これからのセラピストに
絶対に必要な
「全身の解剖・生理学」を
基礎からきちんと学びたい方はいませんか?

★追加講座も満席に付き★
再・再追加!
東京会場:第⑦クール
(最終追加講座)
開催決定‼


★大阪会場:②クール
残り数名

※他講座は満席の為
募集終了となりましたm(__)m

なぜ?満席続出
口コミで広がる
大人気の3つの理由

①講義内容
日本ではここだけの「国際水準のテキスト」を使用しての講義。それに加えて、
大澤先生が海外医学部での人体解剖実習(現在12回)で、実際に「見て・触れて・感じた」3D解剖学を伝えています。

②現場にすぐにつながる!
大澤先生の施術や救急病院などの臨床経験から、
解剖生理学の学びを 実際の問診や施術・アフターカウンセリングにつながるように解説して下さっています。

③楽しく、わかりやすい!
受講者から大好評。授業は「楽しく」をモットーとし、
解剖の専門用語を覚える勉学ではなく、身近なものなどに例えるなどで、わかりやすく講義。
人体の素晴らしさが、わくわくしながら記憶に残るようにインプットされていきます。

★注)以前より、とてもご要望の多かった講座です。各会場とも、募集開始と共に申し込みが殺到し、会場の拡大変更・追加講座開催となりました。

各地区スペースの都合により、先着順とさせていただきます。ご興味の方はお早目にお申込みください。

対象者

  • ・セラピスト・整体師
  • ・サロンや整体院のスタッフ
  • ・全身の基礎解剖の知識を整理したい方
  • ・からだに関わるお仕事の方
  • ・身体に興味のある方
  • ・これからセラピストを目指す方
  • ・サロンや整体院のスタッフ

あなたが受講する意味🌟

受講の【目 的】として、

身体の基本の「全身の解剖と生理学」の知識を理解して、日常の施術・セラピーなどの中で、

  • お客様の身体の状態はどういう状態なのか?
  • 自分がどのような目的で施術を行っているのか?
  • なぜ今の施術、アプローチによって効果が得られるのか?
  • お客様の身体の状態はどういう状態なのか?
をしっかりと理解し、お客様の

「笑顔」
「対価(報酬)」

 “自信を持って頂ける” ようになる事。


この事で、今の施術は

どんどんと、
効果が出せるようになり
さらに施術が
楽しくなります♪

★ 講座レベル 

基礎編(★☆☆):解剖と生理学の基礎 
となります。
 

具体的に一部として・・・
  • 筋肉の種類や動き、働きの特徴とは?
  • 筋肉の名前と形、その覚え方とは?
  • 骨や関節の仕組みや働きとは?
  • 人体の呼吸の仕組みとは?
  • 呼吸器の構造や働きとは?
  • 血液が循環する仕組みと働きとは?
  • 心臓の独特な構造や動きとは? 
  • 人体に必要な食物の分類や栄養素とは?
  • 消化管のつながりと経路とは?
  • それぞれの消化器の臓器の役割とは?
  • 消化に関わる副器官(肝臓・胆のう・膵臓・唾液腺)の仕組みや働きとは?
  • 神経の種類や仕組み、その働きとは?
  • 脳の区分けとそれぞれの働きとは?
  • 自律神経の仕組みと働き・影響とは?
  • 目で見る自律神経とは?
  • 自律神経の身体の分布やつながりとは?
  • リンパ系の解剖学的構成と働きとは?
  • リンパの全身の分布と経路とは?
  • リンパの仕組みやその働きとは?


  • ・・・・・などなど、など。
  • 筋肉の名前と形、その覚え方とは?
1講座を全身の単元に分けて、

1つ1つ、臓器系の仕組みや構造、その働きをしっかり理解します。
 

そして、


それぞれの単元がつながる事で人体は構成され、

命(生命活動)が成り立っている事を理解できます。


『ここでしか学べない!』
2つの
特別なテキスト 

テキストⅠ:『SHBBBOS002 
Provide body massage』📘
オーストラリア政府認定ライセンス:CⅣ in Massage Therapy[マッサージセラピー C4](※代替療法マッサージのプロとして国際的にも通用する確かな専門性、および総合的な知識を有していることを認定する資格)
の、解剖生理学テキストを使用し、
海外50ヶ国以上の共通水準での解剖生理学を学びます。

