なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成










ボクシングの新たなカタチ


無限∞の可能性に挑戦



B-box の「B」は Bonds = 絆の「B」
ボクシングを通じて、
たくさんの絆が生まれますように。

これからも、ボクシングの可能性に
挑戦していきます。




代表挨拶

一般社団法人 B-box 代表理事
D&D BOXING GYM 会長
ブラインド ボクシング®️協会 会長
村松 竜二です。

ホームページご覧頂き、ありがとうございます。

B-boxは、ボクシングを通じて
繋がった出会い、人の繋がりを大事にし、
次の時代を担う児童を心身共に健やかに育成させると同時に
健康増進を計る事を目的として
ボクシングを通じて「青少年健全育成」「自立支援」「ブラインドボクシング®️」などの
社会貢献に力を入れて活動しております。

自立支援活動においては、ボクシングを教授する事で彼ら・彼女らの自立支援と、
積極的な社会復帰への切っ掛けづくりを目的とした活動も行なっています。

引退したボクサーのセカンド キャリア、
活動の場にと考えています。



2018年7月1日 村松 竜二



活動のモットー

・ボクシングを通じて健全な青少年を育成し
より良い社会にする

・障がい者が活躍出来る社会を創造する
・ボクシングを通じて心の教育を行う

・ブラインドボクシング®︎をはじめ
障がい者が活躍出来る場所、
楽しめるスポーツを提供する

・障がい者と健常者の壁を無くす

・自信を付けてもらう

・社会復帰への切っ掛け作り

・引退したボクサーのセカンドキャリア

・ボクシング界の底辺の拡大
・ボクシングを通じて心の教育を行う

・ブラインドボクシング®︎をはじめ
障がい者が活躍出来る場所、
楽しめるスポーツを提供する

・障がい者と健常者の壁を無くす

・自信を付けてもらう

・社会復帰への切っ掛け作り

・引退したボクサーのセカンドキャリア

・ボクシング界の底辺の拡大

SDGsへの取り組み

一般社団法人B-boxの取り組み概要



活動概要



ブラインドボクシング®︎協会
本部
東京都昭島市にある
D&D BOXING GYMにて
ブラインドボクシング®️協会 本部の練習会を
行っております。

D&D
BOXING GYM
通常のボクシングジムとしての機能だけでなく、
定期的に障がい者施設 利用者の方々を受け入れ、
ブラインド ボクシング®️協会 本部の練習会場として幅広い社会貢献活動の
拠点となっています。
村松竜二
D&D
BOXING GYM
通常のボクシングジムとしての機能だけでなく、
定期的に障がい者施設 利用者の方々を受け入れ、
ブラインド ボクシング®️協会 本部の練習会場として幅広い社会貢献活動の
拠点となっています。

みんなの声


活動スケジュール

D&D BOXING GYMにて
ブラインドボクシング®️協会 本部練習会、公共施設での自立支援活動、自立支援塾利用者の受け入れなどの活動を積極的に行っております

随時ブラインドボクシング®️の練習生を受け付けております!!
晴眼者の方も参加も出来ますのでご興味ある方は是非ご体験を!!



村松竜二のYoutubeチャンネル




・元K-1日本王者 小比類巻 貴之氏
・総合格闘家 ミノワマン選手
・合気道 やわらぎ道 石森 義夫先生に
ブラインドボクシング®︎ を体験して頂きました

体験して頂いてた
ブラインドボクシング®️を
小比類巻 貴之さんとミノワマン選手の
YouTubeチャンネルで
紹介して頂きました‼️




2019年4月号の【BOXING BEAT】に掲載されました!


心訓(支えの言葉)





夢を掴む為に奮い立たせてくれる
素晴らしい言葉です

現役時、プロ7戦目の試合1週間程前
ジムでトレーニングを終え
バイクで帰宅途中大型トレーラーに引っ掛けられ
ひき逃げされるという大事故に遭う…

3度の大手術を行なったが
左手は2度と曲がる事が無いまま
ボクシングの聖地後楽園ホール現役復帰

その後も30戦近く右手1本で戦い続けた
ボクサー村松竜二は
この言葉を知る前から
この考えで、
実際に残されたものを最大限に生かし戦い続けた

現役引退前 4度目の大手術
最後の望みを託し左手手術
わずかな望みに希望を膨らませたが
左手は曲がる事は無かった

この時点で現役引退
グローブを置く事を決意した



(Wikipedia)


ブラインドボクシング®️とは
ブラインドボクシング®️は、
パンチを打ち込む選手全員が
アイマスクを装着することにより、
視覚障がいのレベルを問わず、
ボクシングを楽しむことを目的にした競技です。
健常者も選手として参加することができます。
ブラインドボクシング®️は2011年にブラインドボクシング®️協会により考案されました。

トレーニングの流れ

ブラインドの練習生を
駅までスタッフ皆で
送り迎えをしています。
ボクシングの基礎練習から
ミット打ちまで
練習しています。
体の形や動きなど
直接手でさわってもらいながら
覚えてもらいます。
基礎練習の後はスパーリングです。
ブラインド練習生はアイスマスクを着用し、
トレーナーは首に鈴を付けて行います。
※スパーリングは
ブラインドボクシング®️協会規定の
ルール通りに行っています。
全国大会に向けて頑張っている方や楽しむ為にやっている方など目的はそれぞれですが
皆さん全力で頑張り、楽しんで
ボクシングをしています。
2019年5月12日(日)に開催された
第2回ブラインドボクシング®️全国大会
2019関東支部から
4名の練習生が出場しました!
体の形や動きなど
直接手でさわってもらいながら
覚えてもらいます。
障がいの有無を問わず、ボクシングを通じた交流を
定期的に開催しており
ブラインドボクシング®️関東支部の練習会の
会場としても活動しております。




一般社団法人 B-box

賛助会員・協賛・後援して頂いている皆様




株式会社
上テック


株式会社
ゴールデンチャイルド

株式会社 東福

株式会社 ネオ

クラフトメイドハウス株式会社


セブンフォーガーデン
人材開発機関 フロカレ


石川ボクシングジム立川
代表理事 村松竜二 現役時代の所属ジム

エフバード ボクシングジム
川端ボクシングジム
川端ボクシングジム
サンディ株式会社







代表理事 村松竜二

ブラインドボクシング®️協会 会長

D&D BOXING GYM会長


【戦績】

元日本ライトフライ級1位

36戦22勝(10KO)12敗2分

日本タイトルマッチ挑戦4回


【資格】

・日本障がい者スポーツ協会公認初級障がい者スポーツ指導員

・日本体育協会公認 スポーツリーダー

・上級救命技能 取得

・スポーツメンタルトレーニング 修了


各所でボクシングを通じた障がい者支援、

青少年育成活動を実施。

【一般社団法人B-boxの活動に賛同いただける法人・団体・個人の方々を募集しております】

一般社団法人B-box(Bonds of Boxing)& D&D BOXING GYMでは

「人の心のつながりの大切さ」をスローガンに、
ボクシングというスポーツを通じて、
次の時代を担う児童を
心身共に健やかに育成させる事と同時に、
健康増進を図り
社会貢献活動を
定期的に幅広く実施しております。

これらの活動にご賛同いただける方を
常時募集しております。

見学・参加・協賛・活動費の寄付・研修の一環での参加など、
皆様のスタイルに合った形で、
ご一緒に活動いただければ幸いです。

まずは、お気軽にご連絡ください。

【一般社団法人B-boxの会費
協賛・寄付 納入先】

三井住友銀行 昭島支店
普通 7128481
一般社団法人 B-box
担当者連絡先
jeronimo02180902@gmail.com