利用しなきゃ損する!?法人クレジットカードを持つメリットとは!

法人向けクレジットカードをご存知ですか?法人向けクレジットカードとはその名の通り、法人(企業や会社)に向けて作られたクレジットカードのことを言います。個人のクレジットカードでは払えない額の支払いができたり、社員や従業員の経費も一括で管理できることが特徴です。また、近年では法人向けクレジットカードの審査が素早く通ったり、個人事業主の方でも利用できるプランがあったりと、利便化が進んでいます。法人向けクレジットカードを使うことでのメリットは他にも多くあるので、早速ご紹介していきます!

ホームページを最も簡単に作る方法とは?メリットとデメリットも解説 | ホームページ大学

ホームページを最も簡単に作る方法とは?メリットとデメリットも解説

ホームページを作りたい!そうは思っても、作り方を知らない、何から始めればいいのか分からない、簡単に作れる方法はないの?という方もいるのではないでしょうか。そこで今回は様々なホームページ作成方法を比較し、おすすめの作り方に … 続きを読む ホームページを最も簡単に作る方法とは?メリットとデメリットも解説

法人向けクレジットカードの基礎知識


冒頭でも述べた通り、法人向けクレジットカードというのは法人向けに作られたクレジットカードです。法人向けカードは主に大企業で使用され、ビジネス経費とそれ以外のものを区別するために使われます。また、法人カードを扱うカード会社は多くあり、会社によって契約審査の基準やサービス内容も変わってきます。

法人向けクレジットカードを使うメリット

では早速、法人向けクレジットカードを使うことでのメリットを詳しく紹介していきます。

クレジットカードをビジネス利用できる

ご存知ない方もいらっしゃると思いますが、私たちが普段使っている個人クレジットカードはビジネス利用はできません。カード会社の規定などで誤差はあると思いますが、ビジネス利用をすると基本的に規約違反だとみなされます。10万円単位、100万円単位の支払いが続くとビジネス利用と見なされてカードを止められてしまう恐れもあります。

では、会社で経費を払うときはどうしたらいいのでしょうか?

そのときに便利なのが法人向けクレジットカードです。法人向けカードは企業用に作られているため、会社の費用であれば経費の支払いとして認められます。そのため何を購入したとしても誰かに咎められることはありません。

社員用にカードを複数作れば経費の立て替えがスムーズに!

社員用に複数のカードを発行して所持してもらうと、非常に経費管理がスムーズになります。社員にもそれぞれ使用してもらうことで、会社にとって必要な会食費や出費を一元化して管理することができます。また、利用履歴も残るので「領収書を発行して管理する」、その必要が無くなります。

経費用の仕分けレポートをつくってもらえる

経費用の仕分けレポートを作るのって大変ですよね。一部の法人クレジットカードでは仕分けレポートを四半期毎にし提出てくれる企業もあります。法人向けカードはキャッシュレスなため、レポート発行されたものを紙媒体に印刷したら終了です。レポート提出が付帯されているクレジットカードを使っていれば四半期決済もスムーズになります。

ポイントを貯めて恩恵を受けられる

実は、法人向けクレジットカードを使用するとポイントが貯まります。カードは会社の支払いで使用しするため、個人よりも支払額が大きくなり、ポイントもすぐに貯まります。ポイント還元率は1%前後のものが多く、高い還元率を誇るカード会社も多数あります。またポイント以外にも、提携店でのショッピングに対しての割引をする会社もあります。

法人クレジットカードと言えばココ!おすすめ4選!

法人カードについて少しでも理解いただけたでしょうか。では、次に「どの企業がおすすめなのか」「企業ごとにどんな特徴があるのか」について紹介します!

アメリカン・エキスプレス


アメリカン・エキスプレスの詳細はこちら
アメリカン・エキスプレスはサービスが豊富であり、審査も通りやすくなっています。学生や実績が残せていない事業主の方にも作りやすく、初めて法人カードを使う方はアメリカン・エキスプレスを利用することをおすすめしています。アメリカンエキスプレスでは四半期レポートが付随しており、出張手配サービスも充実しています。

三井住友


三井住友カードの詳細はこちら
三井住友カードと言えば国内屈指の大手でもあり信頼度が高いです。また、ウェブ申込をすると年会費が無料になることを始め、他企業に比べても低価格で利用することができます。個人向け用クレジットカードのラインナップが豊富であることはもちろんのこと、法人向けにおいても中小企業用か大規模企業用かを選ぶことが可能です。

JCB


JCBカードの詳細はこちら
JCBカードの国内大手のカード会社であり、既に利用したことがある人は多いかもしれません。JCBカードでは個人事業主用のカードも発行しており、法人カードを小規模から利用する方にもおすすめしています。また、年会費が1250円から利用できるのに加えてキャッシュバック機能が充実しているため、カードの利用回数が多い方は利用してみるといいかもしれません。

オリコ


オリコカードの詳細はこちら
JCB同様、オリコも年会費1250円から利用できることから、業界の中で格安と言われている企業の一つです。オリコには会計ソフト「freee(フリー)」の有料プランが2ヶ月分お得になる特典や、毎月の利用明細書をいち早くwebで確認できる特典などもも付いています「freee(フリー)」を利用している企業はかなりお得ですね。また、オリコカードは他にもサービスが豊富で割引や特典が多い印象があります。

法人クレジットカードについてのよくある質問


ここでは法人向けクレジットカードについてのよくある疑問や質問、そしてそれに対する回答をピックアップしたのでご紹介します。

Q.起業してからどれくらいの期間で申請することができますか?

カード発行の審査基準としては会社経営が黒字であることと、起業してから3年以上の設立年数が経過しているということが1つの目安になります。ただ、審査基準は会社によってまちまちであり、例えばアメックスゴールドのように起業してから1年の企業でもカード発行が承認される場合もあるそうです。

Q.個人事業主でも法人カードを利用できますか?

ずばり、個人事業主でも法人カードは使用できます。近年では個人事業主向け法人カードを発行する会社が増えています。上記で紹介した企業を始め、多くの企業で個人事業者向け法人カードを発行しています。

Q.審査が素早い法人クレジットカードってどこ?

法人クレジットカードといえば、審査期間が長いことが知られていますが、アメリカン・エキスプレスとオリコカードは素早く審査が終わることに定評があります。オリコカードは本人確認書類で申し込めるようになっているため、提出書類を集める時間が短く済みます。また、アメリカン・エキスプレスでは上記でも述べたように、起業してから1年以内で契約できる柔軟な契約体制を取っており、とにかく素早くカードを持ちたい方へおすすめです。

いかがでしたか?

法人クレジットカードって、取っ付きにくいイメージがありますよね。記事を読んでそのイメージを少しでも変えてくださったら嬉しいです!また企業単位で使う場合、法人カードは個人カードを使うよりもずっとお得で便利です。契約審査基準が甘い企業もあるので、迷っている方はぜひ法人カード利用を検討してみてください!

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする