なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

前立腺炎・前立腺肥大・膀胱炎・過活動膀胱の治療をお探しなら

「男性の場合は前立腺炎、女性の場合は膀胱炎の鍼灸治療を受けに来る方が多い。」
県外からもわざわざ多くの患者さんにお越しにいただいております。
どこに行っても治らない方はご相談ください。

直前キャンセルはご遠慮しておりますが、
発熱している方は逆にキャンセルお願いいたします。
ウイルス対策として手洗い・マスク・ベット消毒・
空気清浄機(ウイルスに効く)をしております。
咳をしている方は咳エチケットのご協力もよろしくお願いいたします。

前立腺炎・膀胱炎・過活動膀胱の鍼灸治療をお探しの方へ

前立腺炎や膀胱炎でよくみられる症状

  • 肛門あたりに痛みやしびれなど違和感がある
  • 何度も膀胱炎を繰り返している
  • 会陰部あたりが焼けるような痛みがある
  • 排尿時に不快な感じが残る
  • 肛門から太ももにかけていたい時がある
  • 残尿感をいつも感じる
  • 残尿感をいつも感じる

前立腺炎や前立腺肥大について

当院で多く来られます泌尿器疾患の症状のひとつに
前立腺炎からくるさまざまな不快感を取ってほしいという
ものがあります。これらはツボがわりかし明確であり
そこに的確に刺激をすることで不快な刺激が緩和しますので
ぜひまれな症状の治療ではあるのですが鍼治療は非常に
おすすめであります。ぜひ一度お試しください。

前立腺が炎症を起こした状態を前立腺炎と言います。
原因は尿道から侵入した細菌によるものです。
その細菌が前立腺までに達し感染し起こるものですが、
多くの場合は適切な治療をすることで完治できます。
ですが厄介なのが非細菌性のものです。
はっきりとした原因がないのに前立腺炎と似たような
症状が出てくるものであります。
どちらも鍼灸は有効ですが、原因がわからない時の方が
病院では治療ができないでしょうし、そのケースでの来院なら
早くに治療開始したほうがいいですね。

それが慢性になると慢性前立腺炎となります。
特徴的な症状は、まず会陰部痛でしょう。
会陰部がポイントですが、範囲が広がれば肛門であったり
鼠径部であったりと痛みやしびれる範囲が広がっていきます。

ずっと座っていることで悪化するのがほとんどです。
まずはその注意からです。バイク、自転車、椅子、などでしょう。

痛いという症状がメインですが、不快感、しびれ、熱感など
感じ方は様々です。いやなのが範囲が広がったものです。
広がれば広がるほど治療をしなくてはいけない面積が広がるので
時間がかかります。

また痛みなどがメインではあるのですが、尿道や膀胱なども
炎症があれば、頻尿などの尿の問題も出てきます。
排尿時において痛みを感じる場合もありますが、それは尿道炎でもありますね。
尿道炎にも鍼灸は非常に有効なので試してほしい疾患です。
男性不妊の方で悩んでいる方も多いので、
その治療も一緒に当院では奥さんに黙って治療されている方もいます。

悪化要因は人それぞれでして、もし原因がわかっている方
は日常生活もかなり注意していただかなければなりません。

私がよく確認しているのは座る場所や、ストレスやお酒や食べ物です。
食べ物は特に辛いものです。趣味がロードバイクやハーレーダビッドソン
にのるという方もいました。

前立腺炎や前立腺肥大の鍼灸治療について

前立腺炎の鍼灸治療について

もちろん前立腺周囲の炎症を取り除くツボから入ります。
ひどい炎症の場合は膝裏や指などがお勧めになります。
まずは苦しんでいるひどい炎症から取り除かなければなりません。
軽い炎症になると範囲を広げて手足のツボを使って下腹部から鼠径部など
範囲をひろげながら治療をしていきます。
特に痛みやしびれなどは広がることが多いので狙っていきます。
また多くは左右のどちらかが強くなっていきます。
その動きをみながらこちらが使うツボも左右を考えてしていきます。

院長治療の場合は初めの3回で7割減を目標としております。
多くの場合それは可能です。非常に難解な症状でありますが、
院長はそれを緩和する術をもっておりますので是非お試しください。

また治ってくると不快な違和感となっていきます。
もしくは初めからそれほど痛みや熱感がないタイプの治療ですね。
これは悪いところもあやふやであり、前立腺だけでなく広い
範囲で慢性的な損傷があります。
これらは風邪の後とかで体力が落ちた時にでるタイプのです。
男性であれば前立腺ですが、女性なら膀胱炎になります。
これらは血流増大により回復しますので、
範囲を広げて骨盤内うっ血をとるように、使うツボも腰や仙骨周囲
と広がった治療が必要です。
自宅でおこなうお灸なども有効でしょう。仙骨へのお灸をすすめています。
これにより多くの前立腺のお悩みは快方に向かっております。


前立腺肥大、神経因性膀胱炎の鍼灸治療とは?

