ちょっとびっくりする弁護士の年収
一般的な弁護士のイメージは高学歴で高収入です。どちらかと言えば、格好いい正義の味方的なイメージがかなりあります。確かに、かなり高額な収入の弁護士も数多くいるようですが一方では低年収で青息吐息という弁護士も少なくないようです。もちろん、平均的な年収は他の職業と比較すれば相当高額であることには間違いありません。このことから弁護士の年収は中間層が少なく高額層と低額層の二極化していると考えられます。原因は2006年の司法試験改革に求められます。条件が変革したことによって司法試験合格者が急増する結果となり、弁護士が急速に増えているのです。しかし、訴訟件数は増えておらず弁護士は増えているのに訴訟は増えていないということは一人当たりの件数が減っているという事実があります。年収が200万円に満たない弁護士もそれなりの割合でいることを考えれば弁護士も格差が普通の社会のように広がっていると言えるのかもしれません。弁護士