一般で販売はされていないた為日本では
「ここでしか学べない」テキストです。
テキストⅡ :俺の解剖生理学 
オリジナルテキスト🌟
身体に関わるお仕事の方には“絶対に必要”なポイントがまとめられています。

大澤先生が医療現場での臨床や、海外人体解剖実習で実際に3Dで見て感じてきた経験から抜粋し自ら作成しました。


授業の中で自信でどんどん書き込みながら
学ぶ事で

自分だけの一生の “財産”

を12回で完成させます。


「ここでしか学べない」オリジナルテキストです。
テキストⅡ :俺の解剖生理学 
オリジナルテキスト🌟
身体に関わるお仕事の方には“絶対に必要”なポイントがまとめられています。

大澤先生が医療現場での臨床や、海外人体解剖実習で実際に3Dで見て感じてきた経験から抜粋し自ら作成しました。


授業の中で自信でどんどん書き込みながら
学ぶ事で

自分だけの一生の “財産”

を12回で完成させます。


「ここでしか学べない」オリジナルテキストです。

講義内容は?

下記の12回で全身の解剖・生理学の基礎を学びます。

セクションA:解剖学と生理学
ステップ1 関連する専門用語の認識
解剖学と生理学とは
人体を構成する器官系
人体の解剖学的正位
身体の面
身体の構造(腔)
身体の区分と名称


セクションB:人体の発達
ステップ1 身体の発達
ステップ2 細胞の構造
ステップ3 ヒト細胞の組成
ステップ4 細胞の種類
ステップ5 細胞の機能
ステップ6 細胞膜を透過する物質の移動
ステップ7 組織の構造と機能

セクションC:骨格系
ステップ1 骨格系
ステップ2 骨の構造
ステップ3 骨の種類
ステップ4 骨の機能
ステップ5 骨の発達
ステップ6 関節の種類
ステップ7 セラピストに関係する関節の障害と疾患

セクションD(1・2):筋系
ステップ1 筋系
ステップ2 筋肉の種類
ステップ3 筋肉の機能
ステップ4 筋肉の組成
ステップ5 筋肉の運動
ステップ6 筋運動の種類
ステップ7 筋系の障害

セクションE:神経系
ステップ1 神経系
ステップ2 神経系の機能
ステップ3 中枢神経系
ステップ4 脳の主要部
ステップ5 ニューロン
ステップ6 ニューロンの種
ステップ7 セラピストに関係する神経系の障害と疾患

セクションF:循環器系
ステップ1 心血管系
ステップ2 循環器系の機能
ステップ3 心臓
ステップ4 血管の種類
ステップ5 セラピストに関係する循環器系の障害と疾患

セクションG:リンパ系
ステップ1 リンパ系の主な構成要素
ステップ2 身体のリンパ節の位置
ステップ3 リンパ系の機能
ステップ4 リンパの経路
ステップ5 セラピストに関係するリンパ系の障害と疾患

セクションH:呼吸器系
ステップ1 呼吸器系の機能
ステップ2 気道の構造
ステップ3 セラピストに関係する呼吸器系の障害と疾患

セクションI:消化器系
ステップ1 食物の分類
ステップ2 消化器の経路
ステップ3 胃
ステップ4 小腸
ステップ5 大腸(結腸)
ステップ6 消化管の副器官

セクションJ:泌尿器系
ステップ1 泌尿器系の構成要素
ステップ2 腎臓

セクションK:内分泌系
ステップ1 内分泌系の役割
ステップ2 生物学的変化

 日程詳細 

満席につき更に
再・再追加決定!
東京(有明):⑦クール
火曜14:30~17:30

募集18名

8月27日 (火) セクションA:解剖学と生理学
9月25日(水) セクションB:人体の発達
 (※祝月の為水曜開催)
10月29日(火)セクションC:骨格系
11月26日(火)セクションD1:筋系1
12月24日(火)セクションD2:筋系2
1月28日(火) セクションE:神経系
2月26日(水) セクションF:循環器系
 (※祝月の為水曜開催)
3月24日(火) セクションG:リンパ系
4月28日(火) セクションH:呼吸器系
5月26日(火) セクションI:消化器系
6月30日(火) セクションJ:泌尿器系
7月28日 (火)  セクションK:内分泌系

