このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。

次回12月開催決定!

オンラインを活用した新しい学びの体験を通して、受講生の満足度を最大化するオンライン講座の開き方と成功の秘訣を学びます。

本講座は、オンラインの長所と短所を捉え直し、講座をひらくための実践的なスキルに加え、学習者主体の学びの体験を通しオンラインだからこそ生み出せる講座の価値の理解を深めます。

チームで対話を重ねる経験学習方式によって、受講者全員が、オンライン講座の製作者、開講者、参加者のすべての立場を経験します。インプットした知識を繰り返し実践し、振り返ることで、実感を伴った深い理解を得られる講座です。

12月期のファシリテーターです

おおせみちこ

スイスで子育て、就職、転職、失業を経験し、2016年にZoomに出会い、オンラインでセミナーや講座、イベントを企画、運営するように。毎日世界中にいる仲間とオンラインでつながり、楽しく仕事をする。
トオラスが提案する「自己組織化ラーニングファシリテーター(SLF)講座」という講座を受け、変化の激しい多様な社会で必要とされる、自ら考え行動できる人を育てる、違いから学び、主体的に学ぶ機会を創造する活動を開始。自分のように海外にいても、子育て中、介護中で時間的、地理的制約がある人も、自分を生かしながら仕事ができるよう支援する。

中島美暁

「経営革新の推進機関」日本能率協会で20年ほどの経験後、子育て両立のワークスタイルを模索して独立。カウンセリング・コーチングとともに、ちょうど設立時にあった日本ファシリテーション協会(FAJ)でファシリテーションを学び、「受講生を主役にする学びの場づくり」を一貫して模索してきた。2017年からはオンラインラーニングに目覚め、最近ではZOOMを活用したオンラインの学びとコミュニティの場づくりにチャレンジしている。2018年11月に一般社団法人ビジネスエニアグラム協会を立ち上げ、理事に就任。

阿部淳

株式会社野村総合研究所での37年(システムエンジニア13年、組織マネジメント18年、社内講師6年)の経験を活かし、2013年より、日本ヒューマンスキル研究所所長として、経営者・管理者向けのビジネスコーチングと企業向けの研修を提供しています。また日本コーチ協会神奈川チャプター代表として、「地域におけるコーチングの普及」および「コーチの交流と相互支援」にも取り組んでいます。

コーチングスキルを活かした安心安全な場作りと対話型の研修スタイルを得意としており、受講者に深い気付きを促し、学習効果を持続させることを大切にしてきました。SLFコミュニティーでは「自己組織化を促す場作りと質問力」を研究テーマとして活動しています。

石川英俊

学生時代に「世界一素敵な学校〜サドベリー・バレー物語〜」(緑風出版)と出会い、自らの興味・関心と必要性に基づいて、自らが学びやすい方法によって学ぶことで、人は前のめりになって学び、楽しみ、世界を広げ、人生を豊かにすると確信する。
その後、教育行政の仕事に進み、安心して学ぶことができない環境(いじめ、貧困、不登校、障害の差別など)にいる子ども達の存在を初めて知ったことで、フリースクール等の「安全・安心な子どもの居場所」「学校以外の多様な学び場」を広げることをミッションとして掲げ、現在、奮闘中。
オンライン上で、人との繋がりの中で主体的に学びを深めていくことに可能性を感じ、学びの伴走者になるべく「自己組織化ラーニングファシリテーター養成講座0期」を修了。

小原賢二

新潟市出身。新潟県在住。 東京の大学を卒業後、就職せず3年間旅の生活に。その後、まちづくりの会社で4年働き、2012年から現在までホールアース自然学校に所属。 2019年から新ブランド「つなラボ」を展開し、人と人、人と自然、人と地域の関係を紡ぎ直し「しあわせ」を感じることができる社会を目指し活動中。 対話を重視し、関係性を扱った企業研修や人材育成。 学び×感性を大切にした個人向けワークショップ。 リアルな体験からの学びを重視した、自然体験などをメインに提供しています。 対面型の体験をメインにしていたことろから、現在はオンラインに少しづつ移行中。 自然のあり方から学ぶことは本当に多く、自然体験のプロとして活動している自分だからこそ 作れる場があると信じて、SLFでも活動していきたいです。

