2011年 4月 …
東日本大震災の経験から始まった

心の福幸プロジェクト

「これじゃいかん!」東日本大震災で様々な経験をし目が覚めた女性がいました。早いものであれから7年。被災地で感じた自律と自立に向けた仲間創りの活動が必須だという思いは、今、全国に広がりつつあります。


  西日本豪雨災害のご報告  

ご支援ありがとうございました
これまでに頂いたご寄付 538,961円
ご寄付くださった方の人数 51名

愛媛県大洲市の様子
肱川氾濫で床上浸水。畳や家具を処分し扇風機で床下を乾燥させている被災地の様子
広島県呉市の様子
土砂崩れと河川の氾濫で甚大な被害。JR開通は11月。猛烈な暑さと土砂埃。
広島県呉市の様子
土砂崩れと河川の氾濫で甚大な被害。JR開通は11月。猛烈な暑さと土砂埃。
西日本豪雨災害の詳細報告は下記ボタンをクリックください。
寄付・ご支援の応援はこちらよりお願いします。

『和を以て貴しと成す』

震災を経験したからこそ出来ることがある。

語り・学び・育ちあう仲間作り。
幸せな未来は自ら作り出すという志が集う場として
元気の素カンパニーは存在します。

幸せに暮らすには、心のゆとりや豊かさが必要。
幸せに暮らすには,ルールや社会の仕組みが必要。

幸せな未来へむけて 2つの取り組み

心を豊かに生きる

せっかく頂いた命だから、日々、幸せに生きたいものです。心を豊かに生きる秘訣ってあるのかな?
映画やDVD、講演会などを活用し、幸せに生きる思考・発想・行動などについて学び、実践に落とし込みます。

社会の仕組みを知る

地球には様々な国があり様々なルールや決まりごとがあります。より豊かに生きる工夫があったら真似しちゃえ❣
しかし、どんなに良いことも知らないと真似できないですもんね。やりましょぉ、学習会。学びましょう、自分たちの未来を豊かにする為に(笑)

元気の素 サンキュー寺子屋
幸せに生きる為の情報をシェアしたい

そこで誕生したのが、
語り・学び・育ちあう仲間創りの
元気の素サンキュー寺子屋です

どんなに良い事も知らないと
真似出来ないですもんね❤

交流型生涯学習
元気の素サンキュー寺子屋とは

協賛参加費は全て999円。キューが3つでサンキューが名前の由来です。
車座になって学ぶ少人数の講座やセミナーから100人以上がが参加する大会場での講演会など
被災地の誰もが平等に学ぶ交流型の生涯学習の総称です。

ココロとカラダを元気にする

命の誕生を大切に、人として生きることの素晴らしさをシェアし、喜楽な人生を生きるための講座を開催しています。

参加申込

世の中を知る

毎月第4日曜日、国民が幸せになるための社会の仕組みを茶話会形式で学習しています。

参加申込

体験する

2018年2月、スウェーデン・ウプサラ市に地域リーダー候補と研修に行ってきました。体験や経験が一番の学習です。

参加申込

2018年度 イベント情報
今年度のイベント情報、開催報告の詳細は下記ボタンよりご覧ください。
和を以て貴しと成す

3・11東日本大震災があったからこその出逢い

誰かの役に立つ喜び

『体内記憶』を研究されている産婦人科医の池川明先生との出逢いは2011年12月1日。震災で自主避難している時、東京の友人が声をかけてくれた集まりで、偶然横に座ったのがきっかけでした。「何処にお住まいで?」「○○町なんです」「僕小学校までそこに住んでました」「〇丁目〇番地で」「え、番地同じ!」避難先が偶然にも小学生の頃のお住まいと番地まで同じ。偶然がいくつも重なるとこれは必然と言います。「先生、いわきに講演に来てください!」早速、その場で講演のお約束を頂きました。早速、池袋のジュンク堂本店に行き、池川先生の本を探すとドバーっと著書がっ!「有名な先生だったんだぁ…」後からヒア汗が出てきました。

