編集画面では動画は再生されません。

トレッキング・登山
キャンプ・バーベキューetc
熊対策は万全ですか?

熊に遭遇した時の対処方法や
熊よけスプレーの特徴、使用方法などをご紹介

熊よけスプレーには
様々な種類がありますが、
当店は護身用品販売店として
ポリスマグナム
ファイヤーマスター

をおすすめします。

熊よけスプレー(熊撃退スプレー) B-609 ファイヤーマスター

ポリスマグナム 4オンス
ファイヤーマスター
B-609(小型軽量タイプ)

通常価格¥9,180円
¥8,262円(税込)送料無料

商品詳細

熊よけスプレー(熊撃退スプレー)B-610 ファイヤーマスター

ポリスマグナム 16オンス
ファイヤーマスター
B-610(大型タイプ)

通常価格¥18,900円
¥16,524円(税込)送料無料

商品詳細

当店の熊よけスプレーをおすすめする理由

なぜポリスマグナムファイヤー
マスターが熊よけに最適なのか?
その訳をご説明します。

本州以南のクマ(ツキノワグマ)やその他の危険動物に対応します。
POINT
1

軽量・コンパクトで登山に最適

熊よけスプレー携帯用ホルスター

携行用の熊よけスプレーはポリスマグナムB-609をおすすめします。B-609は小型軽量で、専用ホルスター(N-4FN)とセットで約220g程度。ズボンのベルトに装着するとほとんど重さを感じません。

全国の山間部で働く方々、登山やトレッキングなどのアウトドア好きな皆様に、熊やイノシシ、猿、野犬などの危険動物、さらには助けを呼べない山間部での強盗などからの護身用必須アイテムとして専用ホルスター(N-4FN)と共に20年以上の長期間に渡りご愛用頂いております。

山間部の施設(ホテルや旅館、山小屋)などに常備する熊よけスプレーはポリスマグナムB-610をおすすめします。
噴射容量が多く安心です。里山の近隣エリアでの作業や、グループでのトレッキングなど、運動量が少ない場合にはズボンのベルトに装着して携行する方もいらっしゃいます。

B-610と専用ホルスター(N-16FM)のセットで約510gですので少々重さを感じますが、危険動物や強盗などと遭遇するリスクと携行の負担を勘案し、小型軽量のB-609と比較してご検討ください。

POINT
2

ジェット噴射で確実に命中

熊よけスプレー噴射方法

熊よけスプレーB-609B-610は霧状のジェット噴射で、射程距離は
・B-609…5.0m
・B-610…6.0m
消火器のような強い噴射力で余裕で命中させることができます。
※3m先で直径約1mの円形に広がります。

噴射時は一気に全て噴射せず、0.5秒位ずつ小分けに噴射し命中率を高めましょう。0.5秒でも命中すれば熊はたちまち退散します。

消火器のように勢い良く噴射しますので、動きの速い熊やイノシシ、猿などの危険動物でも確実に命中させることができます。噴射威力が強いため噴射時は反動があり、噴射方向が上向くので両手でしっかりとスプレー容器を保持する必要があります。

危険動物に使用する際には、腰を低くして動物の首から顔面に噴射すると確実に命中させることができます。

※イノシシも危険です
全国の山間部に生息するイノシシは、近づくと襲って来ることがあります。イノシシの歯は鋭利で、噛まれると刃物で切られたと同じような怪我を負います。イノシシは熊よりも遭遇する可能性が高く、注意が必要です。

