ものづくり補助金
申請書作成支援をいたします。

江野行政書士事務所 縁-恩サポートオフィス 代表 江野智義
初回
相談は
無料!

平成30年度補正「ものづくり補助金」第1次公募は終了しています。
令和元年8月中旬頃から2次公募(予定)の
事前予告が行われました。

縁-恩サポートオフィスは
「ものづくり補助金」の
申請書作成支援の
サービスを行っています。

 中小企業・小規模事業者が取り組む、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う場合に、機械装置費等の一部を国が支援するものです。
(補助額の上限は原則1,000万円、補助率は1/2(または2/3)以内です。)

補助金と助成金の違い?
ものづくり補助金とは?

補助金と助成金の違いは分かりにくいですよね。

助成金は資格要件を満たしていれば、原則として受給できるのに対して、補助金はそうではありません。

補助金は書類審査で採択が決定されます。そのため補助金を使う必要性を書類で説明する必要があり、この説明がうまくいかないと補助金を受給できません。

必要な項目を埋めれば良い助成金とは違い、補助金を受給するためには申請書の内容が重要であり、補助金を必要とする理由の説明を申請書に記載しないといけません。その内容が審査員に伝わらないと採択されない、つまり補助金が受給できない確率が高くなります。

例年、ものづくり補助金の採択率は40%前後です。半数以上の申請書は採択されていないのが実状です。

ものづくり補助金の
私の想い

ものづくり製造業経営者さまのお役に立ちたい。

私は、町の工場に特化して対応をしています。ご家族経営から従業員30名以下の規模の株式会社(有限会社)の製造業事業者さまが主たる顧客層です。

「現状の古くなった機械から新しい機械設備を買い換えたい」からの発想で構いません。但し、単なる買い替えではこの補助事業に合致しません。計画している事業が“革新的”であることが求められます。

ご依頼いただいてから約4週間の間、原則2回の面談とメール等での密なご連絡で貴社の事業取り組みをお聞かせいただきます。

このやり取りを行いながら、貴社が計画する事業取り組みの“革新的”な要素を抽出して文書化いたします。実はこの過程が貴社にとって最も有意義なものになると私は考えています。

経営者さまは、進むべき貴社の将来像と現状とのギャップを社外の私にお話しいただくことで、改めて様々な思考を巡らされるようです。

経営者さまご自身で補助金申請書を作成されることももちろん可能です。但しそのデメリットとして、社内で一番お給料の高い経営者さまが、申請書作成に1か月以上掛かりっきりとなってしまうことです。

私は、必ず経営者さまと直接面談(スカイプ等は使用しません。)させていただき、事業の取り組みについてをお聞かせいただきながら、貴社が保有する無形の強みも反映させた事業計画書の作成支援をいたしています。
このような申請書作成支援サービスを提供しています。そしてその対価として料金を頂戴しています。

実際のところ、ものづくり補助金が採択されるかどうかは、私にはわからないです。どの審査員に当たるかの運・不運もあります。それでも貴社にとってチャレンジされる価値は十分にあると考えています。

まずはお気軽にご相談ください。

多くの企業さまが抱えてるお悩み
その共通するお悩みは?

こんなお悩みありませんか?

ものづくり補助金の対象になるのか知りたい。
初めて申請をするので誰に相談すればよいか分からない。
来年のものづくり補助金にチャレンジしたい。
無形資産の棚卸等を含めた事業計画の相談をしたい。
無形資産の棚卸等を含めた事業計画の相談をしたい。

第2次公募が予定されています。
(8/7に事前予告が行われました。)

平成30年度補正予算ものづくり補助金について、8/7に第2次公募の事前予告が行われました。公募期間は、令和元年8月中旬頃から9月中旬頃の予定です。
◎1次公募からの変更点
  • 電子申請による受付への完全移行
  • 事業継続強力化計画の認定による加点実施
  • 事業類型を一般型・小規模型(設備投資のみ)に限定
  • 事業完了期限は令和2年1月末に設定
 第2次公募は、第1次公募と比べて公募期間は短く、また機械設備が期限までに納品できるかどうかも検討しなければなりません。公募が始まってから、ものづくり補助金のチャレンジをお考えになった場合、締切までの日程を考えますとかなり厳しいと思われます。弊所も公募開始までにお問合せをいただいた企業さまだけのご対応にならざるを得ないと考えています。
下記フォームからお問合せをください!

