『ENSENS』counseling・coaching


カウンセリングについて


※令和3年5月初旬~中旬事前予約開始
令和3年6月正式オープン

※ホームページの問合せフォームも準備中です。
フェイスブックのメッセージからお問合せください。
https://www.facebook.com/takamatsu.ensens

独りで悩まずに、話しましょう

「悩みは十人十色」
”対話”を中心に、タロットカードやカラーカードを使ったり、
アートや皆さんの趣味なども活用したり、解決や元気を取り戻すことを
一緒に考えましょう。

まずは話をしましょう。それにつきます。


悩み⇒心の病 そのワクチンとなりうるは『話す・自分を知る』

悩みは十人十色。”仕事” ”人間関係” ”生活” ”将来不安” ”自信や不安” etc.
これまで話をさせて頂いた方々には「上手く言葉に出来ない」「家族や友人だからこそ話しにくい」「話せる人がいない」と、独りで抱えてしまうケースが多く見られます。

たとえ小さなものでも積み重なって、眠れない、気分が悪くなる、など身体的な影響が出てクリニックでの投薬などの治療を受けることがあります。まさに私自身がそうでした。
双極性障害・発達障害(ADHD)と診断を受け、投薬やカウンセリングを受けてきました。

『話す』
これが元気だった時も、精神疾患になった時も、現在でもテーマです。
このポイントが「心の病へのワクチン」なのでは、と考えます。
”自己認知”。もっと簡単に言えば「自分を知る・自分を見つける」。あなたの感性、それが柱になります。
悩みも、その答えも、自分自身の中にあります。自分にとって心地のいい自分を探してみましょう。

カウンセリング・コーチング

初回は30分~1時間程度のお話をさせて頂きカルテ作成などを行います。
基本的流れ
基本は「対話」を基にカウンセリングを行います。
場合に応じて、絵・文字・カードなどを利用。
まずはモヤモヤを取り出していきましょう。
STEP 1
カウンセリング
まずは何に悩んでいるか。どんな苦しみなのか、どういうことを望むか、現状や個性を教えて頂きます。そこから方向を一緒に考えていきます。まず話をしましょう。言葉に上手くできなくても支離滅裂でも大丈夫です。そんなの気にしなくていいんです。まずお話をしましょう。

STEP 2
2回目以降
2回目以降も継続される場合は、初回を踏まえて具体的なコーチングやアドバイス、対話の継続をしていきます。
息抜きでたまに1時間だけという方もいらっしゃいます、ストレスというのは抜けづらく溜まりやすい。具体的なものがなくても、たまに気晴らしで利用していただくことだって大丈夫ですよ。
STEP 3
もう大丈夫
初回・複数回。と回数は人によって違います。1っ発で元気になられる方もいらっしゃいます。勿論、期待に応えられず1度きりの方もいらっしゃいます。定期的にお話をする方もいらっしゃいます。ここをご利用いただくゴールは、あくまでも『元気な自分』や『なりたい自分』『もういかなくていいか』もう大丈夫です。一期一会ですね。
STEP 3
もう大丈夫
初回・複数回。と回数は人によって違います。1っ発で元気になられる方もいらっしゃいます。勿論、期待に応えられず1度きりの方もいらっしゃいます。定期的にお話をする方もいらっしゃいます。ここをご利用いただくゴールは、あくまでも『元気な自分』や『なりたい自分』『もういかなくていいか』もう大丈夫です。一期一会ですね。

上手く言葉にできない。支離滅裂になってしまう。
大丈夫です!!


言葉に出来ないものを言葉に『カードカウンセリング・セラピー』

うまく言葉にしたり表現できなくても、大丈夫!!
「タロットカード=占い」 というイメージですよね。

私は占い師じゃありませんし、占いはできません。

ですが、タロットカードの特性はインスピレーションに作用する。
パッとカードを見て浮かんだ感情や感覚はその時の自分だけのもの。
思いがけない自分が見つかるかもしれません。

カラーカードも同様にインスピレーションに作用します。
タロットよりもシンプルかもしれませんね。

カウンセリングを行う上でカードの活用は相性がいい。
言葉にできない、それを言葉にする手助けをしてくれます。

思いを目の前に映す 『アート・筆記』 

<描く・書く・作る・移す・映す>
医療現場では芸術療法・筆記療法というものが行われています。
言葉でのコミュニケーションが難しい場合などに用いられるものです。

ここでは、もっとシンプルなもの。落書き程度のものでもOK。
ペンでも筆でも、ねんど、彫刻、etc.

