ホームページを作りたいが、何から始めたらいいかわからないという方に、ホームページの仕組みから作り方までわかりやすくご紹介します。ホームページを作るためには、まず必要最低限の知識を身に付ける必要があります。また、ホームページを作る方法は、HTMLやホームページ作成ソフト、外部に依頼などさまざまあります。知識を身に付け、それぞれのホームページ作成方法について知ることで、自分に合った方法でホームページを作成しましょう。また、こちらの記事では無料のホームページ作成ツールもご紹介します。

ホームページを作る前に知っておくべき基礎知識

実際にホームページを作る前に、まずはホームページの基礎知識と仕組みを学んでおきましょう。ホームページの作成に役立つ基礎知識をご紹介します。

サーバーとドメインとは

そもそも、ホームページを作るためにはサーバーとドメインが必要です。サーバーとは、ホームページが閲覧できる場所です。ドメインとは、ホームページを特定する住所のようなもので、「〇〇.com」などが該当します。ホームページを作る前に、まずはサーバーとドメインを用意しなければいけません。

なぜホームページは見られるのか

ホームページが見られるのは、インターネットでユーザーが検索した際、サーバーに格納されているホームページにアクセスするからです。そもそも、サーバーとは、ホームページの情報が格納されている場所であり、インターネットを経由してパソコンからアクセスできます。

サーバーにアクセスすればホームページを見られますが、そこには多くのホームページが格納されています。その中からユーザーが見たいホームページを探し出すために、ドメインが必要になります。ユーザーが「〇〇.com」と入力することで、指定したホームページを見れるようになるのです。

サーバーとドメインの取得方法

サーバーの取得方法は、自分で管理する方法とレンタルする方法の2通りあります。サーバーを自分で取得と管理をする場合、サーバーの管理や維持に費用がかかり、サーバーを管理するサーバー管理者が必要です。一方、サーバーをレンタルする場合、外部が所有・管理しているサーバーをレンタルするため、費用を安く抑えられます。個人でホームページを自作する人のほとんどはサーバーをレンタルし、大企業の場合はサーバーを取得しています。レンタルサーバーは、レンタルサーバー会社と月単位で契約し、取得します。

一方、ドメインは好きなドメインを年単位で契約します。お名前.comやバリュードメインなど、ドメインを販売している会社でドメインを選び、購入します。「.com」「.jp」など人気あるドメインは1,000円程度になりますが、あまり知られていないドメインは50円程度で取得できます。

ホームページを作る意味

ホームページの仕組みについてご紹介しましたが、そもそもなぜホームページを作るのでしょうか。ホームページの役割は、大きく①名刺がわり②成果を得ることの2点が挙げられます。

まず、ホームページは多くの人に自分や会社について知ってもらえる手段です。インターネットを経由して、世界中のユーザーに詳しい料金やサービス内容、コンセプトが伝えられる、いわば名刺がわりとなります。

次に、ホームページは成果を得る役割があります。趣味のホームページやブログであれば、自分を知ってもらうだけでいいかもしれませんが、企業や飲食店であればホームページで宣伝し、売り上げ獲得に繋げられます。ホームページは、多くのユーザーに広め、なおかつ売り上げや集客を得るための手段として、作る意味があります。

ホームページを作る手順

では、実際にホームページを作っていきましょう。ホームページは、以下の手順で作成します。

  1. ホームページの企画
  2. ホームページの構造を決める
  3. ホームページのスペースを確保する
  4. デザインを決めて制作する

では、それぞれの手順について詳しく解説します。

ホームページの企画

まずは、どんなホームページを作るのか企画しましょう。企画の際に重要なことは、目的を決めることです。ホームページの目的がなければ、訪問者にとって必要な情報を提供できません。目的は人それぞれですが、目的を決める時はできるだけ具体的に決めましょう。例えば、「ホームページで売り上げを伸ばす」というのではなく、「おすすめ商品を知ってもらい購入してもらう」や「セミナーに参加してもらう」など、ユーザーにしてもらいたい行動を具体的に考えることが大切です。目的を具体的に決めることで、必要な情報やターゲットが明確になり、訪問者にとって価値のあるホームページを作成できます。