年をかさねるごとに気になる症状の1つに前立腺・尿の問題があります。
尿の切れが悪く漏れる現象などは特に気になるものでしょう。
その原因の1つに前立腺肥大があります。
前立腺は年とともに大きくなり尿道を圧迫し頻尿や夜間尿をうったえます。
ひどくなると残尿感を訴えトイレに行きたいのに行っても
でないということになります。 鍼灸治療では主に温灸治療を使います。
下腹部のツボへ毎日自宅でおこなうことでかなりトイレに
行く回数が減りますので
ぜひおためしになってもらいた治療の1つです。
(明治鍼灸大学での研究で実証されています) 針治療ではあまり膀胱を刺激しないようにやはり細い針を使います。
太い針を使えば逆に神経が興奮しトイレに行く回数が
増えることになりかねません。

上海中医薬大学の研修所で頻尿の臨床を学びました。
特に印象にのこってるのは臀部への鍼治療です。
ツボにあたれば下腹部まで感じます。
解剖学的には陰部神経を刺激しているのではと感じます。
非常に良く効きます。膀胱炎やインポテンツにも針灸治療がおこなわれますが、
方法はほぼ同じになります。下腹部と臀部が治療の中心になります。

インポテンツの治療は上海の曙光病院で学びました。
下腹部へ針を打ち生殖器を刺激させる方法です。
少し強めに響かせたほうが効果的だと感じます。
膀胱炎に関してはほとんどが女性でしてツボでいえば
不妊症や冷え症の治療でも使いますが
8寥穴という臀部の仙骨の上のツボにお灸をします。冷え症と
膀胱炎はセットですから同時に刺激でき効果的です。

泌尿器疾患も西洋医学との併用をおこなうことで多くの
患者さんからよくなったという報告を受けていますので
ぜひ鍼灸治療を試してみて下さい。

膀胱炎・過活動膀胱について

膀胱は尿をためることのできる袋状の形であって
その内側の粘膜が伸び縮みすることで尿の容量を調整しています。
その内膜の炎症を膀胱炎といいます。

膀胱炎は大腸菌などの腸内細菌が膀胱に侵入して炎症を起こすことにより発症します。女性の尿道は男性に比べて短いため外部の細菌が
入りやすい構造のために膀胱炎を起こしやすいです。

症状:排尿時痛
   尿の混濁
   頻尿
  残尿感など
   
そのほか下腹部の不快感や痛み
細菌炎症ですが発熱はほぼしないです。

また最近では細菌がいない膀胱炎もあり、
ストレスや生活習慣の乱れが原因ではとも言われています。
ですのでそういう繰り返す膀胱炎に対しては東洋医学を優先されています。

更に過活動膀胱になると過敏になってきますので、
急に尿意を感じたり、トイレに間に合わなかったり、
それで尿を漏らすこともあります。
頻繁に行くので回数も多いのが特徴です。
さっきトイレに行ったのにまた行きたくなる方もいます。

学生時や仕事などでトイレを我慢している女性が多いので
習慣性の過活動膀胱炎とも言われていますので、
もちろんそういう状態にも東洋医学は有効になります。

膀胱炎・過活動膀胱の鍼灸治療について

膀胱炎・過活動膀胱の鍼灸治療

細菌感染が強く関与している時には抗生物質を併用することが必要ですが急性の症状を繰り返すときや慢性化している場合にどちらも症状が落ち着いている時に鍼灸治療をうけると膀胱炎が繰り返し起こる体質を改善するのに大変効果があります。

効果
1. 尿の出をよくする
2. 骨盤内の血液をよく循環させ、膀胱の機能を整える
3. 骨盤内の充血をとる
4. 足の冷えをとる
5. 自律神経の調節を整え免疫機能を高めて細菌感染に抵抗する力をつける


鍼灸整体治療のメカリズム

鍼灸整体治療で膀胱の働きをよくし免疫機能を増強することで消炎効果を高める効果があるという論文も発表されています。
特に当院では温灸治療をお勧めしております。
下腹部やお尻の仙骨部に定期的に温かいお灸をしたり
自宅ででしたら足のツボにお灸をする事での効果が
期待できます。ぜひお灸に興味のある方はお知らせくださいね。


治療のポイントは自律神経をいかに調整するかです。
治療中はもちろんの事、次回の治療日まで安定
できますように当院では自律神経に良く効くツボを
探しだしそこにシール鍼を置いておくというやり方を
推奨しております。不安からくる諸症状にお困りの
場合は非常に効果的治療です。また鍼が怖い方や
首や背骨の歪みからくる場合もありますのでその場合は
整体治療をメインとしておこなうこともあります。

院長は、日本の大学を卒業した後に中国の大学も卒業し、東洋医学をしっかり学び、西洋医学の検査をしても異常がなくて、治療でも改善がみられない場合にご相談ください。

本物の鍼灸治療を知ってますか?

