フリース壁紙

Renovation with Fabric

DIY壁紙

ヨーロッパで8割以上のシェア率! -フリース壁紙-
フリース壁紙を皆さんはご存じでしょうか。
あまり聞きなじみがないかと思いますが、なんとヨーロッパでは8割以上の
シェア率を誇っています。

なぜヨーロッパでこんなにシェア率が高いのでしょうか…
その理由は、ヨーロッパではDo It Yourself!
そうです、DIY文化が根付いているからです。

フリース壁紙とは、マスク等に使用される不織布を素材としていて
伸縮性が少なく、壁紙自体の幅も53cmと短く、
初心者の方でも簡単に貼れてしまうのです!

まずは貼りたい場所を探そう!

 フリース壁紙の柄を選んだら、まずは貼りたい場所を探します。

 リビングや寝室はもちろん、玄関や廊下などもおすすめです。

準備は簡単!

✔ 準備は容器(別売)に専用糊(別売)を入れるだけです。

✔ 専用糊には接着成分は含まれておりません。
   セルロースを主剤としているので、お子様が触れても安心です。

壁に糊を塗る!

✔ フリース壁紙の一番のポイントです。
  先に壁側に糊を塗ります。

✔ 1本半ほど糊を塗っていきます。

壁紙を貼っていく!

✔ 糊を塗った後に壁紙を貼っていきます。

✔ 糊が乾く前に貼ることで、貼ってからの位置調整が簡単です。

✔ 壁紙の幅も53㎝と短く、女性やお子様でも貼ることができます。

中の空気と糊を抜いていく!

✔ なぜ刷毛(別売)で空気を抜いていきます。

✔ 中の空気と共に、糊も外へ押し出していきます。

上下をカット!

✔ 巾木にカッターを当てカットをします。

✔ 壁を切ってしまわないように注意してください。

完成!

✔ 2本目、3本目と同じように貼っていくことで完成です。

✔ 壁紙を貼ったことがない方でも30分で貼ることができました。
   とても簡単に模様替えができてしまいます。

フリース壁紙を使った商品

ファブリックパネル
切り売り

切り売り(1m~)

1mから切り売り販売を行っています。

2.5mをアクセントクロスとして壁に貼ったり、
ネット販売用に1mを背景として写真を撮ったりなど

用途は様々です。

あなただけのフリース壁紙の使い方をしてみてください。