ホームページ制作にかかる費用は会社によって異なりますが、格安ホームページ制作会社に依頼すれば費用を安く抑えられます。さらに、ツールを使って個人でホームページを作成すれば、無料でホームページを公開することもできます。こちらでは、格安でホームページを作成できる制作会社やサービスについてご紹介します。

ホームページ制作を依頼する場合の一般的な相場

ホームページ制作にかかる費用は、作成方法によって異なります。以下の表は、作成方法ごとの費用相場です。

作成方法 初期費用 月額費用(維持費)
ホームページ作成ツール 0円 約500円〜5,000円(有料プランに加入した場合)
HTML・CSS 0円 約1,000円〜(サーバー・ドメイン費など)
CMS 0円 約1,000円〜(サーバー・ドメイン費など)
制作会社に依頼 約20万円〜 約3万円〜(ページ数やホームページの規模による)

最も費用がかかるのは、制作会社に依頼して作成する方法です。ホームページにどのようなコンテンツを掲載するか打ち合わせし、トップページや下層ページなどのデザイン費、ページ制作費などの初期費用として20万円程度かかります。さらに、情報の更新や追加など月々の作業も制作会社に依頼すると月額およそ3万円の更新費が発生します。

ただし、制作会社も多種多様であり、なかには格安で制作する格安ホームページ制作会社もあります。

格安ホームページ作成会社の特徴

格安ホームページ制作会社に依頼すれば、初期費用を20万円よりさらに安く抑えることができます。ただし、格安ホームページ制作会社は安い一方で、カスタマイズの幅が狭いなどのデメリットがあります。

ここからは、格安ホームページ制作会社の料金相場や安い理由、メリットとデメリットについて解説します。

料金相場

格安ホームページ制作会社では、デザイン費やページ制作費などの初期費用としておよそ5万円、月々の更新費は1万円程度が相場と言われています。ホームページ制作会社によっては、3万円以下でホームページ作成を請け負っている会社もあります。

なぜ格安で制作できるのか

格安ホームページ制作会社がこれほどまでに費用を抑えられる理由として、大きく以下の2点が挙げられます。

  1. 作成工程を簡略化している
  2. 販促費を節約している

では、それぞれの理由について詳しくご紹介します。

作成工程を簡略化している

格安でできる理由の1点目は、作成工程の簡略化です。通常、ホームページを作成する場合、ホームページの方向性を打ち合わせし、その方向性に沿ってデザイナーやプログラマーがホームページを作成していきます。

一方、格安ホームページ制作会社では、ホームページの構成やデザインが出来上がっているテンプレートをもとにホームページを作成します。そのため、打ち合わせやデザイナー・プログラマーの作業工程が簡略化されるため、その分人件費や制作費を抑え、安くホームページを提供しているのです。

販促費を節約している

格安でできる理由の2点目は、販促費の節約です。サービスや製品を売るためには、営業活動を行います。しかし、格安ホームページ制作会社では、営業部門を持たない会社が多く、Web広告の集客でサービスを売っています。営業部門を持たないため、その分販促費や人件費が削減でき、ホームページ制作のコストを抑えています。

格安ホームページの制作区分

格安ホームページ制作会社は、テンプレートタイプ、ツールタイプ、格安作成タイプの大きく3つのタイプに分けられます。以下は、それぞれの作成方法と特徴をまとめたものです。

種類 作成方法 特徴 料金
テンプレートタイプ 制作会社が作成したテンプレートを選びホームページを作成する 安いが、オリジナリティを出しにくい 5万円〜
ツールタイプ 制作会社が提供するツールを使って自分でホームページを作成する ある程度自分で作る必要があるため時間がかかる 0円〜
格安作成タイプ 通常の制作会社と比べて費用を安く抑えて代行する サポートが受けられるが、他の作成方法と比べて費用が高くなる 10万円〜

最もホームページ作成費用が安いのは、ツールタイプです。自分で作成する手間がかかりますが、その分費用を安く抑えられます。

格安ホームページ制作のメリット

格安ホームページ制作会社に依頼した場合、以下のようなメリットが得られます。

  1. 納期が早い
  2. 料金を最大限抑えられる

では、それぞれのメリットについて詳しくご紹介します。

納期が早い

メリットの1点目は、納期が早いことです。格安ホームページ制作会社では、すでにテンプレートが出来上がっているため、制作会社との打ち合わせやデザイナー・プログラマーの作業工程が必要なく、早くホームページを作成できます。

さらに、ツールタイプの制作会社の場合、自分で作成から公開まで行うため、最短2日程度で完成します。ツールタイプでも、テンプレートが用意されており、文章作成や画像・動画の挿入などの非常に簡単な作業でホームページを作れます。

料金を最大限抑えられる

メリットの2点目は、料金を最大限抑えられることです。一般的なホームページ制作会社にホームページ作成を全て任せた場合、安くても約20万円、ページ数が多い場合は約100万円ほどの制作費用が発生してしまいます。

格安ホームページ制作会社の場合、人件費や制作費を抑えてホームページを提供しているため、料金も安く5万円程度で作ることが可能です。さらに、自分で作成する余裕がある場合は、ツールを使えば無料でホームページを作成することもできます。