幸せに生きる為の仕組み

2011年6月8日、スウェーデン大使館から被災者へご招待がありました。その時お声がけ頂いたスウェーデン社会研究所・所長の故・須永昌博氏とのご縁でスウェーデンの国民が幸せに生きる仕組みについて学びはじめました。福祉大国には、目から鱗がホロホロおちるカルチャーショックな素敵な仕組みが沢山ありました。震災の年の12月に開催したスウェーデンの再生可能な社会の講演会がきっかけで、2012年2月に実際にスウェーデンの研修に行く事になり、帰国後、社会研究所の研究会で帰国報告会をさせていただきました。何と会場は大使館。これがきっかけで、復興に向けての生涯学習を開催するNPO設立へとつながっていきます。

私どもNPOの活動は皆様からのご寄付やご支援で成り立っています。

元気仲間 大募集!

一緒に学ぶ

イベントに参加する

交流型の楽しい生涯学習講座を開催しています。しゃべって学んで一緒に賢く育ちあっていく世代を超えた仲間を大募集です。

参加申込

共に動く

スタッフ協力する

イベントのお手伝いスタッフ大募集。随時ご協力内容と日時等の詳細願いをメールでお知らせ。出来る事を出来る範囲でご協力ください。

登 録

活動を支える

寄付・カンパをする

寄附なくしてはNPOの活動は成立しません。よろしければ、コーヒー代一杯のご寄付を心の復興にご協力いただけませんか?

寄付・支援

これまでの活動
震災後
地域の皆様に元気をお届けしたくって
いろんな事をやりました

教えてペオさん

2011年12月12日 いわきアリオス小劇場にスウェーデン人のペオ会苦べりさんを招き「グリーンエネルギー」についての講演をしていただきました。地域に情報を届けたい一心で開催した最初の講演会です。この活動がきっかけで2012年2月にスウェーデンに研修に行区事になりました。この講演会がきっかけとなり、スウェーデンとの素敵な関係に進展していきました。

肥田瞬太郎講演会

2012年6月、誰もが内部被ばくについて、まだまだ不安な毎日を送っていました。少しでも地域の方々の不安を和らげたい。そんな思いで内部被ばく患者と向き合ってこられた肥田俊太郎先生にお越しいただき、講演をして頂きました。96歳と言うご高齢にも関わらず、凛とした姿勢にこれまで過ごしてこられた肥田先生の人生を垣間見ることが出来た素敵な講演会でした。

核の傷上映会

いわきでの肥田先生の講演会に同行したマーク・プティジャン監督の『核の傷』の映画を上映しました。肥田先生の活動を中心に広島の原爆問題を取り扱った素晴らしい映画ですがフランス人が監督というのに、なんだか不思議な感じがしました。平和記念都市として蘇った広島に対して福島はどんな復活をするのだろうかという思いで開催した映画上映会です。

相田一人講演会

NPO設立後第一回目の記念すべき講演会講師は、相田みつを美術館館長の相田一人氏。言葉と真摯に向き合ったお父様との思い出や作品のお話し、そして家族を支えたお母様のお話し等も伺いました。

池川明講演会

「体内記憶」研究第一人者の池川明先生をお迎えし、講演会を開催しました。流産や死産でお子様を亡くされ、心が沈んでいた多くのお母さんたちから問い合わせを沢山いただきました。傷ついた心が復活するきっかけとなった素晴らしい先生なのだなと、講演会を開催して心から良かったと思いました。

スウェーデン学習会

「人が幸せになる仕組みを持つ国」
震災前までどこにあるか知らなかったスウェーデンの目から鱗の仕組みを、社会研究所の須永昌弘氏をお迎えして定期開催いたしました。学習会終了後は講師と一緒に昼食。交流型生涯学習の素が出来ました。

