なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

心の健康のお手伝いをするために、カウンセラーとして活動しています。

なかなか悩んでいることを人に相談するのって勇気がいりますよね。

 

そんな時は悩みを聞いて解決に導くプロを頼ってもいいんじゃないでしょうか?

誰かを頼ることは悪いことではありません。

むしろ前に進む一歩として利用してください。

 

また薬剤師として精神病薬などの知識もあるため、薬に対しての不安も解消していけます。

もし薬に対しての質問等もあればご遠慮なくメッセージください。

 

あなたの望む未来予想図を描いてください。

悩みを解決して一緒にご自分の望む未来へ進んでいきましょう。

◆カウンセリング

カウンセリングでは、ご自身の過去からさかのぼり、どこに躓く問題があるのかを見つけていきます。

何度も同じ失敗を繰り返す事ってありませんか?

例えば、、、

いつも誰かと比べてしまう。NOって言いたいのに、ついYESと言ってしまう。人に嫌われるのが怖くていい人ぶってしまう。

 

こういう思考って癖になっています。

 

「またやってしまった!」

「また言ってしまった!」

 

そう思ったことありませんか?

 

『また』って言葉が思い浮かんだらカウンセリングの出番かも。

これらって、その時その時に発生した問題として受け取りがちですが、

何度も起こる問題は必ず根本的に躓いてるところがあります。



何かしらのきっかけがあって、今の思考になっています。

では、何がきっかけだったのでしょうか。
幼少期から丁寧に振り返っていくことで、きっかけを見つけて問題解決へ導きます。

悩みの思考のきっかけが見つかったら、その思考を変えるために必要な行動も大切になります。
一緒に行動に向けて進んでいきましょう。

カウンセリングはじっくり時間をかけて進めていきます。

必ず揺り戻しがあるので最初は間隔を詰めて行い、だんだん間隔が伸びていくのが理想です。


まずはリラックスした環境で、肩肘張らずにお話ししていきましょう。
あなたにとってカウンセリングの場が安心の場となりますように。


悩んで立ち止まってモヤモヤするならカウンセラーにぶちまけてみて下さい。

1人で悩んでいませんか?

  • 1,仕事が上手くいかないとき
  • 2,親との関係。
  • 3,夫婦関係。
  • 4,周りは幸せそうなのに、自分は上手くいってない時
  • ◆一人で悩まないで相談してください。
  • 2,親との関係。

カウンセリング例

人間関係の悩み 
・人とうまく関われない。
・思うように気持ちが伝わらない。
・言いたいことが言えずにいつも飲み込んでしまう。

 

生き方の悩み
・自分に自信が持てない。
・マイナス思考になりやすい。
・自分のことをもっと知りたい。

 

ワークライフバランス
・休日も仕事のことばかり考えてしまう。
・自分が楽しいと思う時間を作りたい。
・仕事以外の時間をどう過ごしていいかわからない

皆様の応募お待ちしています。

◆第二弾ボディクリーム❣
 ロバミルクを使用したボディクリーム開発中

◆セラピー

現状で起こっている問題の解決を目指します。
まずは自分の感情を出していきましょう。

イライラしているのか、悲しいのか、辛いのか、
自分の感情に無頓着になるとどう行動していったらいいのか
自分でもわからなくなります。

感情をさらけ出すことで、解決へのアドバイスの糸口が見つかります。
対話を通して自分の感情を整理していってみましょう。

泣いて、怒って、叫んで、笑って、色んな感情を遠慮なくさらけ出して下さい。
発散することで心をすっきりさせましょう。

問題が起こったら

不登校:
学校に行きたくても行けないことを,とても気にしている。
出席日数も気になるし,学校に行かなきゃいけないのはわかるんだけど行けない。つらいです。
裏切り:
一年付き合った彼氏が同僚と浮気していました。
別れるのも、悔しいしどうしたらいいかわかりません。
お金:
コロナでバイトがなく一人暮らしが
厳しい
やりたい事を諦めるか迷ってます。
仕事:
人を見て態度を変える上司が嫌いです。
どのように対応するのが良いでしょうか?
仕事を辞めるか悩んでいます。
仕事:
人を見て態度を変える上司が嫌いです。
どのように対応するのが良いでしょうか?
仕事を辞めるか悩んでいます。

セラピー例


ストレス

・職場や学校でストレスを抱えている人
・親子や夫婦など家族関係を良くしたい人

 

悩み

・恋愛が上手くいかない
・人と比べて落ち込む
・自分に自信が持てない

 

発散

・人に言えないことを聞いて欲しい
・愚痴を聞いて欲しい


過去の相談内容

相談内容
1

PTSD

看護師女性

病院で勤務している看護師。ある患者さんの死に直面した時ことをキッカケにPTSDを発症。

自分ではPTSDになっている事に気付ず、無気力感が続いた事で相談に来られた。
カウンセリングをきっかけに治療を開始した。

※本人の承諾を得て掲載しています。
相談内容
2

ADHD

会社員女性

おしゃべりをすると止まらず、不用意な発言をして衝動的に人を傷つけてしまう。
約束を守れない、時間に間に合わないなどが続いて職場での関係がギクシャクして上手くいかないので相談に来られた。

自分のADHDの理解を深めて対策を共に考え、行動に移すことで職場での関係が良くなった。

※本人の承諾を得て掲載しています。
相談内容
3

HSP

会社員男性

本でHSPの事を知り、自分もそうだと思い相談に来られた。
自分は自己肯定感が低く、他人に共感しやすく、疲れやすいという事が当てはまっていた。

カウンセリングを通して自己分析をする事で自分のことを冷静に理解し、そのうえで、それを個性と捉えて、活かしていけるようになった。

※本人の承諾を得て掲載しています。
相談内容
4

人間関係

60代女性

嫁姑問題に対して敏感になりすぎて、お嫁さんとどう接していいかわからず相談に来られた。

カウンセリングをする中でご自身が本当はどんな関係を築きたいかを確認して、少しずつ距離を縮めて行った。
今では本当の親子と思われるくらい仲良く関係を築けている。

※本人の承諾を得て掲載しています。