まずは、講座の概要をご覧下さい

この講座で体験できること

  • 自分らしい、オリジナルオンライン講座の創造・デザイン
  • オンライン講座の一部を企画、作成
  • 多様なフィードバックを受けることによる、作成した講座のブラッシュアップ
  • Zoomなどのオンラインツールを使った共創型オンライン反転授業の受講による学び
  • オンライン特有の同期、非同期のコミュニケーションや、学習空間を構築するための具体的なツールの活用
  • 学習者同士の主体的な相互の学び合いを促進する働きかけの実践とその効果
  • リアルでは出会えない職種や価値観、年齢、生き方、働き方をしている多様な方々との出会いと人間的な繋がり  

  • 自分らしい、オリジナルオンライン講座の創造・デザイン

こんなあなたに参加してほしい

  • 受講生が、自分らしく生き生きと学ぶことで、高い満足度を得られるオンライン講座を開きたい人
  • 海外在住、地方在住、育児中、介護中などの制約のある方でも、新しい仕事としてのオンライン講座実施にチャレンジしてみたい人
  • 反転学習による学習者中心デザインの講座作りと受講体験をしたい人
  • 運営しているオンラインサロン/コミュニティを参加者の主体的な関わりによって活性化させたい
  • リアルで行っている講座やワークショップをオンラインで効果的に実施したいと思っている人
  • 受講生が、自分らしく生き生きと学ぶことで、高い満足度を得られるオンライン講座を開きたい人

参加者の声

美容アドバイザー 上村 晃一郎さん

私は日頃、肌感覚を大切にしているためオンラインには苦手意識がありました。例えば以前の私は、Facebookの友達リクエストを頂いても、一度はリアルでお会いしたことがある方しか繋がりませんでした。

「オンラインだけでは信頼感は生まれない」と思っていたからです。

でも、オンライン講座の開き方講座に参加して、それは単なる思い込みだと気づきました。

今の私は、一度もリアルでお会いしたことのない、この講座で出会った仲間を信頼しています。Facebookで繋がっているだけでなく、私のオンライン講座を開く際に、立ち上げand運営メンバーとして手伝ってくれている仲間もいます。

この講座で、素晴らしい仲間と出会えていなければ、いまだにオンライン講座を開くことはできていないでしょう。 今、私は講座で出会った仲間や、講座を企画し、開催してくださった方に、感謝の気持ちで、いっぱいです。本当に、ありがとうございます。

フリーアナウンサー&セラピスト 及川徳子さん

この講座はオンライン講座を開くための単なる「ノウハウ」を学ぶものではありません。
対面講座の劣化版ではなく、オンラインだからこその可能性を探り、自分と向き合い、仲間と共に深められる講座であると感じています。

反転授業形式で、あらかじめ自分で学んでからアウトプットし、フィードバックをもらい、シェアして深めていくので、学び方は本人次第。講座にどう臨むかで受け取れるものはものすごく変わります。

たとえ積極的でなくても、どんな状態でも許される場があり、自分が講座を開催する場合の参加者の気持ちを感じたりすることも出来ます。

講座期間中の課題はけっこうあるので大変は大変ですが、自分と対峙し、内側にあるものをカタチにすることで見えてくるものがあり、気づきが大きい講座だと思いました。
また共鳴する仲間と出会い、高め合いながら楽しく学ぶことが出来ました。
さらに私が受講した4期は講座が終了してもスピンオフ企画が立ち上がり、応援しあったり、忌憚なくフィードバックし合うことで、講座をブラッシュアップ出来ます。

ファシリの皆様も「場づくり」をとても考えて下さり、この講座自体も回を重ねるごとに進化しているようです。
なので何度も参加される方がいらっしゃいます。

私はこの講座に参加したことでオンラインでの新しい講座の展開を考えるようになりました。参加して本当によかったです。ありがとうございました。

https://tokukooikawa.com/

山田篤子さん

【新しい学び方を見つけたい方へ】
Zoomを使ったオンライン学習に興味を持ち、詳しい知識も経験もないまま参加してみました。動画を作成しYouTubeにアップするなど、不慣れなこともありましたが、リアルでは決して知り合うことのないであろう幅広い分野の方々と学びの場を共有するという有意義な経験となりました。また運営チームのサポート体制のおかげで、初めて使う様々なツールにも、安心して慣れることができました。

