ホームページ開設について、必要なものや手順、かかる費用まで解説します。インターネットの普及により、ホームページは、企業や認知やサービスの販売に欠かせない存在となっています。一方で、「ホームページを開設方法がわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。きちんと知識をみにつけておけば、ホームページ開設は初心者でも簡単にできますので、是非参考にしてください。

ホームページ開設に必要なもの

ホームページを作成する際に、まず準備すべきものは大きく以下の3点です。

  1. サーバー
  2. ドメイン
  3. デザインや機能を追加するためのHTML・CSSやCMS

サーバーとドメインはホームページの公開に必要であり、そしてCMSやHTML・CSSはホームページの編集に必要です。以下からそれぞれについて解説していきます。

サーバー

サーバーとは、ホームページを格納する場所です。作成したホームページをサーバーに格納しなければ、ユーザーに見てもらうことができません。そのため、ホームページを開設する前にまずはサーバーを用意する必要があります。

ドメイン

ドメインとは、ホームページを特定するためのサーバー上の住所のようなもので、「〇〇.com」や「〇〇.jp」がドメインに該当します。作成したホームページにドメインをつけることでサーバーに格納されたのホームページの中から、あなたのホームページを検索してもらいやすくする仕組みです。

デザインや機能

ホームページのデザインの編集や機能を追加するためには、HTML・CSSやCMSなどのツールが必要です。それぞれのツールについて詳しく解説します。

HTML・CSS

HTML・CSSとは、ホームページを作成するためのマークアップ言語で、普段目にしているホームページのほとんどは、HTMLで作成されています。HTMLは、パソコンに「上に見出し」「その下に文章」などを指示を送ることで、ホームページが表示されます。一方、CSSはカラーやフォントサイズなど、デザインを決めるための言語です。HTMLは見出しの位置や段落の位置を決め、CSSはデザインを決める役割があります。

CMS

CMSとは、ホームページの作成・編集をするためのツールです。WordPressやDrupalがCMSに該当します。CMSは、HTMLやCSSよりも簡単にホームページが作成できます。HTMLやCSSはプログラミングの知識が必要ですが、CMSはすでにHTMLやCSSが組まれたホームページのテンプレートが用意されており、文章作成や画像の追加のみでホームページが出来上がります。CMSは知識が無くても作成できるように作られています。

ホームページを開設する手順

サーバーとドメイン、HTMLやCMSを準備できたら、実際にホームページを開設していきましょう。ホームページは、以下の手順で開設します。

  1. サーバーを取得する
  2. ドメインを取得する
  3. デザイン・コンテンツをつくる

では、それぞれの手順について詳しく解説します。

サーバーを取得する

サーバーの取得方法は、自社(自分)で保有する方法とレンタルする方法の2種類です。自社サーバーは、1台のサーバーを独占して使える一方で、レンタルサーバーは1台のサーバーを複数のレンタルユーザーが共有します。

レンタルサーバーが一般的

サーバーは、レンタルするのが一般的です。レンタルサーバーであれば、自社で維持する必要がなく、費用を安く抑えられます。ただし、レンタルサーバーを借りる際は容量に注意しなければいけません。サーバーにはデータを転送する容量があり、アクセス数が多いほどデータ転送に必要な容量が多くなります。レンタルサーバーは1台のサーバーを複数人で共有するため、容量が少ないとページの表示が遅くなるというトラブルが発生してしまいます。レンタルサーバーを借りる際は、容量をきちんと確認しましょう。

取得方法

レンタルサーバーは、レンタルサーバー会社と契約し、取得します。レンタルサーバー会社によってレンタルサーバーの容量や回線の性能が異なり、料金も月額数百円〜数千円と幅広くなっています。レンタルサーバーを選ぶ際は、最低でも以下の4つのポイントをおさえましょう。

  • 表示速度
  • 容量
  • サポート体制
  • 料金

ドメインを取得する

ドメインについては、ドメイン会社と契約し取得することが一般的です。

ドメインの種類は多数

ドメインは数百種類以上にも及び、それぞれ用途があります。たとえば、たとえば、「.com」や「.co.jp」は商業組織用、「.net」はネットワーク用、「.org」は非営利組織用などさまざまです。これらのドメインは世界中の誰もが利用できるgTLDと呼ばれるドメインに該当します。

