企業理念から落とし込む!
世界基準の目標に対して、本質的に取り組むための

SDGs社内浸透研修

▶経営層にSDGsを浸透させたい
 広報、経営企画の責任者
▶社内でのSDGs推進を託されている
 コーポレートコミュニケーション、CSR、人事の担当者

人気の教育講座を、法人研修にカスタマイズいたします。

広報部として何かやらなければと思うが
経営層や社員の理解が得られない…
一応、現在の取り組みを各目標に当てはめて
CSRレポートなどにラベリングはしているが…

トップが「SDGsを取り入れる」と決めたが
何から手を付けると良いか…
CSR的な発想、発信は以前からやっており
SDGsでどのように変えれば良いか分からない…



企業のコミュニケーション担当者はSDGsを
どのように理解し、社内外に発信すべきか。

多くの企業で取り組みが始まっている領域

政府や経団連でもSDGs に注力をするなどもあり、国内外で認知や理解は高まりつつあります。2019年 6月に日本は、G20 サミット議長国として、気候変動対策に関する議論をリードする役割を担いました。世界規模の取り組みとして、ますます SDGs は盛り上がっていきます。そのため、株主や投資家、顧客、社員やその家族など、あらゆるステークホルダーから、企業の取り組みに注目が集まることが予想されます。一方でSDGs を経営まで浸透させ、適切なコミュニケーションに落とし込めている企業は、ほとんどないと言っても過言ではありません。中間管理職や一般社員への定着が低いというデータがあるように、広報担当には、社外だけでなくインターナルコミュニケーションも含む全方向の対応が求められています。

社内には存在しないノウハウ

社内での SDGs 定着に対する障壁は、社員や事業部が自分達には「そもそもやる必要性がない」「取り組むメリットがない」と考えていることにあります。また、広報にとってもはじめての取り組みで「何から手をつければよいか分からない」「相談先がない」と四苦八苦するケースは少なくありません。SDGsは企業の社会的責任や CSR といった観点だけではなく、ESG も含めた IR や中期経営計画、経営理念などと、一体化して取り組むことが重要です。社内での共通理解を醸成する一助として、企業研修は活用頂けます。


皆さまのレベル感に合わせて、カリキュラムを設計します
例①半日完結型 SDGs研修
13:00-15:00
SDGsの考え方

ビジネスにおけるメインパワーの変容とSDGsの関係 / 企業評価の古いモノサシと新しいモノサシ / 社会貢献型のビジネスとは / ソーシャル・ビジネスの考え方

15:20-17:20
ワークショップ

SDGsと17の目標 (17のテーマと自身の動機を考える) / 身の回りにある社会課題と自社の事業(SDGsの思考レベルを個人から企業にあげる) 

15:20-17:20
ワークショップ

SDGsと17の目標 (17のテーマと自身の動機を考える) / 身の回りにある社会課題と自社の事業(SDGsの思考レベルを個人から企業にあげる) 

例②2日程型 SDGs研修
DAY1 2H
SDGsの考え方

ビジネスにおけるメインパワーの変容とSDGsの関係 / 企業評価の古いモノサシと新しいモノサシ / 社会貢献型のビジネスとは / ソーシャル・ビジネスの考え方



DAY1 1H
ワークショップ

SDGsと17の目標(17のテーマと自身の動機を探る) / 社会課題に対する行動の個人宣言(個人で何を行動するか考える)

DAY2 2H
SDGsの実践

企業理念・行動指針・フィロソフィー・ビジョンから自社の事業を考える / 社会課題解決と自社の事業 / 業務を通して個々人が取り組む事を考える(SDGsの思考レベルを個人から事業へ、そして個人の日々の業務へ落とし込む)

DAY1 1H
ワークショップ

SDGsと17の目標(17のテーマと自身の動機を探る) / 社会課題に対する行動の個人宣言(個人で何を行動するか考える)




研修のポイント①

■社員研修を完全サポート
カリキュラム作成や講師の選定はもちろんのこと、当日の運営、受講後アンケートの回収、フィードバックまで担当にすべてお任せいただけます。

研修のポイント②

■講義内容をカスタマイズ
事前に講師を交えて打ち合わせを実施します。貴社や社員様の課題に合わせて、実務に生きるカリキュラムをつくっていきます。

よくあるご質問

Q
人数に制限はありますか?
A
ワークショップがある場合、30名程度が適正となりますが、講義では特に制限はございません。
Q
業務の都合上、カリキュラムや実施時間を調整したい。
A
柔軟に対応いたします。ご相談ください。
Q
お見積もりが欲しい。
A
直接担当までお問い合わせください。
Q
人数に制限はありますか?
A
ワークショップがある場合、30名程度が適正となりますが、講義では特に制限はございません。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信