Jimdoは誰でも簡単ホームページを作れる便利なツールです。

無料プランでも一通りホームページを作って公開する事ができます。
さらに有料プランを使えば「独自ドメイン」を設定できたり活用の幅が広がります。

そんな便利なツールですが「どのプランを使えばいいかわからない」「できるだけ費用を抑えたい」と考えている人も居るでしょう。

そこでJimdoの料金プランについて詳しく調べましたので参考にしてください。

ペライチバナー

Jimdoの料金プラン比較

それでは早速Jimdoの料金プランについて確認していきましょう。
Jimdoには「ジンドゥー AIビルダー」と「ジンドゥー クリエーター」の2種類の作成方法があります。

それではまずジンドゥー AIビルダーについて詳しく確認していきましょう。

ジンドゥー AI ビルダー

ジンドゥー AI ビルダーはAIがあっというまにホームページを作ってくれる機能です。

プログラミングやデザインの知識は必要ありません。
AIからの質問に答えるだけで自分好みのホームページに仕上げてくれます。

ジンドゥー AI ビルダーには「PLAY、START、GROW」の3種類の料金プラン用意されていますので、この中から自分にあったプランを選びましょう。

GROW START PLAY
月額料金 ¥1590 ¥990 ¥0
独自ドメイン
メール
サーバー容量 15GB 5GB 500MB
ページ数 最大50ページ 最大10ページ 最大5ページ
常時SSL対応
SEO対策
アクセス解析
広告非表示

※価格はすべて月額表示となっています。請求金額は年額になります。

ジンドゥークリエイター

続いて「ジンドゥークリエイター」の機能を紹介します。

ジンドゥークリエイターは基本的には自分でコンテンツを作っていく為の機能です。
テンプレートやパーツを選ぶだけでホームページが作れるようになっており、HTMLやCSSなどの専門知識がない人でも簡単に作れるようになっています。

BUSINESS PRO FREE
月額料金 ¥2,415 ¥945 ¥0
独自ドメイン
サーバー容量 無制限 5GB 500MB
アクセス解析
広告非表示
SEO対策

※価格はすべて月額表示となっています。請求金額は年額になります。

ネットショップ

BUSINESS PRO FREE
商品数 無制限 15 5
割引クーポン機能

また、Jimdoにはネットショップに必要な機能も揃っています。

ネットショップの運営をする場合は「ジンドゥークリエイター」を選びましょう。

Jimdoの無料プラン・有料プランどちらを使えば良い?

ここまでJimdoの料金プランについて説明をしていきましたが、結局自分はどちらを選べば良いの?という人も居るでしょう。

そこで、どのプランを選べばよいか簡単に説明していきますので参考にしてください。

簡単に作るならAIビルダー、自分で作るならクリエイター

まずJimdoを使うには「AIビルダー or クリエイター」のどちらを使うか選ぶ必要があります。

とりあえず簡単なのでもいいからホームページが欲しいのであれば「AIビルダー」がおすすめです。

ネットショップを運営したい、自分でしっかりとホームページを作りたいというのであれば「クリエイター」がおすすめです。

まずはこの2つ内どちらを使うか選びましょう。

無料プラン(FREE)でも趣味のページなら十分

「AIビルダー 、クリエイター」どちらを使うか決めたら続いて料金プランを選びましょう。

Jimdoは無料プランでもページの公開まで一通り使うことができますので、趣味でホームページを作る程度であれば無料プランでも十分でしょう。

無料プランを使う注意点としては定期的なログインが必要という点です。
というのはJimdoの無料プランでは180日以上ログインしないとページが自動で削除されてしまいます。

削除されて困るページであれば定期的なログインを心がけましょう。

ビジネスに使うなら有料プラン(PRO、BUSINESS)

ビジネスで使うなら有料プランの契約を検討しましょう。

有料プランを利用するメリットとして「独自ドメインの設定ができる」という事があります。ホームページをビジネスで活用するのであれば独自ドメインの設定は必須です。

また、無料プランだとホームページに広告が入ってしまうのも問題です。

企業の信頼に関わる部分ですので有料プランを契約して最低限、「独自ドメインの設定」と「広告の非表示」をしておきましょう。

他のホームページ作成ツールの料金は?

