「ホームページを作成したい」と思っていても、まず何から始めたらいいのか、どうやって作成すればいいかわからないと悩んでいる方が多いのではないでしょうか?この記事では、初めてホームページを作成する人のために、基礎知識や作成手順、作成方法などを解説します。最近では、ホームページ作成ツールの登場により個人でも簡単に作成できるようになりましたが、基礎知識や手順を理解することでよりスムーズに作成できるようになります。作成サービスの選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ホームページ作成の前に考えるべきこと

あなたがホームページを作成する理由は、ホームページで売り上げを作りたい、ブランド認知をしたい、などさまざまあるでしょう。ホームページを作成する前は、こういったホームページを作成する意義や目的を明確にしておくことが非常に重要です。目的を決めることで、ホームページの戦略やデザイン、ターゲットが明確になります。また、ホームページ制作会社を選ぶ際にも、目的に応じた依頼先を選びやすくなります。ホームページを作成する前には、自分がどのようなホームページを作りたいのか、ホームページで何をしたいのかを決めておきましょう。

ホームページ作成の入門知識

これまでにホームページを作成したことがない初心者は、作成に取りかかる前に、まずはホームページの基礎知識や仕組みなどホームページの入門を学びましょう。

ホームページの作成方法入門編。基礎知識・仕組み・作り方の手順を解説

基礎的な用語

ホームページ作成の前に、基礎的な用語である、サーバ、ドメイン、HTML、CSSの知識を学んでおきましょう。

用語 意味
サーバー ホームページを格納するための場所です。
ユーザーが検索した際、ホームページが格納されている場所にアクセスすることで、
ホームページが見られるようになります。
ドメイン ホームページの住所のようなもので、サーバー上にある数多くのホームページから
自分のホームページを特定します。「〇〇.com」や「〇〇.jp」などがドメインです。
HTML ホームページを構築するためのマークアップ言語です。ホームページの見出しの
位置や画像の位置などをHTMLで指示します。専門知識が必要です。
CSS HTMLと同様にマークアップ言語です。CSSはデザインや色を指示する役割があります。

ホームページが存在する仕組み

ホームページが閲覧できるのは、サーバーとドメインが関係します。上述のように、サーバーはホームページを格納する場所です。HTMLやCSSを使って作成したホームページをサーバーに格納することで、インターネットにアクセスしたユーザーに見られるようになります。つまり、サーバーという誰もがアクセスできる場所にホームページを置くことで、ユーザーが閲覧できるのです。

しかし、サーバーの中にはたくさんのホームページがあり、ユーザーは探し出すのに手間がかかります。その際必要なのがドメインです。ドメインとホームページを紐付けし、ユーザーがそのドメインを検索することでホームページを特定できます。

このように、ホームページを公開・閲覧するためには、サーバーとドメインが必ず必要です。

ホームページを作る手順

ホームページの基礎知識と仕組みをおさえたら、実際にホームページを作成していきます。ホームページは、以下の手順で作成します。

  1. ホームページの構造を決める
  2. ホームページでどこにどのような情報を掲載するのか、文章や画像の配置をどこにするのかを決めます。構造を決める際は、①記載する情報を整理②カテゴリーごとに仕分けの2つのステップを踏まえると、情報が整理され、構造を決めやすくなります。

  3. ホームページのスペースを確保する
  4. ホームページを公開するためのスペースを確保します。スペースとは、サーバーとドメインのことを指します。

  5. デザインを決めて制作する
  6. 最後に、構造を元にデザインを決めて作成します。ホームページを作成する方法は、大きく①HTML・CSS②CMS③ホームページ作成ツール④ホームページ作成ソフト⑤制作会社に依頼する、の5つあります。

ホームページを作る手順を徹底解説。初心者がホームページを作るには

自分でホームページを作成するのにおすすめの方法

ここからは、自分で作成する方法について解説します。自分で作成するには、ホームページ作成ツール、ホームページ作成ソフト、CMS、HTML・CSSを使います。

ホームページ作成におすすめのツール13選。無料スマホアプリで作成しましょう

誰でも簡単に作れる「ホームページ作成ツール」

ホームページ作成ツールは、クラウド上でホームページを作成できるツールです。特徴は、サーバーとドメインを用意する必要がないことです。ホームページを作成するには、自分でサーバーとドメインを用意する必要があります。一方、ホームページ作成ツールはサーバーとドメインをセットで提供しているため、自分で用意しなくても文字を入力するだけでホームページを制作できます。

さらに、ホームページ作成ツールは初心者でも簡単に作成できることも特徴です。ホームページ作成ツールには、HTMLやCSSがすでに組まれたテンプレートが用意されています。テンプレートは、ホームページの構造だけでなく、デザインもすでに完成されているため、ユーザーはテンプレートに沿って文章の入力や画像の挿入をするだけでホームページが出来上がります。

ホームページ作成ツールは手軽かつ簡単にホームページが作れるため、初めてホームページを作成する人におすすめです。ここからは、ホームページ作成ツールの中で特におすすめのツールを3つご紹介します。

ペライチ

ペライチの公式サイトの画像
ペライチは、専門知識が不要で、誰でも簡単に作成できるホームページ作成ツールです。飲食店やセミナー、企業サイトなど、60種類ものテンプレートから作成したいホームページを選び、テンプレートの指示に従って文字を入力、画像を挿入します。そして最後に公開ボタンを押すだけで、ホームページを簡単に作ることができるます。サーバーもドメインも用意する必要がないため、スピーディーに作成・公開でき、料金も基本無料です。

ペライチ

Wix

Wixの公式サイトの画像
Wixは海外産のホームページ作成ツールです。ペライチと同様に、テンプレートを選び、文章入力や画像挿入だけでホームページを作成できます。Wixの最大の魅力は、テンプレートや写真素材、画像素材が豊富に揃っていることです。テンプレートは数百種類以上にもおよび、2万点以上の写真素材や動画素材を無料で利用できます。写真や動画素材が用意できない人、さまざまなデザインテンプレートを使いたい人におすすめです。

Wix

Jimdo

Jimdoの公式サイトの画像
Jimdoはドイツの企業が提供するホームページ作成ツールです。特徴は、さまざまな作成方法があることです。Jimdoのツールを使ってホームページを作成することもできれば、ベネフィットサポーターを使って作成を代行してもらうこともできます。さらに、AIを使ってたった3分でホームページを自動作成することも可能です。ホームページ作成ツールとAIサービスは基本無料、ベネフィットサポートは65,000円〜と、料金も非常にリーズナブルです。

Jimdo

豊富な素材を使える「ホームページ作成ソフト」

ホームページ作成ソフトは、ソフトをローカル環境にダウンロードしてホームページを作成するツールです。ホームページ作成ツールと比べてテンプレートや素材が豊富に揃っているのが特徴です。一方で、ホームページ作成ソフトは買い切りがほとんどのため、無料で試せないことが難点です。

代表的なホームページ作成ソフトとして、ホームページビルダーが知られています。ホームページビルダーは、4000種類以上のテンプレートから選べ、さらに1300種類もの素材を使うことができます。初めて作成する人のために、直感的に操作できる仕組みになっているため、初心者でも簡単にホームページを作り上げれます。

プロでなくても自由度が高い「CMSツール」

CMSとは、クラウドでホームページを作成できるツールです。ホームページ作成ツールとの違いは、カスタマイズの自由度です。ホームページ作成ツールは、基本的にテンプレートを使って作成するため、構成やデザインが限定されます。一方、CMSはHTMLやCSSの編集機能が備わっているため、ホームページの土台から作り上げることができ、自由にホームページをデザインできます。

また、サーバーとドメインを自分で用意しなければいけないこともホームページ作成ツールとの違いです。CMSにはサーバーとドメインがセットで提供されていないため、サーバーとドメインを用意し、サーバーにCMSをダウンロードすることで作成できるようになります。

代表的なCMSとして、WordPressが有名です。WordPressは、世界中で利用されているオープンソフトのCMSです。維持費や利用料はかからないため、リーズナブルにホームページを作成できます。さらに、テンプレートを使って作成することも、HTML・CSSを使って作成することも可能なため、初心者からプロまで幅広く利用されています。

フルカスタマイズなら「HTML・CSS」

HTML・CSSは、ホームページを構成するマークアップ言語です。すべてのホームページはHTML・CSSで構成されており、ホームページ作成ツールやホームページ作成ソフトはHTML・CSSがすでに組まれた状態で提供されています。

HTML・CSSの特徴は、フルカスタマイズのホームページを作成できることです。HTML・CSSを使えば、ホームページの根本から自分で作るため、構成からデザイン、問い合わせボタンのデザインまで完全オリジナルのホームページが出来上がります。ただし、HTML・CSSはプログラミングの知識が必要であり習得に時間がかかるため、作成したことがない人やホームページを手軽に作りたい人には不向きな方法です。

各作成サービスの比較ポイント

ホームページの作成方法はさまざまあり、ツールやソフトも多岐にわたります。自分にあったサービスを比較・検討する際は、以下の3つのポイントをおさえましょう。

  • 目的に合った機能があるか
  • たとえば、飲食店の来客を増やすことやサービスの売り上げ獲得を目的とするホームページの場合、予約機能や決算機能が搭載されたホームページ作成サービスを選ぶようにしましょう。

  • 料金は適切か
  • 多くの機能を使う場合は、基本的に料金が高くなる傾向にあり、機能を追加しない場合は無料で作ることも可能です。ホームページ作成サービスの料金ごとの機能を確認し、ホームページ制作の目的とも照らし合わせて適切な料金でホームページを作成しましょう。

  • 機能や特徴
  • サービスごとに機能や特徴が異なります。最低でも、①独自ドメインの取得の有無②データ容量③テンプレート数④セキュリティ対策⑤サポート体制⑥スマホ対応かの6点を確認しましょう。

ホームページ作成サービスを比較!厳選したおすすめサービス10選を紹介

ホームページ作成は依頼も可能

「自分でホームページを作成する時間がない」「プロにデザインを任せたい」という人は、ホームページ作成代行を依頼することもできます。ホームページを依頼する先は、大きくホームページ制作会社と個人の2通りあります。

ホームページ作成の依頼はどこにすべき?制作会社・フリーランス・代理店の選び方を解説

ホームページ制作会社に依頼する

ホームページ制作会社は、中小規模から大規模までさまざまあり、会社によって料金や強みが異なります。なかには、飲食店や宿泊施設のホームページ作成に特化した制作会社もあります。では、数あるホームページ制作会社から自分に最適な会社を見つけるにはどうすれば良いのでしょうか?

