磨き粉の主流は、
無添加なものが増えてきています。

 

理由は、市販で売られている歯磨き粉は、90%以上が合成界面活性剤を含んでいます。合成界面活性剤は発がん性が疑われるものがあり微量とはいえ、口の中に毎日入れるのを嫌う方が増えてきているからだと思います。

合成界面活性剤とは、「ラウリル硫酸ナトリウム」などを指します。良くシャンプーなどで使用されています。

子供の歯の虫歯予防対策

子供の歯の虫歯予防対策は、
フッ素なども人気がありますが、デメリットもあります。

 

特に、金属アレルギー体質の場合です。
フッ素は、虫歯予防としては、有効なのですが、金属アレルギーの場合は、
溶け出す可能性があるので、注意が必要です。

フッ素

  • Q
    乳歯冠が装着されている場合は、歯科医院でフッ素を塗らないほうがよいのでしょうか?
    A
    乳歯冠に含まれるニッケルは、短時間の使用、低濃度のフッ素でも腐食して溶け出すことが明らかにされていますが※4、金属アレルギーがなければ、虫歯予防のために歯科医院で定期的にフッ素を塗った方がよいでしょう。

    ※4 フッ化物溶液中の乳歯用既製冠からの金属溶出の検討 小児歯科学雑誌44(2)277 ほか
    乳歯用既製金属冠に与えるフッ化物の影響 http://ci.nii.ac.jp/naid/10027865284

子供が使える黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング

ここでは、子供が安心して使える、歯の黄ばみを消す無添加を中心とした歯磨き粉をご紹介します。子供の歯が見違えるようにキレイなりますよ!

ははのは 子供から大人まで使える無添加の歯磨き粉!

ははのは 子供から大人まで使える無添加の歯磨き粉!の特徴
メリット
歯科医推奨の黄ばみを落とす歯磨き粉!
植物の力でスティンを浮かび上がらせて黄ばみを除去
・無添加ハミガキ、(研磨剤・漂白剤・発泡剤・着色料)全て不使用
製薬会社との共同開発ハミガキ粉
親子で使えて安心の返金保証付き
ISO認定工場で安全管理
デメリット
・大人が中心のホームページになっている

子供用ブリアン

子供用ブリアンの特徴
子供の虫歯予防に最適な歯磨き粉
黄ばみによって、歯のゴミが付きやすい環境から守ってくれます。

このブリアンは、ニュージーランドで見つかった虫歯になりにくい子供から見つかった善玉菌です。
その善玉菌によって、口内環境が良くなり、自然と美しい歯を保つことが出来る歯磨き粉なんです。

60日間の全額返金保証付きの安心して使える歯磨き粉です。

ポリリンオーラルケア

ポリリンオーラルケアの特徴
メリット
研磨剤を一切使わない歯磨き粉
100万個売れている人気商品!
医学博士が開発した歯磨き
唯一の全額返金保証付き
歯の黄ばみを落とす「分割ポリリン酸」配合
口臭予防にも最適
デメリット
独自製法のため、価格が少し高い

歯の黄ばみを洗い流し、虫歯にもならない歯へ

歯の黄ばみは、日々の積み重ねで色づいていきます。
ですので、まずは、ホワイトニング効果のある黄ばみを洗い流す歯磨き粉がおすすめです。

 

以下は、色素沈着の例としてコーヒー、赤ワイン、たばこのヤニ黄ばみの落ち方です。
もちろん、どれも子供とは縁のないものですが、色の付きやすさは、カレーやケチャップ、ソースなどとほとんど変わりません。これを見ると全く色が違うのが分かりますよね。

 

すぐに変わるわけではないですが、食べた後に毎日ブラッシングすることで、色素沈着した黄ばみがキレイに落ちます。

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉の口コミ

子供の黄ばみが薄くなってきた!

子供の歯の黄ばみが気になり、歯磨きをしたのですが、なかなか落ちませんでした。口臭も気になっていたので、黄ばみを落とす歯磨き粉を試してみた所、徐々に黄ばみが薄くなってきたので、これからも続けていきます♪

歯磨きしているのに落ちなかった黄ばみが・・!

毎日子供の歯は磨いているつもりだったのですが、気づいたら黄ばみが目立つようになっていました。特に、子供の歯は、大人と比較して柔らかいので、研磨剤を使うと、削れた箇所に汚れが溜まりやすいので、削らずに汚れを落とせる歯磨き粉を探していました。ホワイトニング効果が出てきたのか、子供の笑顔がずっと可愛くみえます♪

7歳の子も気にならず使ってます!

