Jimdoは簡単にホームページを作る事ができるツールです。
HTMLやCSSなどの知識も必要ありません。

Jimdoを使えばスマホ・PCどちらの表示にも対応しており見栄えの良いページを作る事ができます。

これからJimdoを使ってホームページを作ろうと考えている人も居るでしょう。
Jimdoとはどのようなツールか説明していきますので、まだ使ったことがない人は確認してください。

また、Jimdo以外にもホームページを作れるツールがあります。
おすすめのホームページ作成ツールについても紹介していきますので、こちらも参考にしてください。

ペライチバナー

Jimdo(ジンドゥー)とは?

Jimdoはドイツの企業が運営しているホームページ作成ツールです。
全世界で170万人以上が利用しており、豊富なの制作実績があります。

日本ではKDDIが協業パートナーとなっており、日本語対応もしていますので英語が苦手な人でも安
心です。

シンプルな操作でホームページを作ることができ初心者から上級者まで様々な用途で使われています。

初心者にも優しいツールで「ホームページを作った事がなくて不安・・・。」という人にもおすすめです。

https://jp.jimdo.com/

Jimdoで作られたホームページの例

それではJimdoで実際に作られたページはどのようなものがあるのでしょうか。
Jimdoが公開しているユーザー事例がありますので気になる人は一度覗いてみましょう。

https://jp.jimdo.com/examples/
どのページもシンプルで美しいデザインが多く、きれいなページばかりです。

日本向けというよりは海外向けのデザインで好みが分かれそうではあります。

Jimdoの料金

続いてJimdoの料金体系を確認してみましょう。
Jimdoには「ジンドゥークリエイター 」と「ジンドゥー AI ビルダー」の2種類の料金体系があります。
どちらにも無料で使えるプランがありますので、気になったら手軽に試せるのが良いですね。

ジンドゥークリエイター

FREE 月額0円
PRO 月額945円
BUSINESS 月額2,415円

ジンドゥークリエイターは「は自分で作ることと前提としたプラン」でテンプレート選びや写真、テキストなどをすべて自分で用意してホームページを作っていく必要があります。

月額0円のFREEプランから月額2,415円のBUSINESSまであり、有料プランを契約することで独自ドメインの利用、広告の非表示といった事が可能になります。

ジンドゥー AI ビルダー

PLAY 月額0円
START 月額990円
GROW 月額1590円

ジンドゥー AI ビルダーは「業種や好みを選ぶだけで、ある程度ホームページを完成」させる事ができます。
1から作るのではなく完成状態から作ることができるので手軽にページを作る事ができます。

クリエイタープラント同様に有料プランを契約する事で、独自ドメインの仕様や広告を非表示にする事が可能です。

Jimdo(ジンドゥー)のメリット

これまでの説明でJimdoとはどのようなツールか簡単に理解して頂けたと思います。
それではJimdoを使うメリットについて紹介していきます。

HTML・CSSの知識がなくてもホームページが作れる

Jimdoを使えばHTMLやCSSなどの知識がなくてもホームページを作る事ができます。

例えばジンドゥークリエイターは1から自分でホームページを作っていくプランですが、HTMLやCSSなどの知識が不要で、初心者でも簡単にオリジナルページを作る事ができます。

また、ジンドゥー AI ビルダーならあなたの作りたいページについて「いくつか質問に答える」だけで最適なページを作ってくれます。

どちらのプランを利用するにしてもHTML、CSSが不要なので初心者でも安心です。

アプリ版が出ていてスマホからでも作れる

続いてのメリットは、Jimdoにはアプリ版がリリースされているという事です。
iOS、Androidどちらにも対応しています。

アプリ版のJimdoをダウンロードすればスマホで撮った写真をその場でホームページにアップロードしたり、外出先からでもホームページを更新する事が可能です。

また、ブログの更新も可能ですので頻繁にホームページやブログを更新したいという人はアプリを利用しましょう。

スマホ表示に対応したホームページが作れる

JimdoはPCでもスマホでもきれいに表示する事が可能です。
テンプレートはすべてレスポンシブデザインに対応しています。

レスポンシブデザインとは画面の横幅に合わせて自動的にスマホ・PCの表示が切り替わる機能の事です。

Jimdoではこのレスポンシブデザインがどのテンプレートにも対応していますのでスマホ・PCの事を意識する事なくページを作っていく事が可能です。

Jimdo(ジンドゥー)のデメリット

簡単にホームページを作れるJimdoですが、どんなに便利なツールでもメリットばかりではありません。
デメリットについても紹介していきますので参考にしてください。

海外向けのデザインテンプレート

まず最初のデメリットはJimdoは海外ツールであるためデザインに好みが分かれる点です。

Jimdoで使用できるテンプレートはシンプルで美しいものばかりです。

しかし、テンプレートの一部が英語であったり、サンプルで写真が外国の方であったりとそのままではイメージが湧きづらい場合があります。

また、全体的に海外向けのテンプレートが多く、どこか日本人が馴染みづらいという印象です。
もちろん、使い続ければ慣れていくのでしょうが、はじめから国産のツールを使ったほうが良いでしょう。

無料版では長期ログインしないとページ削除

続いてのデメリットは無料版は180日ログインしないとページが削除されるという点です。

はじめから有料プランを契約する人にはあまり関係ないことですが、無料で使いたいと考えている人には大きな問題です。

一生懸命作ったページでも180日以上放置してしまうとなくなってしまいますので注意が必要です。

もし心配という人は無料プランでもページが削除される心配がないツールがありますのそちらを利用しましょう。

Jimdoより使いやすいツールはないか?

ここまでJimdoについて紹介をしていきました。
しかし、「簡単にホームページを作りたい」のであればそれ以外のツールを利用するという選択肢もあります。

個人的にJimdoよりも使いやすいと思っているツールを紹介していきますので参考にしてください。

ペライチ

ペライチは純国産のホームページ作成ツールです。
シンプルな操作でホームページを作っていく事ができます。もちろん、HTMLやCSSなどの専門知識も必要ありません。

国産のツールだから日本人に馴染みのあるテンプレートが豊富です。
また、セミナーや勉強会などが全国で行われており、活発なコミュニティがありますのでホームページ作成途中で躓いてしまっても大丈夫。

無料プランでもページが消されることはありませんので、安心して利用しましょう。

https://peraichi.com/

まとめ

Jimdoを使えば簡単にホームページを作る事ができます。
シンプルで美しいテンプレートが用意されているので、きれいなページを作ることができます。
反面、海外製のツールという事もあり、デザイン面で日本人の好みに合わない部分があるかもしれません。

また、ホームページ作成ツールはJimdoだけではありません。
国産の「ペライチ」というツールもあります。

どちらも無料で使えるので両方試して好みのツールを使ってみてはどうでしょうか?
個人的にはデザイン・操作性ともにペライチの方が使いやすいと感じました。
参考にして頂けましたら幸いです。

ペライチバナー
おすすめの記事