powered by 大村製氷株式会社

多良岳・轟渓流の湧水100%使用

「日本の名水百選/水源の森百選」に選ばれた轟渓流の湧水が地下水となり、さらに浄化された軟水から純氷は作られます。
年4回水質検査が行われ、環境保全が徹底されています。

オン・ザ・ロックを味わう

「オン・ザ・ロックは氷が命」であるとプロのバーテンダーは氷にもこだわります。
不純物を含んでいない純氷は雑味が無いので、飲み物本来の味をさらに際立たせます。

大きな金箔入りロック用純氷

氷の大きさは通常のロックグラスに適した6cm(八角形)です。金箔をちりばめ、48時間かけてじっくり凍らせることで、硬く溶けにくく透明度の高い純氷が出来ます。
オン・ザ・ロック専用に作りました。

お酒を自由に楽しもう!!

日本酒やワインもオン・ザ・ロックで味わう!
近年、型にはまらない自由なスタイルでお酒を楽しむ方が増えています。おしゃれな雰囲気で!自分にご褒美を!優雅な気分で!様々なスタイルで楽しめる氷です。

金沢・金箔の名匠「箔一」

中世より続く伝統工芸「金沢箔」の匠の技を継承しながらも新しい製品にも挑戦し続ける「箔一」の金箔を氷の中にちりばめました。

サプライズで驚きと感動を!

様々なお祝い事や、記念日などにはいつもとひと味違う雰囲気で特別な時間を過ごしたい!!
特別な日には金箔氷で乾杯。気持ちが伝わる素敵な演出に。

大村製氷株式会社

1952年 長崎県大村市に創業

1992年 大村市の市街地から標高300mの水源豊かな大村市東大村へ工場を移転

1980年より氷の中に花を入れた「花氷」の試作を開始。
花氷は造花で作るのが一般的であるが、世界でも稀にみる生花を氷に閉じ込めた花氷の量産に成功。

氷の特性を知り尽くしたからこそ出来る透明な金箔氷です。

加賀百万石の技術と伝統

株式会社 箔一

数百年の歴史を誇る古都金沢の金箔。
その伝統を受け継ぎつつ、新たな技術に挑戦し続ける株式会社箔一の食用金箔を使用しています

私が心を込めて製作しています

大村製氷株式会社 代表取締役 村山正男です

皆様こんにちは。
大村製氷株式会社 代表取締役の村山正男です。

先代より会社を引き継いで40年間、観賞用氷の試作に取り組んでまいりました。

その間、製造の難しい生花氷の量産や雪だるま氷の製造に成功し、
花氷の大村製氷として業界内で知っていただけるようになりました。

平成3年より食用氷専門の工場として、
水のきれいな山間部に新工場を建設しました。
長崎・佐賀両県にまたがる多良岳の良質な湧水を使用し、
製法も昔ながらの氷缶方式にこだわって
硬く、溶けにくく、おいしい氷を製造しています。
お酒のプロであるバーテンダーさんにも支持していただき、
長崎県内のバーテンダーさんからはご指名をいただくこともあります。


ジパング(金箔氷)のこだわり

この「ジパング」は5年の試作を経て完成したもので、特に諸外国のお客様に喜んでいただける商品です。
「ジパング」は林野庁選定の水源の森百選に選ばれた多良岳の伏流水を100%使用しました。
軟水なので雑味が少なく、ゆっくりを時間をかけて凍らせたので溶けにくく、お酒のお供に最適の氷です。

「ジパング」のロックでお酒を飲むと幸福感で満たされてきます。

ぜひ、「ジパング」をリラックスタイムのお供に、特別感を味わってみませんか?