もし2回目の来院率が
100%になったとしたら
満足度が激増すると
思いませんか?

コストゼロ・増員なしで
愛されながらの売上アップを
メール講座で伝授中!
購読
完全無料

今すぐ申し込む

次回予約時にこんなお悩みありませんか?

「通院すれば治るのに・・」
次回の予約をお勧めしたい
次回通院の話をするとき
ソワソワして焦ってしまう
口下手・引っ込み思案で
何と言っていいのか困る
「その日は予定が・・・」
いつも電話待ち状態になる
「また連絡します」
通院の主導権が患者にある
集客・集患という言葉を
使うのに抵抗がある

そのお悩みを解決します!

このメールセミナーでは整骨院・整体院・鍼灸院・歯科医院・病医院などで
次回予約に結びつく「五感コミュニケーション心理学スキル」をレクチャーします。
コミュニケーションの改善はコストゼロで行える非常に費用対効果の高い方法です。
受付さんも含めスタッフ5人までの小さな治療院は
★完全一人院や★分院・スタッフ6名以上の院とは違う方法を取らないといけません。
スタッフ一人当たり1000万円の年間売り上げも可能
「五感コミュニケーション心理学スキル」を学んでください。
(クライアントの顔が売上に見える方はお断りします)

コミュニケーションにまつわる致命的な思い込み

「技術さえ良ければ」の間違い

左のアンケートを見てください。
患者はどこをみて「信頼」を感じているのか?
を示していると言わざるを得ない表です。
知識や技術が14%で、説明・対応・話を聞くなどを合計すると80%がコミュニケーションに関わる項目です。
実は技術があるのは当たり前の前提条件なのです。

来なくなるのが最大の表現

こちらの表を見ると、治療に関わることが21%。待ち時間などのシステムにかかわることが17%。その他、対応・問診・説明などを合わせると50%がコミュニケーションに関わる項目です。
患者さんは面と向かって言いませんが、あなたの事が気に入らない時や違和感があるときは「来なくなる」という態度で抵抗を示します。

五感コミュニケーション心理学とは

コミュニケーションと聞くと「言葉遣い」「マナー」「エチケット」「作法」がスグに浮かびますね。
少し勉強した人だと「傾聴」や「質問」などのカウンセリング手法、ミラーリングやバックトラックなどのスキルを教わった方も居るでしょう。私自身が10年間で2000名の医療従事者・3年間で280院のコンサルティングを行った経験から、本当の意味でコミュニケーションスキルが使えている先生は約10%です。その先生方は間違いなく患者さんからの支持も信頼も厚く例外なく繁盛しています。コミュニケーションスキルは天性のものや性格とは関係ありません。トレーニング次第でメキメキ上達します。
トレーニングするためにはやり方をまず「知る」ことが大事です。
このメール講座でお伝えするのは五感をベースにした方法です。五感を使って相手の潜在意識に働きかけるため記憶や印象に残りやすいのが特徴です。また、あなた自身にも無理がなく自分の言いたいことを言いながらコミュニケーションのキャッチボールを楽しく行えるのが良い点です。

こんな方が対象です

    • 整骨院・接骨院の院長さん
    • 鍼灸師・あんま・マッサージの先生
    • 整体師・カイロプラクターさん
    • 開業医・開業歯科医師さん
    • ボディケア系のサロンオーナーさん

「小さくても愛される院」を目指して

純粋に「クライアントが元気になって欲しい」気持ちで始めたその仕事。院内は患者さんで賑わっていますか?
治療院・歯科医院・病医院・サロンなどの生命線は「リピート」です。いくら新規クライアントが何人お越しになろうとも
リピートされない院は衰退を辿ります。かと言ってセールス色ゴリゴリで無理やり来させても長く愛される存在にはなれません。
「患者さんに本当に良くなって欲しいと願うけど表現の仕方がわからない先生」のための講座です。
基礎・本質にこだわって書きましたのでどうぞ何度も読み返してトレーニングに活用してください。

メール講座発行人も現役の院長です

発行人である廿日出(はつかで)は1999年に広島県で整体院をオープンさせました。開院から2年半は貧乏治療院の貧相治療家でした。一時は閉院しかないという状態からマーケティングやNLP(コミュニケーション心理学)などを学び、最大時はスタッフ13名で1億円の会社まで育てました。しかしその後、ガンを経験し「自分の個性にふさわしいスタイルで」と少数精鋭「筋肉質スタイル」の転換。現在ではスタッフ5名で5000万にコントロールしています。これらの経験から「完全一人院とも1拠点大規模院ともチェーン店・分院」とも違う「5名までの少数精鋭筋肉質経営」をお伝えしています。

大規模経営や分院展開を目指さない「小さくても永く愛される治療院つくり」に共感する先生。
患者さんに「来てもらう・買ってもらう・教える」というガツガツゴリゴリ積極的スタイルよりも
「来たくなる・買いたくなる・学びたくなる」そんな穏やかでナチュラルな農耕スタイルを目指しています。

【プロフィール】
医療・介護・対人支援者向け五感コミュニケーション心理学トレーナー はつかでようじ

31才で整体治療院を開業。創業当初は1300万円の借金で潰れかけるも、治療業界で真っ先にメルマガを開始、NLPの導入、 治療家向け経営塾やコミュニケーション系のDVD制作、更にランニングならSWAC広島というブランディングにも成功し、 年商1億の会社に育て上げる。その後、300人のセラピスト団体事業の名誉顧問に就任するも、事業パートナーに裏切られ経営 塾は分裂、汚名まで着せられそれまで付き合っていた人ほとんどは離れていったが、定員16名・40万円の主催講座を満員に して信頼を回復する。

