リバースカウンセラー紹介
現在、リバースカウンセラーは、愛知県、静岡県、神奈川県、東京都、茨城県在住の6名です。
対面カウンセリングと、ズームによるオンライン・カウンセリングを行っています。
ひとりのカウンセラーにつき、2回まで無料、3回目から有料(1万円)になります。
予約可能な日時・場所については、「駆け込み寺」の「お知らせ」にあります、お申し込みフォームから、
それぞれのカウンセラーさんにお問い合わせくださいね。
小林純子(こばやし じゅんこ)

1973年生まれ。愛知県在住。夫、息子、娘の4人家族。

子どもたちが思春期になるまで、自分は何の問題もなく育ち、
子育ても完璧にやっていると思い込んでいました。


それが、息子中学2年、娘小学5年の頃、一変したのです。
息子は些細なことで暴れるようになり、娘は自傷行為を繰り返し、
2人とも不登校になりました。
私は何が原因でこんなことになってしまったのか、全くわからず、
途方に暮れていました。

試行錯誤するうちに、自分のトラウマ感情、過去に我慢してきた
ことが、関係しているとわかりました。

感じることに意識を向けてみると、息子の気配がするだけで、
なぜかビクビクしていたこと、息子が死んでしまうのではないかと、
なぜか不安でたまらなかったこと、
娘は我慢するのが当たり前で、我慢しないと友達がいなくなって、
独りぼっちになるのではと不安だったことなどに、気づきました。

そんな不安から子どもたちを支配し、言うことを聞かないときは、
無視をしたり、理詰めで追い詰めたり、脅したりしていました。

少しずつ、フタをしてきた過去と向きあっていくと、母親を
絶対視して従ってきたこと、父親に無視されていたことなど、
我慢してきた辛い感情が次々と浮上し、同じ我慢を子どもたちに
押し付けてきたことに気づいたのです。

そうするうち、だんだんと不安が減っていき、子どもたちと自然に
接することができるようになりました。
毎日のようにあった頭痛もほぼなくなり、過食やゲーム依存気味
だったのも、治まってきました。

子どもたちも不登校から回復し、大学生と高校生になりました。
今では、一緒に食事したり、会話を楽しんだりと、何気ないことが
とても嬉しく、幸せを感じています。

そして、親子が幸せになるお手伝いができればと、心理療法を
学びました。

不登校や自傷行為など、お子さんの問題で悩んでいる方、親や夫の
問題でお悩みの方、自分が悪いと落ち込みがちな方・・
今が辛くても、かならず元気に、楽になれます。
あなたとお子さんが、元気になるお手伝いができれば、それ以上の
喜びはありません。
ご一緒に、悩みの本当の原因を見つけて、解決していきませんか?

奥山千裕(おくやま ちひろ)

静岡県在住。1977年2月23日生まれ。
夫、2人の子ども、猫2匹と暮らしています。

子どもの頃から「私はおかしいのでは?」と疑問をもっていました。
「消えてしまいたい」と、思うこともありました。


アラサーにて結婚、出産して、幸せを手に入れたはずなのに、
イライラしてばかりの日々。

夫とは、子どもの前でも、怒鳴り合いの喧嘩をしてしまい、
もうやめようと反省しても、繰り返してしまう。

我が子が可愛いはずなのに、やたらと怒鳴りちらしてしまい、
後から自責に陥る・・。


子どもは、学校で問題児扱いされたりと、不穏な日々。
実家に行けば、休まるどころか、余計に疲れる。

歳を重ねるとは、こんなものだと思っていました。
30代後半、余命宣告をうけた父親のターミナルケアを行い、
1年後には、後を追うように、母親が心身を悪くして他界。
数ヶ月後、私はひどい鬱になり、カウンセリングを受けるように
なりました。

自分の中のイライラや生きづらさの原因を知り、自分が重度の
アダルトチルドレンだと気づきました。


親に「心配」されることが、愛情だと信じていました。
本当は、親に過剰に心配されることに、ストレスを感じており、
私は信頼されていないという悲しみや、
親の不安を押し付けられる恐怖を、感じていたのです。

それに気づき、自分も子どもに同じことをしていたと知ったとき、
愕然としました。


好きだと思ってきた父に対する、私の隠された本心に気づいたとき、
それが夫との関係に影響していたんだと、わかってきました。

夫に、親への怒りを無意識にぶつけていただけだとも、気づきました。

いい加減、親の価値観や他人目線で生きていくのをやめよう、
と決めました。


以後、私のような生きづらさを感じている方の力になれたらと思い、
心理療法やカウンセリングを学びました。

おかげで、子どもを心配する気持ちが、激減しました。

現在、子どもたちは、自分の好きなことに熱中しています。
毎日、笑顔で子どもたちを、ハグしています。 


おたがいに疑心暗鬼だった夫婦でしたが、夫が、私の取り組みに
理解を示してくれるようになりました。


いま、親との関係や介護に悩まれている方、
お子さんに、モーレツにイライラしてしまう方、落ち込んでしまう方、少しでもお力になれたらと思います。

ご一緒に、悩みの「本当の原因」を探してみませんか?
青山朋子(あおやま ともこ)