受動的に学習する従来の学習スタイルは、時に孤独になりがちですが、週に一度の反転学習は、お互いに進捗状況や悩み・相談などを共有できる場となり新鮮でした。また、動画で学習し課題に取り組むだけでなく、参加者同士がお互い自由に提出課題にコメントしあうことで、様々な「気づき」も生まれました。それぞれに熱い思いを持った人たちのエネルギーに満ちた「学びの場」を共有するという不思議な体験でした。実際、限られた時間の中で課題をこなすには、大きなエネルギーを伴いました。「自分がしたいことは何か?」「なぜそれをするのか?」「そのために何が必要か?」など、自分を掘り下げる作業は学生時代以来でしたし、受動的に学ぶことに慣れていた自分に「自ら動いて学びにいく」という変化が起こったのは意外でした。
すでにご自分の講座をお持ちの方々から、多くの刺激を受けたり、講座終了後も、同じ興味ごとのスピンオフなどで、また新たな方との出会いもあり、オンラインならではの学びや交流が続けられるのだと実感しています。


久保かをるさん

【体感することで得た大きな学び】

対面講座を開催していましたが、コロナ禍の為、講座をオンライン化する必要に迫られて参加しました。

オンラインの知識と経験がなかったことと、どんな人たちが集まるのだろうと不安でしたが「学習者中心の学び」「経験学習モデル」というキーワードに、今までとは違う学びの場づくりなのだと感じて、とても興味を持ちました。

仕事をしながらの課題提出は、簡単なものではありませんでしたが、仲間の存在やファシリテーターのフィードバックによる。「いつも見ているよ」という静かなメッセージを感じていたから最後まで続けられたのだと思います。

 「課題が出来ずに苦しむ気持ち」「人と比べて落ち込む気持ち」「課題提出の達成感」「フィードバックをもらって嬉しい気持ち」様々な感情を味わう事で 講座を運営するにあたって最も大切な「受講者の気持ち」を体感できたことが、とても大きな学びだったと思います。

 そして、何より 忌憚のない意見を出し合って、違いを認め合って、刺激しあって向上していく素晴らしい仲間に巡り合えたことが、私にとっての財産になりました。

 勇気をだして、参加して本当に良かったです。ありがとうございました。

その他の参加者の声を見る

講座デザイン

Zoomを使ったオンライン講座です

日本全国、世界中からオンラインでつながれます。ご都合のいい場所からご参加ください。

この講座ではオンライン会議室システムのZoomを使います。クリック一つで世界中と繋がれます。オンラインって難しそう?Zoom使い方をご覧ください。

Zoomの使い方を見る

経験学習を中心にした講座デザイン

特徴①:反転学習による経験学習サイクルの体験
Zoomを使ったオンライン講座の開き方を、オンライン反転授業形式で学びます。事前に講座動画を視聴し、課題をオンラインプラットフォーム(今回はslackを使います)に提出し、相互にコメントします。その後、Zoomに集まって対話をするというサイクルを4回転して学びます。同時に、提出された動画を参考にしながら、Zoomを使ったオンライン講座に必要なスキルを練習によって身につけていきます。課題動画視聴にかかる時間は毎回30分程度です。
特徴②:集合知による学びの促進
オンライン講座では、参加者同士の交流により学びの幅が広がり、さらに深さを作っていきます。それが講座の価値を生み出します。
ファシリテーターは学び合いが促進されるよう様々な働きかけを行います。本講座では開催時間以外での対話やコメントによるやりとりを積極的に推進し、そのことにより受講生の皆さんの受講価値が向上することを実際に体験していただきます。

オンライン反転授業とは?

知識の習得を事前に動画で行い、教室では対話やワークを行う授業デザインのことを「反転授業」と言います。教室をZoomに置き換えたのが、オンライン反転授業です。
 
双方向のコミュニケーションが取りやすく、関係性の質が高まり、学び合いが促進されます。

【Zoomを使う5つのメリット】
*どこでも会場になる。つまりオンラインだと教室までの移動時間や会場費がゼロ
*国内外を問わず受講対象者が広がる
*小部屋に分けられるので、参加者間の対話を深められる
*録画ができるので「講座に出たいけど、時間が合わない!!」という方も無理なく参加できる
*個人でも手軽にアカウントを持てる

4ステップで学ぶ

STEP

1

コンセプトを練る

  • Why ⇒ How ⇒ What のゴールデンサークルの順に、あなたが作りたいオンライン講座のコンセプトを考え、slackに提出します。さらにWhy動画を作成することで、コンセプトを伝えることを実践します。
  • Zoomの使い方、オンラインプラットフォーム(今回はslack)の使い方も学びます。