池川明講演会

池川明先生の講演があまりにも心にふれたので、年に一度定期開催する事に決定致しました。地域の方々に「体内記憶」の情報をお伝えし、多くの方々が、お子様の声に耳を傾け家族の幸せを再度喜んでいただければと思います。

かみさまとのやくそく

「体内記憶」を持つ子供たちを、丁寧なカメラワークで追った映画かみさまとのやくそく。池川先生とのご縁でつながった荻久保監督の作品は、心の底から子供の持つ可能性について考えさせられるものでした。多くの方に見ていただきたい作品です。

ふるさとがえり上映会

「元気の素で上映会しませんか?」と持ってこられた映画は、市民参加型制作映画。岐阜県恵那市の皆さんが資金集めから配給まで行い全国で大ヒットしている映画でした。一昔前の日本の姿を垣間見る事の出来る映画でした。

パワートゥザピープル

地域全体で再生可能なエネルギー供給に取り組み、世界中から注目されている島があります。映画を見て参加者で話して自分たちの未来について考える。価値ある上映お話し会となりました。

栗山宗弘講演会

ふるさとがえりの脚本を書いた栗山宗弘氏を迎え、映画上映と講演会を開催しました。脚本や撮影の苦労話などを伺いました。

蘇生上映会

WCRPの支援受け、蘇生の映画上映会を開催いたしました。NPO主催ではありますが、ボランティアをしてくださっている方のご提案で実現した企画です。NPOでは夢実現に向けてお手伝いをさせていただきました。

ワークショップ

一日でショートムービーを創っちゃおうというワークショップです。5~6人のチームに分かれ、脚本を考え、俳優や監督、ロケ地を決め、5分ほどの映画を作成します。大人も子供に帰ったように楽しい物つくりワークショップでした。

日本の元気と話をしよう

第一線で活躍する講師を招き、毎月一回車座での学習会を開催いたしました。一緒にお昼を食べ、車座になって講師の話を聞き、会話をし、仲良くなろうと企画したものです、JTさんのご支援を頂きました。

映画上映+茶話会

炊き出しワークショップ+映画上映+ランチ会という盛り沢山の企画をやってみました。思いがけずおばさま方に大好評でした。会場は公民館だったりお寺だったり。地域に密着した企画となりました。

池川明と愉快な仲間たち

毎年お招きしていた池川先生が、お友達を誘って下さり、更に楽しい講演会へと進化していきました。題して『池川明と愉快な仲間たち』
心の復興に向け、毎年7月にいわきアリオスで定期開催していこうという事になりました。

熊猫堂・荻久保監督講演会

かみさまとのやくそくの荻久保監督を迎えて、上映会を兼ねたクリスマス会を開催しました。皆で一緒にご飯を食べ、会話をし、和やかで温かなひと時を過ごしました。

池川明と愉快な仲間たち

『池川明と愉快な仲間たち」
2016年のゲストはどいしゅうさんと荻久保監督です。映画「ひかりの國のおはなし」の上映会もしました。多くの方に参加頂き、最後にステージでみんなで記念撮影と言う楽しい時間を共有いたしました。

