みなさんはホームページ作成費用の相場をご存知ですか?

ホームページは作成方法によって料金が大幅に異なります。そこで今回は、作成方法別の料金やメリット・デメリットをご紹介します。

またオススメの無料ホームページ作成ツールや、ホームページ作成の依頼先の決め方についてもご紹介していくので合わせて参考にしてください!

ホームページ作成費用の相場と料金表

ホームぺージ制作
ホームぺージを作成する際、費用がどれくらいかかるか知っていますか?

ホームページの作成方法は大きく分けて、外注するか、自分で作成するかの2つです。

この2つの方法のどちらを選択するかによって作成費用は大きく異なります。

外注する場合

制作会社

ホームぺージ制作会社とは、ホームぺージの構成から運営・管理・更新などを代行しておこなってくれる会社のことです。

制作会社ごとに料金は異なりますが、初期費用や月額費(更新・サーバーなどの費用)など様々な費用がかかります。また、ページの数や画像制作(バナーやロゴなど)、SEOなどオプションを付けるごとに数万、数十万単位で増えていきます。

■制作会社に依頼する場合の相場
初期費用 20万~50万円前後
月額費用 3万~5万円前後

クラウドソーシングサービス

「クラウドワークス」や「ランサーズ」など、クラウドソーシングサービスを通してホームページ作成を発注する方法です。

制作会社に依頼する場合と比べて安価で発注をできるのに加えて、ホームページ作成のディレクションのみを頼むなど柔軟に依頼できることが特徴です。

しかし、サーバーやドメインの用意やホームページの運用などについては自分でおこなうか、そちらも依頼しないといけません。

■クラウドソージングサービスで依頼する場合の相場
初期費用 5万~30万円前後
月額費用 別途依頼

自分で制作する場合

ホームページ作成ツール

無料から使うことができる様々なホームページ作成ツールがあります。

ツールごとに異なった特徴があるのですが、どのツールも専門知識を必要とせず簡単にホームページを作ることができます。

また、独自ドメインなど一部のサービスは有料になるものの、サーバーやドメインを自分で用意する必要がないのが魅力です。

■ホームページ作成ツールで制作する場合の相場
初期費用 なし
月額費用 無料〜2,000円前後

【ホームぺージ作成サービス・CMSについて詳しく知りたい方はこちら】
■ ホームぺージ作成サービス18選!初心者も簡単・無料で更新もできる
■ CMSとは?誰でも簡単にホームぺージが作れるCMS16選を比較

 

 CMS

CMSとはWordPressなどのような専門知識がなくてもホームページの作成・更新をすることができるシステムのことです。

操作は直感的で、無料で利用できるホームページのテンプレートや様々なプラグインがあるので自分好みにカスタマイズできます。

しかし、サーバーやドメインの用意は自分でしなければならないことに加えて、導入や細かい管理には専門知識が必要となってくるので「誰でも簡単に使える」とは言えません。

■CMSで制作する場合の相場
初期費用 1,000~5,000円前後
月額費用 1,000~5,000円前後

HTML/CSS

ホームページは基本的に、HTMLとCSSという言語で作られています。

これらの言語を覚えれば、自分の思い通りのデザインにすることができますし、他者とのコミュニケーションコストも発生しません。

しかし初心者がホームページを作れるようになるには、早くても1ヶ月は要するので効率が良いとは言えません。

もちろん、サーバーやドメインの用意やホームページの運用も自分でやることとなります。

■HTML/CSSで制作する場合の相場
初期費用 1,000~5,000円前後
月額費用 1,000~5,000円前後

作成方法別のメリット・デメリット

これまで5つのホームぺージ作成方法をご紹介してきました。
その5つのホームぺージ作成方法ごとのメリット・デメリットを簡潔に説明していきます!
これからホームぺージ作成をされる方は、どれが自分に合っているのか検討してみてくださいね!

 制作会社に依頼する場合

■メリット
・オーダーメイドのため、オリジナルのページが作れる
・デザインやコンテンツが優れたページが作れる
作成を代行してくれるので、ホームぺージ制作に自分の時間を割かなくて済む
・専門知識がなくても大丈夫

■デメリット
・作成費用が高い
・更新の度にコストがかかる
・自分で更新する場合は、専門的知識が必要

【こんな人にオススメ】
・完全オリジナルのホームぺージを作りたい人
・ホームぺージを内製する時間のない人

 

クラウドソージングサービスで依頼する場合

■メリット
・比較的安価でホームページを外注できる
・柔軟な発注をできる
■デメリット
・「納期を守らない」「できると言っていたのにできない」などの問題が起こり得る
・セキュリティ面で不安
・誰も受注しない場合がある
【こんな人にオススメ】
・安く外注したい人
・制作会社だと引き受けてくれないような、部分的な受注をしたい人

ホームページ作成ツールで作成する場合

■メリット
・低コストでホームページが作れる
・いつでも更新できる
・専門知識がなくても大丈夫
■デメリット
・自分で作らなければばならない
・カスタマイズに制限がある
【こんな方にオススメ】
・制作コストを抑えたい人
・お試しでホームページを作りたい人
・すぐにホームページが欲しい人

