支援のご報告です!

[政府支援システム]

フィリピン政府の支援に、福祉保障制度の現金支給があります。
4月には、政府から約12,000円程度が一度支給されました。

しかし、現時点で却下された申込者もおり、
全員が受け取れない事実があります。

米の無料配給は、今回支援対象のスバンダクエリアでは
これまで2度行われました。
1家庭10キロ配給。19人家族のGEORGIEの家族にも、
配給4は変わらず10キロ支給だったようです。

その後、政府の支援は途絶えている状態です。

セブクラスフォー2の支援のご報告です!

第一回2020年4月15日

【支援内容】活動地域内でCC2独自調査で選出した現在収入がなく困窮する8家庭への支援内容。
1世帯につき1~2週間の食料費、また高齢者家庭には買い出し補助(下記内容)

<食料パッケージ>

  • 洗濯石けん(洗濯機を使わない、手洗いが現地では主流のため必需品)
  • 缶詰、カップ麺など日持ちのする食料 など

 

[活動地]セブ、スバングダク
[活動地について] 今回の支援先スバングダク地域は、セブ州マンダウエ市内のバランガイ(自治区)です。空港から約30分、セブ中心街から15分程のエリアです。二人暮らしなどはまれで、5人以上の大家族が多く見受けられます。
[今回の支援内容]現地スタッフの安全や外出制限がかかった現地状況を考慮し、この度現金支給による支援を私どもは実施しました。

[受給者]スバングダク地域内の収入源が絶たれた家庭。今回はエリア内の8家庭。
[背景]貧困層の多くは日雇い労働者です。今回行われているロックダウンにより多くの貧困層が職を失い、貯蓄もない彼らは日々の食事にも困る状況です。


セブからのお礼のご挨拶

ジョージー / 19人家族
CebuClassFor2生徒の皆さん、先生方に心からお礼を申し上げます。
他人である私たちを気遣う親切な皆さんは私たちにとって温かい光です。
今いる暗いトンネルに光が見えました。
皆さんへ神のご加護を。

バージニアさん / ハウスキーパー

皆さんご機嫌よう。セブのスバングダクという地域在住、
11,12,13才の子供がいる母親です。
病気の83才の母と、病気の兄は仕事がありません。
私の仕事は週2回のハウスキーピングでしたが
ロックダウンが始まり仕事に行けません。
政府からの金融支援は申請しましたが却下され、子供たちは施設に預けています。
今回のあなたたちの支援に心から感謝申し上げます。
本当にありがとう。みなさんの英語の勉強を応援しています。
神のご加護を。


第二回目2020年5月15日

スバンダクエリアで5家族への物資支援、コミュニティ応援を実施しました。外出制限により収入を失い、明日の食事を心配している人たちが多くいます。エリア内での困窮する家庭を選出し、エリア内のサリサリ(ローカルのコンビニのようなもの)から食料を買い付け、受給者へ届けました。

実施内容(配布パッケージ中身) 
中身 米1キロ、カップ麺、缶詰、野菜、石鹸、洗剤
エリア マンダウエ市スバングダクエリア
対象者 失業者を中心とした5家族をCC2独自調査で選出
    月収     約3000円~5000円の家庭(通常時)
    職業     路上フルーツ販売、ゴミ収集、ハウスキーピングなど
    職場再開について 見通しが立っていない
現地の様子 サリサリ、受給者のジュリエットさん

第三回目2020年6月15日 

こんにちは!事務局 ひろたです。
本日は、支援レポートの前に、CebuClassFor2での寄付システムについてご説明させて頂きます。

CebuClassFor2では収益10%を、セブ現地へ毎月送金しております。
(3月緊急支援プロジェクトでは収入40%)

皆様のご理解、ご協力に心より感謝申し上げます。

これまで、現地スタッフを通し、現地コミュニティへの支援活動を行ってきました。
その活動地域で少しずつ状況が良くなってきたため、今回は現地貧困地区で活動されている
NPOへ送金を致しました。