私どもNPOの活動は皆様からのご寄付やご支援で成り立っています。
原 動 力

応援者の声

震災後、ひょんなことから知り合った植木さん。スウェーデンに行ったりNPOを設立したり、震災を期に孤軍奮闘するお母ちゃんです。・・・おばあちゃんと言ったほうが良いお年かも・・・。
右往左往ぶりも半端ではなく、幼いころからの苦労話もとても面白い。どうもご本人は苦労を苦労と思わないらしいですね。思考回路が不思議な人なんですよ。何事も前向きに、周りの迷惑顧みず、突進していく姿はもう、おじさんなんてタジタジですよ。「ああ、日本のお母ちゃんだなぁ・・・」っていう人ですね。兎に角、振り回されますからね。台風みたいに・・・。
お嬢さんが2人いらっしゃいますが、彼女たちはこのお母ちゃんを選ぶ時、勇気いっただろうなぁ・・・。
体内記憶研究家・産婦人科医  池川明
元気の素カンパニー以和貴が、震災後の福島県いわき市で生まれたことに、大きな意味があると思います。 震災のとき、私たちは思い知りました。 ずっと保証されていること、安定していることなど、実は、何もないのだと。 これからの時代を生き抜くためには、私たち一人ひとりの意識がとても大切です。 偏ることなく情報を吟味し、偏ることなく情報を吟味し、進むべき方向と生き方を常に選択していかねばなりません。 誰かに依存することなく、自分自身の頭で考え、情報を吟味する意識を持つことが何より大切です。和やかにお互いの意見をしっかりと聞くことは大切ですが、無責任に賛同してはならない・・・まさしく「和して同せず」の理念が、元気の素カンパニー以和貴を貫いています。 互いに自立し、学びあい、尊敬しあう賢者の集いである、元気の素カンパニー以和貴が今後ますます発展していきますよう、私も精一杯応援させていただきます。
熊猫堂社長・映画監督  荻久保則男
僕ね、日々の生活を「夢」をもって暮らしている人って幸せだと思うんですよね。でもね、もっと幸せなのが、人の役に立つ事してる人たちだと思うのね。そういう人って「夢」というより「志」っていう表現のほうがあってるかな。で、元気の素って、その「志」が見つかったおばちゃんがパワー満載で活動してる感じがするんです。なんだか、ついうっかり来ちゃったみたいなイベントするの、得意だよね。
ひかりの国のお話し どいしゅう
母と同じ世代の、僕からすると本当におばちゃんです。面と向かって頼まれちゃうと、パワフルすぎて断れない。なんだかいつの間にかHP作成に巻き込まれて抜け出せなくなってしまいました。出来ない事一生懸命やろうとしてるんだけど、「おしいっ!」というところが、断れない理由なんでしょうかねぇ。熱意はあるんだが、実力が・・・。
カルミナ代表 安藤裕太
僕ね、日々の生活を「夢」をもって暮らしている人って幸せだと思うんですよね。でもね、もっと幸せなのが、人の役に立つ事してる人たちだと思うのね。そういう人って「夢」というより「志」っていう表現のほうがあってるかな。で、元気の素って、その「志」が見つかったおばちゃんがパワー満載で活動してる感じがするんです。なんだか、ついうっかり来ちゃったみたいなイベントするの、得意だよね。
ひかりの国のお話し どいしゅう

ボランティアスタッフ・イベント参加者の声

ボランティアスタッフとして活動している理由についてお聞かせください
良いことやってるNPOだなぁ…って思ってお手伝いしています。(60代女性)

体内記憶の事もそうですが、荻久保監督の介護講談なども皆さんに見てもらいたいですし、心がウキウキする情報は、いわきが変わっていくきっかけになるんじゃないかと思ってお手伝いしています。(60代女性)

以前より池川明先生の本を読んでファンでした。いわきで講演があると知りとても楽しみに出かけました。NPOのS.Mさんが偶然にも友人のお母さんで、声をかけてもらってスタッフとして活動し、池川先生とも親しくお話しなどもできてとても感謝しています。お陰様で念願の子供も授かり、池川先生のおっしゃっていた『笑うお産』も経験できました。(20代女性)

池川先生とか、すごく遠い存在の憧れの人だったのに、とても身近にお話しできて、なんだかいろんな人に出会えてうれしくて。(50代女性)
イベントに参加されたご感想は?
かみさまとのやくそく上映会に参加して・・・沢山の人に見てもらいたいと思います。子供との接し方も変えられていけると思いました(いわき市) わが子が、映画に出てくる子ども達と同じことを話しています。なんだかうれしくなってきました(いわき市)