STEP

2

講座をデザインする

  • 課題動画を参考にして、オンライン講座の構成を決めて、それを説明する動画を作成します。
  • オンライン反転授業を効果的に行うコツ動画を使って学ぶポイントをお伝えします。
  • 参加者のオンライン講座の設計を相互に参考にすることで、オンライン講座の設計についての理解が深まっていきます。
  • メール配信の方法や、決済の方法動画の作り方や共有方法についても学びます。

STEP

3

講座をブラッシュアップする

  • オンライン講座の立ち上げから設計、進め方について考えていくと共に、実際の講座動画の一部を作成します。
  • 集合知が生まれる工夫、脱落しにくくなる工夫、などについて学びます。

STEP

4

ファシリテーションと運営

  • 集合知を生かした学び合いを起こすための工夫について、受講生の目線から考えます。
  • 学習者が自ら動き出して学ぶようなオンラインファシリテーションと運営のポイントを学びます。
  • Zoomのブレイクアウトセッションを効果的に使うコツをお伝えします。
  • 実際のオンライン講座開催に向けて道筋を考え、課題と対策を検討する。

STEP

1

コンセプトを練る

  • Why ⇒ How ⇒ What のゴールデンサークルの順に、あなたが作りたいオンライン講座のコンセプトを考え、slackに提出します。さらにWhy動画を作成することで、コンセプトを伝えることを実践します。
  • Zoomの使い方、オンラインプラットフォーム(今回はslack)の使い方も学びます。

12月期講座スケジュール

12月8日(火)21:00~22:30  STEP0(チームビルディング・ツールの使い方)
12月15日(火)21:00~22:30  対話会 
12月22日(火)21:00~22:30  STEP1(コンセプトを練る)
1月5日(火)21:00~22:30  STEP2(講座をデザインする)
1月12日(火)21:00~22:30  STEP3(講座をブラッシュアップする)
1月19日(火)21:00~22:30  STEP4(ファシリテーションと運営)

参加者のお声

フリーアナウンサー&セラピスト 及川徳子さん

この講座はオンライン講座を開くための単なる「ノウハウ」を学ぶものではありません。 対面講座の劣化版ではなく、オンラインだからこその可能性を探り、自分と向き合い、仲間と共に深められる講座であると感じています。
反転授業形式で、あらかじめ自分で学んでからアウトプットし、フィードバックをもらい、シェアして深めていくので、学び方は本人次第。講座にどう臨むかで受け取れるものはものすごく変わります。たとえ積極的でなくても、どんな状態でも許される場があり、自分が講座を開催する場合の参加者の気持ちを感じたりすることも出来ます。
講座期間中の課題はけっこうあるので大変は大変ですが、自分と対峙し、内側にあるものをカタチにすることで見えてくるものがあり、気づきが大きい講座だと思いました。
また共鳴する仲間と出会い、高め合いながら楽しく学ぶことが出来ました。
さらに私が受講した4期は講座が終了してもスピンオフ企画が立ち上がり、応援しあったり、忌憚なくフィードバックし合うことで、講座をブラッシュアップ出来ます。
ファシリの皆様も「場づくり」をとても考えて下さり、この講座自体も回を重ねるごとに進化しているようです。 なので何度も参加される方がいらっしゃいます。

私はこの講座に参加したことでオンラインでの新しい講座の展開を考えるようになりました。参加して本当によかったです。ありがとうございました。
https://tokukooikawa.com/

町塚俊介さん

【忙しくても、最先端の学びを得たい方に】

プログラム期間中、業務が忙しかったり、体調が優れないなど、思うようにプログラムに、参加しづらい状況になってしまったのですが、

・プログラムの録画を見たいときに見れたこと
・グループのメンバーが、気にかけてくれていたこと

が支えになって学びを続けることができました。細かいテクニックもありますが、この講座を通じて得た一番の学びは
「参加しづらい立場の人の想い」を自分自身で経験することができたことです。

今では、コーチングをオンラインで学習するプログラムやオフライン、オンラインそれぞれの良さを組み合わせて、日本料理の基礎技術習得を目指すプログラムに活かさせて頂いております。

