無料で利用できるホームページ作成ソフト・ホームページ作成ツールを初心者向け、会社ホームページ、ネットショップ、ブログ・オウンドメディアごとにご紹介します。ホームページ作成ソフトを使えば、初心者でも簡単かつ無料でホームページを作成できます。その一方で、ホームページに広告が表示されたり、独自ドメインが使えないといったデメリットもあります。無料ホームページ作成ソフトを利用する場合は、デメリットやリスクについても把握しておきましょう。

ホームページ作成ソフトが無料で使えるのはなぜ?

ホームページ作成ソフトやツールを無料で利用できるのは、運営会社が広告費と有料ユーザーから収入を得ているからです。ホームページ作成ソフトを使って作成したホームページには、広告が掲載されます。運営会社は、掲載した広告主から広告費を徴収し、売上としています。つまり、無料ソフトやツールを使えば、あなたのホームページに自動で広告が掲載されます。

また、ホームページ作成ソフトは、有料プランを用意し、一部の有料ユーザーに課金してもらうことで収入を得ています。ソフトによっては有料プランに加入すると、広告を非表示にすることが可能です。この広告費と有料ユーザーからの収入で、運営会社は無料ユーザーを賄っているため、無料でホームページ作成ソフトが利用できます。

簡単に無料でホームページ作成ができるおすすめソフト・ホームページ作成ツール

ここからは、無料のホームページ作成ソフトとホームページ作成ツールをご紹介します。ホームページ作成ソフトは、初心者向けや会社ホームページ、ネットショップなど、種類は多岐にわたります。こちらでは、ホームページの目的ごとに厳選したソフトをご紹介します。

特におすすめのホームページ作成ツール

まずは、初心者でも簡単にホームページが作成できるホームページ作成ツールをご紹介します。ホームページ作成ツールは、操作が簡単で、テンプレートが用意されているため、初心者におすすめです。こちらでは、厳選した3つのホームページ作成ツールをご紹介します。なお、プランの価格やテンプレート数は、2019年11月現在のものです。

ペライチ

ペライチの公式サイトの画像
ペライチは、専門知識が一切不要で、誰でも簡単にホームページを作成できるホームページ作成ツールです。作り方は、飲食店やサロンなど、ホームページのテーマに合わせたテンプレートを選び、指定の場所にテキストや写真を掲載するだけです。HTMLやCSSなどは一切使用せず、自由にホームページを編集・公開できます。

料金は、無料のスタートプランから月額2,980円のビジネスプランまであり、プランによって公開できるページ数やフォームの設置などの機能が異なります。個人のホームページからイベント用のサイトなど、幅広く活用できます。

ペライチ

Wix

Wixの公式サイトの画像
Wixは、世界で1億人を超えるユーザーが使用する海外のホームページ作成ツールです。Wixも初心者向けのツールで、ドラッグやドロップなどの直感的な操作だけでホームページが作成できます。特徴は、豊富なテンプレートが用意されていることです。Wixには、500種類以上のテンプレートから選ぶことができ、スタイリッシュなデザインが揃っています。

さらに、無料写真や動画素材も提供されていて、素材のカラーやデザインを編集することも可能です。ホームページのデザインにこだわりたい方は、テンプレートや写真素材が豊富に揃ったWixがおすすめです。

Wix

Jimdo

Jimdoの公式サイトの画像
Jimdoは、Wixと同様に、海外のホームページ作成ツールです。特徴は、スマホからもホームページを作成・編集できることです。Jimdoは、AppleとAndroidの両方のスマホアプリを配信しており、アプリ上で文章作成や画像変更ができます。

さらに、Jimdoではホームページのアクセス解析も行っています。アクセス解析では、ホームページの訪問数や人気ページが把握でき、分析結果をスマホからでもチェックできます。スマホを使って、隙間時間にホームページを作成したい方は、Jimdoが役立ちます。

Jimdo

会社のホームページを作るのにおすすめの無料ソフト

次に、会社のホームページ作成におすすめの無料ソフトをご紹介します。上述した3種類のホームページ作成ツールは、デザインや機能が限定されています。個人のホームページと異なり、会社のホームページではフォームの設置やSNSの連携など、多くの機能が必要になります。さらに、会社のブランドを認知してもらうために、デザインにもこだわる必要があるため、ホームページ作成ソフトがおすすめです。ホームページ作成ソフトとして、ホームページビルダーが有名ですが、こちらではその他にもおすすめなホームページ作成ソフトをご紹介します。

WordPress

WordPressの公式サイトの画像
WordPressは、オープンソースのホームページ作成ソフトウェアです。商用や非商用を問わず無料で利用でき、維持費もかかりません。特徴は、自由度が高く、自在にホームページをカスタマイズできることです。ホームページ作成ソフトのなかには、決まったテンプレートが用意されていて、そのテンプレート内で文章作成や画像掲載する必要があります。一方、WordPressは、デザインやボタンの位置などをすべてカスタマイズでき、ホームページを1から作成できます。

