すぐ資金が必要な時にファクタリングが向いている理由

事業者の中で、「今すぐにでも事業資金が欲しい」「支払いに追われていて困っている」と悩んでいる方はいませんか?

コロナによる経営悪化も重なり、資金繰りで悩む会社はたくさんあります。

そこで、すぐ資金が必要な時はファクタリングを利用してみましょう。

このページでは、急ぎの資金調達でファクタリングがおすすめの理由をまとめてみました。

銀行融資のように厳しい審査がない

銀行などの金融機関から融資を受けるには、数営業日の日数がかかります。

法律の改正により、現在では銀行から即日で融資を受けることはできなくなりました。

売掛金の現金化サービスのファクタリングは、銀行融資のように厳しい審査がありません。

審査されるのは自社の実績や経営状況ではなく売掛先(取引先)の信用力ですので、審査はすぐに終わりますよ。

最短30分で審査が終わるファクタリング会社もありますので、すぐ資金調達したい時に役立つわけです。

即日で売掛金を振り込んでくれる

銀行からの融資とは違い、ファクタリングは即日で売掛金から手数料を差し引いた金額を振り込んでくれます。

「申し込み」⇒「審査」⇒「契約」⇒「振り込み」までの流れがスピーディーですので、ファクタリングの利用ですぐに現金化できるわけです。

銀行融資で当日に資金調達するのは不可能ですので、「入金まで時間がかかるのはちょっと…」と悩んでいる会社には、ファクタリングサービスの方が向いています。

私は今までに何社かのファクタリングサービスを利用してきましたが、最も迅速な対応をしてくれたのは日本中小企業金融サポート機構です。

公式ホームページを見てみると、下記のように記載されています。

  • クラウドサインで無駄なコストと時間を削減している
  • 審査結果がわかるまで30分間と短い
  • 最短で当日に振り込んでくれる

2社間ファクタリングなのか3社間ファクタリングなのかで変わりますが、15時までに契約が完了すればすぐに現金を指定の銀行口座に振り込んでくれるところが魅力的ですね。

債権譲渡により売掛債権を早期に現金化すれば、急な支払いや出費の不足に対応できますので、キャッシュフローを正常化できます。

全てのファクタリングサービスで即日審査や即日振込に対応しているわけではありませんので、「すぐに資金調達をしないとヤバいかも…」と焦っている事業者はぜひ利用してみてください。