健康診断の結果、見直してみませんか?



健康診断の結果、見直してみませんか?

皆さん今年の健康診断の結果はいかがでしたか?ところで結果をきちんと把握していますか?基準数値を満たしている項目でも、すこしづつ悪くなっていくケースもあります。

以前の結果と比較してどのように変化しているかも確認しておくことが大切なんです。

基準数値を満たさなかった項目がある場合は、改善してこそ健康診断を受けた意味があるというもものですよね。自分だけの判断で次の健康診断まで様子見しようと考えるのはお勧めしません。

改善するために自分でできることは意識して実行していきましょう。

生活習慣に関する主要項目の中でも特に注意したいのが、動脈硬化などさまざまな身体のトラブルの可能性を高めるLDL(悪玉)コレステロールです。

日本人間ドック学会の発表によると、2015年の人間ドック受診者316万人の内、LDLが140mg/dl以上の方は約105万人です。

なんと3割を超えています。

 

1990年の割合は8.9%なので、この25年で3倍以上の増加していることになります。増加傾向の要因は、食習慣の欧米化があげられます。

野菜や魚中心の日本料理から肉料理中心の食習慣になってきました。

 

LDLコレステロールの厄介なところは、増加初期の自覚症状がほとんどないということです。

健康診断の結果、基準数値と比べてギリギリ基準値を満たしている人も、早めに改善をしていきましょう。

まず見直したいのが食生活です。コレステロール対策には野菜をたっぷり食べるのが基本です。

この25年で日本人のコレステロールが増えた原因が食週間の肉食に変わり、野菜を取る量が減ったことが分かっています。

 

野菜はコレステロールの低下に有効です。

 

厚生労働省は1日の野菜の目標摂取量を350gとしています。しかしながら日本人の平均野菜摂取量は280gです。

 

野菜を意識して摂取するようにしましょう。

 

そしてどうせ野菜をとるならコレステロールの低下に効率の良い野菜を取ることを意識してみてはいかがでしょうか。

野菜の中でもブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科の野菜を多くとりましょう。これらのアブラナ科の野菜には天然のアミノ酸のSMCSという成分が多く含まれています。

このSMCS、コレステロールを低下に特に効果のある成分として知られています。

 

野菜の中でもキャベツやブロッコリーの料理を積極的に食事の献立に取り入れてみましょう。

 

野菜を使った料理の献立を考えたり、料理する時間なんてとてもないという方には、サンスター㈱から発売の緑でサラナがお勧めです。特定保健用食品の認定を受けていて、キャベツ、ブロッコリーの成分をたっぷり含んでいるコレステロール低下に特化したサプリです。

 

料理の献立を野菜中心にしたり、サプリで補ったり、自分に合った効率的な対策をしてみましょう。