ホームページテンプレート9選!テンプレートを選ぶポイントとは?

ホームページ制作において意外と重要なのが「テンプレート選び」です。
テンプレートによってデザインは様々であり、使える機能やオプションも変わってきます。

今回はおすすめのテンプレートを厳選するとともに、テンプレート選びのポイントについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ホームページテンプレートとは

ホームページテンプレートとはホームページを短時間で作るための”型”です。

テンプレートを使えば、文章や画像を差し替えるだけで簡単にホームページが作れます。
またホームページテンプレートは主に3つの種類に分類されます。

HTML/CSSのテンプレート

公開・販売されているテンプレートを基に、自身でコードを変更してサイトを作る方法です。
初心者には最も難しい方法だと思われます。

HTML/CSSの知識をマスターできればデザインは自由自在ですが、コーディングの勉強に時間を費やすことになるので、時間がない方にはおすすめしません。

WordPressのテーマ(テンプレート)

代表的なCMSツールの1つがワードプレスです。
ワードプレスではクオリティが高くオリジナル性の高いページを作ることができます。
ただし、独自ドメインの取得やサーバーを立てるところから始めなければいけないので、ページを公開するまでに多少の時間がかかります。

ホームページ作成ツールのテンプレート

初心者に最もおすすめなテンプレートです。
日本製のも多く存在し、かなり使いやすくなっています。

他のテンプレートと比べてデザイン面での自由度が低いものの、おしゃれなものからシンプルなものまで幅広いデザインが存在するので、写真や文章を差し込むだけで納得のいくページに仕上がります。

ホームページテンプレートのメリット

テンプレートを使う上でのメリットとデメリットについて紹介します。
それぞれを理解した上でテンプレートを使ってみると良いでしょう。

メリット① 時間をかけずに作ることができる

あらかじめ大まかなデザインが決められています。
そのため自分が作りたいデザインに近いものを選ぶだけで、おおよその枠組みが完成します。

操作も簡単なものが多く、無料作成ツールの中にはサーバーを必要とせずにそのまま公開することができます。
もちろん、プロがデザインしていますのでクオリティが高いテンプレートが多いのも利用するメリットです。

メリット② 費用を抑えることができる

テンプレートは無料のものが多く、製作代行に依頼するよりも安い費用で抑えることができます。

製作代行の相場では安くても10万円以上の価格です。
質よりも価格やホームページを公開するまでのスピードを優先する方にとっては無料でページを作れることは大きな強みです。

また、有料のテンプレートもありますが、有料テンプレートの方がデザイン性だったり機能が優れているため購入するのも良いでしょう。
数千円程度で買えますので制作会社に依頼することを考えると格安で利用することができます。

メリット③ 専門知識がいらない

テンプレートを使うことで必要なコーディング知識を最小限に抑えられます。
本来このクオリティのページを作るのに必要な知識やスキルを考えると圧倒的に簡単であり、初心者の方には最適です。

初心者でもプロと変わらないクオリティを作る事ができるのもテンプレートを使う大きなメリットです。

ホームページテンプレートのデメリット

テンプレートを使うことで簡単に高いクオリティのホームページを作ることができますが、当然メリットばかりではありません。
それではデメリットも確認していきましょう。

デメリット① デザインが似てしまう

テンプレートは多くの人が使用するので他のサイトとデザインが被りやすくなってしまいます。
もちろん、写真やコンテンツの内容を工夫する事である程度の差別化は可能ですが、大枠が似てしまうのはある程度仕方がない事です。
もしテンプレートが似てしまうのが嫌であれば豊富なテンプレートを紹介しているサービスを利用すると良いでしょう。

デメリット② 自由度が低い

テンプレートは型が決まっているため自在にデザインを変えづらいです。
そのためデザインの細部にこだわることは難しく、アレンジがききづらいです。

とはいえ、どのテンプレートを使ってもある程度のカスタマイズが可能ですし、余程特別な事をしたい場合を除いてそれほど問題にはならないでしょう。

ホームページテンプレートを選ぶポイント

テンプレートは無数に存在します。
では、どうやって選べばいいのでしょうか?そこで、テンプレート選びのコツをいくつか紹介します。

ポイント① テンプレートのターゲットが適切

「ホームページによって狙うターゲット」と「テンプレートで想定されているターゲット」が重なっているかを確認しましょう。

ターゲットは何歳くらいなのか?どんな要素(職業や趣味嗜好など)を持ったユーザーを狙いたいのか?を整理してから、テンプレートを選ぶと良いでしょう。

ポイント② レスポンシブ対応

レスポンシブ対応とはスマートフォンを始めパソコン以外の端末にも対応していることをいいます。

現代ではスマートフォンでホームページを見る機会が多いので、レスポンシブ対応していると各種デバイスに漏れなく公開することができます。
しかし、レスポンシブウェブデザインはデータが重くなるという側面もあるので、ホームページを使用する意図やターゲットユーザーを基に、対応させるべきか考えましょう。

