ホームページ作成代行を検討していて、ホームページ制作会社と個人(フリーランス)のどちらに依頼すべきか悩んでいる方は多いのではないでしょうか?この記事では、ホームページ制作会社と個人のメリットやデメリット、依頼先の選び方、格安で依頼する方法について解説します。依頼先によってホームページ作成の料金やアフターフォローなどが異なります。こちらでご紹介する選び方のポイントをおさえ、自分に最適な依頼先にホームページ作成を代行してもらいましょう。

ホームページ作成代行は誰に依頼する?

ホームページの作成は、ホームページ作成会社やフリーランスなどの個人に代行してもらうのが一般的です。では、それぞれの代行先でメリットやデメリットはあるのでしょうか?

ホームページ制作会社

まずは、ホームページ制作会社に依頼する場合のメリットとデメリットについて解説します。ホームページ制作会社は、ホームページの制作から運用まで幅広く行います。ホームページ制作会社はさまざまあり、デザインに強い、SEOに強いなど会社によって特徴が異なります。

メリット

ホームページ制作会社に代行を依頼するメリットは、大きく以下の2点が挙げられます。

  • クオリティの高いホームページが出来上がる
  • 運営を代行してもらえる

ホームページ制作会社では、クライアントの要望を聞き出すために何度も打ち合わせを行い、プロのWebデザイナーやプログラマーが作成します。特に、比較的規模が大きいホームページ制作会社では競合調査や市場調査まで行われるため、クオリティの高いホームページが期待できます。

さらに、ホームページ制作会社によっては公開後の運営を代行してもらうことができます。ホームページ公開後には、情報の更新やサーバーの管理などさまざまな運営作業が必要なため、なかなか時間がないという方は運営を代行してもらうことをおすすめします。

デメリット

一方、ホームページ制作会社に代行を依頼するデメリットは、費用がかかることです。ホームページ制作会社にはプロが集まり、制作を一手に引き受けるため、その分費用が高くなります。ホームページ制作会社の費用は、ホームページ制作会社の規模や作成するホームページのページ数にもよりますが、最低でも20万円ほどはかかります。運営代行を依頼した場合、月々3万円程度の費用も必要です。

ただし、最近では格安ホームページ制作会社が登場しており、費用を安く抑えることができます。格安ホームページ制作会社とは、テンプレートでの量産や広告費用の削除などで制作コストを抑え、その分安い料金でホームページ制作代行を提供している会社です。格安ホームページ制作会社は、料金は抑えられるものの、その分アフタフォローが少なくデザインの幅が少ないなどの特徴もあります。

ホームページ制作のスキルがある個人

続いて、会社ではなく個人にホームページ制作を依頼する場合のメリットとデメリットについて解説します。ホームページの作成代行は、フリーランスのようなスキルがある個人に依頼することもできます。近くにホームページを作成できる人がいなければ、ココナラのようなスキルシェアサービスで探してみましょう。

メリット

ホームページを個人に依頼するメリットは、費用を安く抑えられることです。ホームページ制作会社では、ディレクターやWebデザイナーなど多くの人が制作に関わるため、その分人件費がかかります。一方、フリーランスは1人でホームページ制作を行うためその分コストを安く抑えられ、およそ5万円程度からホームページを作成してもらえます。

デメリット

低価格で依頼できるフリーランスですが、一方で以下のようなデメリットが挙げられます。

  • サポート体制が不十分
  • 納期に遅れるリスクが高い
  • 経験やスキルによって納得いかない可能性がある

フリーランスは1人で作成を行なっているため、サポートにまで手が回らない可能性があります。さらに、フリーランスが病気や怪我をした場合、他に担当する社員もいないため、納期に遅れるリスクが高いのもデメリットです。

また、フリーランスはホームページ制作会社と同様に、デザインに強い、SEO対策に強いなどの強みがあります。デザインに強いフリーランスに依頼した場合、SEO対策に関しては知識や経験が少なく、結果納得いかないホームページが出来上がる可能性があります。

ホームページ作成ツールを使えば無料で制作できる

ホームページの作成代行は、ホームページ制作会社やフリーランスに依頼することが一般的ですが、もしある程度自分で作成時間が確保できるのであれば、ホームページ作成ツールを使ってみるのも一つの手です。

ホームページ作成ツールは、ホームページのテンプレートを使って自分で簡単に作成する方法です。ホームページの構成やデザインが組まれたテンプレートに、自分で文章や画像を挿入するだけで出来上がり、専門知識は一切必要ありません。

例えば、ホームページ作成ツールの1つであるペライチは、ネイルサロンや飲食店、セミナーなどそれぞれのジャンルに特化したテンプレートが60種類も揃っており、

①テンプレートを選ぶ
②文章や画像を挿入する
③公開ボタンを押す

たった3ステップでホームページが出来上がります。料金も簡単なホームページであれば無料で作成できるため、非常に安くホームページを作成できます。

まずはホームページ作成ツールを試してみて、それでも満足いかない場合は、ホームページ制作会社やフリーランスに依頼してみるのも方法です。

ペライチ

ホームページ作成代行先の選び方

ホームページ制作会社やフリーランスはさまざまあり、どこを選べばいいのわからない人も多くいらっしゃるかもしれません。そこで、ここからはホームページ作成代行先の選び方をご紹介します。ホームページ作成代行先の選ぶポイントは、以下の5点です。

