澤楽の東洋医学で根本治療

病院では異常なしと言われても、身体の不調に悩んでいる人は未病かもしれません。こちらで紹介するのは、そんな不調を抱える人のためのタイプ別の食事とツボの改善法です。

東洋医学のタイプ別診断

CONCEPT
本当の健康は自分の体質を知る事で手に入れられる

世の中には多くの健康法があふれています。
ですが、自分に合っている健康法を選べていますか?
こちらでは、
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 膝痛
  • 坐骨神経痛
と治療は色々なところでしているのに、根本的には治りにくい症状を取り上げています。

東洋医学では、優れた治療法が存在するのではなく、もっとも体質に合う治療法が存在すると考えます。

五行色体表をもとに体質を五つに分類しています。
必ず一つだけに該当するとは限りませんが、自分に最も近いものを一つから二つ選んでもらうと良いですね。
本当の健康への第一歩として自分の体質を知りましょう!

原因不明の痛みは存在するのか?

西洋医学が得意な症状は器質的な問題

東洋医学が得意な症状は機能的な問題

だから、問題の本質を探る時は、病院での検査も重要ですね。

ですが、特に異常なしと言われたら、東洋医学の出番です。西洋医学の検査では見落とされがちな、

  • 自律神経失調症
  • アレルギー
  • 原因不明の痛み

などは体質の問題かもしれません。

頭痛

薬でも効果の出ない頭痛とは、

頭痛の種類は、腫瘍などの器質的な異常を除けば、原因は二種類に分けられます。

木タイプ

強烈な頭痛に襲われるタイプ。

ギリギリと締め付けるような痛みが特徴です。
心を落ち着けて過剰な代謝を抑えましょう。

火タイプ

痛みはマシだが長く疼く頭痛に襲われるタイプ。長時間の勤務や同じ姿勢が悪影響し水分の巡りが足りない事で悪化します。

疲れが抜けない時は朝から不快で悩まされます。 

土タイプ

あまり頭痛に襲われません。

ただし二日酔いは頭に来るタイプで、ひどい方ですね。 

金タイプ

天気に左右される頭痛があります。

ズーンと重たい感じが特徴で痛みは強めです。 

水タイプ

頭痛にはなりにくいタイプですね。

肩こり

タイプ別の肩こりの特徴

東洋医学における体質は五タイプに分けられます。

分け方は身体の代謝や水分量、自律神経の優位性によって分けられます。

木タイプ

凝り感よりも痛みとして感じます。

対処法は熱を発散させる事で、叫んだり歩いたりとエネルギーを外に出す事で整います。

火タイプ

疲れて来ると水分が不足し、痛みを感じます

この時に血液の流れが悪くなっているので、水分の補給が最も重要なタイプです。

土タイプ

普段からダルさは感じやすい方ですが、回復力は割とあるので痛みにまで発展する時は疲労の積み重ねです。

特に生活習慣の乱れから、体調を崩した時に痛みを感じます。

金タイプ

肩こりを慢性的に感じやすいタイプですね。痛みに発展することは少ないですが、鼻風邪を引きやすく体調は崩しやすいのも特徴です。

水タイプ

比較的、肩こりを感じやすく、寒さに弱いのが特徴ですね。

低燃費で長時間動き続けられますが、冷えた時に体調を崩します。肩よりも腰の不調を感じやすく、足のダルさが出てきたら冷えている証拠ですね。

腰痛

木タイプ


代謝が良く水分量が多いので、体調はあまり崩しませんが、睡眠時間が短過ぎたり暴飲暴食が続くと突然激しい痛みに襲われます。

火タイプ

根を詰めて長時間、腰に負担をかけるデスクワークや前傾姿勢が続くと、徐々に悪化していきます。

土タイプ

腰にハリ感を感じやすいタイプ。

便秘や下痢で、体調を崩している時に悪化しやすく、むくみからも起こりやすい。

