子育相談会

障害をお持ちのお子様がいらっしゃる親御さんを対象とし相談会を行います。

こんなお悩みありませんか?

子供の将来が不安
進学が不安
就職先の不安
お子様がお友達とうまく
接することができない
子育てをしていて不安な点がある
周囲話す人がいない人

池田光余さんとは...??

和歌山県で看護師の仕事をしながら発達障がいを持つ4人のお子様を子育て中
子育てをする中で、夫婦間の意見のすれ違いや学校進学のとき
様々なご経験をされてこられたようです。。。

たとえば、、、池田さんは、学校進学の時この様な経験をされています。

発達障害と知的障害(IQ60)がある息子は支援学校に通っていました。彼の夢は美容師になることです。美容専門学校のAO試験(面接と入学動機の作文だけなので事前準備が可能と期待していました)の申込みをしましたが、その学校から支援学校の子どもを引き受けたことがないのと、障害のない子どもでさえ、授業についていけなくなる子もいる中、最終目標である国家試験合格は難しいという理由から、試験を受けるのを考え直すよう言われました。それでも諦めない息子に、一週間後に漢字テストをして60点以上を取れば試験を受けても良いという条件が付きました。息子の漢字の実力は、小学校3年生まで書きと、小学校6年生の読みが少しできる程度です。それが中学生レベルの漢字の読み書き、対義語に四字熟語100問をするというのです。以前の私や息子ならきっと無理だと諦めました。でも、コーチングセンスを使って、なんと99点と合格しちゃいました。それだけではなく、美容専門学校側が、息子を是非育てたいとAO試験を受けることなく合格、しかも支援学校とこれからも連携したいと、息子の学校まで足を運んでくれました。息子が通った支援学校では初めて美容専門学校への道ができることになりました。