毎日の笑み心元気力を広げます!
笑って♪「江戸小話かるた
~楽しい言葉あそびの交流の中で~


被災地にかるたを届けるプロジェクト
 笑いを待っている人がいる 

         応援よろしくお願いします! 

待望の江戸小話かるた完成! 
笑いは癒し 笑いは祓い

江戸小話かるたのご紹介 
小話は短い落語 オチがあるから面白い!

取り札は2枚
~ 文字かるたです~
全部が文字なのが、この江戸小話かるたの特徴。読み札には「」がついています。25枚。
読み札1枚「あの山知ってる?しらね~」取り札「あの山知ってる?」「しらね~。」が別々のかるたに書かれて、2枚取れます。2倍で50枚あるから、面白さも2倍!
ルールはかんたん
読み札は別にして、取り札50枚をよく混ぜて、重ならないように机上に並べます。その時、重なっていないか確認して下さい。普通のかるたと同じですが、1枚読むと、取り札2枚あるので、両方取ってから次の読み札に進みます。オチがわかれば、読む前に取ること、1人で2枚取りもOK。だから面白い。全部取ったら終了。
ルールはかんたん
読み札は別にして、取り札50枚をよく混ぜて、重ならないように机上に並べます。その時、重なっていないか確認して下さい。普通のかるたと同じですが、1枚読むと、取り札2枚あるので、両方取ってから次の読み札に進みます。オチがわかれば、読む前に取ること、1人で2枚取りもOK。だから面白い。全部取ったら終了。

江戸小話かるたは、文字2枚だからアイデア次第で
遊び方&楽しみいろいろ

  •  ババ抜き風に遊べます(⇒写真)
     全部配り、揃う組を捨てて、順番に1枚ずつ取りあい、早上がりの勝ち。
  • やってみる?神経衰弱に挑戦
    何組でやるかを決めて、裏返します。順に開けながら、2枚組を取りあい。
  • 2度目は、上句だけを読んで
     下句(オチ)だけを取るかるたに!
     オチ句だけを全部並べて当てます
     上句だけ取るやり方もできますね
  • スピード 1分で何組集められる?
      何組、声に出して話せる?
      時間を計って、競争もできるよ。
  • 創作1 小話を作ってみよう
    同音異義語など、時々小話を思いつくでしょう。少しずつ書き貯めて、白紙面に書けばオリジナルかるたが完成!
  • 創作2 絵が好きな人は、読み札の上句の裏に小話を聞いて浮かぶ絵を描いてみませんか?普通のかるた取りになります。また、絵札を置いて、小話を言い合うのも楽しいです。
  • 創作1 小話を作ってみよう
    同音異義語など、時々小話を思いつくでしょう。少しずつ書き貯めて、白紙面に書けばオリジナルかるたが完成!

顔と元気💛被災地応援プロジェクト
現地に楽しい江戸小話かるたを届けて
日々の暮らしを応援しませんか

★被災地支援1つでも興味のある方は、ご連絡ください。

□ 江戸小話かるたの実際の体験をしてみたい人

□ かるたのもっと詳しい話を聞きたい人

□ かるた制作費の寄付を検討したい人

□ 被災地へかるたを届けてくれる人(1度でも)

□ かるたが届くといいなと思う被災地とのつながりを持っている人

□ 新しいチャレンジを共に作り上げていくスタッフに加わってくれる人

□ 助っ人をしてくれる人(時間が空いている時の軽作業お手伝い)

💛 被災地支援 ニュース 💛
少しでも出来そうなことがあったら、お声かけください。

◇江戸小話かるたを被災地に届ける種まきを始めています。
・2020.1.18  NHKあさイチの番組がきっかけで、兵庫県立大学減災政策研究科 災害支援チームの方から「ぜひ送ってください」の声をいただいて、かるたを発送しました。
・2020.1.21 東京都ボランティアセンターの被災地支援に応募したIさんに、福島県いわき市の支援活動の時に
 江戸小話かるたを持って行っていただいて、東京災害支援ネットワークHさんへ渡していただきました。
・2020.1.22 被災地支援をしている東京ボランティアセンター市民活動センターKさんにかるたを届けて、
 いわき市へ持っていってもらうことになりました。

◇江戸小話かるたを支援物資として被災地に贈るご寄付   受付中。

あなたが関わり協力できそうなところは?

江戸小話かるたの可能性&望むビジョン

笑い心を軽く、癒しに
「笑いは百薬の長」「笑う門には福来る」
江戸小話かるたは、25の小話があります。聞いて笑って会話が生まれ、2回笑って取り札取って、3回笑って誰かと同時!そこで笑って笑顔と会話。1度かるたをすれば、何度も笑えます。
毎日やったら、100日/年×25回!!楽しい会話の量が一気に増えていくことでしょう。
笑い声が聞こえる日常会話
かるたは特別の日ではなくて、生活の中で口ずさんで遊べる言葉あそび。ちょっと笑いたい時。気分が下がりぎみの時。悲しい時も。年齢を選ばず笑いあって、仲良くなったり、心が和んで、つながる輪がどんどん広がっていく そんなきっかけになります。被災地をはじめ地域のみなさんの心の元気を応援します。
笑い声が聞こえる日常会話
かるたは特別の日ではなくて、生活の中で口ずさんで遊べる言葉あそび。ちょっと笑いたい時。気分が下がりぎみの時。悲しい時も。年齢を選ばず笑いあって、仲良くなったり、心が和んで、つながる輪がどんどん広がっていく そんなきっかけになります。被災地をはじめ地域のみなさんの心の元気を応援します。

大人数でも 楽しめます♪

1テーブル4人~8人くらいが盛り上がります。小学生は10名まで。読み札を読む担当者は1名。まずルールの説明を。会場が大きい場合はマイクの準備。1人が読んで、テーブルごとに一斉に取るので、遅い早いの差が出ます。それを読む人が全体を把握できるように、各テーブルには、ルールがわかるサポート役が1人入りましょう。1枚読んで、2枚取ったら、サポート役さんは手を上げて、読む人に合図します。これで、同じように進行できます。
片付けの時に、隣のテーブルのかるたと混ざらないように注意しましょう。1セットごとに、印を付けるなど工夫すると安心です。

江戸小話を耳で聞いて覚えよう!インターネット
ホンマルラジオ東京南局
そよ風の笑いはここから~10秒小噺を話そう♪

江戸小噺笑い広げ鯛 音読江戸小噺まってました

2013年8月に設立  /  2018年7月に設立 
出張ボランティア継続中  活動の歩みと予定一覧
地元では、江戸小話かるたを子ども達支援から広げます。
受付時間 9:00 - 18:00
そよ風まゆみ 
江戸小噺笑い広げ鯛 代表
コミュニケーション・ファーム 代表
お名前と所属、電話番号のご記入をお願いいたします。
💛ご連絡はこちらへ
✉ cffamily32@gmail.com
《江戸小話かるた》の笑いでつながる 
未来の可能性は 今日も笑って!