格安ホームページ制作のデメリット

格安ホームページ制作会社は、納期が早く料金を抑えられる一方で、以下のようなデメリットもあります。

  1. オリジナリティを出しづらい
  2. サイトカスタマイズの自由度が低い
  3. 対面での打ち合わせが「ない」または「少ない」
  4. 制作後のサポートが手薄

では、それぞれのデメリットについて詳しくご紹介します。

オリジナリティを出しづらい

デメリットの1点目は、オリジナリティを出しづらいことです。テンプレートをもとに作成する場合、ホームページの構成やデザインはほとんど出来上がっています。同じテンプレートを使っているユーザー同士は、ホームページが似通ってしまい、オリジナリティを出しづらいという難点があります。

サイトカスタマイズの自由度が低い

デメリットの2点目は、カスタマイズの自由度が低いことです。格安ホームページ制作会社ではテンプレートを使う場合が多く、テンプレートの範囲内でしかデザインのカスタマイズができません。おしゃれなデザインにしたいと思っても、格安ホームページ制作会社はカスタマイズできる範囲が限定されています。

ツールタイプの場合、ツールにカスタマイズ機能が搭載されている場合がありますが、その場合はCSSを編集する場合が多く、専門知識が必要となります。

対面での打ち合わせが「ない」または「少ない」

デメリットの3点目は、対面での打ち合わせが「ない」または「少ない」ことです。格安ホームページ制作会社は、費用を削減するために打ち合わせ工程を簡略化しています。その場合、自分の要望を伝えられず、結果満足できないホームページが出来上がる可能性があります。

制作後のサポートが手薄

デメリットの4点目は、制作後のサポートが手薄になることです。通常のホームページ制作会社では、制作後にも要望があればその都度デザインの変更や修正を請け負います。一方、格安ホームページ制作会社では、そもそも制作後のサポートサービスがない場合があります。その場合、追加料金を支払うか自分で修正する手間がかかってしまいます。

5万円以内で制作できる格安ホームページ制作会社

ここからは、5万円以内でホームページを作成できる格安ホームページ制作会社をご紹介します。ホームページ作成代行を格安でしてもらいたい方は、料金の安さだけではなく、サポート体制などサービス内容もきちんと確認しましょう。

3万円台で制作できる格安ホームページ制作会社

まずは、業界の中でも非常に格安な3万円代の格安ホームページ制作会社をご紹介します。

IZUMI IT COMPANY

IZUMI IT COMPANYの公式サイトの画像
IZUMI IT COMPANYは、ホームページ制作・スマホアプリ開発を請け負う格安ホームページ制作会社です。料金は、トップページが3万円〜、下層ページが5,000円〜です。ホームページのカスタマイズも依頼可能で、料金はおよそ3万円となっています。さらに、WordPressの構築も請け負っているため、自分でホームページの編集や更新が可能です。(*1)

(*1:WordPressとはホームページ作成・編集ができるツールで、CMSとも呼ばれます。WordPressには使用料や維持費は発生しません。)

IZUMI IT COMPANY

Monoledge

Monoledgeの公式サイトの画像
Monoledge(モノレッジ)は、中小企業や大学のホームページを中心に作成している格安ホームページ制作会社です。料金は、1〜7ページあたり37,000円です。会社のホームページの場合、料金内で以下のようなページが作成できます。

  • トップページ
  • ごあいさつ
  • メニュー・料金
  • 口コミや喜びの声
  • 会社情報・アクセス情報
  • よくある質問
  • 問い合わせページ

非常に格安でホームページ制作を請け負っていますが、37,000円の料金は毎月人数限定のプランのためご注意ください。

Monoledge

pokkiry

pokkiryの公式サイトの画像
pokkiry(ポッキリー)は、テンプレートタイプの格安ホームページ制作会社です。料金は、1ページ1万円で、更新やサポート、サーバーなどの保守管理費用として月額3,000円が発生します。ページ数がそれほど必要ないホームページであれば、1万円と非常に安く抑えることができます。ホームページの更新を依頼することができますが、月1回(1回あたり文章変更2ヶ所・画像変更2ヶ所)のみとなっています。

pokkiry

ホームページ制作屋さんプラス(プラスS)

ホームページ制作屋さんの公式サイトの画像
ホームページ制作屋さんプラス(プラスS)は、CMS自動更新システムが備わったホームページを作成してくれる制作会社です。料金は、初期費用が3万円〜、月額費用が1,000円〜と非常に格安です。5ページを作成してもらえ、追加料金なしで問い合わせフォームやサイト内検索機能、Googleマップの埋め込み機能が利用できます。

ホームページ制作屋さんプラス(プラスS)

その他の格安ホームページ制作会社

3万円代で作成できる4つの格安ホームページ制作会社をご紹介しましたが、そのほかにも安くホームページを作成してくれる制作会社は数多くあります。ここからは、そのほかのおすすめ格安ホームページ制作会社をご紹介します。

