Webサイト(ホームページ)の制作経験がない初心者の方や、簡単なサイト作成方法をお探しの方には、Webテンプレートの使用がおすすめです。

この記事では、Webテンプレートを提供しているおすすめのサイトや、テンプレートを利用することで簡単にサイトが作れる制作ツールをご紹介します。

初めてWebサイトを制作予定の方や、無料で利用できるテンプレートをお探しの方はぜひ参考にしてください。

Webテンプレートとは?

まずはWebテンプレートとはどのようなものか、またどのような種類があるかを解説します。

Webテンプレートとは

Webテンプレートとは、ページデザインやレイアウトが整えられた“ひな形”のことを指します。

テンプレート内にオリジナルの画像やテキストを置き換えることで、Web制作の専門知識をもたない初心者でも、サンプルページと同様に質の高いホームページを制作することが可能です。

Webテンプレートの種類

Webテンプレートには、利用方法によって大まかに2種類に分類することができます。

ダウンロード型テンプレート

Webテンプレートを提供しているサイトからダウンロードして利用するテンプレートです。

ダウンロードしたテンプレートを反映させるためには、各自でサーバーの契約やドメインの取得をする必要があります。

ダウンロード型テンプレートには更に、インストール方法によってHTMLテンプレートとWordPress用テンプレート(テーマ)に分かれます。

高度なWeb制作の専門知識は不要ですが、基本のパソコン操作が苦手だという方には難しく感じるかもしれません。

更に簡単な方法を希望される場合は、次にご紹介するWeb制作ツール内のテンプレートをおすすめします。

Web制作ツール内のテンプレート

Web制作ツールとは、独自でサーバー契約やドメインを取得することなくサイト公開まで一貫して行うことができるものです。

制作ツールのテンプレートとは、ツール内で利用できる専用のテンプレートのことを指します。

そのため制作ツールを選ぶ際には、操作性や費用だけでなく、好みのテンプレートがあるかということも確認する必要があります。

ダウンロード型のテンプレートを自分でサーバー内にインストールすることに比べて、公開までの操作も簡単です。

Webテンプレートを活用するメリット・デメリット

サイト制作にWebテンプレートを活用するメリットとデメリットについて解説します。

Webテンプレートを活用するメリット

メリット1.初心者でも利用できる

 Webテンプレートを活用する最大のメリットは、初心者でも簡単にデザインの整ったサイトを制作できることです。

通常テンプレートを使用せずにサイトを作るには、HTMLやCSSをはじめとするマークアップ言語の知識が欠かせません。また、Webデザインのスキルやセンスも必要です。

テンプレートを利用することで、これらの知識やスキルをもたない方でもサイト制作を行うことができます。

メリット2.費用を節約できる

テンプレートの利用は、Web制作にかかる費用を大きく節約することにもつながります。

Webサイトの制作は、専門の業者に依頼すると数十万~100万を超える費用が必要になることも珍しくありません。

Webテンプレートは無料で利用できるものも多く、有料であっても数千円~数万円程度が一般的なので、費用を抑えてサイト制作を行いたい場合にも役立ちます。

メリット3.制作時間が短縮できる

Webサイト制作にかかる時間を短縮できるのも、テンプレート活用の大きなメリットです。

仮にWeb制作の知識とスキルをもっている人であっても、制作時間を節約するためにテンプレートを利用することは珍しくありません。

テンプレートをベースにしたWebサイトであれば、最短でその日のうちに公開することも可能です。

Webテンプレートを活用するデメリット

Webサイトをテンプレートで作るデメリットは、完全にオリジナルで制作するサイトに比べるとデザインの自由度が低くなることです。

しかしカラーの変更などカスタマイズすることで、イメージを大きく変えることは可能。

Webサイトのデザインは個性を求めるよりもユーザーにとっての見やすさを重視する必要があるので、あらかじめ整ったデザインのテンプレートはやはりメリットの方が大きいと言えるでしょう。