7歳の子の歯が黄ばんで困っていました。もちろん、毎日歯は磨いているのですが、甘いものが好きなので、それも一因なのかなと思っていました。歯医者も行きたくないようだったので、自宅で簡単に出来るものがないかと探していました。子供も普通に使えて、しかもキレイに黄ばみも落ちて大助かりです。

ははのはってどんな歯磨き粉?

歯の黄ばみを落とす「ははのは」は、こんなパッケージです。

片手で収まるくらい、小さいですよ。持ち運びも楽ですし、子供が使う量としては、十分ですね!

ははのはの歯磨き粉は、透明な液体です。

5歳以下の子どもは、使用はおすすめしません。(品質保持用にわずかながら、アルコールが含まれているため。)

中身です!歯の磨き方なんかも書いてあって参考になりますよ♪

ははのは 歯の黄ばみを落とす歯磨き粉【実写真付きレビュー!】

ははのはは、メール便(クロネコDM)で届くので、ポスト投函してくれます。

日中帯は仕事に出かけている方や、直接受け取りが出来ない方にとっては便利ですよね。

封筒を開けてみると、いろいろ入ってますね~。

中央のものが歯磨き粉のパッケージの箱と取り出した歯磨き粉です。片手に完全に収まる大きさなので、旅行先でも手軽に持ち運べますね。

子どもの歯磨き粉に早速、ははのは付けました

ちょっと押すとプシュっと出るので、軽く押して出しましょう!透明なので、気付かず出し過ぎには注意しましょうね。

ははのはの歯磨き粉の裏面です。

虫歯予防や歯石の沈着にもいいんですね。子どもだけではなく、自分も使ってみたくなりますね~。味ですが、全くありません。

これだけで、歯が白くなるので、歯磨き粉に泡立ちなんかは、基本的にいらないんですね~。歯医者に行くと、高いですが、これなら自宅で簡単にホワイトニングできるので、嬉しいですよね♪

歯の汚れをなくすにはどうしたら良い?前歯の黄ばみが気になる人におすすめの歯磨き粉とは?

子供の歯に悩みを抱えている人はたくさんいます。歯の悩みというと虫歯や歯周病を思い浮かべる人が多いですが、実際に歯の悩みについてアンケート調査をすると意外なことに1位になったのは歯の黄ばみでした。2位は口臭で、3位は虫歯でしたが、なんと回答者の50%以上の人が「歯の黄ばみが気になる」と回答しました。

つまりそれだけ歯の黄ばみや歯の表面の汚れが目立つということでもあります。ではそんな歯の黄ばみをなくすためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

歯の健康を守るためには基本の歯磨きが重要です!歯磨きを怠っている人や、きちんと磨けていない人は歯が黄ばんだり汚れが目立ってしまうので意識的に歯磨きするようにしましょう。しかし、毎日3回しっかり歯磨きしていても歯が黄ばんでしまうことはあります。むしろ歯の黄ばみに悩んでいる人の多くが「毎日歯磨きしてケアしているのに何で歯が白くならないの?」という疑問を抱えています。

 

今回は、なぜ歯磨きをしているのに歯が黄ばんでしまうのか?歯を白くするためにはどんな歯磨き方法や歯磨き粉が有効なのかを紹介していきましょう。

歯が黄ばんでしまう原因

歯が黄ばんでしまう原因はいろいろとありますが、食べ物による色素が落ちずに歯に付着して黄ばんでしまっている人が多いです。口の中の汚れは銀イオンと結合します。そして歯に付着して残留してしまうので余計に歯の黄ばみやステインの原因となります。

 

チョコレート、お菓子なども歯に色が移りやすいので丹念な歯磨きが必要です。しかし、歯の表面にステインとしてこびりついてしまうと普通の歯磨きではなかなか取れないことが多いです。では黄ばみを取るためにはどうしたらいいのでしょうか。

歯磨きにも注意が必要?