あきばれホームページ

あきばれホームページの公式サイトの画像
あきばれホームページは、制作実績9,000社を超える格安ホームページ制作会社です。料金は、初めてパックが49,800円で、全14ページ分のホームページを作成します。さらに、料金にはSEOの設定や5ページ分の文章作成、トップページのメイン画像作成も行ってくれるお得なパックです。維持費として月額4,900円が発生しますが、電話での相談やコンサルティング指導が受けられます。

あきばれホームページ

ホームページシード

ホームページシードの公式サイトの画像
ホームページシードは、制作実績7万社という大手格安ホームページ制作会社です。料金は、初期費用が5万円、月額費用が4,000円です。5ページを作成してもらえ、レスポンシブデザインに対応したホームページを作ってもらえます。(*1)最短2週間と納期が早いことも特徴です。ただし、ホームページ作成後には修正が受けられないので注意してください。

(*1:レスポンシブデザインとは、デバイスによって表示画面のサイズが自動で変更されるデザインです。)

ホームページシード

CHACO-WEB.com

CHACO-WEB.comの公式サイトの画像
CHACO-WEB.comは、自分でホームページの修正・更新を行う格安ホームページ制作会社です。料金は、5ページで初期費用が48,000円です。ホームページには、編集機能が備わっているため自分で更新ができ、月々の更新料や維持費は発生しません。更新は、スマホからもできるため、場所を問わずいつでも簡単にホームページを更新できます。

CHACO-WEB.com

PandADESIGN

PandADESIGNの公式サイトの画像
PandADESIGNは、ホームページ制作、パンフレット・名刺印刷などを請け負う格安ホームページ制作会社です。料金は、初期費用が5万円〜、月額費用が7,000円です。PandADESIGNは、サポートサービスが手厚く、変更や修正作業の他に、万が一ホームページが閲覧できなくなった場合にもすぐに対応してもらえます。

PandADESIGN

その他の格安サービス

ここからは、ツールタイプの格安ホームページ制作会社をご紹介します。個人で作成・更新する手間がありますが、その分費用を安く抑えることができます。

ペライチ

ペライチの公式サイトの画像
ペライチは、初心者向けのホームページ作成ツールを提供する格安ホームページ制作会社です。テンプレートを選び、文章作成や画像挿入と、非常に簡単な操作のみでホームページを作成できます。公開ボタンを押すだけで、ホームページが表示されるため、作成から公開まで簡単かつスピーディです。無料で作れますが、月額980円を支払えばSNSに連携したり、独自ドメインを取得できたりします。上述の格安ホームページ制作会社に比べて、初期費用も月額費用も安く抑えられ、誰でも簡単にホームページを作成できます。

ペライチ

Wix

Wixの公式サイトの画像
Wixは、海外の格安ホームページ制作会社です。初心者向けのため、ドラッグ・ドロップの操作だけで、簡単にホームページを作れます。無料でツールを使えますが、月額500〜2,500円の有料プランも用意されています。さらに、Wixは、写真素材や動画素材が豊富に用意されているのも特徴です。無料で2万点以上の写真・動画素材を使えるため、アレンジの幅が広く、デザイン性の高いホームページが作成できます。

Wix

Jimdo

Jimdoの公式サイトの画像
Jimdoも海外の格安ホームページ制作会社です。料金は無料、もしくは月額965円〜2,460円の有料プランの2種類あります。Jimdoの特徴は、AIを使った自動ホームページ制作サービスが利用できることです。「ジンドゥーAIビルダー」は、いくつかの質問に答えるだけで、AIが自動でホームページを作成してくれます。さらに、作成時間はたった3分と、非常にスピーディーにホームページを作り上げます。

Jimdo

レンタルホームページ

レンタルホームページの公式サイトの画像
レンタルホームページは、無料でホームページを作成する格安ホームページ制作会社です。初期費用は0円で、月額維持費は1,980円〜です。ホームページはWordPressで編集できる状態で受け渡されるため、自分で編集や修正ができます。また、月1回までの修正・更新であればレンタルホームページが行ってくれます。上記3つの格安ホームページ制作会社と異なり月額費用が必ずかかってしまいますが、最初のホームページ作りをプロに任せられるのがメリットです。

レンタルホームページ

料金だけでなく目的に応じた制作会社・サービスを選びましょう

格安ホームページ制作会社についてご紹介しました。格安ホームページ制作会社は、ホームページの構成やデザインがテンプレート化されているため、打ち合わせの手間や人件費が削減され、安くホームページを作ることができます。もし、安くホームページを作りたいのであれば、格安ホームページ制作会社で一度見積もりや問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。なお、もっと安く作りたい方やある程度ホームページ作成に時間を割くことができる方は、ツールタイプの格安ホームページ制作会社もおすすめです。専門知識が不要でホームページを作ることができ、費用も安く抑えることができます。

ただし、格安ホームページ制作会社は、サポートサービスが手薄、カスタマイズの幅が狭いなどのデメリットもあります。料金だけで決めるのではなく、目的やサービス内容に応じた格安ホームページ制作会社を選ぶようにしましょう。

おすすめの記事