Webテンプレートの選び方

数多くあるWebテンプレートからどのようなものを選べばよいか迷ってしまうという方も少なくないでしょう。

ここでは、Webテンプレートの選び方のポイントをお伝えします。

ユーザーにとって使いやすいデザインを選ぶ

Webテンプレートのデザインを選ぶ際には、ユーザーにとって見やすく、使いやすいものであるかどうかを考慮する必要があります。

ユーザー目線で考えたときに、必要な情報にたどり着きやすく使い勝手のよいものを選ぶようにしましょう。

適したジャンルのものを選ぶ

テンプレートの多くは、Webサイトのジャンルや業種ごとにカテゴリー分けされていることが多いです。

必ずしもそのジャンルで利用しなければならないわけではありませんが、カテゴリーがマッチするものを選ぶとイメージが近いものが見つかりやすいでしょう。 

商用利用が可能かどうかで選ぶ

テンプレートによっては商用利用が認められていないものがあるため、事前にしっかりと確認しましょう。

有料で商用利用が可能になるものや、そもそも商用利用できないものもあります。

※商用利用とは、Webサイトで商品を販売したり、アフィリエイト広告を貼って収入を得るなどを意味します。

カスタマイズの範囲で選ぶ

カスタマイズがどこまで可能かは、テンプレートによって異なります。

また、制作ツール内のテンプレートであればクリック操作だけで簡単にカスタマイズできるものもありますが、ダウンロード型テンプレートの場合はWeb制作の基礎知識がないとカスタマイズ自体が難しいこともあるので注意しましょう。

必要な項目が揃っているかどうかで選ぶ

テンプレート内に、制作予定のWebサイトに必要な項目がすべて揃っているかどうかを確認する必要があります。

たとえば、問い合わせをフォームが必要ならテンプレート内に設置されているか、もし設置されていなくても追加することができるのか。サイト全体の設計を決めてから選ぶと間違いがないでしょう。

Webテンプレートがダウンロードできるおすすめサイト4

Webテンプレートをダウンロードできる、おすすめのサイトをご紹介します。

※テンプレートの数や価格などの数字は、本記事を作成した2020年8月時点のものです。

【Template Party】

参照元:Template Party

Template Partyは、無料でダウンロードできるWebテンプレートを1200点以上提供しているサイトです。

サイト内に初心者向けのマニュアルを用意し、ダウンロードしたテンプレートをサーバーにアップロードするまでの方法やテンプレートの編集方法も解説しています。

テンプレート数 1200以上
テンプレートのカテゴリー ビジネス/ショップ/飲食店/個人サイト/クラブ・スナック/初心者向け など
価格 基本的に無料(クレジット表記の削除は有料)
商用利用 可能
レスポンシブ対応
URL https://template-party.com/

 

【クラウドテンプレート】

参照元:クラウドテンプレート

クラウドテンプレートは、高クオリティのWebテンプレートを配布するサイトです。

無料テンプレートに設置されているクラウドテンプレートへのリンクは外すことができないため、商用利用する際には有料のテンプレートを購入する必要があります。ただし、1度購入したテンプレートは何度でも利用することが可能です。

豊富なテンプレートはテイストや色など条件を掛け合わせて検索できますので、イメージに近いものを探しやすいでしょう。

テンプレート数 HTML:約1434 WordPress267
テンプレートのカテゴリー ウエディング/ショップ/スクール・塾/スポーツ・フィットネス/ペット・動物/ホテル・旅館/不動産/企業/医療/士業/美容・エステ/株式・金融/音楽・芸能/飲食店
価格
  • レスポンシブWordPressテーマ:1980
  • HTMLテンプレート:4980
  • 無料もあり
商用利用
レスポンシブ対応
URL http://c-tpl.com/

 

【無料ホームページテンプレート.com】

参照元:無料ホームページテンプレート.com

無料ホームページテンプレート.comは、その名の通り、すべて無料で利用できるWebテンプレートを提供するサイトです。

すべてのテンプレートがレスポンシブ対応しているほか、シュミレーター機能でテンプレートの利用イメージがしやすいことが特徴です。商用利用も可能です。

テンプレート数
  • HTMLテンプレート96
  • WordPressテーマ90
テンプレートのカテゴリー -
価格 基本的に無料(クレジット表記の削除は有料)
商用利用
レスポンシブ対応 すべて対応
URL http://f-tpl.com/