ポイント③ 無料で使用できる範囲

無料で使用できる範囲はテンプレートによって異なる場合があります。
挿入したいブロックやオプションがテンプレートによって付属されていないことがあるので事前に確認しましょう。

しかし、オプションや有料テンプレートを利用する事で機能が増えたり、活用範囲が広がるメリットもありますので無料にこだわりすぎて利便性を損なわない注意したいところです。

おすすめホームページテンプレート集

それではおすすめのホームページテンプレート集を紹介していきますので参考にしてください。
ジャンルに分けて見やすくしていますので、自分の用途にあったテンプレートを見つけてください。

HTML/CSSの無料ホームページテンプレート集

HTML/CSSのテンプレートはHTMLやCSSなどの専門知識が必要になりますので注意が必要です。
テンプレートをダウンロードするだけでクオリティの高い完成状態のホームページを使うことができますのでHTMLやCSSに自信のある人にはおすすめです。

①Template party

https://template-party.com/

テンプレートパーティは1800種類ものテンプレートがありデザインが豊富です。
また1つのデザインに対し何色ものパターンがあるので、自分がイメージするデザインに近いテンプレートを選べるはずです。

特徴
  • 数多くのテンプレートがあり、法人から個人まで幅広い用途で利用することが可能です。
  • 無料のテンプレートでカスタマイズも自由
  • テンプレート下部のクレジット表示を外すにはライセンス購入が必要
  • カスタマイズにはHTMLやCSSなどの専門知識が必要
価格 テンプレート数 カテゴリ
無料 1000以上 ビジネス向け、ショップ向け、飲食店向け、個人向け、クラブ・スナック
テンプレート例

②無料ホームページテンプレート.com

https://f-tpl.com/

無料ホームページテンプレート.comは、HTMLテンプレートとWordplessテンプレートを提供しています。

シュミレーター機能があり、ユーザーから見た時のデザインを見ることができます。
またシリアルキーを購入すると下部に入るクレジット表記を消すことができるなど、機能性に優れています。

特徴
  • HTMLやWordPressのテンプレートが豊富
  • クレジット表示を外すにはライセンスが必要
  • カスタマイズにはHTMLやCSSなどの専門知識が必要
価格 テンプレート数 カテゴリ
無料 100以上 ビジネス向けテンプレートが多い
テンプレート例

③Cool Web Window

http://www.coolwebwindow.com/

Cool Web Windowでは無料で著作権なしのテンプレートをダウンロードできます。
ページ作成後のサポート機能もあるので初心者やページを作った後の活用の仕方がわからない人にはおすすめです。

特徴
  • 無料でもクレジット表示がない
  • テンプレートの再配布が可能(不特定多数に向けては不可)
  • わからないことがあればメールでサポートを受けられるから安心
価格 テンプレート数 カテゴリ
無料 10以上 個人向けテンプレートが多い
テンプレート例

WordPressの無料ホームページテンプレート集

HTML/CSSのテンプレートに続いて紹介するのはWordPressのテンプレートです。WordPressは世界で最も使われているCMSで、活用の幅も広いです。
しかし、こちらも専門知識が必要になりますので、初心者はWordPressの勉強が必要になる点に注意しましょう。

④テンプレートキング

https://www.templateking.jp/wordpress/website/

テンプレートキングではWordPlessのテンプレートをダウンロードすることができます。

デザイン性が高くクオリティの高いテンプレートを使用することができる。
各種写真素材が用意されているので、ご自分で撮った写真があまりない方も、用意されている写真を使ってページを作ることができます。

特徴
  • WordPressのテンプレートが豊富
  • クレジット表示が不要
  • 利用規約を遵守していればカスタマイズが自由にできる
価格 テンプレート数 カテゴリ
無料 15以上 会社案内美容、ファッション飲食教育、スクール医療、ヘルスケア
テンプレート例