1971年生まれ。神奈川県在住。夫、子ども2人の4人暮らし。

30代 パニック発作 うつ状態 過敏性腸症候群 不整脈・・
家族と一緒にいるときに、動悸や、このまま気が変になるのでは
ないか、と不安に襲われるようになる。

やがて、うつ状態、過敏性腸症候群がひどくなり、家事をする
こと、自宅から外出することが、困難になりました。


公園で遊んであげることもできず、子どもに楽しい思い出を
作ってあげられない自分は、存在する価値がない。

頑張ろうとすればするほど、イライラや不安感が強くなり、
子どもを大声で叱責したり、手が出てしまうことに自己嫌悪。


「家事や育児がしっかりとできていない自分は、夫や子どもに、
必要とされていないのではないか・・」

という妄想に駆られ、自殺願望に悩むようになりました。

「自分が子どものとき嫌だったことを、絶対に自分の子どもには
しない」と思っているのに、なぜ繰り返してしまうのだろう?


「わたしはただ、家族が仲良く、楽しく暮らせる家庭を
つくりたかっただけなのに・・」


この現状を変えたくて、高橋リエ先生にお会いしました。
その後、先生のもとで、自身の問題に取り組みながら、
心理療法を学びました。


それまで、私をとりまく環境や、人が、私を苦しませると考えて
いました。

それが、カウンセリングを受けることで、幼少時の私は、
大人たちが機嫌を損ねることのないように、
「寂しい、悲しい、認めてほしい」という気持ちに蓋をして
生きてきたことに、気づくことができました。

そして、今まで私が苦しかったのは、
「幼少期からのトラウマ体験と、抑圧した感情の反動」
が原因だとわかり、心療内科や薬で変わらなかったことが、
徐々に変わりはじめました。

子どもを遊びに連れていけなかった私が、
子どもと旅行に行けるようになりました。

父親と口をきかなった子どもたちが、
就活や部活の相談をするようになりました。

本当の感情に向き合ったり、話したりすることで、
目の前の現実を変えることができます。

こんなお悩みはありませんか?
〇親や兄弟との関係がうまくいかない
〇パートナーとの関係がうまくいかない。
〇発達障害
〇カサンドラ症候群
〇不登校
〇パニック障害・不安障害

「なぜ、私はこんなことになってしまったの?」
そんな複雑に絡んでしまったお悩みの本当の原因を、
お話をすることで、ご一緒に、ひもといてみませんか?

しぶや さちこ 

東京都在住。42歳。小学5年と3年の息子の母。
現在、夫は単身赴任のため別居。

昭和の中流家庭の次女として生まれ、
共働きの両親と3歳上の姉、祖母、父の妹と暮らしていました。

母は、フルタイムで働き、いつも時間と気持ちに余裕がなく、
マイペースな祖母と、嫁姑バトルを連日繰り広げていました。

父は、仲裁に入ることを諦め、バトルを放置。

母から祖母の愚痴を聞かされ、
私は母の気を治める役をしていました。

祖母は孫に対しても冷たい人で、母の敵という認識でした。

それでも、両親は仲が良かったので、
私の家族は温かい良い家族だと信じていました。

そして、温かい家庭を築ける人を夫としました。

結婚4年目で長男が、2年後に次男が生まれて、
新居も構えて、理想的な家庭。

でも実態は、順風満帆な生活を送っている風に見せているだけ。

夫とは会話をしない、連絡はメール。
不毛な話し合いと喧嘩を繰り返し、
私はストレスを抱えたまま、仕事・家事・育児に追われ、
子どもたちに、些細なことでキレるようになりました。


年長〜小1の頃の長男に「言うことを聞かない」という理由で、
部屋の角に追い詰めて、大声で攻め立てる。叩いたり、
大きな音を立てたり、家を出る振りをしたり・・。


どれだけの恐怖を与えてしまったか。

自分で自分を止めることができず、苦しかった。

そんな私に無関心で、家事育児を任せっきりの夫に食いつき、
子どもたちの前でも夫婦喧嘩。

その様子は、母と祖母のバトルと似ている・・

そこに気づいてから、育った環境を意識するようになりました。
そしてわかった「毒親」。


温かい家庭で育ったはずの私が「毒親」だとは、微塵も思って
いませんでした。

だけど、我が子をこれ以上、傷つけたくない。

切実な思いで、親子関係の心理カウンセリングを学びました。

現状を知り、毒親のメカニズムを知り、自分のこと・相手のこと
を落ち着いて考えられるようになりました。

子どもたちの笑い声に、癒されるようになりました。

子どもたちが楽しく笑って育てば、それが家族の本当の幸せ。

子どもたちがいつも笑っていられるように
「子どもは尊重して育てる」を、モットーに、
子どもに寄り添う子育てを実践中です。

我が子に怒りすぎたり、叩くのをやめたい。
苦しい子育てから解放されたい。
相談できる相手がいない・・

過去の私と同じように悩んでいるお母さんたちの力になれます。
野々村真紀(ののむら まき)

