加古川市で注文住宅が建てられる業者選び

一生に一度となる高い買い物、それが住宅です。特に、注文住宅となるとそれなりの費用が必要となるため、購入にあたっては慎重にならざるを得ません。そこで、ここでは加古川市で注文住宅を建てたいと考えている方のために、業者選びのポイントについてまとめてみました。業者選びのコツをマスターして、素敵なマイホームを手に入れましょう。

家のデザイン

家を建てるときに大切になるポイントの一つがデザインです。デザインと聞くと、家の外装をイメージする方が多いかもしれませんが、住宅におけるデザインというのは外装や内装、すべてを指します。
 
注文住宅のデザインはハウスメーカーによって異なります。建築会社や工務店に依頼する場合でも、デザインは異なるのが普通なのです。設計を行う技術者の知識や経験、感性によっても変わってきます。施主からデザインに関する要望を出しても、それを設計者が独自にアレンジしてしまうことも珍しくありません。
 
おすすめなのは、設計士がマンツーマンで打ち合わせをしてくれるところです。これなら、きちんと意思の疎通もでき、要望も限りなく理想に近い形で実現してくれるでしょう。設計から建築までをすべて自社で行っている会社もあるので、そのような会社ならより安心かもしれません。
 
気になる会社があれば、公式ホームページなどで過去に建てた家の画像をチェックしてみましょう。家の内外装の画像を見れば、デザインの方向性も理解できます。

家づくりの自由度

注文住宅なら自由に家づくりができる、と思っている方は少なくありません。しかし、実際には注文住宅でもさまざまな制限がつくケースも多いのです。事前に、どこまで自由に家づくりができるかは確認したほうがよいでしょう。
 
例えば、あるハウスメーカーでは注文住宅でありながら選べる建材や什器のメーカーが制限されています。選べる設備機器も制限があったり、間取りの変更が難しいといったケースもあるのです。これだと、理想的な家を造ることは難しいといわざるを得ません。
 
人によって住みやすい家、理想的な家は異なるため、できるだけ自由に家づくりができる業者を選んだほうがよいでしょう。事前の相談や打ち合わせ時には、間取りや設備機器のメーカーなどの変更ができるかどうかを確認しておきましょう。
 
また、間取りや設備機器メーカーの変更をした際に、別途費用が発生するかどうかもチェックポイントです。家づくりの自由度が高いほうが、理想に近い家を手に入れられますよ。

実績が豊富

できるだけ豊富な実績のある業者を選ぶのが、家づくりで失敗しないポイントです。このエリアにはたくさんの工務店やハウスメーカーがありますが、中には実績が乏しいところもあります。実績が乏しいと判断材料も少ないため、安心して家づくりを任せることができません。
 
できれば、10年以上地域に密着して営業しているような業者がおすすめです。長くその土地で家を建て続けている業者なら、それだけたくさんの方から信頼されていると判断できるからです。また、長年培ってきたノウハウもあるでしょうし、技術にも安心感が持てます。
 
業者の実績を知るため、公式ホームページはくまなくチェックしましょう。まず、創業したのがいつなのかを確認してください。その上で、これまでにどのような家を建ててきたのか、実績を確認しましょう。公式ホームページ上に過去に建築してきた家の写真を載せているのなら、そこもチェックします。
 
インターネット上の口コミ、評判も念のためにチェックしておくと安心できるでしょう。

アフターフォロー

家は建てたらそれでおしまいではありません。特に、建てたばかりの注文住宅だと、施工忘れやミスなども見つかりやすく、不具合が生じることもあります。そのため、きちんとアフターフォローをしてくれる業者を選ぶのも失敗しないためのコツといえます。
 
気になる業者をいくつかピックアップしたのなら、アフターフォローの体制についても確認しておきましょう。定期的なメンテナンスや点検をしてくれるかどうか、具体的なアフターサービスの内容をチェックしてください。また、点検やメンテナンスに費用が発生するかどうかも確認しておきましょう。
 
業者によっては、10年の無料点検をしているところもあります。また、2年の無料点検をベースに、別途費用を支払うことで5~10年に点検の期間を伸ばせる業者もいます。業者によって体制はまちまちなので、事前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

加古川市で注文住宅を建てたい方は、失敗しないように業者選びには時間をかけることをおすすめします。また、モデルハウスを展示している業者なら、必ず見学に行きましょう。一度だけでなく、数回見学すれば家の特徴やコンセプトなども理解できるでしょう。素敵なマイホームで暮らせる日を夢見て、業者選びも頑張ってください。