ホームページの構造を決める

次に、ホームページの構造を決めましょう。構造を決める際は、記載する内容を整理し、カテゴリーごとに分けておきます。例えば、飲食店のホームページである場合、サービス内容や店舗情報、問い合わせなどのカテゴリーを作っておき、サービス内容には具体的な料理や料金、写真などの内容を記載すると決めます。このように、カテゴリーごとに内容を整理すれば、ホームページの構造を決めやすくなります。

ホームページのスペースを確保する

構造を決めたら、ホームページのスペースを確保しましょう。ここでのスペースとは、サーバーとドメインです。サーバーとドメインを取得し、ホームページを閲覧してもらえる環境を整えましょう。

デザインを決めて制作する

最後に、デザインを決めて実際にホームページを制作しましょう。ホームページを作る方法としては、以下の5種類の方法があります。

  • HTMLで制作する
  • CMSで制作する
  • ホームページ作成ツールで制作する
  • ホームページ作成ソフトで制作する
  • 制作会社に依頼する

では、それぞれの方法について詳しくご紹介します。

HTMLで制作する

1つ目の方法は、HTMLで作成する方法です。HTMLとは、マークアップ言語であり、ホームページはHTMLで構成されています。簡単に作り方を説明すると、テキストエディタと呼ばれるツールにHTMLで「ここは見出し」「ここは画像」と指示をし、ホームページに反映させます。

HTMLを使うためにはプログラミングを学ぶ必要があり、他の方法に比べて時間と労力がかかります。一方で、HTMLを使えば、ホームページを一から作ることができるため、完全オリジナルのホームページを作成できます。

CMSで制作する

2つ目の方法は、CMSを使って作成する方法です。CMSとは、ホームページを作るためのツールで、代表的なツールとしてWordPressが挙げられます。

CMSでは、まずサーバーを取得し、取得したサーバーにCMSをアップロードすることで作成できます。作成の際は、CMSにすでにHTMLが構築されたホームページのテンプレートがあるため、初心者でも作成できます。CMSでHTMLを使った作成もできるため、テンプレートの編集やホームページを1からデザインすることも可能です。

ホームページ作成ツールで制作する

3つ目の方法は、ホームページ作成ツールで作成する方法です。ホームページ作成ツールは、サーバーと場合によってはドメインがセットで提供されているため、自分で用意する必要がありません。

作成方法は、CMSよりもさらに初心者向けで、テンプレートを元にドラッグやドロップなど直感的な操作だけでホームページが完成します。HTMLの知識は一切必要ありません。

ホームページ作成ソフトで制作する

4つ目の方法は、ホームページ作成ソフトで作る方法です。CMSやホームページ作成ツールは、クラウド上でホームページを作成しますが、ホームページ作成ソフトは、パソコンにインストールし、ローカル環境で使用します。HTMLや専門知識は必要なく、初心者でも作成できます。ただし、ソフトを購入して作成するため、最新バージョンが登場した場合は買い直す必要があります。

制作会社に依頼する

5つ目の方法は、ホームページ制作会社に依頼する方法です。ホームページ制作会社にもさまざまな種類があり、ホームページの作成から更新まですべて行う会社とホームページを作成し、制作後は依頼者が自ら管理する会社があります。ホームページ制作会社に依頼すれば、プロが作成するため、クオリティの高いホームページが完成します。なお、外部に依頼する方法として、フリーランスや個人に依頼する方法もありますが、その場合ホームページのクオリティは個人のスキルに依存するため、満足のいかないホームページが出来上がる可能性があります。

ホームページ作成にかかる費用

ホームページ作成にかかる費用は、作り方によって異なります。HTMLの場合、テキストエディタなどのツールの費用はかからず、サーバーとドメインの費用だけで済みます。CMSの場合も無料のツールが揃っているため、サーバーとドメインの費用のみです。

一方、ホームページ作成ツールは月額料金が発生します。ツールによって料金は異なりますが、平均して月額約500〜3,000円程度かかります。なかには無料でホームページを作成できるツールもありますが、ページ数やデザインが限定されています。ホームページ作成ソフトは、ソフト購入費とサーバー、ドメインの費用が必要です。ソフトの料金は約1万円程度です。