まずは下記フォーム
お問合せはこちらから

お問合せ

最初のお問合せは、必ず下記のフォームからお願いいたします。
24時間以内にご記載いただいたメールアドレスにご返信をいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

よくある質問

Qものづくり補助金とは、どのようなものですか?
Aものづくり補助金は、中小企業・小規模事業者等が取り組む、生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援するものです。
足腰の強い経済を構築するため、生産性向上に資する革新テクサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うために中小企業・小規模事業者等の設備投資等の一部を支援するものです。
Q補助の対象は中小企業ですか?
Aものづくり補助金の対象者は、日本国内に本社及び実施場所を有する中小企業等です。
Q補助額、補助率はどのくらいですか?
A「一般型」は、補助額100万~1,000万円で、補助率原則1/2以内です。
「小規模型」は、補助額100万円~500万円で、補助率原則1/2以内です。

上記いずれも一定の要件を満たすことで、補助率は2/3以内となります。
Qものづくり補助金申請書作成支援サービスとはどのようなものですか?
A弊所が提供する支援サービスは、経営者さまから推進したい事業をお聞きして、経営者さまに代わって事業計画を文書化するサービスです。
もちろん事業計画策定に際しての相談もお受けいたします。共に考えますのでご安心ください。
Qどのような業種でも支援サービスは受けられますでしょうか?
A申し訳ございません。弊所は、金属加工業のようなものづくり製造業、つまり町工場のような業種に、特化した対応をしています。
ただし、ご対応可能な場合もありますので、お尋ねいただければありがたいです。
Q新しい機械設備に買い替えたいだけはダメですか?
Aどの経営者の方も例外なく全員、新しい機械設備を買い替えたいから、ものづくり補助金のチェレンジをお考えになります。
ただしそれだけでは採択はされません。新しい機械設備を導入する事業計画の“革新性”を表現する必要があります。
Q弊社の事業計画に“革新性”など思いつきません。
A今までご相談いただいた経営者さまで、初めから“革新性”を表現される方はなかなかおられないです。
私に事業計画をお話ください。そのお話から貴社事業の“革新性”を見つけることも弊所の支援サービスの特徴の一つです。
Qものづくり補助金の申請書作成は外部にお願いした方がいいですか?
A経営者さまご自身で作成されるのもいいと思いますが、得手不得手があると思います。
経営者さまが辛く苦しい思いをして1か月以上申請書作成に掛かりっきりとなった場合、社内で一番お給料の高い経営者さまの人件費、本来なら加工ができるはずの製品の機会損失による大幅な売上減を考えると、外部にお願いする選択は賢いかもしれません。
Q何に対してお金を払うのですか?
Aものづくり補助金申請書(事業計画)を文書化・作成をいたしますので、その申請書作成に対する料金と、採択された場合の成功報酬金をお支払いいただくことになります。
その他にも加点項目の先端設備等導入計画書作成や申請書の提出物作業のお手伝いなどのオプションサービスもご用意しています。
Q申請書作成支援サービスを利用すれば、必ず採択されますでしょうか?
A残念ながら必ず採択されるとは言えません。毎年全国で採択率40%前後の非常に難易度の高い補助金です。
ものづくり補助金以外の補助金申請を受けている他所でも、ものづくり補助金は難易度が高いために受けていない所もあるぐらいです。弊所では、もし採択されなかった場合、次回の申請書作成料金が無料となる再チャレンジプランをご用意しています。
Qものづくり補助金以外の補助金支援はありますか?
A申し訳ございません。弊所は現在、ものづくり補助金だけしか承っていません。
難易度の高いものづくり補助金に特化した対応をしていますが、今後は他の補助金申請書支援サービスも展開する予定です。
Qものづくり補助金とは、どのようなものですか?
Aものづくり補助金は、中小企業・小規模事業者等が取り組む、生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援するものです。
足腰の強い経済を構築するため、生産性向上に資する革新テクサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うために中小企業・小規模事業者等の設備投資等の一部を支援するものです。