歯の黄ばみや汚れのケアには基本的にこまめな歯磨きが重要です。歯の表面だけでなく歯の間や歯茎の隙間、歯周ポケットなどもこまめに磨く必要があります。

 

そして歯の黄ばみを除去するのに有効と言われているのが研磨剤や漂白剤などが配合された歯磨き粉です。歯磨き粉の中に小さなツブツブが入っていて、歯磨きする際にジャリジャリすることはありませんか?実はあれが研磨剤であり、歯の表面を磨いてこびりついた汚れを落とすことができます。

 

しかし、歯をきれいにすると言われている研磨剤や漂白剤の危険性を訴えている人もたくさんいます。なぜかというと、研磨剤は歯の表面をきれいにする際に歯の表面を削り、小さな傷をたくさん作ってしまいます。表面に傷がつくとその隙間に汚れが入りやすくなり、結果的に歯が汚れやすくなります。また歯の表面のエナメル質を削ってしまうので使えば使うほど歯が薄く脆くなってしまいます。

 

また、漂白剤入りの歯磨き粉も一見、ホワイトニング効果が高いように思いますが、意外な危険性があります。歯を白くする漂白剤の主成分は過酸化水素です。これは消毒用のオキシドールと同じ成分なので手で触れる分にはそこまで問題はありませんが、口の中に入れるとまれに火傷してしまう危険があります。

 

安全性が保障された漂白剤であれば成分が極限にまで薄められているので危険性が高いとは言えませんが、日本では認められていない成分の入った海外の漂白剤入り歯磨き粉などを通販で購入してしまうと思わぬトラブルに発展します。口の中に入れるものなので安全性が保障されない商品はいくら価格がお手頃だとしても使用は避けましょう。

効果的な歯磨き粉の選び方

せっかく歯磨き粉を選ぶのだから黄ばみや汚れを除去する効果高い商品を選びたいものです。しかし、効果ばかりに気を取られてしまうと身体に悪影響の出る危険なものを選んでしまう可能性もあります。

 

歯磨き粉を選ぶポイントとしては

 

・身体への影響が少ないもの
・ホワイトニング効果の高いもの
・口内環境を整えてくれるもの

 

などが挙げられます。人体に害のある成分が含まれている歯磨き粉は危険なので避けましょう。歯にダメージを与えるものもおすすめしません。しかし、害がないからと言って効果がない歯磨き粉を使っても意味はありません。ホワイトニング効果が高く、かつ歯を傷つけずに汚れを除去できる歯磨き粉がおすすめです。そのため、歯を削るのではなく黄ばみや汚れを浮き上がらせて除去するような成分の配合されている歯磨き粉を選びましょう。

 

3つ目のポイントは口内環境を整えるという点です。「口内環境と歯の黄ばみは関係ないんじゃない?」と思う人も多いでしょう。しかし、口内が乾燥すると歯の黄ばみの原因になります。また、口内環境をきれいに保つことで口内フローラも正常に保たれます。そのため、うるおい成分や保護効果があり口内環境を正常に保つ効果のある歯磨き粉がおすすめです。

おすすめの歯磨き粉「ははのは」

「ははのは」は歯の黄ばみや汚れを効果的に除去し、白く美しい歯を作ってくれるホワイトニングジェルです。

他の歯磨き粉と何が違うのかというと、この「ははのは」は歯を研磨することで汚れを取る既存の方法ではなく、汚れを浮かび上がらせて除去するという新しいアプローチの歯磨き粉です。 

まずは歯の表面にこびりついたステインを浮き上がらせて、植物酵素の力で汚れにアプローチします。そして天然の清浄成分が歯の汚れに入り込みきれいに除去し、最後に歯の表面をコーティングして汚れの付着しにくい環境を作ります。

研磨剤や漂白剤、発泡剤、着色料などは一切入っていないので身体に害はありませんし、無添加なのでアレルギーのある人でも安心して使うことができます。
さらに歯の黄ばみや汚れの原因である口内の乾燥を防ぐためにココナッツオイル、オリーブ油やホホバオイル、キューカンバーエキス、サフラワーエキスなどが配合されています。歯をコーティングするための保護成分としてはアロエエキス、セージエキス、ローズマリーエキスが配合されていて、無添加ハーブの効果でしっかりと歯を守ってくれます。
 
ハッカ油も配合されているので朝起きたときの口内のネバネバが気になるという人にもおすすめですし、低刺激なので口周りが敏感という人でも問題なく使用することができます。モニターの満足度は91%なので使用したほとんどの人が効果を実感しています。
 
通常価格は3,500円ですが、今なら初回限定価格で1,980円になるチャンスです。
 
「歯磨きをしても歯の黄ばみが取れなくて困ってる」
「家の歯磨き粉だと歯の白さが持続しない」
 
そんな悩みを抱えている人はぜひ「ははのは」を試してみて下さいね。