POINT
3

成分濃度が凄い

熊よけスプレーB-609のスペック

主成分の催涙剤の濃度が18万SHUと、世界一の強度・威力を誇り、米軍にも正式採用されている一流のスプレーです。
※画像はB-609の仕様です。

【成分強度 OC】
唐辛子などから抽出された辛味成分です。OCを使用した催涙スプレーの効果の強さは、この辛味成分の強度によって決まります。

辛味成分は、辛味の強さを数値で表示することができるため、辛さを科学的かつ客観的に評価できます。辛味の強さを表す単位をSHU値(スコヴィル値)といいます。

主成分のオレオレシン・カプシウム(カプサイシン)が神経末梢を刺激して辛さや痛み、熱さを感じさせます。

【SHU値】
SHUはスコヴィル・ヒート・ユニット(Scoville Heat Units)という単位であり、辛さの度合いを数値化したものです。

POINT
4

安全、環境に優しい

熊よけスプレーの成分 OCの説明

「安全」であることは最重要です。
B-609B-610の大きな長所は、

(1)主要成分の催涙剤は濃度18万SHUで超強力。熊も一撃で撃退可能である。

(2)成分は水溶性で、動物も人間も水で洗い流すことが可能。(洗い流してもしばらくは目が開けられません。)必要最低限のダメージで済む。

上記に対し、米国産の熊よけスプレーは、カナダやアメリカに生息する大型の熊、グリズリーや北海道に生息するヒグマなどを対象に生産されています。ヒグマ対ツキノワグマの危険度・凶暴度合は5対1から10対1と言われるほど、個体差も危険度も大きな差があります。

海外製熊よけスプレーは、〝ガートアラスカ〟以外は全て30万SHU以上、しかも油性ですのでツキノワグマに対して使用することは動物虐待レベルと言っても過言ではありません。

海外製の油性の熊よけスプレーが、万が一人の目に入れば失明の恐れもあり、皮膚に付着すれば「ただれ」などの深刻なケガを負う恐れがあります。

POINT
5

有効期限が長い

熊よけスプレーB-609ポリスマグナムファイヤーマスター

定期的に生産直後の製品を仕入れておりますので、ユーザーの皆様には必ず「3年以上」の有効期限がある製品をお届けいたします。

他の熊よけスプレーと比べ、価格と有効期限を比較すればコストパフォーマンスも高いことがわかります。

≪注意≫
「生産日から1年以上経過した古いスプレー」
「有効期限が表示されていないスプレー」
を海外から買い集め、日本で販売している業者も存在します。注意しましょう。

熊よけスプレーの使用方法①

熊よけスプレーの使用方法②

熊よけスプレーの実態及び危険性

最近は、ホームセンターやアウトドアショップ、インターネットでも手軽に熊よけスプレーが手に入る様になりました。

しかしそのほとんどは海外製の熊よけスプレーであり、海外に生息するグリズリーや北海道のヒグマなどといった大型の熊向けの製品です。日本国内においては唯一、北海道に生息するヒグマが大型の熊に該当し、ツキノワグマ及び危険動物(野犬、猪、猿など)は中型、小型動物に分類されます。

海外では大型のグリズリー種が多いため、それらに対応する熊よけスプレーは特別に高い SHU 値と油性成分で構成されており、専用に製造されています。

仮に国内民間市場で販売されているすべての対人用催涙スプレーを、ヒグマや海外の大型熊に使用しても撃退できる可能性は低く、熊を興奮させ状況を悪化させる可能性があります。

逆に海外製熊よけスプレーをツキノワグマ、野犬、猪、猿等に使用した場合は成分が強すぎるため過剰な苦痛を与える事となり、動物虐待となるばかりでなく人に対して攻撃性を持つようになる可能性もあり、生態系のバランスを狂わせる恐れがあります。

海外製の熊よけスプレーをツキノワグマや中型・小型動物に使用することは、自然環境保護や動物愛護の観点からも許されない行為だ。と日本護身用品協会では警鐘を鳴らしています。

海外製の熊よけスプレーは人体に非常に有害であるため、カナダなどではその危険性が社会的に理解され、使用制限や違反時の罰則など細かく規定されています。

しかし日本では熊よけスプレーの用途や用法・危険性に対して認知度が低く、特別な規則や罰則は存在しません。そのため人体に有害な海外製の熊よけスプレーが何の説明も無く販売されていたり、それらを誤って学校や施設などに導入する事例が発生しています。