金タイプ

常にダルさを伴いやすいタイプ。

ぎっくり腰にもなりやすいが、何とか動けるくらいの痛みが特徴。 

水タイプ


腰から足にかけてダルさを伴うタイプ。足がむくむと体調不良の前兆なので要注意。

冷えや水分不足がきっかけで、動けない位のぎっくり腰になるのが特徴です。


自分のタイプを知ろう

体質は五タイプに分けられます。

木、火、土、金、水タイプの五タイプで特徴を分けていますね。

代謝が高いのは木と火タイプ。
体内の水分量が多いのは金と水タイプ。
土タイプは半々でバランスが良いですね。


代謝が高いと、熱がこもった時に

  • 頭痛
  • めまい
  • イライラ

などの上半身の不調が起こりやすく痛みも感じやすいですね。

水分量が多いと

  • だるさ
  • むくみ
  • 腰痛

などの下半身の不調が起きやすいですね。

土タイプはどちらもふだんは、起こりにくいですが季節の変わり目に弱いのが特徴で、変わり目にはどちらも起こりやすいですね。

代謝と水分量は、お互いをコントロールし合うので、どちらかに過不足があると身体は不調を感じます。

  • 自律神経失調症
  • アレルギー
  • 原因不明の痛み

などの水分量と代謝量を見ていきましょう。

膝痛

膝痛と胃腸の知られざる関係

左膝痛は胃腸が原因の場合があります。

食べ過ぎや便秘などで、胃腸が重くなり、左の股関節を固くします。

場合によっては坐骨神経痛も併発し、左の太もも前面の筋肉が固くなることで左膝にふたんがかかります。

レントゲンで明らかな異常が見つからないなら消化器系の疲労を疑いましょう。

そのため原因としては、

  • 食べ過ぎ飲み過ぎ
  • 寝る直前の食事
  • 消化に悪い生物
  • 食品添加物

などが原因で、津液(水分)の流れが滞っている事が考えられます。

結局、膝に問題は無く、膝に負担をかける原因があるということですね。

よく、体重が重いから膝に負担がかかると言いますが、津液(水分)が膝で滞り、本来の動きが出来ないほうが負担は大きいですね。

坐骨神経痛

東洋医学では、坐骨神経痛を腎と肝が虚した状態と考えます。

  1. 下半身を整える腎の力
  2. 筋肉を支えている肝の力

肝腎要という言葉のように、身体の中心は肝と腎が支えます。

主に腎が虚している人は、

  • 腰痛がある
  • 足腰がだるい
  • こむらがえりを起こすことがある
  • 夜にトイレで目が覚める

以上のような症状があり、朝から疲労感を感じます。

 次に肝が虚している人は

  • 肩や首のこりがある
  • 目が疲れやすい
  • イライラしやすい
  • 頭痛が起こりやすい

以上のような症状が、疲労してくる夕方に悪化します。

木タイプ

気(代謝)の高さから、熱を発散するために目は大きい人が多いですね。

多くの事に気が回る人が多く目の間隔は広い。

火タイプ

目の間隔は広い人が多く外交性が高いですね。

接客業に向いています。

皆とワイワイ騒ぐのが好きな陽気な人。一方でストレスを溜めやすい火タイプな一面も。

土タイプ

タレ目の人は気(代謝)の不足が見られるので普段は大人しい人が多いですが、たまに気(代謝)から発生した熱を発散させられないと噴火したように立腹します。

金タイプ

気(代謝)が高くないので目は大きいとは限りませんが、見開く事は出来ます。

目の間隔は狭い人が多く視野は狭いが集中力の高い人が多いですね。

水タイプ

平均的な目の人が多い。

丸い目で、二重だけどあまり大きさや間隔は標準です。

水タイプに多くフットワークが軽くポジティブな土タイプ寄りですね。

購入はこちら

澤楽の公式HPの人気ブログ

ONLINE STORE

SNS