ここまでJimdoの料金プランについての紹介をしていきました。

しかし、ホームページ作成ツールは他にもたくさんあります。
Jimdoだけの情報を紹介していても料金が高いのか安いのか判断つきません。
それにもっと使いやすいツールがあるかもしれませんよね?

そこで国内のホームページ作成ツールの代表格であるペライチと比較してみましたので参考にしてください。

ペライチとは

ペライチは誰でも簡単にホームページを作れるツールです。
60種類以上の中から最適なテンプレート選んで写真と文章を入れていくだけでホームページを作れます。

HTMLやCSSなどの知識がなくても大丈夫。
シンプルな操作で使いやすく直感的にページを作っていくことができます。

https://peraichi.com/

ペライチの料金プラン

無料プランでも一通りページを作り公開する事ができます。
またJimdoのように一定期間ログインしないとページを削除されるような事もありません。

ペライチの料金プランは「スタート、ライト、レギュラー、ビジネス」の4種類あります。
それではプランごとに機能の違いを見ていきましょう。

スタートプラン ライトプラン レギュラープラン ビジネスプラン
月額 ¥0 ¥980 ¥1,980 ¥2,980
公開ページ数の上限 1ページ 3ページ 5ページ 10ページ
常時SSL対応
独自ドメイン
フォーム設置
フッター広告非表示
HTML/CSS/JS埋め込み
アクセス解析
メルマガ機能
決済
写真素材の購入料金/枚 200円 160円 160円 160円

ライトプラン・レギュラープラン・ビジネスプランのご契約は1ヶ月/1年/2年から選ぶことができます。

さらに1年契約は月契約より15%割引、2年契約は月契約より25%割引とお得な割引制度もあります。、

ペライチとJimdoの料金の違い

ペライチとJimdoの料金についてご紹介していきましたが、結局どちらを使えばよいのでしょうか?

それぞれの違いについて紹介していきますので、どちらを使うかの判断材料にしてください。

Jimdoは年単位・ペライチは月単位で契約できる

まずペライチとJimdoでは契約期間に大きな違いがあります。
Jimdoは年単位での契約になります。

例えば一番安いPROプランを契約するのであれば月額980円×12ヶ月分の支払いが必要になり最低でも1,1760円の費用が発生します。

それに対してペライチは月単位の契約が可能で一番安いライトプランであれば980円から始める事ができます。

ホームページを1年も運営するかわからないという人はペライチを月額で契約するのが良いでしょう。

ペライチなら長期契約で割引

ペライチなら1年契約だと15%割引、2年契約だと25%割引と長期契約を優遇してくれるのも嬉しいポイントです。
長く使うつもりならはじめから長期契約するとお得です。

Jimdoは14日、ペライチは30日のお試し期間

Jimdoにもペライチにも有料プランを契約後のお試し期間があります。
この期間中にツールを使って、もし使いづらいと感じたら解約しても費用が発生しません。

当然、この期間が長いほどゆっくりと有料プランの機能を試す事ができます。
お試し期間はJimdoが14日で、ペライチが30日です。

この期間内にツールの特徴を理解しましょう。

まとめ

Jimdoは簡単にホームページが作れる便利なツールです。
無料プランでもページを作り公開する事までできますが「本格的なホームページが欲しい。」「ビジネスで活用したい」という人は有料プランの契約を検討してみましょう。

また、Jimdo以外にもホームページ作成ツールがありますが、その中でおすすめなのが「ペライチ」です。

ペライチはシンプルな操作でホームページが作れます。
Jimdoが使いづらいと感じたらペライチの利用を検討してみましょう。

ペライチバナー
おすすめの記事