ホームページは、HTMLやCSSのような知識がないと作成できないと考えている方はいらっしゃるのではないでしょうか。実は、必要最低限の知識とホームページ作成ツールを使えば、初心者でもホームページを作成できます。こちらでは、ホームページ作成に必要な基礎知識とホームページ作成方法、無料で使えるホームページ作成ツールをご紹介します。

ホームページ作成の基礎知識

ホームページの作成において、知っておくべき知識があります。ホームページを作成するだけではインターネットに公開されず、多くの人にあなたのホームページを見てもらうためには、サーバーとドメインが必要です。ホームページ作成の前に、サーバーとドメインについて知っておきましょう。

サーバーとは

サーバーとは、ネットデータを格納する場所です。作成したホームページをサーバーに格納し、ユーザーがサーバーにアクセスすることでホームページを見ることができます。つまり、サーバー上にホームページを格納しなければ、あなたのホームページを見てもらうことができません。

サーバーは、自社(自分)で保有する場合とレンタルする場合があります。自社サーバーの場合、安全性が高い一方、費用が高いというデメリットがあります。一方、レンタルサーバーの場合は、外部のサーバーをレンタルするため、自社で維持する必要がなく、費用を安く抑えられます。個人のホームページや中小企業のホームページであれば、レンタルサーバーがおすすめです。

ドメインとは

ドメインとは、サーバー上の住所のようなものです。サーバー上には多くのホームページが格納されています。その中から、あなたのホームページを特定し、検索してもらいやすくするために、ドメインを作成します。「〇〇.com」や「〇〇.jp」などのドメインが広く使用されています。

初心者がホームページを作る方法

サーバーとドメインについて学んだ次は、ホームページ作成についてみていきましょう。ホームページ作成は、自作する場合と制作会社のようなプロに依頼する場合の2通りあります。

自作する場合

ホームページを自作する場合は、ツールを使う方法と自分でホームページを1から作る方法があります。まずは、初心者にもっともおすすめのツールを使った作成方法についてご紹介します。

ホームページ作成ツールを使う

まず、方法の1つめは、ホームページ作成ツールを使う方法です。ホームページ作成ツールは、サイトの基礎がすでに作成され、デザインを自由に選び、ホームページを作成するものです。HTMLやCSSなどの知識がなくても、プロが作成したようなホームページを作ることができます。

ホームページ作成ツールは、有料と無料の2種類あります。ただし、無料のホームページ作成ツールは、機能が制限されている場合があるため、利用する際は事前に確認しましょう。

なお、ホームページ作成にはサーバーが必要とご紹介しましたが、ホームページ作成ツールは、登録すれば同時にサーバー登録も完了するため、サーバーが不要です。

CMSを使う

方法の2つめは、CMSを使う方法です。CMSは、ホームページを作成するためのソフトウェアで、サーバーにダウンロードして使用します。サーバーがセットになっていないため、個別にサーバーを用意する必要があります。ホームページ作成ツールはすでにサーバー上にあり、CMSはソフトウェアをサーバーにインストールして利用するという違いがあります。

CMSは、ホームページ作成ツールと比べて自分で行う作業が少し増えます。たとえば、非常に有名なCMSのWordPressは、サーバーとドメインを取得し、サイトをカスタマイズする際には、専門知識が多少必要になります。一方、ホームページ作成ツールであるペライチは、サーバーを無料で利用でき、テンプレートをもとに簡単な操作でホームページを作成できます。

HTMLやCSSを使う

方法の3つめは、HTMLやCSSを使う方法です。HTMLとは、ホームページを構成するマークアップ言語です。つまり、HTMLという専門の言語をWEBページに打ち込むことで、ホームページが作成されます。CSSはHTMLと組み合わせて使用され、デザインや色などを指定します。

HTMLやCSSは専門の知識が必要であり、1からホームページを作成するため、上級者向けです。ホームページ作成にかける時間がないという方は、あまりおすすめしない方法です。

プロに依頼する場合

プロに依頼する場合、ホームページ制作会社と個人に依頼する方法があります。まず、制作会社に依頼する場合、デザイン費やページ作成費など初期費用として、およそ20〜100万円ほどかかります。また、ホームページの更新も依頼した場合は、維持費として月額約1〜3万円ほど必要です。費用は、制作会社やホームページの規模によって変動します。

一方、個人に依頼した場合は、初期費用が約15万円〜と、作成会社よりも安く抑えられると言われています。ただし、人によってはスキルや実績が低い、サポート体制が不十分などのデメリットもあります。

初心者にはホームページ作成ツールがおすすめ

ホームページを作成する方法をご紹介してきましたが、初心者に最もおすすめな方法はホームページ作成ツールを使う方法です。ホームページ作成ツールを使えば、ホームページ作成の手間が最も少なく、比較的費用を抑えられます。さらに、テンプレートがあるため、プロが作成したようなおしゃれでかっこいいホームページが作れます。