そして、もっとも費用が高いのは、制作会社に依頼した場合です。ホームページを作成する際、初期費用として約20〜100万円がかかり、その後維持費として約3万円ほどかかります。以下の表で、それぞれのホームページ作成にかかる費用をまとめています。

作成方法 初期費用 月額費用(維持費)
ホームページ作成ツール 0円 約500円〜5,000円(有料プランに加入した場合)
HTML・CSS 0円 約1,000円〜(サーバー・ドメイン費など)
CMS 0円 約1,000円〜(サーバー・ドメイン費など)
制作会社に依頼 約20万円〜 約3万円〜(ページ数やホームページの規模による)

なお、料金は変動する可能性があるため、あくまでも目安としてご確認ください。

ホームページを個人で作る際におすすめの方法

ホームページを作る方法はさまざまありますが、個人でホームページを作る場合はCMSやホームページ作成ツールが便利です。初心者でも操作でき、デザインも用意されているため、おしゃれなホームページを作ることができます。ここからは、目的別におすすめのCMSやホームページ作成ツールをご紹介します。

なお、以下の記事でも個人でホームページを作る方法をまとめていますので、ぜひご覧ください。

個人でホームページを作成するには。ツール・HTML・CMSなどの方法を解説

安く簡単にホームページを作りたい場合

安く簡単にホームページを作りたい場合は、ペライチ、Wix、Jimdoがおすすめです。これらのツールを使えば、ホームページの基礎知識や仕組みがわからない初心者でもホームページを作ることができます。さらに、ペライチ、Wix、Jimdoでは、無料プランが用意されているため、お試し利用ができるのも魅力です。

ペライチ

ペライチの公式サイトの画像
ペライチは、「誰でも簡単に作れる」をコンセプトとし、その通り初心者でもすぐにホームページを作れます。ペライチには、すでにホームページのテンプレートが完成しており、そのテンプレートの指示にしたがって文章を入力したり画像を挿入します。操作もドラッグや文字入力さえできれば大丈夫です。

ペライチの料金は、無料プランと有料プランの2種類あります。無料プランの場合、公開ページが1枚のため、LPやイベント用のホームページとして活用できます。もし、問い合わせフォームやSNSと連携したい場合は、月額980円を支払えば、多くの機能を使えるようになります。

ペライチ

Wix

Wixの公式サイトの画像
Wixは、海外発のホームページ作成ツールです。日本語に対応しているため、ホームページ作成で支障はありません。ペライチと同様に、Wixもテンプレートに従ってホームページを作成するため、HTMLは全く必要ありません。テンプレートの数は500種類以上と、ホームページ作成ツールの中でも群を抜いてます。さらに、Wixでは無料の写真素材や動画素材も提供しているため、デザイン性の高いホームページが仕上がります。

Wixの料金は、無料プランと有料プランがあります。中でも、月額2,500円のVIPプランに加入すれば、ツール内でロゴの作成ができるようになるのが特徴です。

Wix

Jimdo

Jimdoの公式サイトの画像
JimdoもWixと同様に海外のホームページ作成ツールですが、日本語に対応しています。Jimdoは、パソコンだけでなくスマホからも編集できるのが特徴です。スマホでホームページの文章の変更や画像の挿入ができ、iPhoneとAndroidの両方に対応しています。また、Jimdoには、クーポンの発行や決済機能などのネットショップに必要な機能が備わっています。

Jimdoの料金は、無料プランと有料プランの2種類です。Jimdoの有料プランに加入すれば、デザインや機能のバリエーションが増える他に、SEO対策やアクセス解析も行ってくれます。

Jimdo

ブログやWEBサイトを作りたい場合

ブログやWEBサイトを作りたい方は、WordPress、はてなブログ、Ameba Owndがおすすめです。特に、はてなブログやAmaba Owndにはブログ運営に便利な機能が備わっています。ここでご紹介するツールも、基本無料で利用できます。

WordPress

WordPressの公式サイトの画像
WordPressは、CMSの中で非常に人気のあるツールです。WordPressは、ペライチやWixのようにテンプレートを使うこともできれば、HTMLを編集してホームページを作ることができます。ただし、テンプレートをカスタマイズしたい時や機能を追加したい時には、専門知識が必要になります。