一方、国や地域に割り当てられたドメインもあり、そのドメインはccTLDと呼ばれます。日本のccTLDは「.jp」であり、「.jp」のWebサイトは危険なサイトの割合が低く、世界と比べて安全性が高いccTLDと評価されています。

取得方法

サーバーと同様にドメインも利用料が発生します。料金は、ドメインの種類によって異なり、「〇〇.com」は年間800円程度、「〇〇.jp」は年間2,000円ほどです。ドメインの取得は、以下の流れで行います。

  1. 取得するドメインを決める
  2. ドメイン会社で検索・申し込み
  3. ネームサーバー申請をする

まずは、取得するドメインを決めます。その際、「〇〇.com」の〇〇に該当する部分は自由に決められますので、どんなドメインにしたいのか決めておきましょう。例えばホームページに関するサイトであれば「homepage.com」など、内容に関連するドメインをつけるのが一般的です。

次に、決定したドメインがドメイン会社で利用可能か検索します。もし、先ほどの「homepage.com」が誰かに利用されていると、登録することができません。ドメイン会社で自分のドメインが利用できるか検索し、申し込みましょう。

最後に、登録したドメインをネームサーバー申請をします。ネームサーバー申請とは、レンタルサーバーとドメインを紐付ける申請です。申請方法はレンタルサーバー会社によって異なるため、各ホームページでご確認ください。

デザイン・コンテンツをつくる

サーバーとドメインを取得できたら、デザイン・コンテンツを作ります。デザインやコンテンツ制作には、HTML・CSSやホームページ作成ツール、CMSなどのツールが必要です。これらは、ツールによって初級者向けや上級者向けがあります。さらに、ホームページの規模が大きい、ホームページの作成に時間が割けないという方はホームページ制作会社に依頼する必要があります。ここからは、作成方法について詳しく解説します。

作成方法は大きく4つ

ホームページの作成方法は、大きく4つあります。

  1. ホームページ作成ツールを使って自作する
  2. CMSを使って自作する
  3. HTML・CSSを使って自作する
  4. ホームページ制作会社に依頼する

では、それぞれの作成方法について詳しく見ていきましょう。

ホームページ作成ツールを使って自作する

ホームページ作成ツールとは、ホームページの構成やデザインが完成されたテンプレートをもとに作成するツールです。ホームページ作成ツールは、サーバーもドメインも用意してくれており、料金も無料です。サーバーやツールの準備が不要なため、スピーディーにホームページを作成できます。

ホームページ作成ツールは基本無料で利用できますが、決済機能の追加やSNSとの連携など、ホームページに機能を追加する際に料金が発生する場合があります。料金は、月額制であり、およそ500〜3,000円あたりかかります。

基本無料で使えるホームページ作成ツールの1つにペライチがあります。ペライチは、①テンプレートの選択②文字・画像の挿入③公開ボタンの3ステップの操作のみで、プロが作成したようなホームページをスピーディーに専門知識不要で作ることができます。簡単なホームページであれば無料で作成できますが、月額980円から決済機能やSNS連携などさまざまな便利機能を利用できます。

ペライチ

CMSを使って自作する

CMSは、ホームページ作成ツールと同様にクラウド上でホームページを作成・編集するツールです。ホームページ作成ツールは基本的に、テンプレートを使って作成しますが、CMSは作成方法は2通りあります。まず1つはテンプレートをもとに作成する方法ともう1つは、HTMLやCSSを使って見出しの位置からデザインまで、自分で作成する方法です。多くのCMSはHTMLやCSSの機能も備わっているため、完全オリジナルのホームページを作成できます。ただし、HTMLやCSSはプログラミングの知識が必要なため、ホームページ作成ツールと比べて中級〜上級者向けです。

CMSも基本無料で利用できます。ただし、サーバーとドメインの取得は必要なため、サーバー・ドメインの利用料は発生します。

HTML・CSSを使って自作する

上述のようにHTML・CSSは、ホームページを作成するためのマークアップ言語です。テキストエディタと呼ばれるツールに、HTML・CSSを入力することで、ホームページが表示されます。テキストエディタは無料で提供されているため、費用は発生しません。ただし、CMSと同様にサーバーとドメインの費用は必要です。