  1. 実績は豊富にあるか
  2. ホームページを制作する目的と相手の強みが合致するか
  3. 予算に対して料金が適切か
  4. 対面での打ち合わせがあるか
  5. アフターフォローが充実しているか

では、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

実績は豊富にあるか

ポイントの1点目は、ホームページ作成の実績が豊富にあるかどうかです。実績が豊富であれば、高いクオリティのホームページを期待できます。ホームページ制作会社の公式サイトやフリーランスの紹介ページには、過去の作成実績が公開されていることが多いため、必ず目を通すようにしましょう。

ホームページを制作する目的と相手の強みが合致するか

ポイントの2点目は、ホームページを制作する目的と相手の強みが合致するかどうかです。たとえば、デザインにこだわりたいという人がSEO対策に強いホームページ制作会社を選んでしまっては、満足のいかないホームページが出来上がる可能性があります。

まずは、「SEOを強化して売り上げを伸ばしたい」や「デザインを刷新し、ブランド認知を拡大したい」など、ホームページ作成の目的を明確にし、その目的を達成できるホームページ制作会社やフリーランスに依頼しましょう。

予算に対して料金が適切か

ポイントの3点目は、予算に対して料金が適切かどうかです。ホームページの料金は、ページ数や工数によって決定します。きちんと料金を確認し、料金が予算に対して適切か確認しましょう。

また、ホームページ制作会社やフリーランスに依頼する際は、ホームページの規模や工数を踏まえて見積もりが取られます。見積もりの際に予算を伝えれば予算内のホームページ作成案が提示されるので、一度相談しましょう。

対面での打ち合わせがあるか

ポイントの4点目は、対面での打ち合わせがあるかどうかです。ホームページ作成においてはホームページの構造やデザインの確認、最終チェックなど、Webディレクターやフリーランスと打ち合わせする場面が多々あります。一方で、ホームページ制作会社や個人によっては、メールや電話で行われる場合があります。対面での打ち合わせが少ないと、自分の要望が伝わりにくいため、できるだけ対面での打ち合わせがあるところを選ぶようにしましょう。

アフターフォローが充実しているか

ポイントの5点目は、アフターフォローが充実しているかどうかです。例えば、ホームページの情報更新や修正がある場合、その都度対応してもらえるところもあれば、月に〇回など回数を限定しているところもあります。料金や実績だけでなく、ホームページ制作のアフターフォロー内容についてもきちんと確認しましょう。

ホームページ制作を代行してもらう場合の料金相場

次に、ホームページの作成代行にかかる料金をみていきましょう。料金相場は、ホームページ制作会社と個人とで異なります。

ホームページ制作会社に依頼する場合

ホームページ制作会社に依頼する場合の料金相場は、会社の規模によって異なります。

  • 中小規模のホームページ制作会社:20万円〜
  • 大規模のホームページ制作会社:100万円〜
  • 格安ホームページ制作会社:5万円〜

大規模のホームページ制作会社は、Webディレクターやデザイナーが多く在籍し、その分人件費もかかるため、料金は最低でも100万円程度はかかります。しかし、市場調査やコンサルティングが充実し、さらにアフターフォローも手厚いことが特徴です。

一方、中小規模のホームページ制作会社や格安ホームページ制作会社は、大規模な会社と比べて比較的料金を安く抑えられます。特に、格安ホームページ制作会社は最低5万円からとフリーランス並みの料金ですが、その分ページ数が少ない、デザインが限られているなどのデメリットがあります。

個人に依頼する場合

フリーランスのような個人にホームページ制作を依頼すると、およそ5万円から依頼できます。さらに、長期に渡って依頼すると、友達価格や割引でさらに安く抑えることも可能です。

ホームページ制作会社に比べてリーズナブルですが、上述のようにサポート体制が不十分、納期に遅れるリスクがあるなどのデメリットもあります。フリーランスを選ぶ際は、上述のポイントをおさえて選んでください。

おすすめのホームページ作成代行会社・個人

ここからは、ホームページ作成代行におすすめのホームページ制作会社や個人をご紹介します。こちらでは、安い料金で作成代行が可能な会社や個人が中心です。

おすすめホームページ制作会社24選!制作会社の選び方と費用相場も解説

料金を抑えたいなら個人に依頼するのがおすすめ

料金を抑えつつプロに代行してもらいたいなら、個人に依頼するのがおすすめです。個人に依頼する際には、ココナラとクラウドワークスが役立ちます。ココナラやクラウドワークスは、スキルを持つ人と仕事を依頼したい人を繋ぐスキルシェアサービスで、全国のフリーランスにホームページ作成を依頼できます。ここからは、ココナラとクラウドワークスの特徴を解説します。

