「ホームページの情報が古くなってきた」「デザインが古臭い」という理由でリニューアルを考えている人も多いでしょう。

ホームページのデザインにも流行り廃りがありますので、3〜5年周期くらいでリニューアルしたほうが良いでしょう。

そこで、今回はホームページのリニューアルについて詳しく紹介していきますので参考にしてください。

ホームページをリニューアルするタイミング

それではホームページのリニューアはいつすれば良いのでしょうか?

掲載している情報が古くなった

「ホームページの掲載情報に古いのが多くなった」と感じたらリニューアルのタイミングかもしれません。

ホームページで掲載されている情報で「文章」などは比較的更新しやすいコンテンツです。しかし、写真やアイコンなどのデザイン要素が含まれるコンテンツは更新が難しいです。
その為、気づいていても、なかなか更新できないという事情もあるでしょう。

また、そもそも情報が古いという事に気づかずに運営している事も多いはずです。

一度、運営しているホームページをじっくり確認してみてはどうでしょうか?
古い情報がホームページの至るところで見つかるようになったらリニューアルを検討してみましょう。

デザインが古臭く感じる

続いてのタイミングは「ホームページのデザインが古臭く感じる」時でしょう。

ホームページのデザインにも流行り廃りがあります。
リニューアルせずにそのままにしておくと、流行から取り残された古臭いホームページになってしまいます。

特に携帯電話からスマートフォンへのシフトなどデバイスの転換期にはデザインの流行が大きく変わります。

定期的にリニューアルして、変化に対応する事でユーザービリティを高め、使いやすいホームページを維持しましょう。

リニューアルするメリット

続いてホームページをリニューアルするメリットはどのような事があるのでしょうか?
確認していきましょう。

新しい情報に更新できる

ます紹介するホームページをリニューアルするメリットは古かった情報を「新しく更新できる」ということです。

文章はもちろん、写真やアイコンなど、今までは難しかった更新箇所もリニューアルすることですべて更新する事ができます。

古い情報を掲載し続けるとユーザーの信頼を失いかねません。
リニューアルすることで、全てを一新できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

ユーザーの反応が変化する

続いてのメリットは「ユーザーの反応が変化する」という事です。

リニューアルをしてコンテンツが変わることで、ユーザーへ与える印象が変わりクリック率やコンバージョン率が改善する場合もあります。

できるだけ、ユーザーの反応を考えながらリニューアルする事でポジティブな変化を起こしましょう。

順位変動が起きる

最後に紹介するメリットは「順位変動が起きる」という事です。

順位変動には様々な要因が複合的に関わるため、リニューアルだけの影響ではないかもしれません。
しかし、コンテンツやデザインの見直しによりGoogleの評価が変わり順位が大きく改善する事もあります。

このようにホームページをリニューアルすることで様々なメリットを得ることができます。

リニューアルのデメリット


ここまでホームページをリニューアルするメリットについて紹介していきました。
しかし、リニューアルにはメリットばかりではありません。

当然、デメリットもありますのでしっかりと理解して進めてください。

ユーザーが戸惑う可能性がある

まず紹介するホームページリニューアルのデメリットは「ユーザーが戸惑う可能性がある」という事です。

特にリピーターの多いホームページの場合は、以前のデザインに慣れ親しんだユーザーが戸惑ってしまう事があります。

その為、リニューアルの直後は直帰率が上がったりクリック率が下がったりと数値が悪化する場合もあります。

そのような反応がある事も事前に想定しておきましょう。

順位変動が起きる

続いて紹介するデメリットは「順位変動が起きる」という事です。
これはメリットでも紹介した内容と同じですが、ホームページをリニューアルすることでコンテンツの内容が大きく変わるのでGoogleの検索順位に大きな影響を与えます。

