備蓄フォーマット
プレゼント

諸戸家お手製備蓄用フォーマットをシェアします。今ある幸せをもっと幸せにするためにご利用頂けますと嬉しいです。
備蓄のススメ

何を隠そう、スペック庶民の我が家が8年もビジネスを続けられているのは、異常に高い危機管理能力の高さにあると自負しています。
漠然とした不安はエネルギーを消耗させ、必要以上に不安を助長させるものです。
日本は震災大国でもありますし、備えあれば憂いなし。

少しずつでも備蓄しておくと、いざという時も安心ですね。

ちょっと大型のキャンプをするつもりで備蓄活動するのも楽しいですよ♪

幸せな備蓄のための
3つのポイント

必要量の把握
備蓄を始める前に、具体的に何食分の備蓄が必要なのかを決めましょう。例えば、4人家族が1日3食30日分用意する場合は360食になります。朝・昼・晩に分けて管理するとわかりやすくなりますよ。
主食の確保
都度食材が手に入ること前提の買い物よりも、まずは主食を押さえましょう。米、餅、うどん、そば、パスタを優先的に。主食の数で何食分に相当するかが決まります。主食を軸にすると副食、汁物も揃えやすいです。※乾麺は賞味期限も長くオススメ。カップラーメンはガサばるので備蓄には不向き。
精神的豊かさ
健康とは身体:精神=3:7の比率で影響すると言われています。栄養素も大事ですが、食べ慣れた味、好きな味も大切に。冷凍庫には主食やレトルト食品やよりも肉魚、野菜を保存して食べ慣れたものを作れる方が良さそうです。
精神的豊かさ
健康とは身体:精神=3:7の比率で影響すると言われています。栄養素も大事ですが、食べ慣れた味、好きな味も大切に。冷凍庫には主食やレトルト食品やよりも肉魚、野菜を保存して食べ慣れたものを作れる方が良さそうです。

備蓄の種類

飲料水、調理等に使用する水を含め
1日3リットル×人数分×1週間
副食(主菜・副菜・汁物)
缶詰、レトルト食品、フリーズドライ食品、乾物、日持ちする野菜 等
主食
米、レトルトご飯、乾麺、小麦粉、
シリアルバー類 等
嗜好品
お茶、お菓子 等 (ビスコの賞味期限は5年!)

備蓄の手順

Step.1
現在の備蓄数の確認
現在の備蓄が何食分あるのかをカウントする。
Step.2
必要量の計算
必要量を計算し、定数と目標数を決める。
Step.3
購入へ
必要最低数以外はコツコツと。
Step.2
必要量の計算
必要量を計算し、定数と目標数を決める。