あなたの近くにも鍼灸院や接骨院やマッサージなど様々な治療院があることかと思います。ですが、あなたにあった治療院はどこにあるのでしょうか?どこに行ってもよくならない場合はある程度のレベルのある鍼灸治療がおすすめです。

董氏楊氏奇穴とは?

当院の院長である岩崎は本場中国での鍼灸留学を経て広島駅からすぐの場所で開業しております。
縁があって董氏楊氏奇穴という治療法にも巡り合うことができました。どこに行ってもよくならない症状の手助けはじゅうぶんに出来る状態です。ご相談ください。

当院が皆様にしてあげられる事。

当院では使い捨ての鍼を使用しております
当院で使用しております鍼は全て使い捨ての鍼となります。そのため、感染症等のリスクはございませんのでご安心くださいませ。
当院では自宅灸を推奨しております。
お家での養生方法として、自宅でのお灸をおすすめしております。その方にあったツボをお伝えし、そこにお灸をしていただく事で、治療後の良い状態をキープして頂きます。
当院では養生方法をおすすめしております。
当院では、一人一人にあった養生方法をお伝えしております。健康意識を高めていただく事や、自分で自分の身体のメンテナンスをしていただく事が、皆様の健康状態の維持に役に立つからです。
当院では養生方法をおすすめしております。
当院では、一人一人にあった養生方法をお伝えしております。健康意識を高めていただく事や、自分で自分の身体のメンテナンスをしていただく事が、皆様の健康状態の維持に役に立つからです。

当院のご案内

美容鍼もおすすめです
治療だけでなく、美容も得意な院になります。難しい症状の治療は院長の岩崎でおこない、軽い症状のものや美容や整体なども併せてを希望されます方は女性スタッフの治療をおすすめしております。また、美容メニューは痛くない美容鍼から電気美容鍼まで、様々なメニューをご用意しております。
臨床経験が豊富です
毎日多くの鍼治療での臨床経験を積んでおります。その活動が認められ、メディアなどでの取材なども受けております。鍼灸治療の有効性を多くの方に知ってもらいたいと活動しております。
雑誌への寄稿もしております
長年の臨床実績を多くの鍼灸師に教えるという活動もしております。研究発表などはなるべくだすようにしております。鍼灸技術をさらに上げていくための研究に関しては今後もしっかりやっていきたいです。
雑誌への寄稿もしております
長年の臨床実績を多くの鍼灸師に教えるという活動もしております。研究発表などはなるべくだすようにしております。鍼灸技術をさらに上げていくための研究に関しては今後もしっかりやっていきたいです。

当院の特徴

著名人も来院
カープの選手や芸能人の方なども来院しております。多くの方のご紹介もいただいておりまして、その都度良い結果が出るように努力しておりますので、何かありましたらお知らせください。
中国留学経験者です
日本で学校を卒業した後、さらなる技術の向上を求めて、中国へ鍼灸留学をおこないました。それにより普通の鍼灸院では受ける事ができない即効性のある鍼灸を受ける事ができます。
臨床経験が豊富です
さまざまな症状に対して鍼灸が有効であるという事は徐々に広まってきました。鍼灸の普及のためにも今後もさまざまな媒体を通して鍼灸の有効性を説明していこうと思います。
女性スタッフの治療
当院には複数名女性の先生がいますので、女性の先生が良いという希望もお受けできます。本当に症状が強い時は院長で、それ以外は女性の先生でというかたもおられます。ご希望ございましたらお気軽にお問い合わせください。
スタッフ全員が国家資格を持っています。
当院ではスタッフ全員が鍼灸師の国家資格を持っています。東洋医学と西洋医学の知識を持ったスタッフが責任を持って皆様のお体をみさせて頂きます。
多数メニューご用意しております。
当院では鍼灸の施術の他にも美容、ダイエット等のメニューを多数ご用意しておりますので、鍼がはじめての方でもお気軽に受けていただく事ができます。
女性スタッフの治療
当院には複数名女性の先生がいますので、女性の先生が良いという希望もお受けできます。本当に症状が強い時は院長で、それ以外は女性の先生でというかたもおられます。ご希望ございましたらお気軽にお問い合わせください。