体内記憶講演会に参加して・・・子供の為と思ってやっていたことも、子供の意思とは違うことをしていたのかもしれないという事にハッとさせられました(会津若松市) 笑うお産の話が良かったです。これから出産を控えているので、不安に思わず100%子供を信頼して生みたいと思いました(いわき市) いつも学びの場をセッティングいていただきありがとうございます(60代女性・いわき市) 

健康講座に参加して・・・簡単にとてもおいしく、体にやさしいお料理をおしえていただきありがとうございます(いわき市) 食育講座、とても勉強になりました(いわき市) あっという間の時間でしたが、たのしかったです(いわき市) 甘酒の甘さにビックリしました。日本食の素晴らしさを体験した感じです。(いわき市)
イベントに参加されたご感想は?
かみさまとのやくそく上映会に参加して・・・沢山の人に見てもらいたいと思います。子供との接し方も変えられていけると思いました(いわき市) わが子が、映画に出てくる子ども達と同じことを話しています。なんだかうれしくなってきました(いわき市)

体内記憶講演会に参加して・・・子供の為と思ってやっていたことも、子供の意思とは違うことをしていたのかもしれないという事にハッとさせられました(会津若松市) 笑うお産の話が良かったです。これから出産を控えているので、不安に思わず100%子供を信頼して生みたいと思いました(いわき市) いつも学びの場をセッティングいていただきありがとうございます(60代女性・いわき市) 

健康講座に参加して・・・簡単にとてもおいしく、体にやさしいお料理をおしえていただきありがとうございます(いわき市) 食育講座、とても勉強になりました(いわき市) あっという間の時間でしたが、たのしかったです(いわき市) 甘酒の甘さにビックリしました。日本食の素晴らしさを体験した感じです。(いわき市)
理事長からのメッセージ   植木秀子           3・11東日本大震災を経験し、人のもつ暖かさや慈愛にふれ、人は幸せになる為に生まれてきたと心の底から感じました。そして、人任せにしない人生を各々が歩み始める必要があると知りました。自分の人生の責任を自分で持っている人がいます。その人たちは慈愛に満ち毎日を感謝の中で生きています。そして自分の国の国民の幸せに責任を持っている国があります。福祉大国とよばれ、明日の生活を心配しなくていい仕組みがあります。どんなに良い事も知らないと真似できないですし、自分で幸せに生きたいと望んで行動を起こさないと何も変わりません。3・11の教訓を未来に生かす人生を真摯に歩みたいと心より思っております。
ありがとうございました。
2017年1月1日

スタッフ紹介

「NPOの仕事は慣れない事ばかりですが、人に喜んでもらえる事をやっているので楽しいです。活動を通して人生が激変しちゃいましたね」そう話す正美ちゃんさんは、地震で家屋が全壊してしまいました。夜、お掃除のアルバイトをしながらNPOの活動を継続してくれています。どんなことも悪くとらえない天才的なお人よしです。
事務・雑務全般  佐藤正美
「どちらかと言うと、機械などハードなものをいじるのが得意なんですがねぇ…」と話すエンジニアだったヒゲムスさんは会計担当。ごまかしや融通の利かない性格は会計にピッタリです。経済最優先の資本主義社会には向かなくて上場企業と18年前にサヨナラしました。ゴミ拾いをしながら犬の散歩をする几帳面な御仁です。
会計  植木伸秀
「どちらかと言うと、機械などハードなものをいじるのが得意なんですがねぇ…」と話すエンジニアだったヒゲムスさんは会計担当。ごまかしや融通の利かない性格は会計にピッタリです。経済最優先の資本主義社会には向かなくて上場企業と18年前にサヨナラしました。ゴミ拾いをしながら犬の散歩をする几帳面な御仁です。
会計  植木伸秀
出逢いに感謝いたします
活動を応援する
活動継続のための支援を募っております。
心の復興にご支援ください。