CMSで作成する場合

■メリット
・複数人で管理できる
・いつでも更新できる
・様々なテンプレートがある
■デメリット
・自分で作らなければばならない
・専門知識が必要になる場合がある
・自分でサーバーやドメインを用意しないといけない
【こんな方にオススメ】
・複数人でホームページを管理したい人
・比較的簡単かつ安価に自分独自のホームページを作りたい人

HTML/CSSで作成する場合

■メリット
・細かい箇所まで思い通りのデザインになる
・いつでも更新できる
■デメリット
・専門知識が必要
・サーバーやドメインを自分で用意しないといけない
【こんな方にオススメ】
・自分独自のホームページを作りたい人
・今後もホームページを作っていきたい人

オススメ!無料でホームぺージが作れるサービス4選

ペライチ

 

【特徴】無料/商用利用◯/独自ドメイン◯/レスポンシブ/シンプル/ネットショップ◯
【URL】 ペライチのサイトはこちら
【参照】 ペライチの使い方・料金プランなどをご紹介!

ペライチは、早く簡単にホームページを作成できるサービスです。文字を入れたり画像を入れたりと、直感的に編集できるので、初心者やすぐにページを公開したい方には特におすすめです。無料プランでも広告表示はありません。

また、「ペライチ決済」という決済機能とECテンプレートもあるので、ネットショップとしても使うことができます。
ペライチ決済の使い方は?誰でも簡単に決済機能を追加できる!

WIX

【特徴】無料/有料プランあり/商用利用◯/独自ドメイン◯/レスポンシブ/ネットショップ作成◯/
【URL】 WIXのサイトはこちら

WIXは、世界中に1.4億人以上のユーザーを有するホームページ作成ツールです。豊富な種類のテンプレートがあり、ネットショップ向けやイベント向け、ブログ向けなど、目的に応じてテンプレートを探すことができます。

無料でも十分おしゃれなホームページを作成できますが、有料プランにすると、独自ドメインに変更したり、広告の表示を消したりとカスタマイズすることができます。

Jimdo

【特徴】無料/有料プランあり/商用利用◯/独自ドメイン◯/レスポンシブ/スマホアプリあり/ネットショップ作成◯
【URL】 Jimdoのサイトはこちら

Jimdoは、ドイツで生まれたホームページ作成サービスです。スマホアプリがあるので、いつでもホームページの更新をすることができる手軽さが魅力です。

Ameba Ownd


【特徴】無料/有料プランあり/商用利用◯/独自ドメイン◯/レスポンシブ/スマホアプリあり/ネットショップ作成◯
【URL】 Ameba Owndのサイトはこちら

アメーバブログやAbemaTVなどを提供している株式会社サイバーエージェントが運営しているホームページ作成ツールです。

他ブログサービスからAmeba Owndへブログの引っ越しが可能であったり、複数のブログを運営できたりと、特にブログ機能が充実しています。

ホームページ作成の依頼先を決めるには

ではホームページ作成を外注するとなった場合には、どのような点を考慮して依頼先を探せば良いのでしょうか。

個人か会社か

ホームページ作成はフリーランスとして個人で請け負っていることも多いです。クラウドソーシングサービスの場合もそうですし、個人事業主として活動してる人もいます。

個人に依頼する場合、よくも悪くも個人の色がでることが多いです。例えばフリーデザイナーの方のポートフォリオを見てホームページ制作を発注した場合、その人の色が好ましい形で表れますが、発注先の調査や打ち合わせを疎かにすると「なんか依頼したのと違うイメージだな」ともなり兼ねません。(もちろん、このリスクは制作会社の場合もあります)

制作会社に依頼する場合は、メリットとして請け負ってきた事例が多いので信頼しやすいことや、大規模な発注でも引き受けてもらいやすいことがある一方で、関わる人数が多くなるので比較的費用が高くなる傾向がありますし、コミュニケーションがうまくいかないことも多いです。

運用や集客

「どこまでを依頼して、どこからを自分で担うのか」を事前に明確にしておきましょう。

運用まで含めて全てを依頼すれば楽ではありますが、写真の差し替えなどのちょっとした改善だけで5,000円ほど請求されることもあります。

また、SEOや広告といった集客についても同様に依頼するのかどうかを決めましょう。もちろんプロに依頼できるなら安心ですが、なかには高額なコンサルティングプランを契約させて実際には何もしてくれない会社もあるので気をつけましょう。

また、集客に関してコンサルティングを頼む場合でも外注先に頼むのか、別途コンサルティング会社に頼むのかの見極めも重要です。

自分に合った方法でホームぺージを作ろう!

予算やホームページに求める役割によって、最適な作成方法というのは異なります。

自社の要望や人や金などのリソースをよく整理した上で、今回ご紹介した作成方法ごとのメリット・デメリットや依頼先を決めるポイントを踏まえ検討してみてください。

【あわせて読みたい!】
ホームぺージ作成サービス18選!初心者も簡単・無料で更新もできる
CMSとは?誰でも簡単にホームぺージが作れるCMS16選を比較

【2019年版】ホームページが簡単に作れるツール7選

ホームページ作成ツールを使えば少ない費用で誰でも簡単にホームページを作ることができます。
おすすめのホームページ作成ツールを紹介していきますので参考にしてください。

おすすめの記事