浮気の証拠は自力で集めたい!
浮気を自力で調査する方法

まず浮気調査を自分でやる場合に注意すること

自身の配偶者(夫・妻)や婚約者の浮気を疑った場合に実施するのが浮気調査です。

最終的には浮気の現場や証拠を突きつけることで浮気を辞めさせたいケースや離婚時の裁判で使用するための証拠として必要な場合があります。

浮気調査には自身でやる方法と調査会社に依頼する方法があります。

前者の場合のメリットとしては費用が交通費や通信費などの実費で済むため割安です。

ただしデメリットがあります。
まずは相手への調査行為が本人にバレてしまうことです。当然ながら訓練を受けた調査員とは勝手が違います。盗聴器を仕掛けたり、ある程度の範囲内での尾行は可能ですが、あまり踏み込んでしまうとバレてしまうのです。

証拠写真を撮るのも簡単ではありません。
それと証拠能力の問題もあります。それはテクニカル的な問題もありますが一番の違いは調査用の機材です。浮気現場を証拠として保全するためには超小型カメラや集音マイクなどが必要です。

これらはとても個人で揃えることはできせん。例え買うことが出来たとしても高額ですし扱うことも簡単にはできません。素人が自身でやることは可能ではあるものの決定的な証拠を掴み保全する事は困難ですし、却って費用が掛かってしまうことも珍しくはないのです。

その点を踏まえ、どうすれば自力で浮気調査が出来るのを考えてみました。

自力で浮気調査を無理なくする方法をご紹介します。無理のない範囲で自分で出来る事をやってみてはいかがでしょうか。

参考:浮気調査に関するQ&A

浮気の痕跡をスマホから見つける

浮気の痕跡を見つける場所として、まず最初に思い浮かぶのが「スマホ」です。

浮気相手とチャットやメールをしたり、浮気相手を探すために出会い系サイトやアプリを利用すると、その履歴がスマホに残っている事があります。

■スマホから見るかる浮気の痕跡
  • LIENやメールの履歴
  • 電話帳に登録されているデータ
  • 浮気相手と一緒に撮った写真や動画
  • 出会い系サイトの閲覧履歴(出会い系アプリのアイコン)
など

参考:浮気調査を自分でする方法のすべてを公開

こうした浮気の痕跡がスマホから見つかる可能性があります。

しかし、パートナーのスマホから浮気の痕跡を探すのも簡単ではありません。
パスワードを設定されていたり、スマホを肌身離さず持ち歩いていると、スマホの中身を見るのは難しいでしょう。

スマホを監視できる、遠隔操作アプリなどもありますが、このアプリを使うと「不正指令電磁的記録共用罪」などの違法行為となる場合があるため、使用には相手の了承を得る必要があります。

そのため、自力で浮気調査をするなら、コッソリと絶対にスマホを見たことがバレないように浮気の痕跡を調べる必要があります。

GPSを使って浮気相手との密会現場を突き止める

自力で浮気調査をする方法として、GPSを使って、「パートナーの居場所を調べる」という方法もあります。

最近は意外と安くGPS機器を購入することも出来て、ネット通販で3000円ぐらいのGPSロガーを購入して浮気調査に使う人もいます。

このGPSを使って浮気調査で注意する点は3つあります。

  • 取り付けは全て自分で行う
  • パートナー以外の物や他人の敷地に勝手にGPSを取り付けない
  • バレない場所にGPSを取り付ける

GPSを取り付ける場所には特に注意が必要です。
取り付ける場所を間違うと、浮気調査をしていることがバレたり、GPSが取れたりして、浮気調査が無駄になってしまいます。

また、GPSの取り付けはパートナーの所有物以外に取り付けると、迷惑行為や不法侵入といった事で問題になることも考えられるので、絶対にパートナーの所有物以外に取り付けないようにしてください。

参考:GPSを使って自分で浮気調査!GPSロガーの選び方と注意すること - NAVER まとめ

参考:素人のGPS調査はバレる?GPSを使う浮気調査でよくある失敗

自力で浮気調査をするなら無理は禁物

自分の手で浮気の証拠を掴んでやる!と意気込むのはいいですが、無理は禁物です。

自力で浮気の証拠を集めようとして、上手く証拠が集まらないと焦る気持ちから、大胆な行動を取る人もいます。

しかし、浮気調査で大胆な行動は絶対にやってはいけないことです。

自力でやった浮気調査がパートナーにバレると関係の悪化や浮気の証拠が二度と手に入らなくなる可能性もあります。

浮気調査を自力でやるなら、無理な方法を試すのではなく、簡単で確実な方法を選ぶようにしてください。