 

【フリー素材屋Hoshino】

参照元:フリー素材屋Hoshino

フリー素材屋Hoshinoは、Webテンプレートだけでなく画像や壁紙などWeb制作に必要な素材も無料配布しているサイトです。

テンプレートや素材はすべて無料で利用できますが、リンクやクレジット表記をすることが条件とされています。

テンプレート数
  • HTMLテンプレート:68
  • WordPressテーマ:公開停止中
テンプレートのカテゴリー 歯科・医療系ショップ/美容室/ビジネス/カフェ/かわいい系/高機能クール系/シンプル系/自然系/ブログ用
価格 基本的に無料(クレジット表記の削除は有料)
商用利用
レスポンシブ対応
URL http://www.hs-hoshino.com/

 

テンプレート利用で簡単!Web制作ツール3

ダウンロード型よりも更に初心者に使いやすく、専用のテンプレートでWeb制作が可能なツールをご紹介します。

【Jimdo】

参照元:Jimdo

Jimdoはドイツで開発されたWeb制作ツールで、HTMLなどの知識が一切なくてもサイト制作を行えることから、日本でも人気があります。

テンプレートのカテゴリーや種類は少なめですが、機能によって無料と有料のプランを選択できます。

テンプレート数 16
テンプレートのカテゴリー ビジネス/ショップ/ポートフォリオ/個人向け
価格
  • 無料プラン有
  • 有料プランは月額945円から
商用利用
レスポンシブ対応
URL https://www.jimdo.com/jp/

 

【Wix】

参照元:Wix

Wixは基本的に無料で利用できるWeb制作ツールで、テンプレートのカテゴリーが多いことや、制作可能なページ数が無制限なことが魅力です。

メールや電話によるサポート体制も整っているので初心者にも心強いでしょう。

テンプレート数 500以上
テンプレートのカテゴリー ビジネス/ネットショップ/写真/動画配信/音楽/デザイン/飲食店&グルメ/ホテル/イベント/個人サイト/ブログ/健康&フィットネス/美容&ファッション/教育&コミュニティ/アート/ランディングページ(LP)
価格
  • 基本的に無料
  • 有料版(プレミアムプラン)は月額841円から
商用利用
レスポンシブ対応
URL https://ja.wix.com/

 

【ペライチ】

参照元:ペライチ

ペライチは、1ページ構成のサイト(ランディングページ)作りを得意とするWeb制作ツールですが、複数ページ用のテンプレートも用意されています。

直感的に行える簡単操作が魅力で、初心者でもサイト制作から公開まで3ステップで行うことが可能です。

テンプレート数 60以上
テンプレートのカテゴリー サロン/ネイルサロン/NPO/士業/不動産/サービス/IT・Webサービス/工場/ジム・フィットネス/食品/飲食店/小売店/コンサルティング/税理士/介護/整体
価格
  • 無料プラン有
  • 有料プランは月額980円から
商用利用
レスポンシブ対応
URL https://peraichi.com/

ここでご紹介した3つのWeb制作ツールについては、以下の記事内で更に詳しく比較・解説しています。併せて参考になさってください。

ペライチ、Jimdo、Wixを徹底比較!ホームページ作成ツールはどれがいい?

Webテンプレートで初心者でも簡単サイト作成 !

Webテンプレートは、HTMLやCSSなどサイト制作に必要な専門知識がない方でも簡単なカスタマイズをすることでオリジナルのサイトが作れる、便利な“ひな型”です。

Web制作にかかる費用や時間を節約できることが大きなメリットで、ダウンロード型テンプレートと、Web制作ツール内のテンプレートを利用する方法があります。

より早く、簡単な操作でWebサイト制作を行い方には、Web制作ツール内のテンプレート利用がおすすめ。

画像やテキストを入れ替えるだけであっという間にサイトが完成するペライチは、初心者の方でも操作しやすいと好評です。

無料の会員登録で、今すぐWebサイトを作成してみませんか?

 

ペライチに無料会員登録する!

ホームページがかんたんに作れるペライチ

おどろきの簡単さ、早さ、安心を提供!
だれでもあっという間に ホームページが作れます。

おすすめの記事