事業拡大に勤しもうとした矢先、10万人に2人と言われる難治性稀少ガンを発症。
2年後再発率50~80%と 言われるが、悔いのない人生を生きたいと抗がん剤の服用を止めてフルマラソンを完走。地元新聞沖縄タイムスにも掲載される。ガンの克服、経営のV字回復、冤罪からの信頼回復など、人生の難局で起こる超V 字回復力の存在を痛感する。
また、

■17年間の治療家として13万回の患者への施術、
■15年間の経営者としてのべ40名の社員育成、
■10年間の NLPトレーナーとして2000名の医療従事者への指導、
■10年間のメルマガ発行者として2000名の読者へ情報発信、
■3年間の治療家経営塾主宰者として280院のコンサルティングを行ってきた。


全ては、この力を呼び起こすた めにあったと悟り、これを新たに★五感コミュニケーション心理学★として体系化。
これまで頂いた「なにがあっても怖くない」 「深い所からパワーが出る」「決断が楽になった」等の声を更に増やす事を決意する。
どんな状況からでも挑戦するための基礎体力になると信じて、今後も活動を拡大予定。趣味はランニングとバイ ク。
妻と1男1女犬1匹の5人家族。<米国NLP協会トレーナー・柔道整復師>

配信予定内容

第1回配信
「患者の気持ち100例・
分析と対策集PDF」
プレゼント冊子「患者の気持ち100例・分析と対策集PDF」を読んで、あなたのコミュニケーションスキルを早急に改善する方法を書いています。
第2回目配信
コミュニケーション・エラーの
前兆を公開
「治るまで来てほしいのに途中で勝手に来なくなったり」「自宅でやってほしいストレッチを指導したのに全然やってこなかったり」それが起こる前兆と理由について公開しています。
第3回目配信
「見せ方」を変えて
愛されセラピストになる方法
見た目を変えることで印象や感情まで変わります。「強烈な愛されセラピスト(院)」になるために何を行うと良いのか?の方法を具体的に公開しています。
第4回目配信
「聞こえ方」を変えて
愛されセラピストになる方法
痛みなどを抱えてこられる患者さん対して有効な「音」の使いこなしかたについて基本と実践を公開しています。
第3回目配信
「見せ方」を変えて
愛されセラピストになる方法
見た目を変えることで印象や感情まで変わります。「強烈な愛されセラピスト(院)」になるために何を行うと良いのか?の方法を具体的に公開しています。
第5回目配信
「触れ方」を変えて
愛されセラピストになる方法
施術で触られた患者さんは皆、無意識に「快・不快」を認識します。そして無意識に信頼度を決定しています。無意識の「快」に働きかける方法を公開しています。
第6回目配信
「五感を統合」して
愛されセラピストになる方法
医療提供現場で絶対にやってはいけないことと、絶対にやるべきことについて公開しています。
第7回目配信
「患者目線」を学び
猛烈な愛されセラピストになる方法
患者目線になるのが究極のコストゼロ増収法です。この理論と方法を具体的に公開しています。
第8回目配信
「完全な患者目線」で
永遠の愛されセラピストになる方法
「その日はちょっと。。。」「えーー、その日に来ないと治らないのですか?」「今度の○曜日は、家族との予定がありまして」など、来れない事情説明を受けたときの対応について公開しています。
第7回目配信
「患者目線」を学び
猛烈な愛されセラピストになる方法
患者目線になるのが究極のコストゼロ増収法です。この理論と方法を具体的に公開しています。

実は8回だけでは終わりません

このメール講座は読者さんとのコミュニケーションを大事にしています。8回のレクチャーに興味を持って質問やコメントや課題提出のメール報告に対して1通1通返信をしており、そのやり取りも公開しています。
このやり取りを読むことであなたは「ほかの院の方法」「セラピストの悩み」「悩みの解決アドバイス」「誰もが抱く質問への回答」を読むことが出来、いろんな角度からもの事が視れるようになります。あなた一人では絶対に集められないケースを読んで学び、患者さんに貢献してください。このメール講座は約3か月で終了となります。

発行者紹介

廿日出庸治
(はつかでようじ)
メディカルNLPコミュニケーション研究所 代表
・ワイルドサイド20 代表取締役
・ボディバランス整骨院 院長
・BBR広島ランニングクラブ オーナー
・米国NLP協会認定 NLPトレーナー
・米国NLP協会認定 NLPコーチ
・NLPミレニアムジャパン認定ライフチェンジコーチ
HP http://kokoronosasae.sakura.ne.jp/NLP/
FB https://www.facebook.com/kokoronosasae/
FB(個人) https://www.facebook.com/youji.hatsukade
著書紹介
患者に寄り添う医療コミュニケーション
廿日出庸治:著
2017年2月14日発売・サンルクス出版

改善されない「痛み」の原因は「心」にあった !?
患者の心を読み解く実例7話 !!
本人も気づかない「心」の問題を読み解き、
患者の不安や悩みを解消すれば治療効果もUP!
そのポイントを筆者が体験をもとに紹介します。

185ページ・2200円(税抜)
アマゾン購入ページ
http://amzn.to/2mw5xlA

今なら特典レポート付き
「患者の気持ち100例・分析と対策集PDF」

より良いコミュニケーションは患者との関係を素晴らしくします。
より良い関係は院の状態を素晴らしくします。
より良い経営は院長先生の状態を素晴らしくします。
素晴らしくする第一歩は「患者さん」が何に悩み・何に不安を持ち・何に不満を感じ・何を不便に思うか?
を知ることです。今回メール講座に登録くださったあなたには特別なレポートを進呈いたします。
これを読むだけでも、明日からの臨床姿勢が変わってきます。
どうぞ御受け取りください。