依頼先の選び方

ホームページ制作会社を選ぶ際は、以下の5点をおさえましょう。

  • 予算に対して費用が適切か
  • ホームページ制作会社に依頼する際は、ホームページの規模や工数を踏まえて見積もりが取られます。見積もりの際に予算を相談し、適切な費用で作成してもらえるようにしましょう。

  • コミュニケーションが取りやすいか
  • ホームページ制作では、打ち合わせや納品物の確認など、コミュニケーションを取る場面が多く、コミュニケーションが取れないと要望を上手く汲み取ってもらえません。

  • 依頼したい内容に強みを持っているか
  • 上述のようにホームページ制作会社ごとに強みや特徴があります。デザインにこだわりたい、SEOに特化したホームページを作成したいなど、ホームページ作成の目的に適した依頼先を見つけましょう。

  • 納期はどれくらいか
  • ホームページ作成においてスピーディーさも大切です。納品するまで時間がかかると、公開したいタイミングに合わせることができない可能性があります。見積もりの際に、どれぐらいの期間で納品してもらえるのか必ず確認しましょう。

  • 技術力は十分か
  • 制作会社が安い料金を提示している場合、経験が浅い新人が担当している可能性があります。料金だけにとらわれるのではなく、きちんと技術力も見極めましょう。

費用相場

ホームページ制作会社に依頼する前に、おおよその費用相場を把握しておきましょう。10ページ程度のホームページ作成依頼をした場合、費用相場は以下の通りです。

  • 中小規模のホームページ制作会社:30万円〜
  • 大規模のホームページ制作会社:100万円〜

中小規模のホームページ制作会社であれば、30万円程度で作成してもらえます。一方、大規模のホームページ制作会社は、100万円以上は必要です。一見料金が高額だと感じますが、大規模のホームページ制作会社は市場調査やコンサルティング、さらにはホームページに使用する写真や動画の撮影まで一手に引き受けてもらえるため、すべてプロに任せたいという人におすすめです。

最近では、格安ホームページ制作会社の登場により、5ページ程度を約5万円で制作してもらうこともできます。費用をおさえてホームページを作成したい人は、格安ホームページ制作会社も検討してみてはいかがでしょうか?

個人に依頼する

ホームページの作成は、フリーランスのような個人に依頼することもできます。個人に依頼する際には、ココナラやクラウドワークスなどのスキルシェアサービスを活用しましょう。スキルシェアサービスでは、ホームページ制作からWebデザイン、プログラマーなどのプロが集まっています。依頼できる内容も細分化されているため、「HTML・CSSだけ依頼したい」や「ホームページのロゴを作成してほしい」など、細やかな依頼内容にも対応してもらえます。

個人に依頼した場合、およそ5万円程度からホームページ作成を請け負ってもらえます。ホームページ制作会社と比べてリーズナブルですが、一方で経験やスキルがない人だと納得のいかないホームページが出来上がる、1人でするためサポートにまで手が回らないなどのデメリットがあるため注意しましょう。

参考にしたい人気のホームページ

ホームページを作成するにあたり、優れたホームページを参考にすることは大切です。特に、初めて作成する人はセンスが良いと言われるホームページの構造やデザインを参考に作ってみましょう。

参考にしたいホームページは、人気ホームページが集まるサイトで探す出すのが効率的です。例えば、「WEBデザイン参考サイト bookma! v3」は、毎日新しい人気サイトが投稿され、パソコンサイトとスマホサイトを同時に閲覧できます。そのほかにも、「I/O 3000 | Webデザインギャラリー」や「WEBデザインの見本帳」などがあるので、人気サイトを見本にオリジナルのホームページを作ってみましょう。

人気ホームページの特徴は?参考サイト・作成方法・おすすめツールを紹介

ホームページ作成は目的を明確にすることから

ホームページ作成手順や作成方法、作成サービスの選び方などを解説しました。ホームページ作成方法はさまざまあり、特にホームページ作成ツールを活用すれば初心者でも簡単にホームページを作成することができます。誰でもホームページを作成できるようになりましたが、安易にサービスを使い始めるのはできるだけやめましょう。ご紹介したホームページの作成目的や基礎知識、仕組みを把握していなければ、作成サービス選びに失敗したり、自分の思い通りのホームページを作成できない場合があります。ホームページを作成する際は、どんな方法であっても、まずはホームページ作成の目的を明確にすることを忘れないようにしましょう。

おすすめの記事