WordPressはブログやメディアを作るなら便利なツールです。
テーマによって使える機能が違ったりデザインが大きく違いますので、目的やデザインの好みによって選びましょう。

無料のテーマがほとんどですが、中には有料のテーマも存在します。
有料だけあって、クオリティが高かったり、機能面で優れている場合もあります。

今回は無料のテーマだけでなく、おすすめの有料テーマも紹介していますので参考にしてください。

ペライチバナー

WordPressテーマを選ぶポイント

それではWordPressのテーマ選びのポイントを紹介しています。

レスポンシブ対応しているか

WordPressのテーマを選ぶ上で重要なポイントの一つとしてレスポンシブ対応しているかどうかがあります。
レスポンシブ対応しているテーマはパソコン・スマホどちらにも最適な表示が可能です。

多くのWordPressテーマがレスポンシブ対応しているものの、一部のテーマでは対応していない場合もあります。

テーマ選びの際にはレスポンシブ対応しているかどうか確認しておきましょう。

カスタマイズがしやすいか

テーマの編集を考えている人はカスタマイズのしやすさも重要です。

シンプルなデザインのほうがカスタマイズしやすい傾向にありますが、実際に触ってみる方が早いと思います。

無理で使えるテーマであればとりあえずダウンロードして使いにくければ次のテーマを探すというスタンスでも良いでしょう。

WordPressのテーマをカスタマイズしてオリジナルのブログやメディアを作りましょう。

目的に合っているか

WordPressはテーマによってデザインのテイストが違います。
「おしゃれ、かわいい、誠実」など様々なデザインテイストがありますが、イメージに合わせて選びましょう。

また、デザインだけでなく機能にも違いがあります。
運営するメディア(ブログ)の目的がはっきりしていれば、サポート機能を提供しているテーマを選ぶと捗るでしょう。

おしゃれなWordPressテーマ

それではまず、おしゃれなWordPressテーマを紹介していきますので参考にしてください。
今回はデモページも紹介していきますので確認してテーマ選びに役立ててください。

UNWIND

UNWINDは無料で使えるおしゃれなWordPressテーマです。
SNSボタンや関連記事の表示機能などメディアやブログを運営する上で欲しい機能が一通り揃っています。

スッキリとしたデザインで写真をきれいに見せる事ができますので、高画質の写真を使って見栄えの良いメディアやブログを作りましょう。

デモページ
https://demo.siteorigin.com/unwind/

ダウンロードページ
https://wordpress.org/themes/siteorigin-unwind/

Oblique

Obliqueは斜めにカットされた画像が印象的なおしゃれなテーマです。
好みが分かれそうなデザインではありますが、洗練されたスタイリッシュなデザインが魅力です。

また、レスポンシブ対応しており、パソコン・スマホどちらから見てもおしゃれなページに見えるのでおすすめです。

デモページ
https://themeisle.com/demo/?theme=Oblique#

ダウンロードページ
https://themeisle.com/themes/oblique/#pricing-single

ASCEND

ASCENDは無料版と有料版に分かれているWordPressテーマです。
EC機能も搭載されており、ウェブメディアとしてだけでなく、ショッピングサイトとしても利用できます。

有料版を購入する事で機能が強化されより幅広いカスタマイズが可能になりますが、無料版でも十分でしょう。

デモページ
http://themes.kadencethemes.com/ascend/

ダウンロードページ
https://www.kadencewp.com/product/ascend-wordpress-theme/

シンプルなWordPressテーマ

それでは続いてシンプルなデザインのWordPressテーマを紹介していきます。

シンプルな方がシチュエーションを選ばず様々な状況で使えます。
反面、個性に欠ける面もありますので好みで使い分けをしましょう。

Simplicity

SimplicityはシンプルなデザインでSEO対策されている無料のテーマです。
シンプルだからカスタマイズもしやすく幅広くい目的で使うことができます。

もちろん、レスポンシブ対応もしているからスマホ・パソコンどちらでも最適表示が可能です。
自分でカスタマイズしたい人、シンプルなデザインが好きな人におすすめです。

ダウンロードページ
https://wp-simplicity.com/

Cocoon

Cocoon(コクーン)はSimplicityの後継となる無料テーマです
Simplicityの設計思想はそのままにデザインを一新していますので、シンプルなデザインが好きな人におすすめです。
モバイルフレンドリーに最適化していますので、スマホ表示にもしっかり対応しています。

Simplicityと比較してより好みのデザインのテーマを選びましょう。

ダウンロードページ
https://wp-cocoon.com/

Xeory Base

Xeory Baseはコンテンツマーケティングで有名なバズ部が作ったWordPressテーマです。
テーマのダウンロードにはバズ部への登録が必要ですが無料で利用可能です。

SNS連携、meta情報などが管理画面から簡単に設定する事が可能です。
白を基調とした清潔感のあるテーマに仕上がっています。

デモページ
https://xeory.jp/base/

ダウンロードページ
https://xeory.jp/template/xeory-base/

有料のWordPressテーマ

それでは続いて有料でもSEOに強く高機能なWordPressテーマを紹介していきます。
有料テーマは無料テーマよりもクオリティが高く高機能です。

ブログやメディアの運営に力を入れていきたい人はこちらも検討してみましょう。

WING(アフィンガー)

WINGはSEOに強くアフィリエイトでの収益が発生しやすいと評判のWordPressテーマです。14,800円で購入する事ができます。

「収益化」や「ブランディング」を意識した会社や店舗サイト、アフィリエイトサイトに最適です。

さらにランキング機能がありますので、比較サイトも簡単に作る事が可能です。
ブログやメディアで収益を発生させたい人におすすめのテーマと言えるでしょう。

ダウンロードページ
https://the-money.net/

賢威

賢威はSEOで有名なウェブライダーの松尾氏監修のWordPressテーマです。
SEOノウハウが詰め込まれた信頼と実績あるテーマで販売価格は24,800円となっています。

賢威ユーザーだけがアクセスできる「賢威フォーラム」が存在しており11年間も運営され続けています。
賢威を購入することでこのフォーラム内にある情報を確認する事ができますので、非常に有益な情報を得られるはずです。

本格的にSEO対策をしたいと考えている人におすすめのテーマです。

ダウンロードページ
https://rider-store.jp/keni/

STORK

STORKはブログマーケッターJUNICHI氏が監修のもと開発されたWordPressテーマです。
販売価格は10,800円となっています。

徹底的にモバイルファーストにこだわり設計されているのでスマホでもきれいな表示が可能です。

また「使いやすさ」や「読みやすさ」にもこだわっているので様々な目的に利用する事ができるでしょう。

デモ
https://demo-stork.open-cage.com/

ダウンロードページ
https://open-cage.com/stork/

まとめ

WordPressには様々なテーマが用意されています。
テーマごとにデザインや機能が違いますので目的に合わせて最適なテーマを選びましょう。

またWordPressには無料と有料のテーマがあります。
無料でもハイクオリティのテーマは沢山ありますが、有料テーマにはデザイン面や機能面、サポート面など独自の魅力があります。
予算に余裕があれば有料テーマの購入も検討してみましょう。

本記事をWordPressのテーマ選びの参考にして頂けましたら幸いです。

ペライチバナー
おすすめの記事