ただし、ホームページ作成ツールを使用する際は、注意も必要です。ここでは、ホームページ作成ツールのメリットとデメリットをご紹介します。

ホームページ作成ツールのメリット

ホームページ作成ツールのメリットは、大きく以下の5点です。

  1. その他の方法よりも操作が簡単
  2. 費用を抑えられる
  3. いつでも修正や更新ができる
  4. セキュリティがしっかりしている
  5. すぐに作成できる

では、それぞれのメリットについて詳しくご紹介します。

その他の方法よりも操作が簡単

メリットの1点目は、簡単に操作ができることです。CMSやHTMLは専門の知識が必要ですが、ホームページ作成ツールはまったくの初心者でも簡単にホームページが作成できます。テンプレートがすでに用意されているため、文章の打ち込みや写真の掲載など、直感的に操作できます。

費用を抑えられる

メリットの2点目は、ホームページ作成の費用を安く抑えられることです。ホームページ作成ツールは、月額500円〜3,000円程度で維持でき、ツールによってはアクセス解析やSNS連携を行ってくれます。プロに依頼した場合、最低でも約15万円程度はかかってしまうため、非常に安くホームページを作成できます。

いつでも修正や更新ができる

メリットの3点目は、いつでも修正や更新ができることです。プロに依頼した場合、修正や変更の際はその都度依頼する必要があります。一方、ホームページ作成ツールは自分で簡単に操作できるため、いつでも修正や変更ができます。ツールによってはスマホからも編集が可能です。

セキュリティがしっかりしている

メリットの4点目は、セキュリティの高さです。ホームページ作成ツールは、サーバーからドメインまでホームページ作成ツールの運営会社で管理しているため、比較的セキュリティがしっかりしていると言われています。ホームページ作成ツールを選ぶ際は、セキュリティの高さを確認するようにしましょう。

すぐに作成できる

メリットの5点目は、スピーディーに作成できることです。自分で1からホームページを作成する場合、サーバーやドメインを取得し、HMTLやCSSでサイトを構築するため、時間と労力がかかります。一方、ホームページ作成ツールの場合は、サーバーやドメインが用意されている場合が多く、デザインのテンプレートが用意されているため、利用者は文章を考えるのみです。さらに、ホームページが完成したら、その場で公開することもできます。

ホームページ作成ツールのデメリット

ホームページ作成ツールは、簡単に操作でき、費用が安い一方でデメリットもあります。デメリットとして、大きく以下の3点が挙げられます。

  1. 他のホームページに似やすい
  2. 機能やデザインに限りがある
  3. 独自ドメインが使えないものがある

では、それぞれのデメリットについて詳しくご紹介します。

他のホームページに似やすい

デメリットの1点目は、他のホームページと類似しやすいことです。ホームページ作成ツールにはデザインのテンプレートが用意されていて、利用者はその中から選んで作成します。そのため、同じホームページ作成ツールの利用者同士でデザインが似てくる可能性があり、他社との差別化が難しいです。

機能やデザインに限りがある

デメリットの2点目は、機能やデザインに限りがあることです。ホームページ作成ツールは初心者向けのツールです。手軽に操作・作成ができるようになっているため、HTMLやCSSのような専門知識が必要な操作や機能が搭載されておらず、本格的なホームページの作成やデザインのカスタマイズができないのが難点です。

独自ドメインが使えないものがある

デメリットの3点目は、独自ドメインが使えないツールがあることです。ホームページ作成ツールを利用した際、ドメインはツールから取得する場合があります。万が一、ツールがサービスが停止、終了をした場合は、そのドメインは使えなくなり、作成したホームページが使えなくなるリスクがあります。

おすすめのホームページ作成ツール

初心者におすすめのホームページ作成ツールをご紹介します。ツールごとに料金やデザイン、機能などが異なるため、検討されている方は、参考にご確認ください。

ペライチ

ペライチの公式サイトの画像
ペライチは、無料で利用できるホームページ作成ツールです。作成方法は簡単で、テンプレートを選び、文章や画像を掲載するだけです。ツールは非常にシンプルなため、HTMLやCSSなどの専門知識はまったく必要なく、直感的な操作で作成できます。

料金は、無料のスタートプラン、月額約980円のライトプラン、月額約1,980円のレギュラープラン、月額約2,980円のビジネスプランの4種類あります。スタートプランの場合、公開ページが1ページ、独自ドメインの取得不可など機能が制限されていますが、すぐに作成・公開できるため、簡単なLPやイベント紹介などに活用できます。ライトプランやレギュラープランに加入すれば独自ドメインが取得でき、さらにビジネスプランに加入すればメルマガ配信や決済機能が利用できます。

