ペライチ活用事例紹介 ちょっと上手な使い方やオシャレなページを紹介します

【士業】行政書士松田法務事務所

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。ペライチ編集部の若原です!

本日も皆様にペライチで作っていただいたステキなページや活用事例をご紹介します。

本日は士業(行政書士)のホームページをご紹介します!

 

行政書士松田法務事務所

 

 

 

ペライチ編集部からコメント

 

こちらは、愛知県小牧市にある「行政書士松田法務事務所」様のページです。

 

本日は、こちらの事例を参考に士業(行政書士)のホームページ作成のポイントを3つご紹介致します。

士業の方に限らず参考にしてみてください!

 

 

①ファーストビューに何のサイトなのか、一目で分かるようにする

 

ファーストビューとは、お客様がページへ最初に訪れたときに目に入る部分のことです。

 

ホームページは、お客様が訪れた時に「誰に」「何を」提供しているのか分かるようにすることが大切です。

お客様は何のページなのかわからないとすぐに立ち去ってしまうからです。

 

こちらのファーストビューには、愛知県全域の経営事項審査の手続きでお困りの方を対象にしているのがわかりますよね。

 

お客様が最初に見る部分には、分かりやすく簡潔に伝わるように、サービス内容を書きましょう!

 

 

②写真とプロフィールの掲載

 

 

士業(行政書士)の商品・サービスは、「人」です。

そのため、「自分」を伝えるために写真とプロフィールは必須です。

ホームページに写真を公開することに抵抗がある人も多いと思いますが、

お客様に信頼してもらうために、掲載してみましょう!

 

 

③電話番号をわかりやすくする

 

 

 

お客様がお問合わせをしようと思った時に必須なのが、電話番号又はお問合わせフォームです。

電話番号は、電話をかける際に番号が見つからないと、お客様にとってストレスになります。

 

こちらのページには、探さなくても目に入るよう、色を変えて目立たせる、フォントサイズを太く大きくして目立たせる、など工夫がされていますね。

 

是非、皆さんも参考にしてみてください!

 

おわりに

 

いかがでしたか? 

これから士業(行政書士)のホームページをつくろう!とお考えの方は参考にしてみてください。

ペライチを使えば、だれでもあっという間にホームページを作成することができます!

ホームページをつくってみたい!という方は、是非ペライチをさわってみてください!

 

▼行政書士松田法務事務所

http://gmh-office.com/