「ホームページを作りたいが、どうすればいいかわからない」と悩んでいる方に、ホームページを自作する3つの方法をご紹介します。HTMLやホームページ作成ツールを使えば、ホームページを自作することができ、制作会社等に依頼するよりも費用を安く抑えられます。一方で、自作すると手間と時間がかかってしまい、知識不足のために満足いかないホームページが出来上がってしまう可能性もあります。そこで、初心者でもおしゃれなホームページを作る方法をご紹介します。

ホームページを自作する3つの方法

ホームページを自分で作る方法は、大きく3通りあります。1つめはCMSを使う方法、2つめはHTMLやCSSを使う方法、3つめはホームページ作成ツールを使う方法です。では、それぞれの方法について詳しくご紹介します。

CMSを使う

CMSとは、ホームページを作成するためのツールです。代表的なCMSであるWordPressは、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。本来、ホームページを作るためには、HTMLやCSSと呼ばれるマークアップ言語を使ってホームページを構築するのですが、CMSでは、すでにHMTLやCSSが構築されたテンプレートを元に文章や見出しの位置を決めたりするだけでホームページを作れます。

なお、CMSはHTMLやCSSの編集機能が搭載されているため、HTMLを使ったホームページを作成することもできます。

HTMLやCSSを使う

上述のようにHMTLやCSSは、ホームページを構築するためのマークアップ言語です。HTMLはホームページの文章や見出しの位置、CSSはカラーやデザインを決める役割があります。HMTLやCSSを使いこなすためには、プログラミングを習得しなければいけないため、ホームページ作成初心者にとってはもっとも難しい方法です。一方、HMTLやCSSを使えば、ホームページの1から作り上げることができるため、完全オリジナルのホームページが作れます。

ホームページ作成ツールを使う

ホームページ作成ツールは、その名の通りホームページを作るためのツールです。CMSと似ていますが、ホームページ作成ツールの方がより手早くホームページを作成できます。

まず、ホームページ作成ツールは、サーバーを取得する必要がありません。サーバーについて詳しく後述しますが、簡単に言うとホームページを格納する場所であり、CMSやHTML・CSSで作成する場合、ホームページを公開する際にサーバーにアップロードする必要があります。サーバーは個人で取得するのですが、ホームページ作成ツールはサーバーとセットで販売され、独自に取得する必要がありません。

さらに、ホームページ作成ツールは、初心者向けのツールのためドラッグ・ドロップだけの簡単な操作でホームページを作れるようになっています。CMSと同様に、構成から文章の位置、デザインが決まっているテンプレートを選び、簡単な指示に従って文章や画像を挿入するだけで完成します。

ホームページ作成ツールは、とにかく簡単かつスピーディーにホームページが作れるため、初心者にもっともおすすめの方法です。

ホームページを自作するのは得策?

ホームページは、ツールやHTMLを使えば自分で作成できます。では、ホームページを自分で作ることでどのようなメリットがあるのでしょうか? また、ホームページを自作するデメリットはあるのでしょうか?

ホームページを自作するメリット

ホームページを自作するメリットは、大きく以下の3点が挙げられます。

  1. 費用を抑えられる
  2. いつでも修正や更新ができる
  3. スキルアップが期待できる

では、それぞれのメリットについて詳しくご紹介します。

費用を抑えられる

メリットの1点目は、費用を抑えられることです。もしホームページを自作せず、制作会社に依頼した場合、ページ数やサイト規模によるものの初期費用として約20〜100万円ほどかかります。さらに、ホームページの更新も依頼した場合には、毎月約3万円前後の維持費が必要です。

一方、ホームページを自作した場合、必要な費用はツールの利用料とサーバー、ドメインなどの維持費です。ツールは、毎月約500〜3,000円程度で、中には無料で利用できるものもあります。サーバーの費用は、月額約500〜2,000円程度、ドメインの費用は年額50〜2,000円程度です。このように、ホームページを外部に依頼するよりも費用を安く抑えられます。

いつでも修正や更新ができる

メリットの2点目は、いつでも修正や更新ができることです。ホームページを外部に依頼した場合、情報の更新や変更の度にホームページ制作会社に依頼する必要があり、変更までに時間がかかる場合があります。一方、ホームページを自作した場合、ツールやHTMLなどを使って自分の好きなタイミングで変更ができるのがメリットです。

スキルアップが期待できる

メリットの3点目は、スキルアップが図れることです。ホームページを制作会社に依頼した場合、プロが作成するため、自分がホームページ作成に関わることはありません。対して、ホームページを自作する場合、ホームページの構成からデザインまで自分1人でする必要があるため、必然的にホームページに関する知識やスキルが身につきます。