1978年生まれ。東京都在住。夫、長女、次女の4人暮らし。

長女が産まれ、1才頃になると、ささいなことでイライラすることが
増え、長女に大声で怒鳴ったり手を上げてしまい、
後で自己嫌悪に陥る日々を送っていました。

4年後に次女が生まれてからも、エスカレートする一方で、ほぼ毎日、
夫と娘たちに当たり散らし、感情のコントロールができない自分が
たまらなくイヤでした。
自分に何が起きているのか、何が原因なのか、いくら考えてもわからず、
途方に暮れていました。

そんな時、もしかしたら自分は「毒親」なのかも!?と気づき、
日々のイライラが、自分の生い立ちや、幼い頃に抑圧した感情と
深く関係していることを知りました。

娘が言うことを聞かず、なぜグズっているのかが全くわからない時や、
小学生になった娘が、字をうまく書けなかったり、
宿題でわからないところがあると、イライラが始まり、
泣くまで怒鳴り散らしていました。

感じることに意識を向けてみると、たくさん我慢をしてきた
私の中の小さな私が、トラウマ反応を起こしていたり、
娘の将来に対する不安からくるものだと気づきました。

そうやって、次々に浮上してくる感情を、1つずつ解放していくことで、少しずつイライラが減り、心が穏やかになっていきました。

今は、娘たちがとてもかわいいと感じます。楽しく話せるようになって「ママが笑ってるのっていいね!」と言ってくれます。

夫にもよくイライラをぶつけては、1人で泣きわめいていましたが、
これは、父に対する怒りをぶつけているだけだと気づいてからは、
むやみにケンカを吹っかけなくなりました。

いつも、何に対しても臨戦態勢で、白か黒か、敵か味方かを
気にしていましたが、どっちでもいいか、と気にならなくなりました。

はじめは自分自身のために心理療法を学び始めましたが、いつしか
「子育てが苦しい」「生きづらい」と思う人たちのお役に立てれば
と思うようになりました。
 

なぜか子どもにイライラしてしまう、夫婦関係、親との関係、
友人や、職場での人間関係など、
「どうして、いつもこうなってしまうの?」と、お悩みの方…
答えはすべて、ご自分の中にあります!

ご一緒に、悩みの「本当の原因」を見つけてみませんか?

樫木ひろみ(かしき ひろみ)

茨城県在住。夫、小3と年中2人の男の子、父母の6人暮らし。

長男の発達障害(ADHD、自閉症疑い)で、育児に悪戦苦闘。
長男のちょっとした発言や言動にイライラしては爆発、ときに
声をあらげ、力まかせに叩いてしまう。


何度も反省しては繰り返す、苦しい現状を変えたくて、育児書や
発達に関する本を読みあさり、高額セミナーや子育てセミナーに
参加するも、効果があるのは数日のみで、元に戻ってしまう。


不眠症に悩まされ、身体が鉛のように重く感じられ、朝、天井を
眺めながら、「このまま死んだら楽になるのかな・・」と考えて
いる自分がいました。


そんな中、「過去のトラウマ体験と感情」に、正面から向き合う
ようになり、イライラの原因をつきとめ、本当の感情を感じる
ことで、あれだけ何をやっても効果がなかった毎日が、徐々に
穏やかになり、長男も変わってきました。

・寝つきがよくなり、朝までぐっすり寝るようになった。
・些細なことで癇癪を起こさなくなり、穏やかになった。
・トラブルを起こして、いじめにあったり孤立していたのが、
仲良しの友達ができた。
・つばをためる、吐くなどのチック症状がなくなった。
・抗アレルギー薬が手放せなかったのが、薬不要になった。
・声かけなしで、自主的に動けるようになった。
・一緒にいて、リラックスして笑顔で過ごせる時間が増えた。

細かいことを含めれば、変化はもっとたくさんあります!
何より、私自身、生きることがラクになりました。


3姉妹の真ん中と、暴言暴力を振う父親、独裁的な祖母のいる
家庭で、幼い時から自分の欲求は抑え、母親の愚痴の聞き役、
慰め役となってきました。


誰にも本音が言えず、何でも1人で抱え込み、孤独感や不安感、
恐怖感で押し潰されそうなときでも、他人には大丈夫なふり、
上手くいっているふりをしつづけてきたことに気がつきました。


集団が苦手で、ママ友付き合いも苦痛に感じていましたが、
インナーチャイルドを癒すことによって、人付き合いも、
ラクになりました。


同居している両親との関係も、激変しました。
心に境界線ができたことで、常に監視され、干渉される日々から
解放され、自由を感じられるようになりました。

以来、自分と同じような悩みのある方のお役に立てればと、
さまざまな心理療法を学びました。


思いきって真実を話すこと、真の感情と向き合うことで、徐々に
身心が軽くなり、トラウマは解消されていきます。


「話す」ことは「離す」こと。
発達障害のお子さんの悩み、ママ友づきあいの悩み、同居の親の
悩みなど・・あなたも1人で抱え込まずに、安心安全な場所で、
まずはお話してみませんか?

毒親育ちさんのための会員制オンライン・コミュニティ