現地NPO法人”DAREDEMO HERO”様では、
(私ひろたセブ在住時期に何度か活動に参加させていただき、感銘を受けました)
普段のご活動に加え、新型コロナウィルス感染症に対する支援活動をされています。

こちらに皆様のご支援を送らせて頂きました。ぜひのぞいてみてください!▽ 
https://daredemohero.com/33433/  

DAREDEMO HERO様について YouTube▽
https://www.youtube.com/watch?v=xmFcpLGjLeo&feature=youtu.be

現地で懸命にご活動されている皆さん、どうかご無事でお過ごし下さい。

最近CC2では、新しく、SDGSコースを販売開始し、
世界のあらゆる問題について、フィリピン人講師と一緒に学んでいます。
まずは正しく知ること、とても重要なことだなと改めて感じています。
DAREDEMOHERO様のページも、ぜひ見て頂ければと思います!

CebuClassFor2 ひろた

第四回目 2020年7月15日


今月もセブ貧困地区で活動をされるNPO法人DAREDEMO HERO様へ、
収益10%をお届けいたしました。
皆様のご理解とご協力に、心より感謝申し上げます。

下記、DAREDEMO HERO内山さんからのメッセージです!


みなさま
いつも DAREDEMO HEROをご支援くださりありがとうございます。
セブ市のロックダウンは、現在も続いており、経済の回復の兆しがみられません。
学校の対面授業は、早くとも来年1月スタートと発表されています。
その中で、奨学生の学力維持、向上のために、当団体では既に対策を始めております。
https://youtu.be/xmFcpLGjLeo

貧困層の人々の生活も、日々悪化の一途をたどっており、当団体では可能な限りの緊急支援を続けております。
https://youtu.be/dixqnU_-Y74 https://youtu.be/N1AqLpyI2QI https://youtu.be/SogzUnwGlY0

新型コロナウイルス感染症関連に支援内容、並びに収支報告は以下のページで掲載させていただいております。
https://daredemohero.com/34232/

日本も含め、世界中が大変な状況になっています。
その中でも、フィリピン・セブ島でこのようなことが起きているということを、少しでも多くの方に知っていただければと思っております。
日本も、日々感染者が増加しています。
皆様もお身体にお気をつけてお過ごしください。
NPO法人DAREDEMO HERO 代表 内山 順子

2020年8月分は、9月に寄付をいたします。

CebuClassFor2では収益10%をセブ貧困層へ毎月寄付しております。

7月から予約システムを導入し、その締め日の関係で、次回送金は9月となります。
毎月ご報告させて頂いているレポートも、来月9月に投稿させて頂きます。

何卒よろしくお願い致します。

さて、来月はオンラインイベント開催を予定しております!
旅行に行けない今、すこしセブ島の様子をお見せすることを計画中です。
現地スタッフと、全て英語で行います^^

お会いできるのを楽しみにしています!   CC2 ひろたちあき

ご挨拶「共創する社会を目指して」

 3月にスタートしたCebuClassFor2では、今まで4回の支援を実施することができました。誠にありがとうございました。

 フィリピンでは、素晴らしいNGOや組織が存在しています。彼らはどんな時も、恵まれない人々への活動を行っています。
 それでもなお、彼ら団体や政府の援助も、十分に受けられない人々が存在するのです。実は、日々の食べるものが不足し、苦しんでいる人たちがいます。
 「誰一人取り残さない」とは、SDGsが掲げるテーマではありますが、取り残されている人が、現実にいるのです。
 私たちは、小さな存在ですが、そのような人たちに、小さくとも継続的に支援していきたいと考えております。

 現在、日本においても(セブのように飢えに怯えることはないかもしれませんが)、新型コロナウィルスの影響で、不安な社会情勢になっています。

 そのような中で、隣国に思いを馳せていただく皆様に心から感謝申し上げます。
共創の社会を目指して、活動してまいります。
今後とも、どうそ、よろしくお願いします。

2020年8月
ひろたちあき、はらゆきこ