海外製の熊よけスプレーは不特定多数の人の前で使用すると大惨事を招きかねません。カナダの法律で明らかなように海外製の熊よけスプレーは人体にとっては劇物に等しい有害なスプレーであり、大型の熊や猛獣以外には絶対に使用してはなりません。

上記のような説明も無しに海外製熊よけスプレーを販売するという事は、不特定多数を危険にさらす大きな社会問題とも言えます。販売店は商品に責任をもって、販売するべきです。今後、熊よけスプレーに関して基準となるルールの策定や指導監督が必要です。
熊撃退スプレー

熊よけスプレー携行時の注意点

熊よけスプレーは護身用品(催涙スプレー)ですので、屋外で携帯すると軽犯罪法の適応を受けます。仕事や登山などで目的地に携行する場合は下記の項目に留意してください。

(1)もしも警察官から職務質問を受けた場合、他の所持品の内容から〝熊よけスプレーは山間部へ行くための必需品であり軽犯罪法には抵触しない〟と警察官の判断が得られるように対処しておく必要があります。 

従って決して熊よけスプレー単品で携行せず、山間部に行くための装備や、仕事に必要な備品などと一緒に荷造りしましょう。


※上記のように一緒に荷造りをしていても、必ずしも軽犯罪法に抵触しない。とは限りません。

(2)熊よけスプレーは催涙スプレーですので、危険物に該当し飛行機には持ち込めません。(航空便も使用できません)目的地までの輸送はトラックなどの陸送便を使用しましょう。

[保管の方法]
一定期間使用しない場合の保管方法は下記の通りです。
●直射日光の当たらない場所で、可能であれば寒暖差の少ない屋内で保管してください。
●念のためポリ袋で密閉しておくと安心です。

ポリスマグナム ファイヤー・マスターをおすすめする理由

小型軽量コンパクトで邪魔にならない
強力ジェット噴射で確実に撃退できる
③催涙材濃度が約18万SHUで超強力
人体にも安全で、かつ環境にやさしい
有効期限3年以上保障でコスパが良い

熊よけスプレー(熊撃退スプレー)ポリスマグナム B-609 ファイヤーマスター

ポリスマグナム 4オンス
ファイヤーマスター
B-609(小型軽量タイプ)

通常価格¥9,180円

¥8,262円(税込)送料無料

商品詳細

熊よけスプレー(熊撃退スプレー) B-610 ポリスマグナム ファイヤー・マスター

ポリスマグナム 16オンス
ファイヤーマスター
B-610(大型タイプ)

通常価格¥18,900円
¥16,524円(税込)送料無料

商品詳細

熊と遭遇しないための予防策

予防策1.熊よけ鈴やラジオを鳴らしながら歩く
熊に「出会わない」ための定番の対策です。鈴の音程度では逃げない、熊によっては逃げる、逆に近寄って来るなど諸説ありますが不明です。

人間を「危険」な存在だと思っていない熊の場合は逃げませんので効果は薄いと考えた方が良いと思います。さらに鈴やラジオの音で周囲の音が聞こえずに、熊の接近に気づくことが遅れるといった事も想定されます。

また、子連れの母熊の場合警戒心が強いので、大きな音や大声を上げるなど刺激を与えることは控えるべきです。

鈴の音は身に着けている人間が動いていないと音が鳴りませんし、ラジオの音を煩わしく思う登山者の方もいらっしゃいますので注意が必要です。


予防策2.熊よけホイッスル(笛)を吹く
ホイッスルは、緊急時の救助依頼の手段としても使われますので、熊よけのためにやたら鳴らして歩くのはどうかと思います。

【結論】やらないよりはマシ、かもしれませんが、この対策だけでは不十分であり、安心できません。

熊に遭遇した時の対策

対策1.ゆっくりと後退する(逃げる)
助かった人もいれば、襲われてしまった人もおりますので一概にこの方法が良いとは言えません。ただ、決して熊に背中を向けて急に走り出したりするようなことは避け、逃げる場合は基本的に