更に追加決定!
東京(有明):⑥クール月曜
14:30~17:30

募集18名 ⇒残席15名 ⇒残席10名  ⇒残席7名 ⇒残席5名
残席2名 ⇒満席m(__)m

8月26日 (月) セクションA:解剖学と生理学
9月24日(火) セクションB:人体の発達
 (※祝月の為火曜開催)
10月28日(月)セクションC:骨格系
11月25日(月)セクションD1:筋系1
12月23日(月)セクションD2:筋系2
1月27日(月) セクションE:神経系
2月25日(火) セクションF:循環器系
 (※祝月の為火曜開催)
3月23日(月) セクションG:リンパ系
4月27日(月) セクションH:呼吸器系
5月25日(月) セクションI:消化器系
6月29日(月) セクションJ:泌尿器系
7月27日 (月)  セクションK:内分泌系

新講座 募集スタート!
東京(有明):④クール
月曜 10:00~13:00

募集18名 ⇒残席11名 ⇒残席7名 ⇒残席2名 ⇒残席1名
満席m(__)m

8月26日 (月) セクションA:解剖学と生理学
9月25日(水) セクションB:人体の発達
 (※祝月の為水曜開催)
10月28日(月)セクションC:骨格系
11月25日(月)セクションD1:筋系1 
12月23日(月)セクションD2:筋系2
1月27日(月) セクションE:神経系
2月26日(水) セクションF:循環器系
 (※祝月の為水曜開催)
3月23日(月) セクションG:リンパ系
4月27日(月) セクションH:呼吸器系 
5月25日(月) セクションI:消化器系
6月29日(月) セクションJ:泌尿器系
7月27日 (月)  セクションK:内分泌系

新講座 募集スタート!
東京(有明):⑤クール(有明)
火曜 10:00~13:00

募集18名 ⇒残席13名 ⇒残席7名 ⇒残席5 ⇒3名
満席m(__)m
 8月27日 (火)セクションA:解剖学と生理学 
 9月24日(火)セクションB:人体の発達  
10月29日(火)セクションC:骨格系
11月26日(火)セクションD1:筋系1
12月24日(火)セクションD2:筋系2 
 1月28日(火)セクションE:神経系
 2月25日(火)セクションF:循環器系
 3月24日(火)セクションG:リンパ系 
 4月28日(火)セクションH:呼吸器系 
 5月26日(火)セクションI:消化器系
 6月30日(火)セクションJ:泌尿器系
 7月28日 (火)セクションK:内分泌系
追加開催決定!!
東京③有明
10:00~13:00
募集18名 残席7名 残席2名
⇒満席m(__)m

2月26日 (火)セクションA:解剖学と生理学 
4月2日 (火)セクションB:人体の発達 
5月8日(水)セクションC:骨格系 
6月11日(火)セクションD1:筋系1
7月9日(火)セクションD2:筋系2 
8月6日(火)セクションE:神経系
9月3日(火)セクションF:循環器系
10月8日(火)セクションG:リンパ系 
11月12日(火)セクションH:呼吸器系 
12月3日(火)セクションI:消化器系
1月7日(火)セクションJ:泌尿器系
2月4日(火)セクションK:内分泌系
追加開催決定‼
大阪会場②
10:00~13:00
残席5名

4月23日 (火)セクションA:解剖学と生理学 
5月21日 (火)セクションB:人体の発達 
6月18日(火)セクションC:骨格系 
7月23日(火)セクションD1:筋系1
8月20日(火)セクションD2:筋系2 
9月17日(火)セクションE:神経系
10月22日(火)セクションF:循環器系
11月19日(火)セクションG:リンパ系 
12月17日(火)セクションH:呼吸器系 
1月21日(火)セクションI:消化器系
2月18日(火)セクションJ:泌尿器系
3月17日(火)セクションK:内分泌系
追加開催決定!
東京②有明
10:00~13:00
20名 → 残り1名 
→満席m(__)m


1月28日(月)セクションA:解剖学と生理学 
2月25日(月)セクションB:人体の発達 
4月1日(月)セクションC:骨格系 
5月6日(月)セクションD1:筋系1
6月10日(月)セクションD2:筋系2 
7月16日(火)セクションE:神経系
8月5日(月)セクションF:循環器系
9月2日(月)セクションG:リンパ系 
10月7日(月)セクションH:呼吸器系 
11月5日(火)セクションI:消化器系
12月2日(月)セクションJ:泌尿器系
1月6日(月)セクションK:内分泌系
福岡
10:00~13:00
18名 (満席の為締め切りました)
→ 会場拡大:30名まで(残り9名)
残席2名