ココナラで探す

ココナラの公式サイトの画像
ココナラは、スキルの売り買いができるサービスです。ココナラには、ホームページ制作やデザイン、プログラミングのフリーランスが集まっており、時間単位や納品単位でスキルを販売しています。依頼できるスキルは、Webデザインやバナー制作、HTML・CSSのコーディングなど細かく別れているため、「デザインだけ依頼したい」「Webマーケティングを教えて欲しい」など作業の一部を依頼することが可能です。

ココナラ

クラウドワークスで探す

クラウドワークスの公式サイトの画像
クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングです。クラウドワークスでは、評価システムにて個人の実績や経歴を確認できます。さらに、実績が豊富な個人はプロクラウドワーカーとして認められており、クオリティの高い完成品が期待できます。クラウドワークスの使い方がわからなければ、CWコンシェルジュが電話で無料サポートしているため安心です。

クラウドワークス

格安のホームページ作成代行会社

ホームページ作成だけでなく、運営もお任せしたい人は、格安ホームページ制作会社がおすすめです。格安ホームページ制作会社では、作成だけでなく作成後の運営も月々5,000円程度で任せることが可能です。

AMS

AMSの公式サイトの画像
AMSは、ホームページ制作から運営まで請け負う格安ホームページ制作会社です。39,800円で以下のようなホームページ作成を代行します。

  • 5ページ作成
  • 常時SSL対応
  • スマホ最適化
  • 無制限のフリーダイヤルサポート
  • 独自ドメイン取得可能
  • SEO対策

デザインテンプレートは400種類から選ぶことができ、わからないことがあればメールや電話で相談ができます。さらに、ホームページの更新も代行してもらうことが可能です。

AMS

モノレッジ

Monoledgeの公式サイトの画像
モノレッジは、37,000円からホームページ制作を依頼できる格安ホームページ制作会社です。格安でありながらも、最大7ページまで作成、スマホ最適化、常時SSL対応が行われています。ホームページに掲載する文章も、独自のホームページ作成シートが用意されており、サービスや商品の魅力を引き出してもらえます。公開後は自分で更新する必要がありますが、希望者には更新の依頼も可能です。

モノレッジ

ポッキリー

pokkiryの公式サイトの画像
ポッキリーは、1ページあたり1万円と非常に低価格で作成してもらえる格安ホームページ制作会社です。料金内で、以下のようなサービスが受けられます。

  • 独自ドメインの取得
  • 常時SSL対応
  • スマホ最適化
  • FaceBook・YouTubeの埋め込み

さらに、月々3,000円でドメイン、レンタルサーバーの管理、ホームページ更新、メールサポートが受けられます。ただし、ホームページの更新は月1回までです。

ポッキリー

その他のおすすめホームページ作成代行会社

上述の3つのホームページ制作会社以外にも、おすすめのホームページ制作会社は多数あります。ここからは、特徴的なホームページ制作会社をご紹介します。

Jimdo

Jimdoの公式サイトの画像
Jimdoは初心者向けのホームページ作成ツールを提供している会社です。Jimdoを使って自分でホームページを作ることができますが、Jimdoベネフィットサポーターを利用すればホームページ作成代行を依頼することも可能です。プランは4種類あり、スタンダードな「ゼロからサポートプラン」は、3ページの作成、Jimdoの初期設定、ヘッダー画像デザインを依頼できて、65,000円からです。ホームページ公開後は、Jimdoを使って自分で更新・修正します。

Jimdo

ウェブロード

ウェブロードの公式サイトの画像
ウェブロードは、WordPressを使ったホームページ制作を行う会社です。WordPressとは、ホームページの作成・編集に使われるツールであり、世界中で使われている無料のCMSです。ウェブロードでは、WordPressを使って10〜200万円程度のホームページ制作を代行しています。さらに、ホームページ作成だけでなく、運営代行も行なっています。月々33,000円で記事の投稿・修正、SEO対策などを依頼できます。

ウェブロード

アビリブ

アビリブの公式サイトの画像
アビリブは、宿泊施設のホームページ制作に特化した制作会社です。宿泊施設のホームページに加えて、ブログサイトや求人サイトなど幅広いホームページ制作を請け負い、作成から運用サポートまで行います。作成においては、ヒアリングだけでなく市場調査やコンセプト策定、ライティング、SEO対策、さらには写真や動画撮影までプロが行なってくれるため、クオリティの高いホームページが期待できます。料金は案件によって異なるため、まずは見積もりを取ってみましょう。

アビリブ

目的に応じた作成代行を利用しましょう

ホームページ作成代行について解説しました。ホームページ作成代行は、ホームページ制作会社もしくは個人に依頼するのが一般的です。ホームページ制作会社は、クオリティが高いものの料金が高い、個人はリーズナブルでありながらもスキルや経験によって満足いかないホームページが出来上がる可能性があるなど、それぞれメリットとデメリットがあります。満足いくホームページを作成するには、それぞれのメリットとデメリットを踏まえつつ、ホームページの選び方のポイントを抑えながら依頼先を選びましょう。

ホームページ作成に時間を割くことができる場合は、ホームページ作成ツールもおすすめです。ホームページ作成ツールは、基本無料で利用でき、初心者でもホームページを作成できます。自分で作って料金を抑えたいという人は、ホームページ作成ツールを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事