ただし、カスタマイズするためには、HTMLやCSSなどを編集するため知識が必要です。

WordPress

Weebly

Weeblyの公式サイトの画像
Weeblyは、初心者からプロまで利用しているホームページ作成ソフトウェアです。Weeblyでは、知識がなくても、テンプレートを使い、ドラッグ・ドロップのみでホームページを作成できます。一方で、HTMLやCSSでの編集もできるため、より高度にカスタマイズすることも可能です。無料プランと有料プランがあり、有料プランに加入すれば、広告の非表示やネットショッピング機能など、さまざまな機能を利用できます。

ただし、Weeblyは海外のホームページ作成ソフトであり、日本語でのサポートサービスがありません。ソフト内でも、一部日本語非対応になっている場合があるため、完全日本語対応を利用したい方には注意が必要です。

Weebly

Webnode

ウェブノードの公式サイトの画像
Webnodeは、海外のホームページ作成ソフトウェアです。日本語に対応しており、有料プランに加入すれば、外国語のホームページを作成することも可能です。HTMLやCSSの知識は不要で、ECサイトやブログ、ポートフォリオなど、幅広いテンプレートから独自にカスタマイズできます。

特徴は、サポートサービスが充実していることです。Webnodeでは、ホームページのアクセス解析やGoogleアナリティクスとの連携で、ホームページへのアクセス数アップをサポートします。さらに、有料ユーザーには、トラブルの際に優先的にサポートが受けられるようになっています。

Webnode

Microsoft Expression Web 4

Microsoft Expression Web 4の公式サイトの画像
Microsoft Expression Web 4は、Microsoftが提供するホームページ作成ソフトウェアです。開発が終了したことにより、2012年からは無料で利用できるようになりました。Microsoft Expression Web 4は、HTMLやCSSを使って作成します。

特徴は、編集のしやすさです。Microsoft Expression Web 4は、プレビューを見ながらHTMLやCSSを編集やHTMLの文法チェック機能が備わっているため、プログラミング初心者でもスムーズにホームページを編集できます。JavaScriptやPHPにも対応しているため、より高度なホームページを作成できます。

Microsoft Expression Web 4

ブログやオウンドメディアにおすすめの無料ソフト

最後に、ブログやオウンドメディアにおすすめの無料ソフトウェアをご紹介します。

Ameba Ownd

Ameba Owndの公式サイトの画像
Ameba Owndは、サイバーエージェントが提供するホームページ作成ソフトウェアです。アメーバブログよりもスタイリッシュなデザインで、ホームページも作成できます。

Ameba Owndはスマホアプリも配信しているため、いつでも気軽にブログやホームページを更新できます。さらに、SNS連携も可能なため、ブログにInstagramやTwitterの投稿を表示することも可能です。なお、Ameba Owndは他のソフトウェアと比べてテンプレート数が少ないため、よりオリジナリティーを高めたい方はCSSを編集する必要があります。

Ameba Ownd

Blogger

Bloggerの公式サイトの画像
Bloggerは、Googleが提供する完全無料の作成ソフトウェアです。無料でありながらも、広告が表示されることがありません。さらに、商用利用が可能なため、アフィリエイトやGoogleアドセンスで収入を得ることも可能です。HTMLやCSSが不要で、簡単に編集・更新ができるのも特徴です。

一方、Bloggerにはテンプレートが少ないのが難点です。他のソフトウェアのようにデザイン性の高いテンプレートが用意されていないため、シンプルなデザインとなります。

Blogger

はてなブログ

はてなブログの公式サイトの画像
はてなブログは、株式会社はてなが提供するソフトウェアです。はてなブログは、無料版とPro版(有料)の2種類あり、Pro版では独自ドメインの取得や広告の非表示ができます。

特徴は、はてなブックマークと呼ばれる機能です。はてなブックマークとは、お気に入りの記事をオンライン上でブックマークすると、オンラインであればどのパソコンやスマホでも保存した記事を読むことができます。さらに、ブックマークを後悔することで、記事をシェアでき、ブログへの流入が見込めます。

はてなブログ

無料ホームページ作成ソフトの特徴

無料ホームページ作成ソフトは、料金がかからないほかにも、さまざまなメリットがあります。その一方で、デメリットもあります。無料ホームページ作成ソフトを検討している方は、メリットとデメリットを把握した上で利用しましょう。

メリット

無料ホームページ作成ソフトのメリットは、大きく以下の3点が挙げられます。

  1. 公開までのスピードが早い
  2. 操作が簡単
  3. 自分で更新や編集が可能

公開までのスピードが早い

まず、メリットの1点目は、公開までのスピードが早いことです。無料ホームページ作成ソフトは、すでにテンプレートがあるため、テンプレートに文章作成や写真掲載をするだけで、ホームページが完成します。公開もボタン一つでいつでもできるため、作成してから公開までスピーディーです。