12月20日(木)セクションA:解剖学と生理学 
1月24日(木)セクションB:人体の発達 
2月21日(木)セクションC:骨格系 
3月19日(火)セクションD1:筋系1 
(☆大澤先生、ハワイ解剖実習のため火曜開催)
4月25日(木)セクションD2:筋系2
5月23日(木)セクションE:神経系 
6月20日(木)セクションF:循環器系 
7月25日(木)セクションG:リンパ系
8月22日(木)セクションH:呼吸器系 
9月19日(木)セクションI:消化器系 
10月24日(木)セクションJ:泌尿器系 
11月21日(木)セクションK:内分泌系
東京有明①
10:00~13:00
20名(満席の為締切ました)m(__)m

8月6日(月)セクションA:解剖学と生理学
9月3日(月)セクションB:人体の発達
10月15日(月)セクションC:骨格系
11月5日(月)セクションD1:筋系1
12月3日(月)セクションD2:筋系2
1月7日(月)セクションE:神経系
2月4日(月)セクションF:循環器系
3月4日(月)セクションG:リンパ系
4月8日(月)セクションH:呼吸器系
5月7日(火)セクションI:消化器系
   (☆月祝日のため火曜)
6月3日(月)セクションJ:泌尿器系
7月8日(月)セクションK:内分泌系
大阪梅田
10:00~13:00
(注:時間変更日あり)
20名(満員の為締め切りました)

8月20日(月)セクションA:解剖学と生理学(☆14:00~17:00)
9月18日(火)セクションB:人体の発達
(☆月祝日のため火曜)
10月22日(月)セクションC:骨格系(☆14:00~17:00)
11月19日(月)セクションD1:筋系1(☆14:00~17:00)
12月17日(月)セクションD2:筋系2
1月21日(月)セクションE:神経系
2月18日(月)セクションF:循環器系
3月18日(月)セクションG:リンパ系
4月22日(月)セクションH:呼吸器系
5月20日(月)セクションI:消化器系
6月17日(月)セクションJ:泌尿器系
7月22日(月)セクションK:内分泌系
沖縄那覇
13:00~16:00
20名(残り5名)
残席2

9月26日(水)セクションA:解剖学と生理学
10月31日(水)セクションB:人体の発達
11月28日(水)セクションC:骨格系
12月26日(水)セクションD1:筋系1
1月30日(水)セクションD2:筋系2
2月27日(水)セクションE:神経系
4月3日(水)セクションF:循環器系
5月10日(金)セクションG:リンパ系
  (☆金曜)
6月5日(水)セクションH:呼吸器系
7月10日(水)セクションI:消化器系
9月4日(水)セクションJ:泌尿器系
10月9日(水)セクションK:内分泌系
沖縄宮古島
10:00~13:00
20名(満席) → 会場拡大しました
残席2名

9月27日(木)セクションA:解剖学と生理学
11月1日(木)セクションB:人体の発達
11月29日(木)セクションC:骨格系
12月27日(木)セクションD1:筋系1
1月31日(木)セクションD2:筋系2
2月28日(木)セクションE:神経系
4月4日(木)セクションF:循環器系
5月9日(木)セクションG:リンパ系
6月6日(木)セクションH:呼吸器系
7月11日(木)セクションI:消化器系
9月5日(木)セクションJ:泌尿器系
10月10日(木)セクションK:内分泌系
※開催日程・時間は、天候・交通状況・都合により変更になる場合がございます。

受講費

受講費(これからの自分への投資費用)

 ①講座受講

 1講座:10,000円× 全身12回コース=120,000円(税別)
  ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
 ★特別設定★  
 1講座あたり 6,000円 (※応援48,000円の還元)

  6,000円×全12回 = 72,000円(税別)
 ★12回で全身の解剖生理学を学びます。

   +

②テキスト代 : Ⅰ・Ⅱ 合計:6,000円(税別)
・テキストⅠ:「SHBBBOS002 Provide body massage」5,000円
・テキストⅡ:「俺の解剖生理学オリジナルテキスト」  1,000円