HTML・CSSは、ホームページの構成からデザインまでフルカスタマイズできるため、ホームページ作成ツールやCMSと比べてオリジナルのホームページを作成できます。ただし、HTML・CSSを使いこなすためにはプログラミングの知識が必要です。習得するまでに時間がかかるため、初心者で手っ取り早くホームページを作りたい方には不向きな方法です。

ホームページ制作会社に依頼する

ホームページ制作会社は、大きく2種類に分かれます。1種類は、クライアントの要望をもとに構成からデザインまで完全オリジナルのホームページを作成する会社です。ホームページ制作会社によりますが、ディレクターと何度も打ち合わせを行い、ホームページの方向性やデザインを確認しながら作業を進めます。完全オリジナルのホームページを作成してもらえる一方で、手間も時間もかかるため料金が高くなります。

もう1種類は、テンプレートをもとにホームページを量産する会社です。基本となるテンプレートをもとに、クライアントに応じてデザインや機能を追加・変更して作り上げます。作成の手間が削減されるため、料金は安く抑えられるのが特徴です。一方で、「デザインが似通ってしまう」といったデメリットも挙げられます。

ホームページ開設にかかる費用

ホームページ開設にかかる費用は、作成方法によって異なります。以下は、作成方法ごとの初期費用と維持費です。維持費とは、サーバーやドメインの維持だけでなく、ホームページの情報やデザインの追加・更新料も含まれています。

作成方法 初期費用 月額費用(維持費)
ホームページ作成ツール 0円 約500円〜5,000円(有料プランに加入した場合)
HTML・CSS 0円 約1,000円〜(サーバー・ドメイン費など)
CMS 0円 約1,000円〜(サーバー・ドメイン費など)
制作会社に依頼 約20万円〜 約3万円〜(ページ数やホームページの規模による)

最も料金が安いのはホームページ作成ツールを利用した場合です。初期費用はかからず、無料プランに加入した場合は維持費も発生しません。一方、最も料金が高いのは制作会社に依頼した場合です。ホームページ作成はおよそ20万円からであり、維持費にも3万円ほどかかります。なお、ホームページ制作会社によっては更新を自分で行う場合があるため、その際は料金は安く抑えられます。

なお、料金は変動する可能性があるため、あくまでも目安としてご確認ください。

ホームページ開設後にすべきこと

ホームページを開設した後にも、すべき作業があります。大きく2つ、開設の告知と運営作業について押さえておいてください。

開設のお知らせ

ホームページを開設したら、アクセスしてもらうためにメールで開設をお知らせしましょう。開設のお知らせで重要なポイントは、開設日とURLを明記することです。以下は、ホームページ開設のお知らせの例文です。

ホームページ開設の例文の画像

運営作業

運営作業とは、ホームページの情報の更新や問い合わせ対応などの作業です。多くの人にホームページにアクセスしてもらうためには、運営作業が欠かせません。

運営作業は、管理と運用の2種類あります。管理では、問い合わせ対応やサーバー・ドメインの管理を行い、ユーザーが快適にホームページを閲覧できる環境を整えます。運用では、アクセス解析やプロモーションなど、ホームページで集客や売り上げを獲得するために行います。

運営作業は、自社で行うことも専門業者に依頼することもできます。以下の記事では、運営方法や運営にかかる費用、運営のポイントを解説しているのでぜひ一度ご覧ください。

ホームページの運営の方法とは。運営費用や運営費用やおすすめ運営代行業者をご紹介

目的に応じたホームページ開設を進めましょう

ホームページの開設方法についてご紹介しました。ホームページの開設方法は、ホームページ作成ツールやCMS、ホームページ制作会社に依頼するなど、さまざまな方法があります。ホームページの知識やホームページの規模によって選ぶべき方法は異なってきます。まずは、自分はどんなホームページを作成したいのかを明確にし、その目的に応じた方法で開設を進めましょう。

おすすめの記事