詰め込みインプットではなく、経験を通じて、できるという感覚を持って、オンライン講座を終えられたのも、有り難かったです。

馬場真一さん

ZOOMオンライン講座2.0

Zoomについては数年前から知っていましたが、どアナログ人間であるため、
今一歩踏み込めずにいました。

この講座の存在は、お付き合いの深い県教育委員会の職員の方に教えてもらい、
ページを見て迷わず申し込みました。

実際に毎回出される課題にアップアップした時もありましたが、
何とかついていくことができました。

その後は、講座で出会ったZoomに詳しい方々に協力していただき、
即、自主開催のオンライン講座をスタートさせ、
今のところ毎月開催しています。

次はシリーズものを企画していて、働き方の選択肢も広がり、
これまで以上に国境を越えての交流も広がりそうです。

野中恒弘さん

【この講座から期待以上の「宝物」をゲットする方法】
期待以上の「宝物」を頂いた気持ちでいっぱいです。単にZoomを使ってオンライン講座を作る基礎的な知識(メール配信システムや、決済の情報、オンラインプラットフォームの情報も含む)を包括的にゲットできただけではなく、zoomを使ったオンライン講座の経験が豊富な田原さんの他では聞けない実際に役に立つ方法やあり方についての考えも聞くことができました。

様々な形で、疑似的なオンライン講座を自ら作成し体験することもできました。やはり、インプットだけでなく、アウトプットをすることによってさらに有効に学んだことが身に付くことを実感しました。そして、何よりも、そこで出会った学習仲間がさらに学びを深くしてくれました。お互いに高め合うフィードバックを与え合うだけでなく、まるで昔からの友人のように、それぞれが抱えている疑問や課題もシェアできるような関係にまで発展しました。こうした仲間の支えもあって、最後まで講座を乗り切ることができました。講座が終わってからも、様々な形でつながりあい、有益な情報を交換したりお互いに高めあったりする関係は今でも続いています。

今この講座を検討している方に2つアドバイスがあります。1つは、インプットの方法であり、もう一つはアウトプットの方法です。①まずインプットの方法ですが、この講座はオンラインで行われるため、情報が文字や音声や動画など様々な媒体が使われますので、それを後で復習するときにアクセスしやすいように、EvernoteやOneNoteを使うことをお勧めいたします。私はワンノートを使ったのですが、すべての教材や学んだ内容を記録でき、どこでもいつでも数回のClickで復習ができるようにしました。

②次にアウトプットの方法ですが、これは与えられた課題に基づいたアウトプットだけでなく、自分から積極的に新しいメンバーと結びつき、自分がやってみたいアウトプットをどんどん仲間にアドバイスをもらいながら自分なりに進めてみることです。自分とチームになっているメンバー以外にも、どんどん発信してみると良いでしょう。必要によっては、講座の時間外に別のオンライン学習会を開いてもいいでしょう。このような、インプットとアウトプットを最大限に進めることによって、期待以上の「宝物」をあなたも得ることができるでしょう。

オーストラリアより愛と感謝を込めて。

片山 立さん

【新しい働き方の予感】  ZOOMオンライン講座2.0 

2017年の3月に電機メーカーを定年退職し、翌月から「夢・アーキテクティング工房」(Facebookページはこちら)という屋号で個人事業主として独立し、企業向けの技術コンサルティングの仕事をしています(個人Facebook)。
ZOOMオンライン講座2.0でのチーム4での自主活動(自称「オンライン居酒屋」)で、前文部次官の前川喜平さんが参加される7/21開催のFAJ中部支部イベント「身のまわり~世の中の変革への企てシ ナリオづくり 」に、田原さんも参加してもらおう、という企画案が構想され、それが本当に実現したというとても面白い体験をさせていただきました。

今回、受講をきっかけに、オンラインで気軽にコミュニティを創ったりセミナーを開催できることを実際に自分でやってみて体感することができました。オンラインではたしてこのようなチーム作業がスムーズにできるのか、という疑問をずっと持っておりました。 今後、自分が探求している「夢の実現と変容」や「イノベーティブ思考」に関するオンラインのコミュニティをぜひ、創って活動して行きたいと思っています。  ZOOMオンライン講座やそこに参加している人たちとの出会いが、自分の夢の実現に繋がることを、いま、まさにリアルに体験しています。このような新しい働き方や様々な人との出会いを求めている方はぜひ、ZOOMオンライン講座に参加して新しい生き方、働き方への扉を開いていただきたいと思います。