★1日約200円の自分への投資★

※欠席時は動画学習できるので安心です。
※分割希望はご相談下さい。
※クレジット可(3.6%+40円の手数料がかかります)

安心の欠席時
のフォロー
 

体調不良や、止むを得ない都合で欠席の場合は、
❶動画配信で学習。
 または、
❷他会場への振替受講。
      が可能です。


しっかり全身の解剖と生理学の知識を習得して頂きたく、12回のカリキュラムを取りこぼしなく安心して学べます。



【❶動画配信】
①ビデオの視聴は、指定日の24時間の限定配信となります。

・テキスト送付、ビデオ編集処理の関係上、配信は講座開催後、約二週間後の24時間限定配信とさせていただいてます。

・動画はyoutubeにて配信致します。

・配信日のお知らせは、一週間位前に、案内のメールが届きます。

・URLは、配信日にメールで届きます。

・配信メールはgmailアドレスが必要となります。お持ちでない方は、作成をお願いしております。
作成方法がわからない場合は、ご説明させて頂きます。


②毎回資料が配布されますので、ビデオ学習の方へも送付させて頂きますが、送付手数料が発生いたします。

欠席2回目までは、こちらで負担いたします。欠席3回目からは1回につき、資料送付手数料¥500(税込)を別途頂戴致します。


③ビデオ内容は授業に参加できなかった方への提供(救済処置)となります。
ので授業風景の撮影となります。別撮りではございません。

・講座内容・機器状況によっては、見づらい、わかりづらい、などの事例が発生する場合がありますので、あらかじめご了承お願い致します。

・この講座は、参加受講(LIVE)が基本です。生ならではのインパクト・集中の学びがあります。

・ビデオ学習は、どうしても欠席しなければならなくなった方への対応となってまおりますので、どうぞご理解の程よろしくお願い致いたします。


【❷振替受講】
会場の定員・参加状況により席が確保できない場合もございます。



大澤先生のここでしか学べない講義を
楽しく!
LIVEで一緒に学びましょう!!!

 


なぜ、開講に至ったのか?
大澤訓永先生より

ハワイ大学の人体解剖実習の回数を重ねるにつれ、
「日本で解剖の講座を開いてください。」という声をたくさん頂いておりました。
しかし、私のスケジュール的には、厳しいのが現状。

ある日ふと、振り返り考えた・・・。
 

私、大澤が建築業界から一転、医療を志した28歳。
「建物と人体」一見関係なさそうに思えるが、「構造と機能」の
共通点の多さからその魅力に引き込まれていった。

病院での勤務と、学校での東洋・西洋医学の勉学、日・祝日は様々な技術セミナーを受講し手技を学び探求をしてきた。
 
その経験から生まれた理論・手技を治療に活かし、構築され、いつしか他の先生方に伝えるという形に変化をしていった。
 
身体の事を学べば学ぶほど、
人体についての興味は増し、楽しくなり、
通常の手技・技術・自宅ケア・・・は進化して行った。
自分自身の成長を感じるにつれ

「基本の解剖生理学の大切さ」を痛切に思うようになった。
 
  
現在さまざまな手技やアプローチ法がある。誰でも講師と名乗れる時代だ。
深くも浅くもそれぞれの理論がある。

もちろん、尊敬する素晴らしい理論・先生方が沢山いる。
私自身とても学びになるしパワーを頂ける。

時には受講生からの話を聞くに、信じられないような事を教わってきた人もいる。

正しい知識を伝えると、受講生からは
「今までのは何だったんだ!?」
「何の為に時間・お金・労力を費やしたんだ?」

という場面に出会う事が少なくない。

『講師は「良くなれば、何でもよい。」と言っていました。』


確かにそうかもしれない。

だが、その裏には危険も含むと言う事を認知しているのか?

それが人に伝わっていく中でその危険は大きくなる事を理解しているのだろうか?