WordPressは完全無料で、ダウンロード後にも更新費などの費用は発生しません。ただし、サーバーとドメインは各自で取得しなければいけません。

WordPress

はてなブログ

はてなブログの公式サイトの画像
はてなブログは、株式会社はてなが提供するブログサービスです。ブログに特化したサービスですが、企業向けのはてなブログMediaプランがあるため、会社のホームページとしても活用できます。はてなブログもHTMLが不要のため、初心者におすすめです。ただし、テンプレート数が20種類以下と、ペライチやWordPressと比べてデザインのバリエーションが少ないのが難点です。

はてなブログの料金は、無料プランと有料プランの2種類あり、有料では独自ドメインの取得や広告の非表示ができます。

はてなブログ

Ameba Ownd

Ameba Owndの公式サイトの画像
Ameba Owndは、サイバーエージェントが開発するCMSです。Ameba Owndは、テンプレートが豊富にあり、ホームページ、ブログ、メディアなどさまざまなWEBサイトを作成できます。機能の1つであるブログ機能では、日記投稿やSNS連携、さらには関連記事やフォロー導線を設置するブログ記事カスタマイズが可能です。

Ameba Owndの料金は、無料プランと有料プランの2種類用意されています。無料プランでは、独自ドメイン設定やEC機能設定、アクセス解析、CSSカスタマイズなど幅広い機能が利用可能です。

Ameba Ownd

ネットショップを作りたい場合

ネットショップを作りたい方は、BASE、STORES.jpがおすすめです。BASEやSTORE.jpは、ネットショップに特化したデザインや機能を利用でき、無料でネットショップを開設できます。

BASE

BASEの公式サイトの画像
BASEは、ネットショップ専門のツールです。ネットショップに特化したテンプレートが用意されており、カスタマイズしたい場合はHTMLで編集することもできます。BASEでは、クレジットカード決済、コンビニ決済、銀行振込決済、後払い決済、キャリア決済の5つの支払方法を利用できます。

BASEは、ツールの利用料金や月額維持費はかかりませんが、ネットショップの売り上げからサービス利用料が差し引かれます。また、売り上げはBASEから指定口座に振り込んでもらい、振込の際に振込手数料と事務手数料がかかります。

BASE

STORES.jp

STORE.JPの公式サイトの画像
STORES.jpは、毎月1万ショップが開設する人気ツールです。専門知識は一切不要で、パソコンとスマホからネットショップを開設できます。さらに、STORES.jpでは、クレジットカードやコンビニ決済などの決済機能に加えて、納品書PDF出力機能やInstagram画像連携、LINE連携など、効率的にショップ運営ができる機能が数多く備わっています。

STORES.jpは、無料プランと有料プランの2種類あります。有料プランに加入した場合、アクセス解析や独自ドメインの取得が可能です。なお、無料プランであっても、売り上げが発生した場合に、決済手数料が差し引かれます。

STORES.jp

効果が高いホームページを作りたい場合

効果が高いホームページを作りたい場合は、制作会社に依頼する、もしくはフリーランスに依頼する方法がおすすめです。プロが作成するため、クオリティの高いホームページができます。

ただし、制作会社に依頼する場合は費用が高くなります。制作会社によって異なりますが、初期費用で約20万円ほどかかります。フリーランスに依頼する場合も、安くても15万円程度はかかると言われています。また、フリーランスに依頼する場合、個人によってスキルのバラつきがある、納期に遅れる、サポート体制がないなどのデメリットもあります。

ホームページを作る目的を明確にして制作を始めましょう

ホームページを作る方法についてご紹介しました。ホームページを作るには、まずサーバーとドメインを用意する必要があります。ホームページを作成しても、サーバーにアップロードされていなければ誰にも見てもらうことができません。ただし、ホームページ作成ツールを使う場合は、用意する必要がない場合があります。

次に、ホームページを作る目的を明確にしましょう。目的のないホームページは成果が生まれにくなります。何のためにホームページを作るのかを決め、その目的を達成するために必要な情報を掲載しましょう。実際にホームページを作成する際は、HTMLやCMS、ホームページ作成ツールなどさまざまあります。それぞれ、手間や費用、作りやすさが異なるため、まずはそれぞれの方法について調べ、自分にあった方法を見つけましょう。

おすすめの記事