受講費用について

※定員に達し次第、お申し込みは締め切りますのであらかじめご了承ください。

正規価格:55,000円(税込)

【その他の割引】
★再受講者:27,500円(税込)
★過去に「ひらきかた動画(全セット)」をご購入いただいた方:43,000円(税込)


【キャンセルポリシー】
受講料金をお支払い頂いた後のキャンセルに関しては、受講料金の一定割合をキャンセル料として差し引いて返金いたします。返金の際の振込み手数料は受講者の負担といたします。
分割での支払いの場合でも適用されます。
【キャンセル料】
講座開催日の 16日前までのキャンセル:無料(全額返金)
講座開催日の15日前から2日前まで:受講料金の80%(20%返金)
それ以降のキャンセル:受講料金全額(返金は致しません)


なお、参加者数が最少催行人数(12名)に満たなかった場合は、講座の開催を中止させていただく場合があります。
 

12月講座受付開始!

再受講、動画購入済みの方

正規料金でお申し込みの方

お申し込み(定員30名:先着順)


お申込み〆切:講座開始前日の19:00!!
 
※フォームからお申込み後、受講料のお支払いが確認でき次第、
お申込み完了のお知らせをメールにてお送りいたします。

無料オンライン説明会

11月10日(火)21:00〜22:00
11月25日(水)21:00〜22:00

推薦の言葉

田原真人(たはらまさと)

オンライン講座がうまくいく秘訣は、心の通った相互コミュニケーションを増やすことに尽きます。
 
そうすると、講座修了後に、ファシリテーター、運営チーム、受講者が一体となったコミュニティが生まれてきます。これは、とても感動的なことです。
 
7年間の取り組みの中で、私たちは、この感動を何度も体験し、豊かなコミュニティが育ってきました。かつては、受講者だった方が、運営やファシリテーターへと役割を変え、学びが循環しています。
 
この講座は、私たちの学習コミュニティへみなさんをお誘いする入り口でもあります。ここには、新しい世界が広がっています。
 

(略歴)

与贈工房代表。早稲田大学物理学及び応用物理学専攻博士課程中退。元河合塾講師でマナビスの総合物理のDVD講義を担当。「反転授業の研究」代表。国際ファシリテーターズ協会日本支部(IAF Japan)理事。Flipped Learning Global Initiativeアンバサダー。インフィニティ国際学院オンライン教育アドバイザー、i専門職大学客員教授、さとのば大学講師、『微積で楽しく高校物理が分かる本』『Zoomオンライン革命』など著書10冊。


私たちが運営チームです

おおせ みちこ

スイス在住。
Zoom革命エバンジェリスト兼ライター。 
オンライン講座構築アドバイザーとして時間と場所に縛られない自由な生き方を追求する人を応援。(夢を形にするプロジェクトドリーム)
Web製作&シニア向けZoom教室も開催。 宮城県に住む80歳になる母親と毎日Zoom散歩を実行中。

檜山 大輔

東京生まれ、東京在住。
インドハンセン病コロニーを支援するNPO法人の理事として年間の半分をインドで過ごす。
フリーランスの広告代理店としても活動中。

久保田 夏未

兵庫県生まれ。神戸女子大学卒業後、保育園で管理栄養士として勤務。その後、企業理念に共感してスターバックスコーヒージャパンに入社。ストアマネージャーとして新店舗立ち上げから既存店舗のマネジメントまで幅広く経験。「心と身体と自然を大事にしたライフスタイルを実現したい」という想いから退職し、現在は自分なりの生き方と大好きなアロマオイルを探求している。




過去開催の講座のコンテンツ動画販売準備中。

主催:Zoom革命(自己組織化する株式会社)

お問い合せはこちらから

メルマガ「みんなで創る未来のレシピ」

今後も私たちが仕掛ける、ワクワクするイベントや講座の情報を
メルマガ「みんなで創る未来のレシピ」でご案内しております。
ぜひこの機会にご登録ください。
「機械論から生命論へ、内面、学び、コミュニティ、
コミュニケーション、働き方、社会のパラダイムシフト」などをテーマに、
与贈工房やZoom革命が仕掛ける様々な試みをいち早くお届けします。

メルマガ「みんなで創る未来のレシピ」登録はこちら

個人情報保護法(プライバシーポリシー)はこちら
特定商取引法に基づく表示はこちら