 (1)気合を入れ、決して怯まずに
 (2)熊を睨みつけ、視線を外さずに
 (3)背中を見せずに後ずさりしながら

ゆっくりと後退しましょう。その際は足元に十分注意しましょう。
気合は大切です。怯むと襲われる可能性が高くなるでしょう。
大切なのでもう一度、走って逃げる事は避けてください。熊は逃げるものを追う習性があります。


対策2.熊よけスプレーで撃退する
弊社がおすすめする、B-609 ポリスマグナムファイヤーマスター(携帯用熊よけスプレー)は、襲い掛かってきたときに非常に有効です。有効射程距離まで近づけてから噴射しましょう。首元から顔にめがけて、0.5秒~1.0秒ずつ小分けに断続的に噴射します。0.5秒でも命中すれば即撃退できます。

対策3.木に登る
人間は手よりも足の方が5倍ほどの力があります。ですので地上で戦うのであれば、木に登り、登って来る熊を足で蹴っ飛ばす方が断然有利でしょう。素手で殴るよりも靴で蹴った方が自分のダメージも少ないはずです。

対策4.火をつけて威嚇する
火があっても熊は関係なしに寄ってきますので、効果はないと考えた方が良いでしょう。

対策5.ワンタッチで開く傘をストック代わりにする
熊に襲いかかって来られた際にとっさに傘を広げたら逃げていった、という例もあります。突然、手にしている物が巨大化したら熊もびっくりするのかもしれません。
しかし熊に遭遇したからといって直ぐに試すべきではありません。

対策6.先端のとがった長い棒などで応戦する
熊は先のとがったものが嫌いです。
襲われそうになった場合は、間合いを取りながら鼻先に突き付け応戦する方法も有効と思われます。


【結論】万が一遭遇してしまった際には、まずは対策1がおすすめです。
さらに熊よけスプレーを携帯している時はスプレーを構えながら対策1を行います。
スプレーを携帯しているのとしていないのとでは、安心感が違います。

熊対策のタブー

1.カメラのレンズなどを向けない
人間の「目」は熊にとって脅威です。
熊にとって「目」の何倍もあるカメラのレンズを向けられることは恐怖でしかありません。

2.騒がない
大きな音や声にびっくりして逃げる熊もおりますが、不用意に刺激を与えることは避けた方が無難です。特に子連れの母熊は警戒心が強く逆に襲ってくる可能性が高いでしょう。

3.単独行動は避ける
単独行動は遭難の可能性も高まりますし、集団行動を取った方が有事の際は安心です。
しかし、熊に遭遇したら「こう行動する」など意思統一を図っておいた方が良いでしょう。皆が落ち着いて行動しても、一人が急に「大声をあげながら背中を向けて走って逃げた」りすれば、その為に全員が被害に遭う可能性もあります。

熊に関する予備知識

1.熊は執着心が強い
熊がエサを食べていたり、何かに集中している場合は接近していてもこちらに気付かない場合もありますし、気付いていても無視する場合もあります。
怖いのは何かに夢中になっている熊にいきなりバッタリ遭遇してしまった時。熊がびっくりして思いもよらない行動に出る可能性があります。

2.熊は左利きである
熊は左利きです。通常、格闘技では左利きの相手の左からの攻撃は、右足を前に出し右腕でガードします。そんな事を考えている余裕はないかもしれませんが、頭に入れておいて損はありません。

販売元プロフィール

熊よけスプレーなら杜の都のセキュリティショップ


杜の都のセキュリティショップ
Produced by コスモ警備株式会社

〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉5-1-1
コスモ警備株式会社
TEL:0120-919-427
FAX:022-213-3412
SHOP:https://wowma.jp/user/38041092
  • 杜の都のセキュリティショップ facebook
  • 杜の都のセキュリティショップ twitter
  • 杜の都のセキュリティショップ google+
  • 杜の都のセキュリティショップ メール