操作が簡単

メリットの2点目は、操作が簡単なことです。多くの無料ホームページ作成ソフトは、初心者向けに作られています。そのため、HTMLやCSSなどの専門知識を不要で、直感的な操作で作成が可能です。インターネットが苦手という方は、無料ホームページ作成ソフトが便利です。

自分で更新や編集が可能

メリットの3点目は、自分で更新や編集が可能なことです。ホームページ作成を外注した場合、編集や変更の度に依頼する必要があります。一方、無料ホームページ作成ソフトであれば、自分で更新ができます。さらに、スマホアプリ対応のソフトであれば、スマホからいつでも編集ができます。

デメリット

無料かつ簡単に操作できるホームページ作成ソフトですが、一方で以下のようなデメリットもあります。

  1. 広告が表示される
  2. 独自ドメインが使えない
  3. オリジナリティを出しづらい
  4. サービス終了のリスク

広告が表示される

デメリットの1点目は、広告が表示されることです。上述のように、無料ホームページ作成ソフトが広告収入を得ている場合、ユーザーが作成したホームページには、広告が掲載されます。ソフトによっては広告を掲載しないことも可能ですが、そのためには有料プランに加入する必要があります。

独自ドメインが使えない

デメリットの2点目は、独自ドメインが使えないことです。ドメインとは、「〇〇.com」や「〇〇.jp」など、URLの一部で、無料ホームページ作成ソフトは、利用者に同じドメインを提供しています。

独自ドメインが使えないと、SEOにおいて不利になります。SEOとは検索結果で上位表示するための施策であり、ドメインも上位表示のために重要な要素となります。ソフトによっては独自ドメインが利用できるため、事前にチェックしておきましょう。

オリジナリティを出しづらい

デメリットの3点目は、オリジナリティを出しにくいことです。作成ソフトでは、あらかじめテンプレートが用意されていて、そのテンプレートに沿ってホームページを作成します。そのため、同じテンプレートを使用しているユーザー同士、デザインや見出しの位置が似通ってきます。ソフトによってはデザインをカスタマイズできますが、その際HTMLやCSSなどの専門知識が必要になる場合もあります。

サービス終了のリスク

デメリットの4点目は、サービス終了のリスクです。万が一、無料ホームページ作成ソフトがサービス終了した場合、作成したホームページを利用できなくなる可能性があります。また、利用できる場合であっても、サポートデスクや相談窓口が閉鎖されるため、万が一のトラブルにも対応してもらえなくなります。

無料ホームページ作成ソフトの選び方・注意点

さまざまな無料ホームページ作成ソフトをご紹介しました。どのソフトを利用するか迷われている方に、選び方や注意点をご紹介します。

スマホに対応しているか

まず、無料ホームページ作成ソフトがスマホ対応しているか確認しましょう。ホームページには、パソコンに対応したパソコンサイトとスマホに対応したスマホサイトがあります。スマホ対応していない場合、デザインが崩れたり、文字が小さく表示され、非常に閲覧しにくいサイトになります。

最近では、スマホの普及に伴い、スマホの検索が増加しています。スマホ対応がされておらず、閲覧しにくいホームページは、ユーザーの流出を招きます。さらに、SEO対策においてもスマホ対応は重要な要素の1つです。訪問者にとって見やすく、また上位に表示されやすくするためにも、無料ホームページ作成ソフトがスマホ対応しているかどうか確認しましょう。

セキュリティが万全か

次にセキュリティ対策を確認しましょう。特に、ECサイト・ネットショップを運営する場合は、個人情報を取り扱うために非常に重要です。SSL化や高セキュリティなサーバーなど、無料ホームページ作成ソフトごとのセキュリティ対策をチェックしましょう。また、トラブルの際にのサポートが受けられるかも重要です。

操作性と機能の幅

最後に、操作性と機能について確認しましょう。無料ホームページ作成ソフトごとに、管理画面のデザインや編集・更新のしやすさは異なります。公式サイトや無料お試しなどで、自分にとって使いやすいかどうかを確認し、利用しましょう。また、ソフトによって利用できる機能が異なります。アクセス解析や決済機能、SNS連携など、自分に必要な機能がきちんと搭載されているかもチェックしましょう。

ホームページ作成は無料ソフトで十分

無料のホームページ作成ソフトについてご紹介しました。ホームページは、HTMLやCSSなどの専門知識がなくても、ソフトを使えば簡単に作成できます。ホームページ作成ソフトは無料で利用できるものが数多くあり、無料でありながらも高機能なソフトが揃っています。さらに、ネットショップやオウンドメディアなど、特定のジャンルに特化したホームページ作成ソフトも誕生しています。その中から、自分に最適なソフトを見つけるために、利用する前に操作性や機能、セキュリティなどを必ず確認するようにしましょう。

ペライチ制作代行広告
おすすめの記事