⑤コクーン

https://wp-cocoon.com/downloads/

無料なのに有料テンプレートほどの機能やデザイン性に優れたものとなっています。
シンプルで使いやすい操作性が特徴で、サクッとページを作りたい方におすすめです。

コクーンはSEO対策、高速表示、モバイルフレンドリーに最適化された高性能なテンプレートで、メディアやブログの運営に最適です。

特徴
  • 無料で高性能なWordPressテーマを使うことができる。
  • シンプルでカスタマイズがしやすいテンプレート。
  • GPLライセンスなので自由に使うことができます。
価格 テンプレート数 カテゴリ
無料 1 個人ブログ/企業ブログ
テンプレート例

⑥BizVector

https://bizvektor.com/

WordPressの企業向けテンプレートを扱っています。
制作事例なども掲載されているので、このテンプレートを使ってどのようなホームページができるのか把握することができます。

企業・事業・店舗・塾・クリニックなどビジネスでホームページを使いたい人におすすめのテンプレートです。

特徴
  • 高品質なWordPressのテーマが無料で使える
  • WordPressの管理画面から設定するだけでサイトを作れる
  • GPLライセンスなので自由に使うことができます。
価格 テンプレート数 カテゴリ
無料 1 ビジネス向け
テンプレート例

ホームページ無料作成サービスのテンプレート集

最後はホームページ作成ツールのテンプレート紹介です。
こちらはホームページ初心者向けのサービスですので専門知識は必要ありません。

⑦ペライチ

ペライチ テンプレート

日本で作られた国産の無料ホームページ作成ツールです。

操作がシンプルで使いやすいことが特徴で、初心者の方におすすめです。
また、ページ作成後の集客サポートにも力を入れているので実際にページを使って集客をおこないたい人に適しています。

特徴
  • シンプルな操作でランディングページを作ることができる。
  • たくさんのテンプレートの中から自分にあったデザインを選べる
  • セミナーや勉強会が開催されていて初心者でも諦めずにホームページを作ることができる
価格 テンプレート数 カテゴリ
無料/有料テンプレートあり 60以上 サロン、ネイルサロン、NPO、士業、不動産、サービス、IT・Webサービス、工場、ジム・フィットネス、食品、飲食店、小売店、コンサルティング
テンプレート例

⑧Wix

Wixテンプレート

1億人以上のユーザー数を誇るホームページ作成サービスです。
ドラック&ドロップで簡単にページをアレンジすることができます。

また、商品ギャラリー・ショッピングカート・ネットショップ決済などの機能も充実しているので、ネット販売もおこなうことができます。

特徴
  • シンプルな操作でホームページを作ることができる。
  • 世界中で使われているホームページ作成サービスで安心
  • 海外製品であるためテンプレートのデザインが海外向け
価格 テンプレート数 カテゴリ
無料 500以上 ビジネス、ネットショップ、写真、動画配信、音楽、飲食店、観光、イベント、個人サイト、ブログ、フィットネス、美容、教育、アート
テンプレート例

⑨Jimdo

Jimdoテンプレート

Jimdoはドイツ生まれのホームページ作成サービスです。
30種類以上のテンプレートの中から選んでホームページを作ることができます。

オシャレなテンプレートが多く使い勝手が良いのですが、海外向けのデザインが多いため好みが分かれそうです。

特徴
  • 少し癖があるが、簡単操作でランディングページを作れる
  • アプリ版も出ていてスマホからでも編集可能
  • 海外向けのデザインテンプレートが多く好みが分かれる
価格 テンプレート数 カテゴリ
無料 30種類以上 ビジネス、ショップ、ポートフォリオ、個人サイト
テンプレート例

まとめ

参考になりましたか?

テンプレートは使用する業界や職種、目的によって適したものを選ぶと見る人に伝わりやすいページとなります。
そのため、テンプレートを選ぶ際に「このホームページはなんのために作るのか」もう一度振り返ってみてください。
そして数種類のテンプレートを試し、納得のいくホームページを作ってみましょう。

豊富なテンプレートを選べるペライチでホームページを作ろう

いろいろなサービスを紹介して来ましたが、HTMLやWordPressのテンプレートには専門知識が必要になります。
もともとインターネットに詳しい人であれば問題ありませんが、それほど詳しくない人にはペライチを始めとしたホームページ作成サービスを利用すると良いでしょう。

ペライチは国産のサービスですので日本人好みのテンプレートが豊富でおすすめです。

ペライチでホームページをつくってみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする