ホームページを作るためにはHTMLを覚える必要があります。
「今年こそは自分でホームページを作るぞ!」と思ってもなかなか進まないという人もいるでしょう。

今回はHTMLとはなにかといった基本的なこと事から、どのように勉強すれば良いか、何を準備すればホームページを作る事ができるかといった事をまとめました。

また、万が一HTMLの勉強に挫折してしまったとしてもホームページを作る事ができる方法も紹介していますので最後まで読んでいただけましたらと思います。

htmlとはなにか?

HTMLとは「HyperText Markup Language(ハイパーテキストマークアップランゲージ)」の頭文字です。
ハイパーテキストとはリンクの事です。
すなわちHTMLとはリンクを記述する為の言語という事なのです。

HTMLはタグを使って構成されておりリンクをはじめとして様々な機能があります。

htmlの主なタグ

それではHTMLにはどのようなタグがあるのでしょうか?
一部ですが紹介していきますので参考にしてください。

リンクをする

まずはリンクです。
リンクはaタグと呼ばれタグの記述としては下記のようになります。

<a href=”リンク先のURL”>テキスト</a>

よく使うタグで自分のサイト内の別ページに飛ぶ内部リンクと、他人のサイトに飛ぶ外部リンクの2種類があります。

どちらも同じ記述をしますので特に意識する必要はありませんが覚えておきましょう。

画像を表示する

続いて画像を表示する為のタグです。
画像を表示するにはimgタグを使います。

タグの書き方は<img src="”表示したい画像のURL”" />というような記述をします。

写真や図、イラストなど様々な画像を表示する事が可能です。
テキストだけのホームページは殺風景で読みづらいですよね。
画像を効果的に使って見やすく、わかりやすいホームページを作りましょう。

見出し

見出しも重要なタグの一つです。
見出しにはh1〜h6まであります。数値が小さほど重要な見出しという意味になります。
うまく使って読みやすい文章を書きましょう。

また、見出しは検索エンジンに評価がされやすい箇所でもあります。
見出しの中に狙いたいキーワードを含めることで検索エンジンからの評価を得られ、上位表示されやすくなりますので試してみてください。

ホームページの作成ソフト

エディタ

HTMLを記述してホームページを作るにはエディタが必要です。
もちろん、メモ帳などの簡易的なエディタでも拡張子を.htmlに変えて保存するだけでもホームページを作ることができます。

しかし、メモ帳だと表示が分かりづらく自動補完機能などもありませんので、あまり初心者向けとは言えません。

そこでHTMLなどのマークアップに特化しているエディタを使ってホームページを作るのが一般的です。

それでは有名なエディタを紹介していきますので参考にしてください。

ホームページ・ビルダー21

ホームページ・ビルダー21は初心者向けのホームページ作成ツールです。
エディタ機能だけでなく誰でも簡単にホームページが作れるようにテンプレートも用意してあります。

価格は1万〜2万程度ですが、初心者向けの機能が充実しており最初に使うエディタツールとしてはちょうどよいのではないでしょうか。

ホームページ・ビルダー21

DreamWeaber CC

続いて紹介するのはDreamWeaber CCです。
実際にDreamWeaberを使っている制作会社も多く、初心者というよりは中級者以上の人が対象のツールと言えるでしょう。

月額2,480円で利用する事ができますのでホームページ・ビルダーでは物足りなくなった人におすすめです。
HTMLやCSSなどの補完機能やビジュアルを表示しながらマークアップができますので便利です。

DreamWeaber CC

FTPソフト

ホームページのマークアップが完了したらサーバーにアップロードしましょう。
ファイルのアップロードにはFTPソフトを使います。

シンプルな操作で簡単にアップローできる初心者向けのソフトを紹介していきますので参考にしてください。
また、サーバーは別途契約する必要がありますのでアップロードの前に準備しておきましょう。

FFFTP

FFFTPはWindwos専用のFTPソフトです。
古くからある国産のFTPソフトで非常に人気があります。

簡単な操作でファイルをアップロードできる便利なソフトですがセキュリテイ面で不安が残ります。個人の趣味レベルでホームページを作る分には良いですが、企業で使う場合はセキュリテイ対策をしっかりとしておきましょう。

FFFTP

Cyberduck

CyberduckはWindows・Macのどちらでも使えるFTPソフトです。
海外のソフトでホームページが英語になっていますのが、日本語対応していますので安心です。
FFFTPと同様に簡単な操作でファイルをアップロードできますので初心者向けのFTPツールと言えるでしょう。

Cyberduck

HTMLの勉強方法

ホームページを作る為のソフトが準備できたらHTMLやCSSなどの勉強をしましょう。
初心者が1から独学でマスターするのはハードルが高いかもしれませんが、コツコツと少しずつ勉強すれば不可能ではありません。

これから紹介するサービスを利用して少しずつ覚えていきましょう。

1時間で作るホームページ

HTMLを1から覚えるなら「1時間で作るホームページ」がおすすめです。
タイトルの通り1時間でホームページを作れるように紹介しています。

ホームページ作成の基礎を覚えるのであればちょうどよいサイトですので一度目を通しておきましょう。

コミカルなキャラクターが説明してくれるので読みやすく初心者向きです。

1時間で作るホームページ

ドットインストール

続いて紹介するのはドットインストールというサイトです。
ドットインストールは動画でHTMLを教えてくれるサイトで、実演しながらわかりやすく説明してくれるので頭に入りやすくおすすめです。

一時停止したりして動画と同じ事をしていればホームページが作れるようになっています。
見るだけでなく是非自分でも手を動かして覚えましょう。

ドットインストール

Progate

HTMLをゲーム感覚で覚えたいのであれば「Progate」がおすすめです。
実際に考えながらタグを入力していく必要がありますので、HTMLを一通り勉強して身についたと思ったら試してみると良いでしょう。

もちろん、わからないところは補足してくれたりヒントを表示してくれるので初心者でも楽しめる内容になっています。

Progate

もしhtmlが難しいと感じたら

ホームページを作るためにはHTMLやCSSなどを始めとした様々な知識が必要になります。
しかし、HTMLやCSSなどを覚えるにはある程度時間がかかりますし、根気が必要になります。
向き不向きもあるでしょう。

そんな時は無理をしてHTMLやCSSを覚える必要はありません。
ホームページ作成ツールを使えば簡単にホームページを作ることができます。

ホームページ作成ツールとは

ホームページ作成ツールは予め用意されたテンプレートにテキストと写真を入れるだけで簡単にホームページを作る事ができるツールです。

海外製のツールが多いですが、初心者には国産のホームページ作成ツールが安心でしょう。

ペライチが初心者向けでおすすめ

ペライチは名前の通り1枚もののホームページ(ランディングページ)を作ることができるサービスです。
ブラウザ上で操作する事ができますのでソフトのインストールも必要ありません。

また、国産のサービスですのでサポート体制が充実しているのもポイントです。
もしHTMLやCSSのマークアップが苦手なのであればペライチがおすすめです。

ペライチ公式サイト

まとめ

ホームページの作成はパソコン1台あれば誰でもチャレンジする事ができます。
しかし、HTMLやCSSなどの専門知識が必要になりますので初心者が1から覚えるにはそれなりに努力が必要になります。
今回紹介した勉強方法を取り入れてできるだけ効率よく学んでいきましょう。

もしホームページを作るのが難しいと感じたらペライチなどのホームページ作成ツールを利用してみてはどうでしょうか?

おすすめの記事