順位変動は必ずしもポジティブに働くとは限らず、場合によっては順位が下がってしまう事もあります。

できるだけポジティブな変動を起こしたいのであればSEOを意識してホームページをリニューアルしましょう。

ホームページリニューアルの手順

ホームページリニューアルのメリット・デメリットについて紹介していきましたが、続いてはリニューアル手順を紹介していきます。

①ホームページリニューアルの計画

ホームページをリニューアルするにはまずは計画を立てましょう。

スケジュールやコンセプト、どのような手順でリニューアルを進めるかしっかりと決めましょう。

実際に作業に入る前に計画を立てておく事でスムーズにリニューアルを進めることができます。
また、この段階でどの程度のページ数になるか、どのようなコンテンツを作るかも決めておきましょう。

②ワイヤーフレームの作成

計画が決まったら、次はリニューアルするホームページのワイヤーフレームを作りましょう。
ワイヤーフレームはコンテンツの大まかなデザインや配置を決める作業です。

リニューアル後のホームページの印象を大きく左右しますのでしっかりと確認しておきましょう。

③デザインを決める

ワイヤーフレームが作成できたら次はデザインを決めましょう。

先程作ったワイヤーフレームを元に色やデザインのテイストを決めていきます。

デザインによってホームページの印象が大きく異なりますので、手を抜くことができません。
コンセプトやテーマに合ったデザインを完成させましょう。

④コーディング

デザインが決まったら次はコーディングに入りましょう。

デザインをホームページに反映していく最終仕上げ的な工程ですので重要です。
コーディングの再現度が低いとせっかくのデザインが台無しになってしまいますので、丁寧に仕上げていきましょう。

最終工程ですから、納期など時間との戦いでもあります。
クオリティを下げないようにしっかりと取り組みましょう。

⑤公開

コーディングまで済んだら後は「公開」するだけです。

テスト用のサーバーを借りて表示のテストを行うことが多いでしょう。
表示の確認ができたらドメインをテストサーバーの方に向けて新しいホームページを「公開」します。

ホームページリニューアルの費用

それでは続いてホームページのリニューアル費用について確認していきましょう。
リニューアルをするには多くの場合、制作会社に依頼するのではないでしょうか。

そこで、制作会社に依頼した場合を想定して紹介していきますので参考にしてください。

制作会社に依頼した場合の費用

ホームページのリニューアルは制作会社に依頼する事でハイクオリティのページを作る事が可能です。

制作会社にリニューアルを依頼すると30万〜100万程度の費用が必要になるでしょう。

できるだけ要望を反映してくれるヒアリング力の高い制作会社を選ぶことで、納得のホームページを作る事ができるでしょう。

ホームページ作成ツールを使ってリニューアル

ホームページのリニューアルは何も制作会社に依頼するだけではありません。
「安くホームページをリニューアルしたい」のであればホームページ作成ツールを使ってリニューアルするのも手です。

ホームページ作成ツールを使えばHTMLやCSSなどがわからなくても、リニューアルする事ができます。

ハイクオリティなページにこだわりがなければチャレンジしてみるのも一つの手でしょう。

ホームページ作成ツールとは

ホームページ作成ツールを使えば専門知識がなくてもホームページ作ることができます。

テンプレートを選んでテキストと写真を差し替えるだけでホームページを作ることができるので便利です。

ホームページ作成ツールには「ペライチ」や「Wix」など有名なツールがたくさんありますがおすすめを紹介しますので参考にしてください。

おすすめのツールは「ペライチ」

ホームページ作成ツールを使うなら「ペライチ」がおすすめです。

ペライチは1枚のペラサイトを作る事に特化したサービスですが、ホームページを作ることもできます。

簡単な操作でホームページを作れるから、ちょっとしたページやランディングページを作るのに最適です。


ペライチ公式サイト

まとめ

ホームページを作って時間が経過すると情報が古くなったり、デザインが古臭く感じる事があります。

定期的にリニューアルする事で、情報やデザインを新しく作り変えユーザーにとっても便利なホームページにする事ができるでしょう。

ホームページのリニューアルにはメリット・デメリットがありますが、デメリット以上に大きなメリットがありますので予算と相談しながら進めましょう。

もし、費用を抑えてホームページをリニューアルしたいのであればホームページ作成ツールを利用するのも一つの手です。

そんなときはペライチを試してみることをおすすめします。
最適な方法でリニューアルを進めていきましょう。

おすすめの記事