ホームページを自作するデメリット

ホームページを自作することで、費用が抑えられ、自由に修正や更新ができますが、以下のようなデメリットもあります。

  1. 手間と時間がかかる
  2. スキルによってはデザインが見劣りする
  3. 他者に似やすい

手間と時間がかかる

デメリットの1点目は、手間と時間がかかることです。ホームページを自分で作るため、必然的にホームページ作成に時間を割かなければいけません。また、HTMLやCSSを使ったり、規模の大きいホームページを作る場合は、さらに手間がかかります。一方、ホームページ制作会社に依頼すれば、ホームページのイメージやページ数など要望を伝えるだけでプロが作成してくれます。

ホームページを自作する場合、費用は抑えられるもののその分手間と時間がかかるのがデメリットです。もし、手間や時間はあまりかけたくないという方は、ある程度骨組みが出来上がっているCMSやホームページ作成ツールを使うことをおすすめします。

スキルによってはデザインが見劣りする

デメリットの2点目は、スキルによってデザインが見劣りすることです。Webデザインについてまったく知識がなければ、プロが作成したホームページとは程遠いものになります。また、HMTLやCSSを使った場合、コードに誤りがあるとデザインが大きく崩れたりする場合があります。なお、CMSやホームページ作成ツールは、デザインまで完成されているため、プロ並みのホームページを作成できます。

他者・他社に似やすい

デメリットの3点目は、他者・他社が作ったホームページと似てくることです。CMSやホームページ作成ツールでは、テンプレートが用意されていて、そのテンプレートに文章や画像を挿入しホームページを完成させます。そのため、同じテンプレートを使ったユーザー同士、ホームページの構成から文章の位置、デザインが似てしまう可能性があります。ツールによっては、カスタマイズすることが可能です。もし、CMSやホームページ作成ツールを使う場合は、テンプレートが豊富に用意されているツールを使うようにしましょう。

代表的なCMS「WordPress」でのホームページ制作

ホームページの自作のメリットとデメリットをおさえたところで、次は具体的な作り方についてご紹介します。こちらでは、WordPressを使ってホームページ作成の方法を解説します。ホームページは、以下の流れに沿って作ります。

  1. サーバーとドメインを用意する
  2. WordPressをインストールする
  3. テーマを選ぶ
  4. カスタマイズする

では、それぞれの方法について詳しくご紹介します。

サーバーとドメインを用意する

まずは、サーバーとドメインを用意します。上述のように、サーバーとはホームページを格納する場所です。ユーザーがサーバーにアクセスし、そこに格納されたホームページを閲覧することができます。サーバーを用意する方法は、自分で保有する方法とレンタルする方法がありますが、個人や中小企業のホームページを作る場合、レンタルサーバーを借りるのが一般的です。

レンタルサーバーの場合、サーバーを保有してる会社のサーバーをレンタルし、月額利用料を支払います。レンタルサーバーによって通信の安定性や通信量は異なります。レンタルサーバーを比較するときは、料金の安さだけでなく機能性も確認しましょう。

次にドメインです。ドメインとは、ホームページの住所のようなものです。サーバーには数多くのホームページが格納されているため、自分の作ったホームページを特定するために使われます。「〇〇.com」がドメインに該当します。

ドメインは、レンタルサーバー会社から取得する方法とドメイン取得サービスから取得する方法の2種類あります。レンタルサーバー会社では、サーバーとドメインを一緒に提供していることがあります。ただし、ドメイン取得サービスよりも料金が高くなることがあるため、コストを抑えるならドメイン取得サービスがおすすめです。

なお、ホームページをHTMLやCMSで作成する場合はサーバーとドメインが必要ですが、ホームページ作成ツールはサーバーを自分で用意する必要がありません。また、ホームページ作成ツールによって、ドメインもセットで販売しているものもあります。

WordPressをインストールする

次に、WordPressをインストールします。WordPressは無料でインストールでき、維持費はかかりません。以下は、WordPressのインストールの大まかな手順です。

  1. レンタルサーバーを取得
  2. ドメインを取得
  3. WordPressのサイトからソフトウェアをインストール
  4. 用意したサーバーにソフトウェアをアップロード
  5. 初期設定

初期設定では、ユーザー名やパスワードを設定しますが、後から変更ができます。

テーマを選ぶ

WordPressをインストールしたら、次はテーマを選びましょう。テーマとは、ホームページのデザインです。デザインのテンプレートが用意されているので、好きなテンプレートを選びます。左側のメニューバーにある「テーマ」をクリックすれば選べます。

テーマのジャンルは、ブログやECサイト、オウンドメディアなどさまざまあります。特に、Cocoon(コクーン)、アルバトロス、Lightning(ライトニング)は人気があります。テーマは、無料と有料の2種類です。

カスタマイズする

テーマが決まったら、カスタマイズしましょう。WordPressでは、プラグインという機能を使ってカスタマイズします。プラグインの種類は非常に豊富で、たとえば以下のようなことができます。