描く・書く 眼に映る 思いが移る 
つまり自分を自分の目で見るんです。
あー。自分ってこうなんだ、なんて思うかもしれません。

デジタルなものでは無料のアプリでこれまで
撮った写真を加工してみることもあります。

皆さんの好きな方法でやってみましょう。

『フォトグラフ&ムービー』

<手元のスマホでも十分です。むしろいい武器もってます>
上記は”投影法”を簡易化させたものですが、コチラも独自に簡易化させたものです。
カメラ・写真を使って”自己認知”を高める・安定させる。カウンセリングではなく”コーチングとセラピー”の側面が強いかもしれません。一眼レフでもデジカメでもお手元のスマホでもOKです。書く代わりに”写す・映す”が大事なポイントです。フィルムでもいいですね。

一日一枚、一日に一回の動画⇒そこにタイトルをつける⇒スマホやPCにアルバムを作る。SNSには載せないのもポイント。自分だけのアルバムです。そして一週間したら見返してみる。その日、その時、なぜそれを移したのか?なぜそのタイトルにしたのか?それが自己認知。もっと簡単に”自分と話をする”ということになります。
手間をかけるなら印刷をしてアルバムを作ったりフレームに入れて飾ったりするのもいいかもしれません。

ポイントは
”一日一枚・日付とタイトルをつける” 
”SNSに載せない” 
”自分だけが見る自分だけのアルバム”
”1週間または期間を決めて見返してみる”

2回目のカウンセリングでアルバムにして見せてくれる方もいらっしゃいます。
それを元に話をして楽しいです。帰り道にその方が目を向けた場所に自然と
目を向けて、私自身が刺激を受け、感覚を広げてもらっています。

写真はたまーに見返すといいですね。
あの時こんなだったな、なんて。
そういうことです(笑)

自信を持つ。自分を知る。客観する。そんな簡単じゃないかもしれません。
でも、思ってるより難しくもないはずです。大丈夫です。


ご予約はコチラから

事前予約準備中。
6月正式オープン予定。
※予約は2日前から受付、2日前までの先払いになります。

<お問合せ>

ご予約前の確認
通院中の方など確認が必要な場合はご予約前にお問合せ頂けると幸いです。

《注意事項》

  • 当カウンセリング以外のお客様の実生活でのことに関しては一切関与いたしません。トラブルに関しての保証などもございません。
    あくまでカウンセリングを受ける方、カウンセリング中のみ対応で実生活に直接対応はできません。その可能性がある場合は事前に事情を記載してお問合せください。
  • カウンセリング中に中断が必要な場合もございます。薬物使用が見つかる・暴力・最低限の対話が出来ない場合など、実行不能の場合、家族への連絡・警察への通報なども行います。
  • 当日、カウンセリングやコーチングにご納得が頂けない場合の補償もございません。当日キャンセルと同様の扱いになりますのでご了承ください。
  • キャンセルは予約日の2日前までになります。前日・当日のキャンセルはできません。当日いらっしゃらない場合に後日の返金もできませんのでご注意ください。
  • カウンセリング中に中断が必要な場合もございます。薬物使用が見つかる・暴力・最低限の対話が出来ない場合など、実行不能の場合、家族への連絡・警察への通報なども行います。
  • お支払いがカードの場合はカード会社を通じてのキャンセル料の返却になります。
    口座振替の場合はキャンセルの連絡に口座情報を記載してください。5日以内に返金額を振込を行います。その際の振込手数料は当方で負担いたします。前日からのキャンセルの場合は返金はできません。
  • カウンセリング中の内容は当方はSNS等でお客様の情報や内容を外部に発信することはありません。お客様がご自身で発信した場合や、第三者へ話をしてその方が発信した場合。当方に損害があった場合などお客様への法的措置の可能性もありますので、個人情報保護に関してはお客様のご注意もお願いしています。
  • 保護責任者・成年後見人・法定代理人などの許可が必要な方は事前に許可と当方への証明をお願いします。こちらからご連絡を差し上げることもございます。
  • カウンセリング中に中断が必要な場合もございます。薬物使用が見つかる・暴力・最低限の対話が出来ない場合など、実行不能の場合、家族への連絡・警察への通報なども行います。
  • カウンセリング中に中断が必要な場合もございます。薬物使用が見つかる・暴力・最低限の対話が出来ない場合など、実行不能の場合、家族への連絡・警察への通報なども行います。

<プロフィール>

代表/カウンセラー 高松幹宏(タカマツモトヒロ)

カウンセリング/コーチング/セラピー
メンタルケアカウンセラー/心理士/HSP/HSSカウンセリング・メンタルコーチング/タロットカード/オラクルカード/カラーカード/芸術療法/筆記療法

双極性障害と発達障害の診断を受け投薬やカウンセリングの治療を受けた経験から自身の安定や経験の為に勉強・資格取得を行い実践修行を経て令和3年開業。これまでの学びの中、防げたんじゃないか?治療を必要とする前にどうにかできたのでは?と仮説にたどり着き、うつ病の予防線・ワクチンを目標としています。
主に対人での仕事をしてきた経験も活かし、一人一人に合った方法で一緒に考えていくことを心掛けています。

個人用Facebookなどもご覧ください。

高松 幹宏(タカマツ モトヒロ)
1983年3月生まれ/神奈川県横浜市

主な経歴
カウンセラー/KDDI・SV/Softbank販売・店長/リフォーム/訪問営業、他バイト
趣味など
・カメラ/ギター/ベース/映画/アート/読書/落語/スポーツ/


SNS

Facebook
Instagram
個人用Facebook
個人用Facebook