どのような場合もまず、
「基本の解剖生理学」を抑えているべきだと強く思う。


それにより 施術者自身が、
施術を行う意味を理解し、施術に自信が持てる。


効果も上がるであろうし、合わせてクレームや事故は減らせる。


さらに、受講側が基礎の解剖生理学の知識が入っていれば、
間違った情報には気が付く点が自然に浮かんでくる。

それを繰り返し経験を積む事で、その人たちが正しい知識を持った講師としての活躍もできる。
 


大澤自身、様々な先生・専門職・教授の方々との出会いのご縁の中で、
自分自身が、奥の深い“人体”について、まだまだ知識が少ないのを自覚・痛感する。


だからこそ、海外医学部での人体解剖実習で
実際に観察し、触れ、自分が行っている手技の手を置き、確認し、感じる事でご献体より学ばさせて頂き続けいている。

自分自身がこの事を引率講師としての仕事としてできている環境に感謝をし、責任感と使命感を感じている。


自分が実際ご献体より学ばせていただいた事、実際の3Dと2D(テキストなど)とのギャップ、感じた事をもっとたくさんの方にシェアし伝えたい。
という想いはずっと持っていた。
 
「全身の解剖・生理学」の楽しさと知識を分かち合う事で、
身体に関わる事を業としている人々、私たち手技者の底上げ・向上に少しでも貢献出来たらと想い開講を決意しました。
 
 



ご存知の通り、整骨・整体・リラクゼーション・ストレッチ・サロンなどの店舗が増え続けている。
その数は数年前にコンビニの数を超えている。近年では新規開業よりも、閉店の数が増した現状だ。

その中、患者・お客様もテレビやSNSでの情報社会の中で健康に関する知識がとても豊富になり、意識も高くなっている。

本物が生き残る時代。
淘汰される時代。
私自身はむしろ、大賛成である。


施術者が人体を学べば学ぶほど、相手の身体の状況に対し、やるべき施術、ふさわしくない施術の判別、アプローチ法、力加減などの判別がつく。


今よりも、更に向上・成長させる “環境”

自分を置く事の重要性に氣が付いた参加者が、


“人体の楽しさと感動”を理解・共有 する事で、

笑顔と対価(報酬)が“循環”する事に私は尽力を惜しまない。



あなたにお会いできる事を心より楽しみにしております。

講師紹介

大澤 訓永
( KUNINAGA OSAWA)
⚫︎開発した整体法にて第三者機関で臨床試験を実施。
⚫︎そのデータより論文を作成。
⚫︎医学ジャーナル誌に掲載審査申請。
医師の論文が並ぶ中、整体のメソッドとしては異例となる
医学ジャーナル誌
「アンチエイジング医学2018 vol.14 No.3)」
に論文が掲載となる。
[日本国家資格]:鍼灸師、あんま・マッサージ・指圧師、柔道整復師
[海外ライセンス]:Remedial Massage Therapy(オーストラリア政府認定資格)

〇一般社団法人BMK整体協会 代表理事
〇美健カレッジ 学長
〇一般社団法人 日豪セラピスト協会 本部講師/技術監修
〇NPO法人 介護予防センター 理事
 

⚫︎主の活動は、治療家・セラピストの「先生の先生」として、全国での講師活動。
⚫︎長年の医療現場での臨床経験から『BMKメソッド』を開発・発表し、一般社団法人 日本BMK整体協会を設立。
その理論と技術は全国150店舗以上の治療院に導入され、今なお広がり続けている。
⚫︎知識と技術の追求の為に、ハワイ大学医学部にて人体解剖実習を重ねる(2018年10月現在11回)。「引率講師」として受講生に教授。
⚫︎日本国内においても、某著名教授の協力のもと、人体解剖講座・解剖実習を開催。
⚫︎オーストラリア政府認定資格試験の日本での開催運営を行っている、㈳日豪セラピスト協会の日本唯一の認定本部講師として、海外水準の技術の開発、質の管理に努める。
⚫︎オーストラリア政府認定ライセンスの日本開催試験時の試験評価官を務める。
⚫︎紹介制のみで、全国のクライアントにも施術を行っている。


全国でのセミナーや講義活動、海外ライセンスの取得を通して、治療家・セラピスト等、身体に関わる人々の知識と技術、そして地位の向上を図る活動に力を注いでいる。

お申し込みはこちらから
(先着順となります)
 ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

※詳細・ご質問は、お気軽にお問合せ下さい。

美健Cllege 事務局: biken.college@gmail.com

さあ、
あなたも一緒に♪

楽しく学ぶ!
ここでしか学べない
俺の 解剖生理学

人体って
すごい♪