  • お問い合わせフォームの設置
  • 目次作成
  • SEO対策
  • サイドバーに人気記事を表示
  • SNS連携

ただし、プラグインを入れ過ぎてしまうと、表示速度の低下などパフォーマンスが下がってしまうため注意しましょう。

HTMLでのホームページ制作

ここからは、HTMLを使ったホームページの作り方をご紹介します。HMTLでホームページを作る場合、以下の流れで行います。

  1. 作成環境を整える
  2. HTMLファイルを作成する
  3. タグで文書を作成する
  4. Webサーバーにアップロードする

では、それぞれの方法についてご紹介します。

作成環境を整える

まずは、作成環境を整えます。HTMLでホームページを作るためには、テキストエディタとブラウザの2つが必要です。テキストエディタとは、HTMLやCSSを書くためのツールです。テキストエディタは、さまざまな種類があり、それぞれデザインや機能が異なります。一度テキストエディタを調べ、自分に合ったもの見つけましょう。

テキストエディタを準備したら、次にブラウザを用意します。ブラウザは、テキストエディタに書いたHTMLやCSSがどのように反映されるかを確認するためのツールで、GoogleChromeやFirefoxが該当します。ブラウザのサイトにアクセスし、パソコンにインストールすれば準備完了です。

HTMLファイルを作成する

テキストエディタとブラウザが用意できたら、HTMLファイルを作成します。拡張子が「.html」のファイルを作成しましょう。作成したファイルにテキストエディタに書いたコードを保存していきます。

タグで文書を作成する

次に、タグで文書を作成します。タグとは、ホームページを作るための記号です。たとえば、タグの1種である<h1>使って、<h1>はじめに</h1>と入力すると大見出しで「はじめに」と表記されます。HTMLは、このようなタグを使ってホームページの土台を作ります。

Webサーバーにアップロードする

タグで文書を作成したら、WebサーバーにHTMLファイルをアップロードしましょう。アップロードの際は、FTPソフトを使います。FTPとは、簡単に言えばパソコンとサーバーのアップロードをスムーズにするためのソフトです。サーバーにアップロードしたら、インターネット上にホームページが公開されます。

ホームページ作成ツールは素人でも簡単

WordPressやHTMLを使った方法をご紹介しましたが、手間と時間がかかり、初心者には難しいと感じるかもしれません。もっと簡単に、初心者でもプロ並みのホームページを作りたいのであれば、ホームページ作成ツールがおすすめです。では、なぜ初心者にホームページ作成ツールがおすすめなのでしょうか。

ホームページ作成ツールの特徴

ホームページ作成ツールを初心者におすすめする理由は、以下の3点です。

  • テンプレートが豊富でデザインが簡単
  • セキュリティがしっかりしている
  • すぐに作成できる

ホームページ作成ツールには、テンプレートが豊富に揃っています。WordPressもテンプレートがありますが、インストールする必要があります。対して、ホームページ作成ツールでは、デフォルトの状態でテンプレートがあり、インストールも不要です。また、ホームページ作成ツールは、高セキュアのサーバーを管理しているため、外部のサーバーを使うよりもセキュリティがしっかりしています。

そして、最大のメリットは、すぐに作成できることです。WordPressやHTMLは、作成するためにサーバーの取得やツールのインストール、サーバーへのアップロードなどさまざまな手順を踏まなければいけません。一方、ホームページ作成ツールであれば、ツールに登録すれば、あとはツール上で編集、公開までできるため非常にスピーディーです。

このように、ホームページ作成ツールは、簡単かつセキュリティの万全なホームページが作成できるため、初心者におすすめです。

おすすめのホームページ作成ツール「ペライチ」

ペライチの公式サイトの画像
ペライチは、簡単で誰でもホームページが作れると評判です。作り方は、テンプレートを選び、文章入力と画像の挿入だけです。HTMLのような専門知識は一切使いません。また、59種類ものテンプレートがあり、飲食店や企業ホームページなどジャンルごとにデザインを選べます。

ペライチでは、無料のスタートプラン、月額約980円のライトプラン、月額約1,980円のレギュラープラン、月額約2,980円のビジネスプランの4種類のプランがあります。無料のスタートプランでも、プロ並みのおしゃれなホームページが作れるため、手軽に無料でホームページを作りたい方におすすめです。

ペライチ

目的やスキルに合った作成方法を選びましょう

ホームページを自作する方法についてご紹介しました。ホームページを自作するには、CMSを使う方法、HMTLやCSSを使う方法、ホームページ作成ツールを使う方法の3種類があります。ホームページを自作すると、ホームページ制作会社と比べて費用を安く抑えられ、いつでも修正や更新ができるというメリットがあります。一方、自作するためにはスキルが必要であり、手間と時間がかかってしまうのが難点です。

ホームページを初心者でもできるだけ簡単に作りたいのであれば、ホームページ作成ツールが最適です。ホームページ作成ツールは、HTMLやCSSを使わずに、プロ並みのホームページを作り上げることができます。さらに、手間もかからないため、作成から公開までスピーディです。ホームページを作ったことがない方は、まずはホームページ作成ツールから始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事