Jimdoはホームページを簡単に作れる便利なツールですよね。

しかし、Jimdoでホームページを作ったあと「完成したページを公開しようと思ったけどどうすればよい?」と戸惑ってはいませんか。

そこで、今回はJimdoでホームページを作った後にどうすればページを「公開」状態にする事ができるのか紹介していきます。

ペライチバナー

Jimdoで作ったホームページはどう公開すれば良い?

それではJimdoで作ったホームページはどうすれば公開できるのでしょうか?

結論から言えばJimdoで作ったホームページは「すでに公開」されています。

普通、ホームページを作ってから公開するにはFTPソフトでファイルをアップロードしたり、ブログであれば「公開」ボタンを押す事でページを公開状態にする事ができます。

それに対し、Jimdoではテンプレートを選択して編集画面に遷移した段階で状態が「自動保存」され、同時にページが「公開状態」になるのです。

Jimdoのページは常に公開されている

Jimdoは最初に「新しくホームページを作成」ボタンを押してからテンプレートを選んで編集画面に行くと「自動保存」がかかるのと同時にページが「公開」される仕様です。

その為、URLに直接アクセスすれば編集中のページも閲覧する事ができてしまいます。

作ったばかりのホームページであれば良いでしょうが、一度公開してある程度のアクセスがある場合などは編集中のページを見られたくありませんよね。

そんな時はどうすれば非公開状態にする事ができるのでしょうか?

編集中のページを見られないようにするには

編集中のページを見られないようにするには下記の2つの方法があります。

  • パスワード保護領域
  • 準備中モード

それでは、それぞれの設定について確認していきましょう。

パスワード保護領域

Jimdoの「パスワード保護領域」はページにパスワードを設定してコンテンツを見れなくする機能です。

正しいパスワードが入力されなければコンテンツは見ることができないので、パスワードを知らない一般ユーザーに閲覧されることはありません。

パスワード保護領域の手順
  • ①Jimdoのホームページ編集画面
  • ②左上の管理メニューをクリック
  • ③「基本設定」をクリック
  • ④「パスワード保護領域」 をクリック
  • ⑤「パスワード保護領域を追加する」 をクリック
  • ⑥パスワードと対象となるページを入力して保存

準備中モード

続いては「準備中モード」です。

「準備中モード」はホームページを非公開にすることで、ユーザーに作業中のページを見られることなく編集できるきのです。
準備中モードは有料プランを契約しなければ使えませんので注意が必要です。

準備中モードの手順
  • ①Jimdoのホームページ編集画面
  • ②左上の管理メニューをクリック
  • ③「基本設定」をクリック
  • ④「プライバシー・セキュリティ」 をクリック
  • ⑤「準備中モード」 をクリック
  • ⑥「準備中モード」 を有効にして保存

Jimdoだけじゃないホームページ作成ツール

ここまでJimdoのページ公開方法について説明していきました。

Jimdoは作った瞬間から「公開」状態になっていますので、ユーザーに編集中のページを見られてしまうというデメリットがあります。

これはJimdoの仕様である以上仕方がありません。
もし、この仕様が気になるのであれば、「ペライチ」を試してみてはどうでしょうか?

ペライチとは?

ペライチは国産のホームページ作成ツールです。
Jimdoと同じようにテンプレートを選んで、テキストや写真を編集する事でホームページを作ることができます。

ペライチはページの「公開 / 非公開」を簡単に切り替える事ができるので編集中のページを予期せずユーザーに見られてしまうという心配はありません。


ペライチ公式サイト

まとめ

Jimdoは簡単にホームページを作ることができる便利なツールです。

ページの公開 / 非公開を切り替える事ができないため、編集中のページをユーザーに見られないように注意をしましょう。

編集中のページを見られないようにするには「パスワード保護領域」や「準備中モード」などの機能を使う事で可能です。

また、Jimdoによく似たツールで「ペライチ」というツールがあります。
ページの公開 / 非公開を簡単に切り替えられるので便利です。

Jimdoやペライチを使って手軽にホームページを作り運営しましょう。

ペライチバナー
おすすめの記事