ペライチ

Wix

Wixの公式サイトの画像
Wixは、海外のホームページ作成ツールで、日本語のほかに、英語や中国語、ドイツ語など幅広い言語に対応しています。初心者でも簡単にホームページが作成でき、ドラッグ・ドロップでホームページをデザインできます。料金は、月額約416円からと非常にリーズナブルな価格です。さらに、Wixではデザインテンプレートが500種類以上あり、無料の写真素材や動画素材が揃っています。

Wix

Jimdo

Jimdoの公式サイトの画像
Jimdoは、170万人以上が利用するホームページ作成ツールです。特徴は、スマホからでもホームページを作成、修正できることです。Jimdoはスマホのブラウザにも対応しているため、スマホからホームページをいつでも更新できます。さらに、アクセス解析機能も備わっており、スマホとパソコンの両方から解析結果を確認できます。

Jimdo

ホームページ作成ツールを選ぶ際の注意点

便利なホームページ作成ツールですが、選ぶ際には注意が必要です。選ぶ際には、以下の3点を確認するようにしましょう。

スマホ対応しているか

注意点1点目は、スマホに対応しているかどうかです。スマホに対応してない場合、パソコンサイトが表示されますが、その際パソコンに合わせたデザインとなっているため、見えづらくなります。

さらに、Googleでは、MFI(モバイルファーストインデックス)という仕組みがあり、スマホで検索した場合にパソコンサイトよりもスマホサイトを評価・優先する施策を行なっています。つまり、スマホ対応しているサイトは上位表示されやすく、ユーザーの獲得に繋がります。

ユーザーに快適にホームページを閲覧してもらい、上位表示するためにも、ホームページ作成ツールがスマホに対応しているかどうかを確認しましょう。

独自ドメインが使用可能か

注意点2点目は、独自ドメインが使用可能かどうかです。上述のように、ホームページ作成ツールから取得したドメインは、ツールのサービスが終了すると使えず、作成したホームページが閲覧できない状態になります。ホームページ閉鎖のリスクを回避するためにも、独自ドメインが使用可能かどうかを確認しましょう。

FTP接続が可能なサーバーか

注意点3点目は、FTP接続が可能なサーバーかどうかです。FTPとは、インターネットでファイルを送受信する通信方法です。FTP接続が可能であれば、パソコンとサーバーでのダウンロードやアップロード、バックアップがスムーズになります。なお、簡単なホームページやLPを作成するツールは、そもそもファイルのアップロードやダウンロードをすることも少ないため、FTP接続がない場合があります。

ホームページ作成ツール以外ならWordpress

WordPressの公式サイトの画像
ホームページ作成ツールをご紹介しましたが、他にも便利なツールは多数あります。たとえば、WordPressを使えば、一からホームページを作ることができます。ホームページ作成ツールでは、テンプレートが用意されており、そのテンプレートを元にホームページを作成します。WordPressの場合もテンプレートが用意されていますが、テンプレートをカスタマイズし、本格的にホームページを作り込めます。

WordPressは無料でダウンロードでき、維持費も発生しません。ただし、HTMLやCSSなどのプログラミングの知識は必要なため、初心者には難しく感じるかもしれません。

WordPress

ホームページ作成初心者におすすめの本

ホームページをもっとカスタマイズしたい、基礎からホームページを作りたいという方は、本で知識を身につけていきましょう。こちらでは、初心者におすすめの本を4冊ご紹介します。

    • デザインの学校 これからはじめるHTML&CSSの本

プログラミングをまったくわからないという超初心者向けに書かれた本です。HTMLやCSSの意味、書き方の基礎を中心に解説されています。プログラミングの導入本として最適です。

    • 1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

HTMLやCSS、Webデザインまで幅広く学びたい方におすすめです。デザインや写真を豊富に使い、Webデザインについて解説されています。

    • 10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック

Jimdoを使ったホームページ作成の本です。10日間でホームページ作成に必要な知識が身につくように解説されています。付録に、素材サイトや便利ツールが付いてきます。

    • いちばんやさしいWordPressの教本

WordPressの解説書としてロングセラーの1冊です。WordPressを使ったホームページの開設、デザイン、集客方法について初心者向けに、丁寧に解説しています。

初心者はホームページ作成ツールが便利

初心者向けのホームページ作成方法をご紹介しました。ホームページを作成する方法は、主に自分で作る方法とプロに依頼する方法の2通りあります。コストを抑え、スピーディーに作成したい方は自作、クオリティの高いホームページを作成したい方はプロに依頼することをおすすめします。なお、自作する場合、ホームページ作成ツールやHTML・CSSを使うなど、作成する方法はさまざまです。ホームページを作ったことがないという方は、まずはホームページ作成ツールから始め、スキルを身につけた後にHTMLやCSSでカスタマイズしていきましょう。

おすすめの記事