スタッフ紹介

岩崎和彦
鍼灸歴25年になりました。中国で学んだ鍼灸を中心に施術を行います。どこに行ってもよくならない症状に対して鍼治療を行います。多少の痛みはありますがぜひ針をお試しください。
福本晃子
美容鍼を担当しております。お顔の施術に特化して、小顔矯正やパルス鍼などさまざまな技術を使ってあなたのお悩みを解消するお手伝いをしております。
長原由美子
筋膜リリースというマッサージと痛くない鍼治療であなたのお悩みを解消するお手伝いをしております。頑固な慢性的な痛みやコリにお悩みでしたらぜひご相談ください。
長原由美子
筋膜リリースというマッサージと痛くない鍼治療であなたのお悩みを解消するお手伝いをしております。頑固な慢性的な痛みやコリにお悩みでしたらぜひご相談ください。

前立腺炎の患者さんからの声

前立腺炎の症状がなかなか治らず、こちらの噂を聞いたので通院することにしました。治療を受けた翌日から明らかにトイレに行く回数が少なくなりました。病院に行ってもなかなか治ることのなかった症状が改善したのは正直驚きでした。同じ症状の方には是非試してほしいと思います。

お店からの返信
返信日2016/12/27

前立腺炎で当院への来院ありがとうございます。
一日に何度もトイレに行きたくなってしまったり、排尿時に違和感があったり等
本人にしかわからない辛さがあると思います。
東洋医学の施術では、膀胱に対してや、気のバランスを整える
ツボに対してアプローチをしていき、症状の状態をよくしていきます。
また、院長も男性なので、男性の場合相談しやすいのではないかなと思います。
今からの季節は特に、寒くてトイレが近くかんじたり、寒いので我慢してしまいやすかったりして、症状のでやすい方も多いので、
また気になるようでしたらご相談くださいませ。

膀胱炎・過活動膀胱の患者さんの声

頻尿がひどく 泌尿器科に通院し過活動膀胱をはじめとする色々な薬を試していましたが改善せず 以前ぎっくり腰の時にお世話になった事のある松鶴堂さんへ行きました。岩崎院長に一回目に施術してもらってすぐにピタッと頻尿が治まり驚きました。でも数日するとまた頻尿ぎみになり またお世話になりました。三回ほどの治療の後 頻尿は完全に治まりました。
頻尿はとても辛かったので とても嬉かったです。

今日は歩ける程度のぎっくり腰のような感じだったので 再び岩崎院長にお世話になりました。

お店からの返信
返信日2016/12/19

この度は泌尿器のお悩みとギックリ腰での来院ありがとうございます。
頻尿は他の方に相談しにくかったり、原因が様々なのでなかなかよくなりにくかったり
しやすいので悩まれて当院に来院される方が多いので、ゲスト様も非常につらかったのではないかなと思います。。
当院での施術ではその方のツボの反応をみていって、弱くなっているツボに刺激を
していき、その方の自然治癒力でよくしていく施術をしております。
ですので、再発が少なく、満足していただけるかたが多いです。
また、今回腰痛での施術はいかがでしたでしょうか?
もしまた気になることございましたらご相談くださいませ。
鍼灸の注意点

・鍼治療により、ときに出血および内出血などが起こります。薬剤または病気により出血傾向が著しい方は注意が必要ですので治療担当者にお申し出ください。
 内出血は1~2週間程度で治り、身体への悪影響はありません。
 ・灸治療はごく小さなやけどを利用した治療法です。やけどをつくらない方法もありますので、ご希望の方はご相談ください。
 ・治療効果は、病気の性質や原因、また患者さん個人個人の刺激に対する感受性や反応する力によって大きく異なります。
 慢性的な症状の多くは、治療効果が出るまでに比較的時間がかかります。
 ・シールと鍼が一体となった貼るタイプの鍼を使用することがあります。貼った場所が赤くなったり、かゆみを感じたりするときは治療担当者にご相談ください。
 ・体を温める際に用いる機器によりやけどを生じる可能性があります。施術中は熱すぎると感じたら我慢せずに治療担当者にお伝えください。
 ・小児や刺激に過敏な患者さんには、主に皮膚をこすったり、なでたりする特殊な刺さない鍼をつかい治療をおこないます。

 
WHO(世界保健機関)やNIH(米国立衛生研究所)なども鍼の効果に着目していて、
 吐き気・嘔吐、頭痛、腰痛、変形性関節症などに鍼が効果的だという研究も多くみられます。
 鍼灸治療の効果がある病気には、運動器系、神経系、呼吸系などの疾患が多く、
 老人性疾患や難病も含まれています。
予約の空き状況などお気軽にお問い合わせください